MORiKO★BLOG ~モリコブログ~

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:おしえてMORiKO★!( 14 )

【おしもり】めのうの縞模様はどうやって出来るの?

おはようございますっ!!!MORiKO★ですっ!!!

最近は忙しくてなかなか「おしえてMORiKO★!」のコーナーを更新できませんでしたが、久々におしもりのコーナーをお送りさせていただきますっ!!!

質問者は特にいないのですが、これが分かったら天然石がもっと楽しくなるだろうなぁ~というお題にさせていただきましたぁ~。

Q. めのうの縞模様はどうやって出来るの?

めのう、水晶、オパール、どれも全然違う石のようですが、実は同じ成分で出来ています。
水晶はそれが完全な結晶になったもの。めのうとオパールはミクロの結晶が集まって固まったものなんです。
めのうとオパールの違いは水を成分の中に組み込んでいるかいないかの違い。

それでは縞のあるめのうがどうやって出来ていったか見てみましょうっ♪

まず始まりの始まりはドロドロのマグマから。
マグマというのは岩石がドロドロに溶けた状態のもの。液体です。
火山が噴火してマグマが流れている映像をみると、あぶくがブクブクはじけているイメージがありますよね?
マグマの中にガスがあると、水の中のガスと同じように気泡になります。

その気泡の大きさがじゃがいもくらいの大きさのものを想像してみてください。
今日はその設定で話をしたいと思いますっ!!!

d0303974_17083492.jpg
ドロドロのマグマは岩石が溶けたものなので、もちろんとっても熱いです。
地表で1000度くらいでしょうか???

地球は深い場所ほど温度が高く、地表ほど温度が低くなります。
マグマが地表近くで冷やされると、この状態のまま岩石となります。

d0303974_17154871.jpg
気泡があった場所はそのまま空洞となります。
この状態のままだと何も起こりません。

最初は何事もない岩石ですが、年月と共に割れが生じ、その割れを伝って地下の熱水がやってきます。
割れと空洞がつながると、空洞の中は熱水で満たされていきます。
熱水は温泉の素だと考えてもOKですよ~!(多くの石は温泉から生まれるんですよ~)

d0303974_17230924.jpg

その熱水の中には水晶の成分が入っていて、ミクロの結晶になります。
そのミクロの結晶が空洞の壁に沈殿して成長していきます。
お風呂の湯垢のような感じですね~(表現が汚くてすみませんっ!)


d0303974_17153116.jpg

そしてこれは何十年も何百年も何千年もかかってゆっくりと成長していきます。
その間に熱水の成分が変わったりすることもあります。

成分が変わると、不純物も変わり、色の異なる層になります。

d0303974_17160087.jpg
その変化と成長の繰り返しが起こると図のように色々な色が層をつくる縞めのうになるんですね~!
条件がよいと、最終的に中までめのうで埋まります。
最後の最後は水晶が育つパターンも多いですね。

d0303974_17153806.jpg
上の図で示したような条件で育っためのうをスライスするとこのような状態になります。

d0303974_17373382.jpg
d0303974_17374621.jpg
外側から成長していったという事がよく分かりますね~!!!

元々周りが岩石の空洞だった部分に沈殿していっためのう。
感覚的には外の岩石の方が硬そうですが、意外にもめのうの方が断然硬い物質です。

これが年月と共に風化(岩石がボロボロになっていくこと)がすすみ、硬いめのうだけがそこに残ります。

d0303974_17160864.jpg
岩石は風化すると岩になり、石になり、砂になっていきます。
めのうを含む岩石が完全に風化してしまったような場所では、めのうだけが砂の中に残っている状態になっていると思われます。

ちょうどこの写真のようですね~。
これがまさかめのうだなんて、詳しい人じゃないと見逃してしまいますよね~

d0303974_17161741.jpg

これを割ると縞模様が!
こうやって見るとめのうだということが分かりますね~!

この写真では縞がまっすぐに入っています。
これは天眼石の原石なんですね~!!!

d0303974_17162038.jpg
普通に考えると周りから成長して、めのうのスライスのような状態になるはずなのに、なぜ天眼石は真っ直ぐに縞が入っているのでしょうか???

ここからは勉強した話ではなく、MORiKO★の勝手な推測です。
天眼石のような真っ直ぐ縞が入っためのうは、空洞にガスが残っている状態で成長したのではないかと思っています。

その図を描いてみました♪

d0303974_17414294.jpg
どうでしょう!結構説得力のある図ではと思っています笑

これまでの流れをみて、この写真を見てください。
どうやってこのめのうが出来たのか、想像することができますか~???

d0303974_17425563.jpg

こちらの写真のめのうは
①空洞にガスがたまった状態で、めのうの縞が水平に成長し始める。
②途中でガスが抜けて空洞全てが熱水で満たされる。
③壁からめのうが沈殿していく。
④途中で温度が変わったのか、めのうでははく、水晶が育ち始める。
⑤再びガスがたまり、水晶の成長はとまり、水平にめのうが育ち始める。
⑥ガスが抜け、空洞全てが熱水で満たされ、めのうが育って最後まで埋める。

出来方まで考えていくと、この写真一枚で、この石が出来るまで壮大なドラマが起こっていたことに気づくことができますっ!


