MORiKO★BLOG ~モリコブログ~

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

【おしもり】記憶に残るベスト仕入は?鉱物で素敵な名前は?

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日は先週に引き続き、「おしえてMORiKO★!」、略して「おしもり」のコーナーをお届けいたしますっ!!!
先週の記事はどうでしたか?とても難しい内容になってしまったのですが、お分かりいただけたでしょうか???
ちょっと心配です。

今日は内容が難しくならないような質問をチョイスさせていただきました♪

1つ目は宮崎県のイオンモール都城駅前店のペンネーム「なかむぅ」さんからの質問。

Q.今まで仕入れた石の中で一番感動した石は何ですか~?

わ~っ♪これは答えやすい問題♪♪♪
ほっとしました~♪(自分で選んでいるのですが・・・苦笑)

どの石も仕入れたときに色々なストーリーがあって、今でもはっきりと覚えています♪
全て大切なわが子です!

という訳で、全部!笑

といいたいところですが、それでは答えにならないので「仕入れた石で感動したものベスト3」を発表いたしますっ!

第3位 ルチルブルートパーズペンダント(ブラジル産)

2013年に仕入れたペンダントで、このブログにたびたび登場するデザイナーさん作の1品です。
ブルートパーズの中でも人気の高いロンドンブルーのタイプで、さらにその中に銀色の線が入っています!!!
実際にはルチルという鉱物ではなく、トパーズが侵食されてできた、極小の空洞なんです。
初めてみたときは本当にびっくりしました!

>>当時の記事

d0303974_09322000.jpg
d0303974_09323397.jpg
d0303974_09325001.jpg
d0303974_09332788.jpg


第2位 クリスクロススモーキークォーツ原石(マラウイ産)

これは昨年2015年に仕入れたもの。
これまで何度かイタリア人サプライヤー経由でマラウイのマロサ山の鉱物を仕入れた事があったのですが、なんとフランスのショーでそのマロサ山のオーナーに遭遇。
そこでは会話が弾まなかったのですが、そこへ通りかかった若いお兄ちゃんが見せてくれたのがこちらのクリスクロススモーキークォーツ。なんとスモーキークォーツが十字交差して群晶になっているという、見たこともないような標本。
ギャラリーも含めてその場にいる人たち全員が「お~!すげ~!」と沸きました。その場にいる人たちというのは筋金入りのプロばかり。
産地を聞くと先ほどのマロサ山で、なんとこのお兄ちゃんはオーナーの息子でした。
そのときもすごいだろうと思っていましたが、後で良く調べてみてもまだ世界で11個しか標本が出回っていない貴重なものだと判明しました。


d0303974_09421345.jpg
d0303974_09422307.jpg
d0303974_09423086.jpg
d0303974_09423833.jpg
d0303974_09425891.jpg
d0303974_09430623.jpg



第1位 ロイヤルブルーガーデンクォーツビーズ(ブラジル産)

これはご存知の方も多いと思います。2014年に仕入れたもの。
今までに誰も見たことのない水晶が登場しました。
紫がかった青色の美しい結晶を内包した水晶。
針のように細い結晶なのですが、ルチルではなさそうです。しかし余りの美しさに正体不明のまま、工場にあるビーズを全て仕入れました。
半年かかって分析してもらった結果、それがデュモルティエライトだと判明したんです。
このブログで紹介したのち、一気に有名になりましたが、原石の価格が高騰してしまい、今では有りえないくらい高いものとなってしまいました。

>>当時の記事

d0303974_10002142.jpg
d0303974_10003307.jpg
d0303974_10003491.jpg
d0303974_10003424.jpg
d0303974_10003444.jpg


番外編

番外編として、今後希少になる石。
上の石の様にあのときに買っていれば・・・となるような、もうこんなすごい石入らないでしょうシリーズをこっそりお伝えします。

パープルルチルクォーツTOPビーズ

パープルルチルクォーツは水晶の中に赤いレピドクロサイト/ゲーサイトを内包したものなのですが、これ以上の質はないという最上級のものが今年入荷しています。
どんどん希少になっていくことは確実!

