MORiKO★BLOG ~モリコブログ~

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

アンモナイト化石(マダガスカル産)

おはようございます。MORiKO★です。

昨日は三葉虫をご紹介しましたが、今度はマダガスカルよりアンモナイトの化石が入荷しましたのでお知らせします!!!
d0303974_1984792.jpg
★アンモナイト化石(マダガスカル産) 大4,725円、小2,625円★

アンモナイトは古生代の中頃から中生代にかけて生きていた生物です。
三葉虫よりも後に出現しています。

アンモナイトはこの貝殻の中にタコのような生き物が入っていたようです。
しかもそれがうようよいたようですよ!

おいしかったのかな・・・
シーフードが好きなのですぐそんな発想になっちゃいます★
d0303974_1948690.jpg
★アンモナイト化石(マダガスカル産) 4,725円★

イカの中にもコウイカやヤリイカがいるように、実はアンモナイトにも沢山の種類があります。

大型の種類もいて、直径1mを超えるものもいたようですよ。
先日、上野にある国立科学博物館に行ってきましたが、北海道で採れた巨大なアンモナイトが展示してあり、MORiKO★大興奮でした。

国立化学博物館でみたアンモナイトは私達がイメージする「化石」といった質感でしたが、今回のマダガスカル産のアンモナイトは遊色効果(虹色に光る)がみられます!!!
なんてきれいなんでしょ~!
d0303974_11131559.jpg
★アンモナイト化石(マダガスカル産) 2,625円★
d0303974_11143130.jpg
★アンモナイト化石(マダガスカル産) 2,625円★

MORiKO★も子供の頃、父親に連れて行ってもらったNHKの「地球大紀行展」でアンモナイトの化石を買ってもらい、今でも大事に持っています。

化石って本当にいいですよね~。
MORiKO★大好きです!



オンラインショップ アナヒータスタイル
# by stonebuyer | 2013-05-01 09:00 | 入荷情報 (原石)

三葉虫化石(モロッコ産)

おはようございます。MORiKO★です。

わたしたちは世界中の天然石を取り扱っているので、本当に色々な人たちとお付き合いがあります。
その中でもダントツのキャラクターをほこっているのが、モロッコ出身のおじさん。
かなりの出っ歯なのですが、前歯が上下合わせて5本しかなく、頭はじゃがいものような形をしています。
田舎~♪
という雰囲気をかもし出されていてとても愛らしいおじさんです。

そんなおじさんよりモロッコで集めてくれたものが入荷しました。

どろ~ん。三葉虫の化石です。
d0303974_17291858.jpg
★三葉虫化石(モロッコ産) 840円★

これは子供が大喜びしそうですね!!!

化石で有名なのは恐竜、アンモナイト、三葉虫。
アンモナイトの化石はたまに見かけますが、三葉虫の化石はなかなか見ないですよね~!

三葉虫は現在すでに絶滅してしまった生き物で、古生代(こせいだい)と言われる時期に海に生息していた生き物なんです。
古生代とは今から約5億4200万年前に始まり、約4億8830万年前までの期間のことです。

う~ん。

まだピンときませんね。
古生代が始まってから現在までを1年に例えるなら、

1月1日 古生代が始まる。
8月8日 古生代が終わりをむかえる。

12月31日 午後11時37分 我々人類が誕生する。
12月31日 午後11時59分38秒 江戸時代が始まる。

江戸時代が22秒前なら、三葉虫のいた古生代が始まったのは1年前!
大大大先輩ですね・・・

実はこの化石、手の平くらいあります。
d0303974_17315958.jpg
★三葉虫化石(モロッコ産) 840円★

それにしても何でこんな貴重な化石がこんなに安いのか。
まさか粘土で作った偽者なんじゃ・・・
と思う方もいらっしゃると思いますが、安いのは産地の人から直接買っているためだからなんです。

あまりにも小さいので写真で写すことができませんでしたが、よく見ると化石の中にネジのようなものが見えることがあります。
最初はびっくりしましたが、よく見てみると小さな小さな巻貝の化石でした。