縞めのうの中にはとても複雑な縞を持ったものもあります。
これらはどうやって出来たのでしょう?

d0303974_17482299.jpg
d0303974_17482120.jpg
これは元の空洞が綺麗な球体ではなく、いびつな形だったのだろうと思います。
図のようにいびつな形の空洞にめのうが育っていくと、元に形に合わせて複雑な形になっていくでしょう。

d0303974_17500083.jpg
いかがでしたかぁ~?
めのうの縞模様がどうやって出来ていったのか。

これをイメージできるだけで、めのうを見るのがとっても楽しくなったと思います。(いやっMORiKO★だけかな???笑)

今回の記事でひとりでも多くのめのうファンが増えてくれると嬉しいですっ!

オンラインショップではアゲートルースも残り1石ご用意しております!こちらもどうぞ☆


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-04-05 09:00 | おしえてMORiKO★!

【おしもり】何故石にスターが出るの?

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!

今日は水曜日。おしえてMORiKO★!のコーナーですね~!!!
今日は「いいたボーイ」さんから質問をいただいています。笑

Q. 何故石にスターが出るのですか?

d0303974_11245740.jpg
★6条線のスターが現れるスターガーネット★


このブログをご覧の方ならご存知の方もいらっしゃるでしょうねっ!

例えばスターガーネットですが、何故光るかというと、
「結晶の内部に微細なルチルの結晶を含んでいるため、それが光を反射して光る」
というものです。

実はスターガーネットのビーズの中にはルチルが含まれているんですね~っ!!!

表面を拡大してみると、確かに微細な線状の結晶が入っています。
これがルチルなんですね~!!!

d0303974_11284752.jpg
ここまでの内容だと以前にも記事にしたことがありますので、今日はもう少し深く解説していきますね~!!!
ルチルが入っている事は分かったけど、何故それがスターになるのだろうという点に注目して解説していきます。

まずはルチルの結晶1つについて考えてみましょうっ♪♪♪

1本のギンギラの棒があったとします。それは日本刀のようにギラギラです。
それに強い光を当てると(例えば携帯のLEDライトで照らすと)、この図のように光を点で反射しますよね???
真ん中でギラっというイメージです。

d0303974_11462561.jpg



これが同じ方向にたくさん並んでいるとどうなるでしょう???

d0303974_11474740.jpg
なんと1本の線になりました~!!!摩訶不思議~!!!
実はこれがキャッツアイ効果の仕組みなんですね~!!!

タイガーアイなどを見てもらうと分かりますが、キャッツアイの線は繊維の方向と垂直に現れます。
上の図の様な状態なんですね。

この線が1本だけではなくて、2本以上になるとスターになります。

ルチルの結晶は60度で交差するという性質を持っています。

上の図を60度回転させたものと120度回転させたものを重ねると、それぞれが60度で交差している関係になります。
これを見ると・・・
3本の線が交差、つまり中心から6本の線が現れましたね~!!!

d0303974_11543367.jpg

この感じ、最初のスターガーネットのルチルの結晶の並びとそっくりですっ!!!

d0303974_11284752.jpg
これでスターが出る仕組みを理解していただけたのではないでしょうかっ???

今日はスターのお話でした~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-02-15 09:00 | おしえてMORiKO★!

【おしもり】今後入荷がなくなってしまう石は?

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!

実は今日から22日までず~っと出張のMORiKO★です。
この間もブログは続いております。
と言うことは、涙でキーボードを濡らしながら夜な夜な2週間先の記事までがんばって書いたものなのです。

というのは冗談で、いつも楽しくニコニコしながらブログを書いているのでご安心ください。
それにしても深刻なネタ不足なので、いつもよりパワーが足りないかもしれませんがお許しください。
ちなみに今日はとてもいい記事になりました♪

それではどうぞっ♪

今日は水曜日。
おしえてMORiKO★!のコーナーですね~!

今日の質問は宮崎県のイオンモール都城駅前店のペンネーム「なかむぅ」さんからの質問です。

Q.今後入荷がなくなってしまう石は?

これまた難しい質問っ!><

他の業者さんもそうだと思いますが、今後はなくなるだろうと思われる石に出会えたとき、バイヤーはその石を押さえます。
枯渇してくると、値段がどんどんつりあがって、しかも綺麗なものが少なくなるからです。
同じ質の石でも枯渇したために数年後には○倍の値段になっているなんて、天然石の世界ではザラにあります><
バイヤーなら少しでも安く、綺麗なものをお客様にお届けしたいですからね~!

d0303974_18081296.jpg
★モロッコ産のアズライトonクォーツ。
これが出た年はいい標本があったのですが、
次の年には質がかなり悪くなり、
その次の年には見かけなくなりました。
MORiKO★はなくなる前に自分用に買っていたので一安心♪★


もう採れなくなったと言われていたのに、急に採れ始めたとか、読みが外れることももちろんありますが、声を大にして言いたいのが、
「新しい石が出てきたときは、そのときに買うのが一番ベスト!!!」
これは間違いないと思っています。

これは鉱山の人の心理を考えると、よく理解ができると思います。
あ、その前に天然石がどのようにして採られていて、私たちの手元に来ているかから説明した方がいいかもしれませんね!

