MORiKO★BLOG ~モリコブログ~

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アンデシン ( 16 ) タグの人気記事

アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日も引き続きアンデシンをご紹介しますね~♪♪♪
この石ととっても相性のいい、タンブルカットのビーズです♪

d0303974_19430510.jpg
★アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!

綺麗ですよね~♪♪♪

向こうから入ってくる光は緑色に見え、右上の光は赤く反射している、そんなアンデシンらしい写真が撮れました♪♪♪
写真だけみると赤なのか、緑なのかよく分からない色ですよねっ!

d0303974_19430548.jpg
★アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!

このビーズ、ファセット面(平らな面)がたくさんありますが、なんと一面ずつ磨いているんですね~。
ひとつのビーズを作るのに何磨きしなければいけないのでしょうかっ!!!

どのビーズも全く姿かたちの異なる1点もののビーズになりますっ!
毎回このビーズはすぐに売切れてしまうので、早いもの勝ちですよ~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-04-23 21:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日も引き続きアンデシンのビーズをご紹介しますよ~♪♪♪

昨日も書きましたが、アンデシンは真っ赤なものが最もグレードが高く、続いて赤と緑のもの、そして色が薄いものと続きます。

このビーズはアンデシンの基準でグレード分けすると高いものではないのですが、透明感があって、ほんのり緑色を感じるオレンジ色という他に例えようのない色。
とても綺麗なんです!

透明感が素晴らしいですよね~っ!

d0303974_17312779.jpg
★アンデシン8ミリビーズ(チベット産) 2,400円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!

このビーズの魅力はその透明感だけではありません。
さらにもうひとつ素晴らしい特徴があるんですっ!

それはシラーのような光を放つこと!
なんですよ~

この色の成り立ちを考えてみると、恐らく取り込まれた自然銅の結晶が光っているのだと思います。

ということは、これはシラーではなく、アベンチュレッセンスになりますね。
ビーズの内部から光っているのでちょっとシラーと勘違いしそうです。

d0303974_17372880.jpg
★アンデシン8ミリビーズ(チベット産) 2,400円+税★
オンラインショップにて販売中!!

ここでMORiKO★、すごいことに気づきました!

長石でアベンチュレッセンスを持つ
という事はサンストーンとも呼べるのではないだろうかっ!
(前回ご紹介しているアベンチュリンムーンストーンも長石でアベンチュレッセンスを持っていますが、それはムーンストーンという名前になっているので、そちらが勝っています。もしシラーがみられずアベンチュレッセンスのみであれば、それはサンストーンということになります。)

アメリカのオレゴン州で採れるサンストーンがあります。
それは長石が自然銅を取り込んでアベンチュレッセンスを持っている石で、オレゴンサンストーンと呼ばれています。
ここの長石の種類はアノーサイト。旧分類でいうとラブラドライトになります。
そしてこのアンデシンは長石の種類でいうとアルバイト。旧分類でいうとアンデシンになります。

d0303974_17425764.jpg
そう考えるとオレゴンサンストーンに限りなく近い石になりますね~!!!

それは綺麗なはず!

しかし、アンデシンの世界ではまだその価値が高く評価されていない。
これはチャンスでございますよ~っ!!!笑

グレードがどうというよりも、やはり、自分の目で判断して綺麗か綺麗じゃないかで石を選ぶようになると、とっても楽しくなってくると思いますっ!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-04-22 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンHCビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日はみんな大好きアンデシンのビーズをご紹介いたしますっ!!!

アンデシンといえば、緑と赤の石というイメージしかありませんでしたが、ここ最近アンデシンのTOPをご紹介したりして、緑と赤だけではないという事が広まってきたと思います。
本日ご紹介するアンデシンは、緑と赤がひとつのビーズの中でみられる、典型的なチベットアンデシンです。

d0303974_16510648.jpg
★アンデシンHC6ミリビーズ(チベット産) 1,500円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!

赤い部分と、緑色の部分があるの、お分かりになりますかぁ~?
本来アンデシンは色を持たない鉱物なのですが、銅を取り込んでいるためにこのような色になっています。

赤は銅そのもの色ですが、緑も恐らくそうなんでしょうね。勉強不足であまり詳しくは把握しておりません・・・

このビーズでとっても不思議なのは、順光(背中に光源がある場合)だと赤く見えるのに、逆光(見るものの奥に光源がある場合)だと緑色が確認できることです。
写真では奥にもたっぷりと光を当てているので逆光の状態で撮影していることになります。
確かに緑色が確認できますよねっ!

続いて8ミリサイズ。
赤と緑のまだら模様がとても芸術的です!!!

d0303974_17032790.jpg
★アンデシンHC8ミリビーズ(チベット産) 4,200円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!