>>当時の記事

d0303974_10083511.jpg
d0303974_10084952.jpg

タンザナイトビーズ

タンザナイトの中でも、透明感があり色が濃いビーズがあります。
これはお店でもまだ見かけることがあるのですが、実は激レアなんですね~。
というのも、タンザナイトはまずタンザニアでしか採れません。
そのタンザニア政府は、加工していない原石の国外持ち出しを強く取り締まっています。
こんな宝石品質のタンザナイトをビーズに加工できたのは奇跡としかいいようがありません。
この取締りはどんどん厳しくなっているので、この品質のタンザナイトのビーズは今後入ってくる可能性は非常に低いという事になります。

>>当時の記事

d0303974_10110492.jpg

さら~っと記事を書くつもりが、とっても濃いものになってしまいましたね・・・苦笑
実はもうひとつ質問をもらっているので続けますね♪

今日の質問2つ目は同じくイオンモール都城駅前店のペンネーム「でぃーぬ」さんからの質問。

Q.一番かっこいいと思う石の名前は何ですか~?

これはサービス質問ですね!
みなさんが一番かっこいいと思う石の名前は何ですか?

MORiKO★がかっこいいと思う石の名前はですね・・・

サルファー

でございます。
これを実感できるのが日本語との比較。
下の写真をご覧ください。

d0303974_10303783.jpg
この石は「サルファー」っていう石なんだよ~♪♪♪

というのと、

この石は「硫黄(いおう)」っていう石なんだよ~♪♪♪

で全然印象が変わりませんか???
硫黄って臭いとか、火山とか、あんまりいいイメージはなくて、サルファーは言葉の響きからとっても壊れやすい美しいものみたいなそんなイメージを感じるのですが、MORiKO★だけでしょうか???苦笑

という訳でサルファーと答えさせていただきました。
ちなみに英語で書くと"SULPHUR"。FではなくPHになっている単語もまたかっこいい~♪♪♪っと思ってしまいます。


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-30 09:00 | おしえてMORiKO★!

アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日も引き続きアンデシンをお届けしますよ~♪

アンデシンは赤と緑の石!
なんてイメージがありますが、赤みが強ければ強いほど上質の石と評価されます。
実は緑の部分がない方が高価なんですね~!

今日は昨日と同じタンブルカットなのですが、より上ランクの石になります♪

d0303974_19354575.jpg
★アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産) 9,500円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!

わ~お!
急にお値段があがりましたね~!!!

確かに赤みは価格に比例して真っ赤ですっ!!!

d0303974_19365891.jpg
★アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産) 9,500円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!

良い色ですね~♪♪♪

アンデシンと言えば赤と緑の石というイメージがありますが、これはチベットで採れる特別なアンデシンに限っての話です。

それでは何故チベットではこのような色のアンデシンが採れるのでしょうか???

それはその中に不純物として銅を含んでいるからなのですっ!!!

赤も緑も銅の影響のようですよ~!!!

確かに純粋な銅は、銅線とか十円玉とか赤っぽいですものね。鉱物で銅を含むものはマラカイトとかダイオプテーゼとか確かに緑のものが多いです。難しい事は良く分かりませんが、銅がこの色を作っていたんですね~♪

赤と緑のコントラストが素敵なアンデシンですが、こんな真っ赤なビーズもまた素敵。

明日は「おしもり」のコーナーです。
アンデシンの続きは明後日。お楽しみに~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-29 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンタンブルカットビーズ(チベット産)

おはようございますっ!!!MORiKO★ですっ!!!

今日はアンデシンのビーズをご紹介いたしますっ!!!
実はアンデシンのビーズ3種類が今回入荷しまして、一度に3種類ご紹介するのがいいのか、それとも3日に分けてお届けすればいいのか迷っておりました。

やっぱり1つずつしっかりと紹介したいっ!との思いで1日1種類にすることにしましたぁ~♪(記事数稼ぎではありません!けっして・・・)

という訳で、今日、明日、水曜はおしもりのコーナーをお届けして、最終は木曜というスケジュールでアンデシンビーズをお届けしますっ!
どれも素晴らしいビーズなので、3種類全部みてからどれがいいか決めてくださいね~!
後になるほどレアなビーズが登場しますよ~♪♪♪

それでは今日のビーズですっ!

d0303974_19100443.jpg
★アンデシンタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


光を綺麗に反射して、赤なのか緑なのかよく分からない色あい。
すごく素敵じゃないですかぁ~???

d0303974_19334612.jpg
★アンデシンタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