まずターコイズを例にしてみましょう!
現地の鉱山ではこれを採るためだけに穴を掘っている訳ではありません。

鉱山では資源を採っています。下の写真はアリゾナ州のミッション鉱山ですが、ここでは銅の鉱石を採っています。
銅の原料となる鉱物で、見た目は関係なく、とにかく銅の含有率が多い石を掘り出しているイメージですね。
大きな会社なので、その場で精製して、ほぼ純粋な銅として販売しているのです。

d0303974_18205628.jpg
★写真はアメリカ・アリゾナ州のミッション鉱山。
ここでは銅の鉱石を掘っています★


アリゾナで銅の鉱石が取れるような場所って、副産物としてターコイズが採れることも多く、ガリガリ掘っていく中で、たまにとても綺麗なターコイズが採れる事があります。

鉱山の人は、売れそうなものならこれを貯めておいて、鉱物のディーラーにまとめて売るのです。

このミッション鉱山の様に、大きな会社でそれぞれが決まった仕事をふられている場合には、ターコイズが出てきてもそのままほったらかしにするかもしれません。

小さな鉱山だと、鉱夫がこっそり貯めておいたりする場合もあるでしょう。

そういった形で標本が世に出回るのですね~!
もし、上の写真のような規模でお目当ての石だけを掘ろうとすると、莫大な費用がその石にかかるので、ダイアモンドやルビーと変わらないくらい高いものになる可能性もあります。

副産物だから安いんですね~!
ちなみに上のミッション鉱山はもともと平らな大地だったのが、銅の鉱石を採るために掘られて巨大な穴になっています。


d0303974_18292459.jpg
★もちろん、副産物ではなく、
それ目当てでマイニング(鉱業)されているものもあります。
ヒマラヤ水晶はその代表です★


天然石の流れが少し分かったところで、初めて出てくる石に注目してみましょう♪
鉱夫になったつもりで考えてください♪

いつものように鉱石を掘っていると、ある場所からとっても青くて綺麗な鉱物が出てきました。
それは水晶をアズライトが覆っているとっても綺麗な石。

d0303974_18081296.jpg
「お~!こんなに綺麗だったら売れるんじゃないか?この石の綺麗なものは別にとっておこう!」

という話になり、アズライトonクォーツが出てくると、綺麗なものは捨てずにとっておく事にしました。
鉱物ディーラーが買ってくれそうな量になるまで、半年間かけて集めます。

「よっしゃこれだけ集まった。鉱物ディーラーに見てもらおう!」

鉱物ディーラーは、
「うん、いい石だ。これなら買ってもいいぜ。」
と全部買ってくれました。

鉱物ディーラーは今年初登場の石として、ツーソンミネラルショーに出品します。
そしてMORiKO★などのバイヤーがそれを買います。
鉱物ディーラーは、
「これは売れるんだ。また来年用に鉱夫に集めておくように伝えよう!」

となります。

そして鉱夫たち。
「この間の石をまた集めといてくれとは言われたものの、綺麗なものは全部渡してしまったし・・・」
「やむをえん。あの捨てていたものの中にまだ綺麗なものが混ざっているかもしれん。あそこを探していいものを集めてまた売ろうではないか。」

と去年なら捨てていたものの中からいいものを探します。
もちろん新しく掘っていくうちに運よく綺麗なものがまた出てくるかもしれませんが・・・

この流れを想像すると、大体最初の年が一番綺麗でだんだん質が悪くなっていくという事につじつまが合うと思います。

これはビーズも同じです。
ビーズは原石から作るので、その原石が出た年に買っていたものが最も綺麗なもの。次の年に原石を仕入れるとイマイチな事が多いはずです。

「新しい石が出てきたときは、そのときに買うのが一番ベスト!!!」

の意味を理解していただけましたぁ~???

質問はどの石が今後希少になってくるかなんですが、正直お答えするのが難しいですね~・・・
どれも今後希少になるはずなので・・・

しいて言うなら、
・ロイヤルブルーガーデンクォーツ(デュモルティエライトinクォーツ)はすでに絶滅危惧種。
・パープルルチルクォーツのTOPはまずもう入荷することはないと思いますね。

う~ん、やっぱり難しいっ!
高い石はだいたい希少種です!そう思って認識していただいて、

新しい石が出たときには、そのときにゲットしておいてください!

これが一番大事ですね~!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-02-08 09:00 | おしえてMORiKO★!

【おしもり】ゲーサイトとレピドクロサイトってどう違うの

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!

今日は水曜日。おしえてMORiKO★の日ですね~!!!
このコーナーではお店のスタッフさんから寄せられてくる石の疑問にMORiKO★がお答えします!

今日の質問は岡山県の岡南シネマタウン店のSTさんよりいただきました。

Q.ゲーサイトとレピドクロサイトってどう違うんですか???

分かりますっ!MORiKO★も最初は全く意味が分からなかったのでずっとモヤモヤしていた内容です。
この2つはエレスチャルクォーツの内包物として有名ですねっ!

d0303974_13513517.jpg
★エレスチャルクォーツ★


まずはこの2つの鉱物の化学式から見ていきましょう!

ゲーサイト(Goethite)→ FeO(OH)
レピドクロサイト(Lepidocrocite)→ FeO(OH)

あれ?
何か気づくことはありませんか?

そう、どちらもFeO(OH)になっていますね~!!!

そうなんです!ゲーサイトもレピドクロサイトも同じ成分なんです!
結晶の構造が違うので別種ということにはなりますが、成分は同じだったんですね~。
成分が同じで結晶構造の違いで別種になっている関係を同質異像と呼びます。めのやスタッフ用の石検定という試験でたびたび出てくるワードです。笑

ちなみにこの2つ、同じ成分なので、成分だけ調べてもどちらになるか分かりませんよね?
厳密な区別がとても難しいんですね~。

ちゃんと結晶構造が分かるようなものだと分けられるのですが、沈殿物になってくると判別ができなくなります。
それでよく使われる言葉がライモナイト(Limonite)。これは褐鉄鉱という和名で、FeO(OH)を成分に持つもの全般を表しています。

d0303974_13522551.jpg
★ライモナイトinクォーツ★

ライモナイトinクォーツは水晶のクラックの間にライモナイトが沈殿して出来たもの。結晶の様子が分からないのでゲーサイトともレピドクロサイトとも言えないのですね~!