一体なんでこんな綺麗な模様になるんでしょうね~!

d0303974_17061963.jpg
★アンデシンHC8ミリビーズ(チベット産) 4,200円+税★


模様を見ていると、なんだか動きを感じませんか?

d0303974_17064594.jpg
★アンデシンHC8ミリビーズ(チベット産) 4,200円+税★



d0303974_17081388.jpg
★アンデシンHC8ミリビーズ(チベット産) 4,200円+税★


d0303974_17081652.jpg
★アンデシンHC8ミリビーズ(チベット産) 4,200円+税★


アンデシンはテリもいいですよね~!
きっと磨くのに適した石なんでしょうね!

チベットアンデシンは色々な色がありますが、グレードは大まかに下のように分けられています。

高 ← 真っ赤で透明なもの ← 赤と緑が一緒になっていて色が鮮やかなもの ← 赤と緑が一緒になっていて色が鮮やかでないもの ← オレンジっぽい色で緑味はみられないもの ← 低

もちろんグレードが高いほど金額も高くなります。
しかし、選んで評価するのは自分なので、自分が綺麗だと思ったグレードを手にしていただきたいと思います。
実は明日ご紹介しようと思っているのですが、オレンジっぽい色で緑味はみられないもの。これは綺麗な割りにお安めなのです!

ここ最近アンデシンに注目が集まってきているような気がします。
チベットで採れているというのにも惹かれますよね!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-04-21 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンTOPチップ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日も驚きの新入荷をお知らせいたします~♪

なんとアンデシンのTOPグレードのチップでございますっ!!!

昨年末に入荷した、アンデシンのTOPグレードのビーズ
あれにはびっくりされた方も多いのではないでしょうか???

今日はなんとアンデシンのTOPグレードのチップが入荷したんですっ♪

d0303974_14293814.jpg
★アンデシンTOPチップ 20g (チベット産) 3,800円+税★
オンラインショップにて販売中!!

ビューティフル♪♪♪
まさにビューティフルです!

赤くて透明な石はいくつか種類があると思いますが、アンデシンの赤さはアンデシンにしか出せない色味ですよね?
ガーネットの赤やルビーの赤とはちょっと違います。

d0303974_14293824.jpg
★アンデシンTOPチップ 20g (チベット産) 3,800円+税★


アンデシンは厳密にいえば、現在のIMAのリストから消えているので鉱物名ではなくなっています。
アルバイトとアノーサイトでどちらが多いかで2種に判断されるので、正しい鉱物名はアルバイト。
ちょっと難しい話ですみません・・・><

ただ、宝石名としてアンデシンという名前は残っていくのでしょうね!チベットのアンデシンはブランドですからね♪

この鉱物は本来は色をもたないものなのですが、銅を不純物として取り込んでいるために赤い色になっています。
赤、赤緑、オレンジ、こういった色味のアンデシンがありますが、赤くて透明なものが最も品質が高いとされています。

前回アンデシンのTOPのビーズを作っていた工場へ聞くと、チップがあるよと教えてくれたので仕入れる事ができました~♪
ついてる~っ!

しかし非常に高価なチップのため、今回は100gではなく、20g単位で販売いたします。
通常のヒマラヤ浄化チップの量が100gなので、その1/5ですのでご注意ください。

今回は20gがわずか10個しか入荷していない、超レアチップでございます!

写真をよく見ていただくとお分かりになるのですが、天然石をチップにしているので、黒い内包物が入っているものもありますのでご了承ください。
写真はおおよそ20gです。
刺身醤油を入れる皿に入れるとちょうどよいくらいですかね???

d0303974_14293966.jpg
★アンデシンTOPチップ 20g (チベット産) 3,800円+税★
オンラインショップにて販売中!!

数が10個しかありませんので、お早めにお買い求めくださいっ!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-03-15 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンTOPビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!!!

今日はアンデシン最終日でございます♪

おとといですでに高品質のアンデシンが登場し、これ以上珍しいものなんてあるの?
といったところですが、あったんですよ~!すごいのが!!!

アンデシン専門でやっている工場のお姉さんと話していると、ふと真っ赤な丸いビーズに目がとまりました。
え~なんだろうあれ?
心の声が響きます。ビーズが気になって会話が頭に入りません><

話を聞いていなかったので途中で会話を強制終了したかもしれませんが、とりあえずキリのよさそうなところで話題を変えました。
「ねえ、そこに置いてある真っ赤なビーズは何?」
「あ。これ?アンデシン。」
「ええええええええ~~~~!!!!」

いすから落ちそうになるほどの衝撃を受けたアンデシンのビーズがこちらです♪

d0303974_19502280.jpg

★アンデシンTOP 7ミリビーズ(チベット産) 18,000円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


出ました!TOP!