三葉虫の死骸が海底の泥に沈んで、殻を残して腐ってしまった後、堆積した泥の中に巻貝も混ざっていたのだと思います。
d0303974_19261770.jpg

おしりだけ見ると、怒ると眼が真っ赤になるあの大きな蟲さんのようですね・・・
一度走り出したら止まらない・・・
d0303974_1915051.jpg
★三葉虫化石(モロッコ産) 840円★




オンラインショップアナヒータスタイル
# by stonebuyer | 2013-04-30 09:00 | 入荷情報 (原石)

ガレーナ原石(ブルガリア産)

おはようございます。MORiKO★です。

今日はミュンヘンミネラルショーで仕入れたガレーナ(ブルガリア産)のご紹介です。
ガレーナ。
どこかラテンな響きのする名前ですが、和名を方鉛鉱といい工業用の鉛の原料となる石です。
観賞用の石として流通することは稀ですが、弊社ではこんなマニアックな原石も取り扱っております。

まずはこちらの原石。
ブルガリア、スモリャン州、マダン、クルシェヴドル鉱山で採れたガレーナです。
d0303974_21384958.jpg
★ガレーナ(ブルガリア産) 2,520円★

いかがでしょうか?このキュービック感!立方体の組み合わせのように見えます。表面のテリも素晴らしいです。
まるで空飛ぶお城の内部のような・・・
実際に持っていただくと分かるのですが、鉛を多く含んでいるためかなりヘビーでございます。
かっこいい・・・

口ひげをたくわえ、サスペンダーをしている人の良さそうなブルガリア人のおじさまから仕入れました。
綺麗なガレーナを選んでいると、おじさまが違う産地のガレーナも出してくれました。

こちらはブルガリア、スモリャン州、エルマレカ、ギウドゥルスカ鉱山で採れたガレーナ。(舌を咬みそう・・・)
d0303974_21441886.jpg
★ガレーナ(ブルガリア産) 2,520円★

同じ国でも鉱山が違うだけでこんなに形が違うのですね!!!

みなさんはどちらの形がお好きですか???



オンラインショップ【アナヒータスタイル】はこちら
# by stonebuyer | 2013-04-29 09:00 | 入荷情報 (原石)

インペリアルトパーズ原石(パキスタン産)

おはようございますMORiKO★です。

今日はミュンヘンミネラルショーで仕入れたインペリアルトパーズ(パキスタン産)のご紹介です。

トパーズは11月の誕生石として有名な宝石で、無色から黄色、青色まで色々な色があります。

その中でも最高の価値があるとされているのがインペリアルトパーズ。
「Imperial(インペリアル)」とは「皇帝の」という意味です。ピンクがかったオレンジ色は他の宝石には見られない、何とも言えない美しい色味です。

わずか1cm程度の小さな結晶は入荷したことがあるのですが、これまで大きなものは見たことがありませんでした。

そんな珍しいインペリアルトパーズが何とミネラルショーにあったのです!!!
中東出身の売人が売っていたピンクがかったオレンジ色の石。
もしかして・・・
という期待を持ちながら何の石か尋ねると、「トパーズだよ。」という答えが返ってきました。
産地はパキスタンです。
d0303974_2111529.jpg
★インペリアルトパーズ(パキスタン産) 63,000円★

インペリアルトパーズはブラジルとパキスタンが有名な産地。

なんと美しい色味でしょうか。
d0303974_2123554.jpg
★インペリアルトパーズ(パキスタン産) 63,000円★

これは是非ともお客様にみていただきたい。
ひとつひとつ丁寧にチェックし、最高級の品質のもの24個のみを仕入れることができました。

後日、鑑別結果も「天然トパーズ(別名インペリアルトパーズ)」と出てきています!
d0303974_2173063.jpg
*上記とは違う標本での鑑別です。

これほど美しい石に出会えたことに感動です★


オンラインショップ【アナヒータスタイル】はこちら
# by stonebuyer | 2013-04-28 09:00 | 入荷情報 (原石)