ここまでをまとめると・・・

■エレスチャルクォーツ → 水晶と一緒にレピドクロサイト/ゲーサイトが成長してできた。
■ライモナイトinクォーツ → 内包物のない綺麗な水晶ができて、その後の地殻変動や何かの影響で水晶が割れてしまい、そのヒビの中にライモナイトが沈殿していった。

ちなみに両方ライモナイトinクォーツであるといえますが、出来方はぜんぜん違うという事は分かりますね!

気づけば段々と脱線していきましたね・・・苦笑

話を質問に戻しましょう!

ゲーサイトとレピドクロサイトは和名を覚えるとすんなり覚える事ができます!

ゲーサイトは和名を針鉄鉱(しんてっこう)といいます。
レピドクロサイトは鱗鉄鉱(りんてっこう)。

針みたいなのか、鱗(うろこ)みたいなのかの違いなんですね!

ゲーサイトは原石の写真があるので見てみましょう!

モロッコ産のゲーサイト。
針のようなものがびっしり集まって形成されているのがわかりますね!
断面をみると霜柱のようになっています。

d0303974_13594049.jpg
★ゲーサイト(モロッコ産)★

インド産のゲーサイト。
こっちは黄色。
ゲーサイトやレピドクロサイトには黒~黄~赤などの色があります。

d0303974_14061153.jpg
★ゲーサイト(インド産)★

これも断面図を見ると針の集合体であることが分かりますね!!!

d0303974_14063857.jpg
★ゲーサイト(インド産)★

だから針鉄鉱なんです。

レピドクロサイトは鱗鉄鉱ですが、これはなかなか単体の標本を見たことがなく、原石の写真は持っていません。
そこで水晶の中に入っている状態のものをみてみましょう!

中に入っている赤いものがレピドクロサイトですが、平べったくなっているのが分かりますね!
鱗(うろこ)の様に平べったい。だから鱗鉄鉱。そう覚えると覚えやすいですよ!

d0303974_14095464.jpg
★エレスチャルクォーツ★

今度は両方入っていると思われるものを見てみましょう!
今度は黒いですね。この平べったいものがレピドクロサイト。
同時に針状のものもみえますね。
直線的だとおそらくゲーサイトだと思います。ちゃんとルーペで確認しないと確実ではありませんが・・・

d0303974_14133310.jpg
★エレスチャルクォーツ★


一見針状だけどレピドクロサイトの場合もあります。
このパターンがあるから混乱してしまうんですよね~。

こちらはパープルルチルクォーツ。

d0303974_16525127.jpg
★パープルルチルクォーツ★

一見針状なのでゲーサイトかと思いきや、拡大すると・・・

d0303974_16532022.jpg
★パープルルチルクォーツ★

まっすぐではなく、ぐにゃぐにゃと曲がっていますよね。
そしてその結晶は太くなったり細くなったり。
平べったいものだということが分かります。

この場合はレピドクロサイトなんです。

アメジストにゲーサイトが内包されたときは、本来の形にすごく近いのでご紹介します。
金色のススキのような、細長い結晶がほうき状に成長していますね~。
一番上のゲーサイトの結晶にそっくりですね!

d0303974_16592530.jpg
★アメジストルチル★

カザフスタンとメキシコでしか採れない幻の水晶、ストロベリークォーツはどうでしょう?
よく見るとゲーサイトのようですね。
ポイント先端のほうではレピドクロサイトも一部混ざっていそうです。
おそらく両種が混在しています。

d0303974_17020154.jpg
★ストロベリークォーツ(カザフスタン産)★


いかがでしたでしょうか?
ゲーサイト VS. レピドクロサイト
なんとなく分かっていただければ、それだけで嬉しいです。

同じ成分だし、両種を厳密に分ける必要もそれほどありません。
ただ、この2種の違いを知っておくと、こういった水晶類を見るときに楽しさが倍増すると思います。

今日はかなりマニアックな内容になってしまいました~!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-02-01 09:00 | おしえてMORiKO★!

【おしもり】結晶ってどんな風にできるの?

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!

今日は水曜日。「おしえてMORiKO★!」のコーナーですね~!!!
今回は動画まで作った超大作でございますっ!!!
きっと面白いといっていただけると思うのですが・・・

この質問も以前から色々な人から聞いている質問です。
MORiKO★自身も知りたいなと思っている内容。

Q.結晶ってどんな風にできるの?

本当、どんな風にできるのですかねぇ~?
水晶が大きくなっていく様とか、是非みてみたいものですが、なかなかそれを撮影するということはできないでしょうね・・・

それで今日は簡単に結晶が出来ていく様子をみることのできる物質を買ってきました!
「塩化アンモニウム」です。
アンモニウムと聞くと、臭くて害がありそうですが、それはアンモニア。
塩化アンモニウムは食品添加物にも使われているようで、普通に買うことができました♪

まずはその動画をご覧ください。
みるみる結晶が大きくなって、雪のように降ってきます。今の季節にぴったりな神秘的な動画ですよ~♪
(音声は入っておりません)




塩化アンモニウムは温度が高ければ高いほど、水によく溶けます。
最初にお湯に塩化アンモニウムを溶かします。
温度が高いお湯なので、たくさん溶けることができますが、冷めていくと「これ以上水の中に溶けていられない」と塩化アンモニウムが結晶になっていくのです。

結晶が出来ていく様子、とても綺麗で癒されますね~♪
特に2:45あたりから面白くなってくるので是非見てみてくださいっ♪♪♪

恐らく、めのうやオパールはこの実験の様子に近い感じで成長していきます。
小さなミクロの結晶が出来て、どんどん沈殿していって固まったものなのです。


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-01-25 09:00 | おしえてMORiKO★!