いいですよね~アンデシン。

3日もあるので、今日はアンデシンとは何ぞや?
を説明させていただきますね~♪♪♪

アンデシンは和名を中性長石といいます。斜長石というグループの中の1つです。
斜長石はアルバイト(曹長石 Na[AlSi3O8])とアノーサイト(灰長石 Ca[Al2Si2O8])の2種類から成ります。
この2つの比率で6種類に分けられていました。
「分けられていた」とありますが、今ではアルバイトが多いかアノーサイトが多いかどちらかが多いというだけで、この2種類だけの分け方になっています。
アンデシンは最新のリストからなくなっているんですね~。
未だに業界ではラブラドライトもアンデシンという名前も使うので、どういったものかちゃんと理解しておくと後々役に立つかもしれませんね~♪

それでは図をご覧ください。これは前の記事の使いまわしです♪

d0303974_19115227.jpg
この図でアンデシンはどこにあるでしょうか?
上の行の左から三番目にありますね!
これはアルバイトとアノーサイトが1:1の比率になったものよりもアルバイト多めのところにありますね。
逆に1:1よりもアノーサイト多めはラブラドライトに。
アルバイトとラブラドライトはほとんど同じなんですね~。

ここまでは前に説明したことがありますが、じゃあそれってどうやって見分けるの?
という事を説明いたしますっ!
アルバイトが何%でアノーサイトが何%なのか、そんなの目視で見分けられる訳がありませんね!

じゃあどうやって見分けるんだろうというと、前回の「おしもり」で登場した蛍光X線分析で成分を調べる方法がありましたね~!!!

d0303974_14043552.jpg
これで成分を調べたら分かりそう!!!

もう一度両者の化学式を書きます。

アルバイト
Na[AlSi3O8]

アノーサイト
Ca[Al2Si2O8]

ふたつがどう違うのかみてみましょう♪
[]の外に注目!
アルバイトはNaで、アノーサイトはCaですね~♪

もし別の鉱物が混ざっていない状態だったら、単純にNaとCaの割合だけをみたらいいんですね~!
分析だけできたら出来そうですね~!

もし別の鉱物が混ざっていたら色々な組み合わせを考えて引き算・足し算をしないといけないから大変でしょうけど・・・

あと[]の中も実は微妙に違うんですよ~。
AlとSiの数がそれぞれ違ってる!
アノーサイトは3つあるSiのうち1つがAlになっているんですね~。まだまだMORiKO★は修行不足で訳が分かりませんが、達人になるとこの科学式を見ただけでフムフムってなるんですよ!すごいですね~!

今日はアンデシンとは何ぞやをお届けしました。

ちょ~っと難しかったですね~><

明日もお楽しみに~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-28 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ブルーアパタイトタンブルビーズ(マダガスカル産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!

普段、最低でも前日には記事を書いて予約投稿をしているのですが、今朝出勤すると今朝の記事がない事に気づき、あわてて今書いていますっ!!!
あ~!!!時間が~!!!

ぞくぞくと石は入荷しているのですが、まだ出荷までに時間があるのでちょっと前倒しでご紹介させていただきますね~!!!

今日の石はアパタイト♪

ネオンカラーが素敵なブルーアパタイトです♪

この石は気づけば何度も紹介しているほど、お気に入りの石。
発色がよくて透明感もあって、そして思ったよりもお買い得というのが魅力ですよねっ!!!

そんなブルーアパタイトのビーズを見つけたのは、クリソコーラなど、難しい石の加工を得意とする工場の倉庫で!
やっぱり工場としては丸ビーズを作るのを最優先していて、タンブル型などの不定形なものは、その大きさの材料がたまってきてから一気に作るようです。

つまり、タイミングが命!

今回もいいものを見つけることができてラッキーでした♪
左から右にかけてグラデーションにしてみましたよ~♪

d0303974_09093170.jpg

★ブルーアパタイトタンブルビーズ(マダガスカル産) 180円+税/粒★
オンラインショップにて取扱い中!!


この子も写真写りがとってもいいですね~♪♪♪

d0303974_09112065.jpg
★ブルーアパタイトタンブルビーズ(マダガスカル産) 180円+税/粒★
オンラインショップにて取扱い中!!


今日は歯が命のくだりはやめておきましょう!笑

急に冷え込んで体調を崩しやすい季節ですのでみなさまお体をご自愛ください♪♪♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-27 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

シトリンタンブルカットビーズ(ブラジル産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日はシトリンのタンブルカットビーズをご紹介いたしますっ!!!
このビーズ、いったい何回目の登場でしょうか???

数回登場しているとは思いますが、お許しください><

このシトリンのタンブルカットビーズはMORiKO★の中の「写真写り良いビーズランキング」の堂々1位です。
今のMORiKO★の撮影方法に見事にマッチしていて、毎回いい感じの写真になるんですよ~!!!