真っ赤で透明感抜群、クラックのないアンデシン。
これ以上の品質があるでしょうか!

TOPグレードに認定です!

血の様な赤色、ガーネットも近い色味のものがありますが、さすがにここまでの明るさはありません。

こんなすごいアンデシンがあるんですね~♪♪♪

にやにやしながら選ばせてもらいました。
綺麗なものを見るって楽しいですよね~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-12-01 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日も引き続きアンデシンをお届けしますよ~♪

アンデシンは赤と緑の石!
なんてイメージがありますが、赤みが強ければ強いほど上質の石と評価されます。
実は緑の部分がない方が高価なんですね~!

今日は昨日と同じタンブルカットなのですが、より上ランクの石になります♪

d0303974_19354575.jpg
★アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産) 9,500円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!

わ~お!
急にお値段があがりましたね~!!!

確かに赤みは価格に比例して真っ赤ですっ!!!

d0303974_19365891.jpg
★アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産) 9,500円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!

良い色ですね~♪♪♪

アンデシンと言えば赤と緑の石というイメージがありますが、これはチベットで採れる特別なアンデシンに限っての話です。

それでは何故チベットではこのような色のアンデシンが採れるのでしょうか???

それはその中に不純物として銅を含んでいるからなのですっ!!!

赤も緑も銅の影響のようですよ~!!!

確かに純粋な銅は、銅線とか十円玉とか赤っぽいですものね。鉱物で銅を含むものはマラカイトとかダイオプテーゼとか確かに緑のものが多いです。難しい事は良く分かりませんが、銅がこの色を作っていたんですね~♪

赤と緑のコントラストが素敵なアンデシンですが、こんな真っ赤なビーズもまた素敵。

明日は「おしもり」のコーナーです。
アンデシンの続きは明後日。お楽しみに~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-29 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンタンブルカットビーズ(チベット産)

おはようございますっ!!!MORiKO★ですっ!!!

今日はアンデシンのビーズをご紹介いたしますっ!!!
実はアンデシンのビーズ3種類が今回入荷しまして、一度に3種類ご紹介するのがいいのか、それとも3日に分けてお届けすればいいのか迷っておりました。

やっぱり1つずつしっかりと紹介したいっ!との思いで1日1種類にすることにしましたぁ~♪(記事数稼ぎではありません!けっして・・・)

という訳で、今日、明日、水曜はおしもりのコーナーをお届けして、最終は木曜というスケジュールでアンデシンビーズをお届けしますっ!
どれも素晴らしいビーズなので、3種類全部みてからどれがいいか決めてくださいね~!
後になるほどレアなビーズが登場しますよ~♪♪♪

それでは今日のビーズですっ!

d0303974_19100443.jpg
★アンデシンタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


光を綺麗に反射して、赤なのか緑なのかよく分からない色あい。
すごく素敵じゃないですかぁ~???

d0303974_19334612.jpg
★アンデシンタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


いいですよね~アンデシン。

3日もあるので、今日はアンデシンとは何ぞや?
を説明させていただきますね~♪♪♪

アンデシンは和名を中性長石といいます。斜長石というグループの中の1つです。
斜長石はアルバイト(曹長石 Na[AlSi3O8])とアノーサイト(灰長石 Ca[Al2Si2O8])の2種類から成ります。
この2つの比率で6種類に分けられていました。
「分けられていた」とありますが、今ではアルバイトが多いかアノーサイトが多いかどちらかが多いというだけで、この2種類だけの分け方になっています。
アンデシンは最新のリストからなくなっているんですね~。
未だに業界ではラブラドライトもアンデシンという名前も使うので、どういったものかちゃんと理解しておくと後々役に立つかもしれませんね~♪

それでは図をご覧ください。これは前の記事の使いまわしです♪

d0303974_19115227.jpg
この図でアンデシンはどこにあるでしょうか?
上の行の左から三番目にありますね!
これはアルバイトとアノーサイトが1:1の比率になったものよりもアルバイト多めのところにありますね。
逆に1:1よりもアノーサイト多めはラブラドライトに。
アルバイトとラブラドライトはほとんど同じなんですね~。

ここまでは前に説明したことがありますが、じゃあそれってどうやって見分けるの?
という事を説明いたしますっ!
アルバイトが何%でアノーサイトが何%なのか、そんなの目視で見分けられる訳がありませんね!

じゃあどうやって見分けるんだろうというと、前回の「おしもり」で登場した蛍光X線分析で成分を調べる方法がありましたね~!!!

d0303974_14043552.jpg
これで成分を調べたら分かりそう!!!

もう一度両者の化学式を書きます。

アルバイト
Na[AlSi3O8]

アノーサイト
Ca[Al2Si2O8]

ふたつがどう違うのかみてみましょう♪
[]の外に注目!
アルバイトはNaで、アノーサイトはCaですね~♪

もし別の鉱物が混ざっていない状態だったら、単純にNaとCaの割合だけをみたらいいんですね~!
分析だけできたら出来そうですね~!