【おしもり】カラットってどうやって測るの?


おはようございますっ!MORiKO★です!

今日は水曜日。おしえてMORiKO★!の回ですね~!!!

今日は本社インターネットショップ、アナヒータスタイル担当のA子さんより質問をいただきました。

Q.宝石のカラットってどうやって測るの???

d0303974_2034459.jpg
宝石って○○カラットと表記されるけど、イマイチぴんときませんよね・・・


いい質問ですね~!「カラット」って間違って理解している人がとっても多いので、いつか解説しようと思っていました♪

まずは改めて考えてみていただきたいです。

「カラット」って一体なんの事を指しているのでしょうか???

石の品質? 石の大きさ???

よくテレビなんかで「○○カラットもある・・・」なんて言われ方をしているので、大きさの事かなぁ?
なんて、MORiKO★もこの道に入るまでは何となくそんな認識でした。

実はカラットって重さの事なんですよ~!

大きさ(体積)のことかと思っていた人、多くないですか???笑

しかも1カラットは0.2gのこと。
グラム数に5をかけるとカラット数になるんですね~!単純な事だったんです!

という訳で1グラムの石は5カラットの石という事になります。

逆に3.5カラットの石は0.7グラムという事になりますね~!

宝石は非常に高価なものなので、重さで取引されるときにグラムを使っていると単位が大きすぎて都合が悪かったんでしょうね~!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-01-18 09:00 | おしえてMORiKO★!

【おしもり】水晶のビーズって本当に天然の水晶なの?

おはようございますっ!MORiKO★です!

やってきました水曜日♪♪♪
おしえてMORiKO★のコーナーですね~!!!

今日も気合を入れて書きますのでよろしくお願いいたします~♪

今日の質問は特に誰々さんからという訳ではないのですが、多く寄せられる質問なのでいつかみなさんにお伝えしておかねばと思っていた質問です。

Q.当店で扱っている水晶のビーズって本当に天然の水晶なの?練りではないの?

d0303974_14062181.jpg
★天然水晶ブレスレット★


この質問、仕入れをしている者からすると「え~っ!!!」とびっくりしてしまうような質問なのですが、ある意味褒め言葉だと思って受け取っておきますね♪♪♪

結論から先に言います。
「はい!天然の水晶のみを使っております!」
です。

確かに当店の水晶のビーズは最もグレードの高い部分のみを使っているので、曇りやクラックの全くない、完璧な水晶のビーズです。
店頭にある水晶の原石を見ると、どうしても曇りやクラックが入っていますね~。
これをビーズにすると確かに曇りやクラックが入ってきます。

d0303974_14331807.jpg
★天然水晶原石★


一方、水晶のビーズはというと完璧に無色透明。
ガラスなんじゃないかとか、一度溶かして固めた練りの水晶なんじゃないかと疑ってしまうのも無理はありません。

まずは練りの水晶という言葉が出てきたので、その説明をしたいと思います。
練りの水晶というのは蜂蜜のように水晶をねりねりするのではなく、水晶を高温で溶かし、冷やして一つに固めたものの事を言います。
溶練水晶(ようれんすいしょう)という名前で呼ばれます。

水晶は水の中に溶けている珪酸からゆっくりと作られていき結晶になり、結晶構造を持っています。
一方水晶を溶かして固めたものには、もちろん結晶構造がありません。

結晶構造を持たない二酸化珪素の塊なので、元は水晶でも実はガラスなんですね~。(ちなみに溶かした水晶から作られたガラスは石英ガラスと呼ばれ、普通のガラスよりも高価です)

という事で、これから水晶とガラスの見分け方をみなさんにお伝えしましょうっ♪♪♪

用意するもの

■ 偏光板(へんこうばん)2枚
■ 光源
■ 調べる対象物

偏光板というのはある特定の方向の光以外をカットしてしまうものです。

そして「光源」→「偏光板」→「調べる対象物」→「偏光板」
の順番に並べます。

d0303974_15521387.jpg
なぜ偏光板を使うのか、偏光板を使ったらどうなるのかは、難しい話なのでここでは割愛させていただきます。
これを理解しないと先に進みたくない~!
という方は経済産業省のウェブサイトを見てみてください♪
経済産業省「なるほど!ケミカル・ワンダータウン」

ここでは「上の図のように光源・偏光板・対象物を置けばいいんだぁ~」と分かっていただくだけでOKです♪

それでは、対象物を2枚の偏光板ではさんで見るとどのように見えるかみてみましょう!

まずはガラス玉。
当然のことながら本社には天然水晶しかないので、わざわざ「ビー玉」を買いに行ってきました♪

どのように見えるんですかね~
わくわく・・・

d0303974_16112261.jpg
★ガラス玉★

ああ~!
黒い十字が見えている~!
何かすごいですね~!!!