まさに美人♪♪♪

d0303974_14553169.jpg
★シトリンHCタンブルカットビーズS(ブラジル産) 1,600円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


これは綺麗っ!!!
我ながらいい作品だとニヤニヤしてしまうほどです。

しかし、写真が良いのはモデルがいいからでしょう!毎回それほど工夫をせずとも綺麗に撮れるんです。

という事はこのビーズ自体が美しいという事。
シトリンはカットしてあるほうが綺麗ですね~。

d0303974_14561527.jpg
★シトリンHCタンブルカットビーズS(ブラジル産) 1,600円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


シトリンはご存知の方も多いと思いますが、アメジストを加熱して作られます。
石を加熱するとどの様な事が起きるでしょうか???

80度くらいで加熱するのであればなんともないと思いますが、200~300度で加熱するので当然割れる石もたくさん出てきます。
割れなくても石の内部に亀裂(クラック)が入ったり・・・

しかしこのビーズをご覧くださいっ!
クラックは一切ありません!

これは加熱して黄色くなったシトリンの中から無傷なものだけを集めたハイグレードの原石から作られています。

だから同じシトリンでも高くなるんですね~!!!
クラックのないシトリンは急に高くなります。

確かに加熱しても割れなかった原石はほんのわずかしかないでしょうから、その分高くなるんですね~!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-26 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ラブラドライトタンブルビーズ(マダガスカル産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!
今日の記事は間違えて昨日から公開してしまっていました・・・
すでに読まれた方は申し訳ありませんっ!!!><

今日もラブラドライトをご紹介させていただきます!
どれだけラブラドライトが好きなの?と言われそうですね♪

しかし言わせてください。ラブラドライトは今が買い時なんです。
質のいいラブラドライトが手に入るのは恐らく今がベスト。

実際数年前はこんな質のいいラブラドライトが入荷していたことはないと記憶しています。

今回の「かたち」はタンブル型!
穴は横に空いているタイプになります!

d0303974_18372430.jpg
★ラブラドライトHCタンブルビーズ(マダガスカル産)300円+税/粒★
オンラインショップにて取扱い中!!

色もカラフルで素敵ですね~♪♪♪

d0303974_18380666.jpg
★ラブラドライトHCタンブルビーズ(マダガスカル産)300円+税/粒★
オンラインショップにて取扱い中!!


これで一連のブレスレットを作ったらとっても個性的で素敵!
ちょっと作りたくなりました♪♪♪

ラブラドライトは石の成分によって分けられた鉱物名で(実は現在鉱物名としては存在していません)、全てのラブラドライトがこのように光るということではありません。
これは斜長石の中のアノーサイトとアルバイトが交互に層になっている間にヘマタイトやマグネタイトなどの金属鉱物が層で入り込んでいる状態。こういった特殊な状態になっているところで虹色に光るという現象が起きているんですね~♪
う~ん難しい・・・

ミルフィーユみたいに別の鉱物が折り重なって、その組み合わせがある決まったものになったときに初めて虹色になるのだろうと思います。

ミルフィーユと書いてしまったので、ミルフィーユが食べたくなってきました・・・


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-25 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ラブラドライトコーンカットビーズ(マダガスカル産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日は(も笑)ラブラドライトのビーズをご紹介いたしますっ!!!
今日のラブラドライトはコーンカットビーズ!

d0303974_10225012.jpg
★ラブラドライトHCコーンカットビーズ(マダガスカル産) 360円+税/粒★
オンラインショップにて取扱い中!!

コーンカットという事はトウモロコシ!?
確かにそんな形をしていますね~笑

ラブラドライトはご存知のとおり、虹色に光を反射して輝く石ですが、ある決まった面しか光りません。
最近気づいたのですが、平たい面がある方が光を強く反射するので、ラブラドライトはカットされている方が綺麗に光るんです!

光る面がちゃんと見えるように、穴の開いている方向に垂直に光るように計算して作られています。
確かに左側の輪切りの断面の方は光っていませんよね~

d0303974_11434503.jpg
★ラブラドライトHCコーンカットビーズ(マダガスカル産) 360円+税/粒★
オンラインショップにて取扱い中!!


d0303974_13294331.jpg
★ラブラドライトHCコーンカットビーズ(マダガスカル産) 360円+税/粒★
オンラインショップにて取扱い中!!


