すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

チベットレポート ~自然編~

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!

今日はいつもと違った内容でお送りしようと思いますっ!!!
その名もチベットレポート!

海外在住の先輩バイヤーが先月チベットへ行ったということで、写真を送ってもらいましたっ!!!
MORiKO★はまだ行ったことがないのですが、この写真をみたらもういつかは行ってみたい!と思わない訳にはいきませんっ><

そんな素晴らしい景色。
皆様お楽しみください。

各写真の説明をもらっていないので、写真に写っている内容からインターネットで調べてみました。もしかしたら間違いがあるかもしれませんが、お許しください。
得意の名推理、お楽しみください♪

まずは海抜4700mのナムツォ(ナム湖)です。
この水は塩水で、世界最も高い標高にある塩水湖みたいですよ~!

d0303974_11270239.jpg
氷河湖といって、氷河によって削られた石の粉の影響で青くなっています!

d0303974_11270992.jpg
観光名所になっていて、ヤクという家畜と一緒に写真撮影をしている人たちがいます。
まるで土鬼(ドルク)が乗っている毛長牛みたい♪(このネタが分かる人は少ないかもしれませんが・・・)

d0303974_11271304.jpg
続いてヤムドク湖。
上のナムツォと共にチベット3大聖湖として知られます。


d0303974_11400654.jpg
遠くに見えるのがチョモランマ。
名前は聞いたことあるけど、ヒマラヤのどこか高い山だという程度の認識でした。
実はチベット人がエベレストを呼ぶときの名前なんだそうです!
写真中央のちょっと右に下の雲からちょんと頭が出ているのがチョモランマだと推理しました。

d0303974_11423241.jpg

チョモランマのベースキャンプ。
奥にそびえ立つのが世界最高峰の山ですね~。
ちなみにここで標高が5200mもあります!

すべてこの石碑を見て書いています。笑

d0303974_11472127.jpg
ベースキャンプ全体の写真です。
赤い車と石碑の位置関係から、これは同じ場所で撮影したと推理しました。笑

d0303974_11485299.jpg

川の水が少なくなったような場所でしょうか。
ちょっとだけ緑がみられますねっ♪

d0303974_11495166.jpg

氷河。

d0303974_11504118.jpg
山に雪が積もり、夏に溶けることなく新たに雪が積もれば、どんどん雪の厚さは増していきます。
そうやって圧縮された雪は氷となり、その重みでゆっくりと移動しています。
場所によって違いますが、1日に2mとか、それくらいのゆっくりとしたスピードで動いているんです。

d0303974_11505612.jpg
d0303974_11505986.jpg
ものすごい重さの氷が岩の上を滑っていきます。
いくら石の方が硬度が高いとはいえ、削られた石の粉が研磨剤となってどんどん山を削っていきます。
氷河によって削られた地形というのは見事なV字型の渓谷になるので、これを知っておくと、今氷河がない場所でも昔は氷河があったんだなぁなんて分かるようになりますよ~!

みなさん、チベットレポート ~自然編~、いかがでしたかぁ~???

MORiKO★はここまで山の上だなんて思っていませんでした。
まさにヒマラヤ山脈のど真ん中ですね!

木も生えないような過酷な自然環境の中で、昔から人間が暮らしていたというのに驚きです。
チベットの宗教・文化がとても独特で素敵なのは、そんな厳しい自然と常に向き合って暮らしてきた人たちから生まれたものだからなんでしょうね。

最後に豆知識。
あまりにも標高が高いので、高山病にならないように旅行者は酸素のスプレーを持つようです。


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-06-19 09:00 | 仕入れ日記