実はこの十字模様、玉をどの方向に向けても同じ十字模様になります。
分かりやすくビー玉にシールをつけて、向きが変わったのに同じ十字模様が見えているという写真を撮影してみました~!

d0303974_16115230.jpg

★ガラス玉★

d0303974_16124364.jpg
★ガラス玉★

d0303974_16124386.jpg
★ガラス玉★

ねっ
玉をどの方向に回しても、同じ十字模様が見えているでしょうっ♪

ガラス玉はこの様に見えるという事を覚えておいてください。

そして本命の天然水晶はどうなるでしょうか???
本当ならビーズで撮影するのがよいのですが、ビーズだと中に穴があいているので写真が上手く撮れません。
代用で穴をあける前のビーズを使って撮影してみます。

じゃ~んっ!!!

d0303974_16275531.jpg

★天然水晶玉★

なんじゃこりゃぁ~!!!
黒い十字の真ん中に虹色の丸い模様が出てる~!!!

そうなんです。

これこそが天然水晶の印なんですね~!!!
すごいでしょうっ♪♪♪

この虹色の模様はある特定の場所にしか現れません。
玉にシールを貼って方向を色々と変えて撮影してみました。

d0303974_16280035.jpg
★天然水晶丸玉★

d0303974_16280678.jpg
★天然水晶丸玉★

d0303974_16281250.jpg
★天然水晶丸玉★

d0303974_16281664.jpg
★天然水晶丸玉★

虹色の玉が見えているのはある決まったところから見たときだけ。ということがお分かりいただけたのではないでしょうか?

ガラスのビーズはどの角度から見ても同じ見え方をしましたよね?
ところが天然水晶の場合は角度によって見え方が違う。

つまり、天然水晶には方向があるんですね~!!!

ちょっと手抜きして水晶の形が適当ですが、水晶のどの方向から見ると虹色の玉が見えるか模式図を作ってみました。

d0303974_17220846.jpg
結晶には結晶軸という特定の方向があって(図のオレンジ色はC軸を表しています。)、その軸に対して垂直の面にこの虹色の玉が浮かび上がっていたわけなんですね~!(C軸に対して垂直な面)

要するに「輪切りにした断面の面にだけ虹色の玉は見える」と覚えておいてください。
だから、反対側にも同じ虹色の玉が現れるんですね~!!!
(丸玉だと虹色の玉になりますが、図のように輪切りにした状態だと実際は玉の状態にはならず、虹色の模様が現れます。)

この軸は削っても残っているので、丸玉にしたときにも方向というものがあるんですね~!

試しに水晶のポイントの写真を撮ってみました♪
写真で見えやすくする為に表面を磨いた原石を使っています。

まずは側面(柱面)から。
この面は軸(C軸)に対して平行なので虹色は見えません。

d0303974_17500157.jpg
★天然水晶ポイント(ポリッシュ)★

d0303974_17500104.jpg
★天然水晶ポイント(ポリッシュ)★

角度を変えると暗くなったり明るくなったりします。
偏光板って楽しい~とついつい遊んでしまいます。笑

そうそう、虹色は見えましたか?
見えませんでしたね~!

それでは頭のてっぺんから見てみましょう♪
軸上(C軸上)から見ているので虹色が出るはずです!

d0303974_17500041.jpg
★天然水晶ポイント(ポリッシュ)★

あったあった!
虹色の模様♪
錐面といって、三角形になっている部分が斜めなので上手く写りませんが、輪切りになっているともっと綺麗に写っていたはずです♪

水晶のチップも撮影してみました。

これが難しかったぁ~!
虹色が現れる方向はとても限られているので、何度も方向をかえながら虹色が現れるところを探しました。

d0303974_17500107.jpg
★天然水晶チップ★

この写真では1つしか虹色が出ていませんが、どのチップも向きをちょっとずつ変えながら虹を探すと出てくるはずですっ!

当社ではこの様な簡易判別法で水晶ビーズを定期的に抜き打ち検査して、天然水晶だけを販売しています!

そうそう、天然水晶の見分け方のひとつに触って冷たいか暖かいかというのもありますよね?
これは熱伝導率の違いを利用したもので、伝導率の高い水晶は手で握ると手の体温が早く水晶に伝わるので冷たく感じます。
一方ガラスは伝導率が水晶よりも低いので熱が伝わりにくく、水晶より暖かく感じます。
大げさにいうと発砲スチロールと鉄の棒みたいな感じ。発砲スチロールは伝導率が低いので暖かく感じますよね?一方鉄の棒は触ると冷たい。
でも逆に自分の体温より高い状態だと、鉄の棒は触ったときに熱っ!ってなりますね?これは伝導率が高いので鉄の温度が手に伝わりやすいからなんです。

同僚達にどれが水晶だということは内緒にして、右に水晶、左にガラスを握り締めてもらって、どちらが水晶か当ててもらいました。
すると全員水晶がどちらか当てる事ができました。

この方法でも水晶を見分ける事ができますが、同時にガラスと水晶の2つがないといけないので、現実的には使える方法ではなさそうですね~


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-01-11 09:00 | おしえてMORiKO★!

【おしもり】アンモライトとアンモナイトってどう違うの?

おはようございますっ!MORiKO★です!

今日は水曜日。
今年初の「おしえてMORiKO★!」のコーナーですね~!

今日の質問はIさんよりいただきました。

Q.アンモライトとアンモナイトってどう違うの?

アンモナイトは化石の入門として、とっても有名な生物ですよね!
この名前を知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。

一方アンモライトはそれほど認知度が高くないので、まだまだ知らない人が多いと思います。

名前を比べると「ラ」と「ナ」が違うだけでそっくり。
これが余計いにややこしいですね~ ><

ブログのように活字で見てしまうと、同じに見えてしまいます。
アンモナイト アンモライト

という訳で、ここからはアンモナイトを青アンモライトを赤の字に変えて読みやすくすることにしますね!!!