ブレスレットにアクセントとして使っても綺麗だし、3、4個重ねてピアスにするととってもかわいいと思いますっ♪♪♪

先日もラブラドライトの話で出ましたが、質のよいラブラドライトは今後希少になってくるので綺麗なものをみつけたら今が買い時ですよ~♪♪♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-24 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

【おしもり】イエローファントムの内包物

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!

今日のタイトルは【おしもり】となんだか変な感じ。
実は今日から「おしえてMORiKO★!」略して「おしもり」のコーナーを始めたいと思いますっ!!!

このコーナーではお店のスタッフの人が疑問に思っている事にMORiKO★がお答えしますっ!
質問はMORiKO★が独断と偏見で選んでいます(答えやすいものを狙って・・・笑)♪

記念すべき第1回目は宮崎県のイオンモール都城駅前店のペンネーム「ァィ助さん」からの質問です。

Q.イエローファントムのイエローの部分は何ですか?

d0303974_14002898.jpg
*写真はレッドファントムクォーツのビーズです・・・

でましたっ!最初なのに激ムズの質問ですっ!!!
最初なのでもっとやさしい質問にしてもらいたかったのですが・・・

それではお答えしましょう♪
答えは「分かりません!」です!

しかし、分かりませんで終わらすのであればこの記事の意味がないっ!
という事で、なんで分からないかを深く説明したいと思いますっ!!!

鉱物を鑑別する(なんの種類か分ける)ときに最も重要なのはその色や結晶の形だと思います。
水晶だったら、ある程度石を好きな人なら分かるようになるでしょうね。

けれども丸ビーズになったものだとどうでしょう?

見た目だけではガラスなのか、トパーズなのか、ベリルなのか、それとも別の鉱物なのか、さっぱり分からなくなります。
そこで鑑別所の先生は比重や屈折率や蛍光性、硬度など、色々なデータを分析してどの石なのかを導き出します。
そのときに有効な手段のひとつとして、成分を分析するという方法があります。

蛍光X線検査という検査方法があって、この方法で検査するとどの元素がどの割合で含まれているかを調べる事ができるのですっ!!!

d0303974_14043552.jpg

なんだ~!それがあればイエローファントムの中身も分かるじゃんっ!
なんて思った方、そう簡単なものではないんですよ~涙

次の図で、ビーズそのままの状態で蛍光X線検査をしたときの状態を示しますね。*左側の図をご覧ください。
ファントムを作る黄色の内包物は完全に水晶の内部に収まっています。
このビーズの表面を検査しても、表面は水晶なので水晶だという事しかの検査しか出来ませんよね?

仮にこのまま検査をした場合、Si(珪素)が33.33%、O(酸素)が66.66%という結果が出てきます。
「水晶です。」とは言ってくれないんですね~。
このデータを見て、「フムフム、このビーズに含まれているのはSiとOか。そしてその割合はSiが1としたらOは倍の2だな。ということは「SiO2」という化学式が当てはまりそうだな。この化学式の鉱物は石英。これは透明なので水晶だな。フムフム。」
といった形で鑑別が行われるのです!

d0303974_14093526.jpg
それでは内包物を調べようと思うとどうすればいいのでしょうか?
表面を削って内包物がむき出しの状態にすればよいのでは?
と考えるのが普通ですよね!

図の右側は表面を削って内包物をむき出しにした状態です。
これで測ってみましょう♪

しかし表面のほとんどを水晶が占めていて、内包物の部分はほんのわずかにしかなりません。
恐らく99%が水晶の成分のSiとOが占めていて、残り1%の中にその内包物の成分が検出されるでしょう。
しかも実際は誤差がものすごくあって、例えば素手で触ってビーズをおいたら汗の成分が検出されたり、綺麗なデータにはなりません。迷宮入りです。

確実に答えを出そうを思うと、内包物の部分を出来るだけ多く集めて、そこだけを検査するという方法です。
ビーズを粉々にして、その粉の中から内包物の部分だけを集めます。
粉々になったものはただの白い粉。この中から果たして内包物だけを集める事ができるでしょうか?

訳が分からなくて出来ないでしょうね~
しかもビーズのほとんどは水晶なので、沢山のビーズを粉々にしなければ検査が成り立ちません!

d0303974_14313486.jpg
こういった理由から内包物の特定はと~っても難しいんですね!
入荷したビーズを全て壊してもよいのであれば分析は出来るのですが・・・

内包物は分からないと書きましたが、外側からみて分かる場合もあります。
結晶がしっかりしていて、その鉱物の特徴が綺麗に現れている場合です。

例えばルチルクォーツや、パイライト、ガーネットなど。
これらは水晶の中で結晶になっていますね!

d0303974_14385060.jpg
*パイライトinクォーツ

しかしガーデンクォーツ系やファントムクォーツ系は綺麗な結晶になっていないので成分分析頼みなんですね~。

もちろんビーズを犠牲にしてよければ調べる事は出来ます。
2年前に入荷したロイヤルブルーガーデンクォーツ、これはビーズを犠牲にして、しかも半年間待ってやっとデュモルティエライトだと判明したんですっ!

d0303974_14402327.jpg
*ロイヤルブルーガーデンクォーツの内包物はビーズを犠牲にしてデュモルティエライトだと判明しました。

という訳で、何で分からないという答えになったのか、また水晶の内包物を鑑別するのはどれだけ大変なことかご理解いただけましたでしょうか???

石って本当に面白いですね!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-23 09:00 | おしえてMORiKO★!

ブルーアンバー勾玉(インドネシア産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!

今日は2つだけ入荷した勾玉をご紹介しようと思いますっ!
これまで勾玉をご紹介したことはなかったはずですが、今回のものはとってもいいものなのでご紹介させてくださいっ!

3、4年くらい前から出回り始めた、インドネシア・スマトラ島のブルーアンバーから作った勾玉です。
これは茶色っぽい琥珀なのですが、ブラックライトを当てるとびっくりするくらい青く光る、蛍光性の強いアンバーです。

そのアンバーで海外の勾玉職人に勾玉を作ってもらいました!
するとこれがとても難しいっ><

硬度は2~2.5ととても軟らかいもの(水晶は7)なのですが、すぐに割れてしまって加工が大変なのですっ><

やっと出来上がった勾玉は2個だけ!ひょえ~!

d0303974_15103617.jpg
★ブルーアンバー20ミリ(インドネシア産) 20,000円+税★
オンラインショップで取扱い中!!

d0303974_15121176.jpg
★ブルーアンバー16ミリ(インドネシア産) 14,000円+税★
オンラインショップにて取扱い中!!


30ミリの勾玉も作ろうとしたけど、すぐに折れたという事で、接着剤でつけたものが見本として送られてきました。
確かに中にクラックがあって割れやすそう・・・

そんなこんなで、運よく壊れなかった2個だけが今回入荷したんですっ。

そして気になる蛍光性。
ブラックライトで照らしてみたのでご覧ください。

d0303974_15143875.jpg
★ブルーアンバー勾玉(インドネシア産) 左:16ミリ 14,000円+税 右:20ミリ 20,000円+税★

これが

こうなりますっ!!!

d0303974_15162153.jpg
★ブルーアンバー勾玉(インドネシア産) 左:16ミリ 14,000円+税 右:20ミリ 20,000円+税★


実は今、伝承館の職人さんにもこのアンバーに挑戦してもらっています。
やっぱりすごく大変だそうで、なかなかいいものが出来ないようです。

先日伝承館に行ったときは、もう少しであがるよとの事だったので、ブルーアンバーの工房勾玉がお披露目になる日もそう遠くないと思います。

楽しみですね~♪♪♪

最後にこの勾玉は写真写りがよすぎてびっくりしてしまいました。特に白背景の写真は綺麗すぎるかも・・・汗
実物は黒背景の2個並んでいる写真に近いと思います♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-22 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

キャッツアイルチルクォーツ(ブラジル産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日はキャッツアイルチルクォーツのビーズをご紹介いたしますっ!!!
これはたった1個しか入荷がなかったものなのですが、とても綺麗なのでご紹介させてくださいっ!!!

d0303974_14534686.jpg
★キャッツアイルチルクォーツ14ミリ(ブラジル産) 24,000円+税★

白バックではちょっと特徴が分かりずらいので黒バックで撮影してみました♪♪♪

d0303974_14550525.jpg
★キャッツアイルチルクォーツ14ミリ(ブラジル産) 24,000円+税★

ある軸を中心に両側にブラシのようにルチルの結晶が成長していますね~!
プラチナルチルクォーツと良く似ています。
しかし色が白っぽい金色。
こんなルチルクォーツは初めてみましたっ!!!

もしかしたらルチルの結晶の中心にはブルッカイトがあるのかもしれませんね。

d0303974_14565381.jpg
★キャッツアイルチルクォーツ14ミリ(ブラジル産) 24,000円+税★

これが光を強く反射し、キャッツアイ効果が表れます。

同じルチルを内包した水晶でも、結晶の入り方は千差万別。
これが石の楽しさでもありますねっ!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-21 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)