まずはアンモナイトがどういった生き物なのかからご説明いたします!

アンモナイトは約4億年前から6600万年前までに地球の海に生息していた生物です。
恐竜が絶滅したのと同じくらいの時期に絶滅した生物なんですね。
アンモナイトの化石と言えば、↓の写真のように渦巻き状のものを思い浮かべると思いますが、これはアンモナイトの全体像ではなく、硬い殻だけ。本体はイカやタコのような生き物で、この部分は柔らかいため化石にはならなかったのです。

d0303974_09145998.jpg
アンモナイト化石(ドイツ産)Orthosphinctes sp.★

一体どんな本体だったのでしょうか?
想像図を描いてみました。
アンモナイトの化石だけ見ていると、サザエやカタツムリのように本体も渦巻き状になっているような気がしますよね?
しかし、この殻の中は仕切りがあって塞がれています。本体は入り口付近の空洞に入っているタコのような感じだったんですね~!
これが死んでしまうと、中の柔らかい部分はすぐに腐ってなくなってしまいます。
硬い殻は長い年月をかけて化石へと変化していったんですね~!

d0303974_10212571.jpg
アンモナイトがどういう生き物なのか、ちょっとはイメージが沸いたでしょうか???

そして次に「アンモライト」を説明させていただきます。

アンモライトアンモナイトの化石が長い年月をかけて宝石の様に美しく虹色に輝くようになったものです。
化石なのですが、宝石の1つなんです。

全体が分かる標本はうん百万円もする大変高価なものなので、見たことはあっても仕入れる事はできません><
この値段でただの化石ではないという事が分かりますね~!

アンモライトの一部なら仕入れた事がありますが、これでも結構なお値段がします。
赤、オレンジ、黄、緑、青、藍、紫など、虹の7色はどの色も持っています。
これが本当に化石なの???
と思うほど。

d0303974_10284251.jpg
アンモライト原石★

d0303974_10284622.jpg
アンモライト原石★

そしてアンモライトのほとんどはペンダントなどのジュエリーになります。
綺麗ですね~!

d0303974_10325410.jpg

★アンモライトペンダント★

これがどこでも採れるかというと、そうではありません。
アンモライトはカナダのアルバータ州南部の、ロッキー山脈の東側の斜面でだけ採れるものなのです。
地図をご覧になれば分かるとおり、アメリカとの国境近くなのでアメリカにもアンモライトはあるようです。どちらのしても地図の★印周辺のごく限られたエリアでしか採れないのですね~!

d0303974_10271058.jpg
どうですかぁ~。
アンモライト
とっても魅力的な宝石ですよね。
MORiKO★も1つ原石を持っていますが、いつか完全なる形のアンモライトも欲しいっ!
何百万円もするので宝くじが当たるまでお預けですね~笑

アンモナイトアンモライトについてお分かりいただけたでしょうか?
きっとここまではすんなり理解していただけると思います。

そしてここからみなさんがモヤモヤしているところに切り込んでいきます。

アンモナイトの化石の中でも、カナダ以外の場所で採れるものに虹色の光を持つものがあるんです。
それがマダガスカルのアンモナイト
殻の表面を磨くと虹色に光を反射する部分が現れます。

d0303974_10554602.jpg
アンモナイト化石(ポリッシュ)(マダガスカル産)★

d0303974_10560356.jpg
アンモナイト化石(ポリッシュ)(マダガスカル産)★

綺麗ですね~!
アンモライトとまではいきませんが、美しい虹色になっています。

これも「アンモライト」と呼ぶことができるのでしょうか???

答えはダメ~×× です。

アンモライトはロッキー山脈の東側の斜面で採れるアンモナイトの化石の中で、鮮やかな色を持つものだけに対しての名前なので、マダガスカルの化石にはアンモライトとは呼べないんですね~!

どうですか?すっきりされた方も多いのではないでしょうか?

アンモライトって、とても素敵な響きの名前ですけど、あまりにもアンモナイトと似ているので勘違いが起きそうですよね~!

最後にアンモライトではないのですが、こういったアンモナイトの化石もありますよという事で、パイライト化したアンモナイトの化石をお見せいたします。

かっこいいですね~!!!

これは長い年月をかけて殻がパイライトに置換されていったものなんですね~!
素敵ですね~♪♪♪

d0303974_11102198.jpg
★アンモナイトパイライト化石(ドイツ産)★

1年でも相当長いのに、人の一生なんて長くても100年なのに、江戸時代が始まったのも400年前なのに、6600年前ではなく、1万年が6600回分の6600万年前に絶滅した生き物の殻がこうして残っているということにロマンを感じます。

1万年後も人間っているのでしょうか?

さすがに6600万年後は人間はいないでしょうね~!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-01-04 09:00 | おしえてMORiKO★!

【おしもり】ビーズってどうやってできるの?

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!

やってまいりました♪毎週水曜日は「おしえてMORiKO★!」略して【おしもり】のコーナー♪

今日の質問は本社でPOPを作っているHさんより質問をいただきましたぁ~♪

Q.ビーズってどうやってできるの?

これはいい質問ですね~!
確かにビーズってどうやって出来ているのか、みたことがある人はほとんどいらっしゃらないと思いますっ!!!
ほとんどの人は機械に原石をほうりこんだら、コロンコロンとビーズが出来上がってくるのを想像していると思います。

全然違いますっ!

プラスチックや金属などは溶かして型に流し込むとう方法ができますが、天然石は溶かす事ができません。
ビーズにするには石を削ってその形にするしかないのですっ!!!
また天然石はその種類によって硬度や割れやすさなど、多種多様です。
石の加工って、実際はとってもアナログなんですよ~!!!

今日はMORiKO★画伯、がんばって図を作ってみました~!
恐らくこの図をみていけばどうやってビーズが作られていくのかが分かると思いますので、みなさん読んでみてくださいっ!!!

原石からビーズが出来るまで


原石のままでは表面にデコボコがあり、ビーズに削る事はできません。
d0303974_15354065.jpg

外側のデコボコしたところは残念ながら使い物にならないので、切り落とします。

d0303974_14045031.jpg

そうしてブロックの状態を作るところからビーズの製作は始まります。
この切る作業も、石専用のゆっくりと安全に切り落とす方法をとれば、1カットに1週間もかかります。


d0303974_15354199.jpg

ブロックとなった原石。
d0303974_15354144.jpg

これをさらに切って、サイコロ状の小さなブロックを作っていきます。
この1つのサイコロが1つのビーズになってゆきます。

d0303974_15354104.jpg

天然石なのでひとつの原石の中に質のよい部分悪い部分があります。


d0303974_15354102.jpg

HCと名がつけられるような最高品質の場所はほんのわずかしか採れません。
なぜHCのものが希少で高価なのかといいうとこのためです。

このようにサイコロが揃うころまでに2週間かかります。

d0303974_15375770.jpg


石のサイコロの角をルーターという研磨機に当てて角を削っていきます。
ひとつづつ手で削ってゆくので大変な手間です。
d0303974_15375795.jpg

大まかな丸みが出るまで人の手で磨いていくため、この作業でも1週間かかります。

d0303974_15353945.jpg

綺麗な球体に仕上げるために整形機で削ってゆきます。
この工程も1週間かかります。

d0303974_15353921.jpg
穴がないとビーズにならないため、穴を空ける必要があります。
ひとつひとつ手でビーズを持って、穴あけ機にあてて穴を空けていくんです。
熟練した職人さんでないと真ん中に穴をあけるのはとても難しいのです。

d0303974_15401327.jpg

穴があくといよいよ最終工程です。
バレル研磨といって、ビーズをタル状の機械に研磨剤ごと入れ、振動を与え続けて表面をぴかぴかに磨いていくのです。
この工程のとき、ひとつのビーズの中に柔らかい部分、硬い部分が混在していると、削れすぎる部分が出てきてしまって丸の形が乱れる事があります。
このバレル研磨も1週間~2週間かけていきます。

d0303974_15354083.jpg
どうですか~!
こんなにたくさんの工程を経てビーズになっていくんですね~!!!

原石からビーズになるまでおおよそ1ヶ月~2ヶ月半かかります。
実際にはひとつの作業をまとめてやらないと効率が悪いので、ビーズ1つ1つではなく、ある程度まとまった量を加工するので時間がかかるんですね~。
そのため必ずしもそれぞれの工程にかかる時間は正しいとは限りませんのでご了承ください。

この記事を読んで、お手持ちのビーズをより大切にしようと思って頂けると幸いです!



原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-12-28 09:00 | おしえてMORiKO★!

【おしもり】○○ライトってつく石は仲間???

おはようございますっ!MORiKO★です!!

今日は水曜日。恒例となりました、おしえてMORiKO★!のコーナーをお届けいたしますっ♪

今日の質問は佐賀県のゆめタウン佐賀店のEさんよりいただいた質問です。

Q.ソーダライトやラブラドライトなど、語尾に「ライト」という石がありますが、仲間なんですか???

これはいい質問ですね~♪♪♪
確かに石の名前ってそんな名前が多いような・・・

d0303974_10351347.jpg
写真はラブラドライト。
長石の仲間で、現在の正しい鉱物名はアノーサイト。ラブラドライトの名前は使われなくなって現在は宝石名という形で残っていると思います。
一方ソーダライトは準長石といって長石に似ている成分なんです。

あ~だから「ライト」とつくんだ~!

いやっ。まてよ~。
ネフライトとかアズライトとかアイオライトとか、関係のなさそうな石でも「ライト」とつく石がいっぱいあるぞ~


ライトじゃないく「アイト」じゃない?
アクチノライト、アパタイト、アポフィライト、アマゾナイト、アラゴナイト、カイアナイト、パイライト、カルサイト、マグネサイト・・・

ほとんど語尾に「アイト」ってついてるじゃ~んっ!

そうなんです。鉱物の語尾に「アイト(ite)」とついている場合がほとんどなんですね~!
例えばラブラドライトはラブラドール半島が名前の由来ですが、ラブラドール(Labrador)にアイト(ite)がくっついてラブラドライト(Labradorite)になったんですね。
つまり「アイト」は「石」という意味と解釈してOKでしょう♪
他にも薬の名前として使うこともあるみたいですね。爆薬のダイナマイトとか・・・

例えばMORiKO★が石を発見して名前にMORiKO★を入れようと思った場合、モリカイト(Morikite)にするみたいな、そんな感じです。

全鉱物名のリストをみていると、面白いものがたくさんあります。

Tokyoite(トウキョーアイト)、Osakaite(オサカアイト)、Shigaite(シガアイト)などなど・・・
日本の地名じゃんっ!!!なんて

逆に「アイト」がついていない石の名前は極端に少なく、それは昔から馴染みのある有名な石ということになるんですね~!!!

今日は石の名前についてお届けしました~♪♪♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-12-21 09:00 | おしえてMORiKO★!