もし別の鉱物が混ざっていたら色々な組み合わせを考えて引き算・足し算をしないといけないから大変でしょうけど・・・

あと[]の中も実は微妙に違うんですよ~。
AlとSiの数がそれぞれ違ってる!
アノーサイトは3つあるSiのうち1つがAlになっているんですね~。まだまだMORiKO★は修行不足で訳が分かりませんが、達人になるとこの科学式を見ただけでフムフムってなるんですよ!すごいですね~!

今日はアンデシンとは何ぞやをお届けしました。

ちょ~っと難しかったですね~><

明日もお楽しみに~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-11-28 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★です!!!

今日も引き続きアンデシンのビーズをご紹介いたしますっ!
こちらはカットがされているビーズ。
赤みがとっても素敵ですよね~!

d0303974_14244909.jpg
★アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!

d0303974_15040864.jpg
★アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


昨日ちらっとお伝えしかけましたが、アンデシン、ラブラドライトなどはちょっと理解するのが難しいので図を作ってみました。
加えて前の文章をコピペすれば分かりやすいかもしれませんっ!!!

d0303974_15014028.jpg

やっかいな事にアンデシン、ラブラドライトは別種ですが、厳密に別種とも言えない関係です。

その関係を例え話で説明させていただきますっ♪

AとBの二種類の鉱物があったとして、それぞれが混ざり合う関係にあるとします。
そうすると中間の成分のものはAよりのものがあったり、Bよりのものがあったり様々です。
それでは困るので、細かく分けられるように間に4つの段階を入れてみました。

A→○→○→○→○→B

全部で6つになりましたね~

これをアンデシン、ラブラドライトにはめてみます。

アルバイト→オリゴクレース→アンデシン→ラブラドライト→バイトウナイト→アノーサイト

このグループは上記の通り、成分によってとりあえず分けているだけなので、目の前にある石の成分を分析したら○○に当てはまります。
という事だけなのですね~。

これが最初に10分割しておきましょう、とか、2分割にしておきますか~なんて分け方が違っていれば、アンデシンもラブラドライトも同じもの。となったはずです。

ここを厳密に分ける意味がないというのはお分かりいただけたと思います。

昔、カナダ産のブラックラブラドライトのビーズが入荷した事がありましたが、鑑別に出すとアンデシンという結果になりました。
成分で分けているのでマダガスカル産のラブラドライトよりも成分がアルバイト寄りだったという事だけです。

見た目はマダガスカル産のラブラドライトの地の色が黒っぽくなっただけ。
先述のとおり、アンデシンには赤い石というイメージがついてしまっています。
その石はブラックアンデシンとして出すと大混乱が生じるので流通名のブラックラブラドライトそのまま出しましたが、実はこういう事もあるんですね~。

ちなみにムーンストーンやサンストーンは宝石名で、しかも美しく光を反射する長石に対して与えられた名前です。
オレゴンで産出するオレゴンサンストーンは成分を調べるとラブラドライトになります。
サンストーンだけど実はラブラドライトです。
なんていうと訳が分からなくなってしまいますよね~。

ちなみにミネラリストのバイブルである「Fleischer's Glossary of Mineral Species 2014」にはアルバイトとアノーサイトの2つしか載っていませんでした。
真ん中の4つはオフィシャルじゃないんですかね~???
2004年版には載っているので、もしかしたら分類が変わったのかもしれませんね~!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-10-06 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★です!!!

昨日のチベッタンクォーツに引き続き、チベットの石をご紹介いたしますっ!!!
石好きの人にはたまらない、アンデシンのビーズです!!!

アンデシンと言えば、赤と緑色の不思議な色味の石と思ってらっしゃる方が多いと思います。
実はアンデシンというのは長石の中のあるひとつの鉱物名で、アンデシンの中でもチベットなどで採れるものが特別に美しいからその代名詞のようになっているんですね~。

しかも実はアンデシンという名前の鉱物は今では存在しません!(のはず)
ややこしい~!この話はまた次回にコピペしますね・・・笑

自分で書いていても何を伝えたいのかがよく分からなくなってきましたが、アンデシン全てが赤くて綺麗なわけではなく、産地によって特別赤くて綺麗なものがあるという事は覚えておいてくださいね♪♪♪

d0303974_14110350.jpg
★アンデシン8ミリビーズ(チベット産) 3,500円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


優しげな赤色をしていますが、光が透けている部分は若干緑がかっています。
これがアンデシンの不思議な色あい。
これは銅を含んでいるためにこのような色になるようです。

しかも今回のアンデシン、よくみるとシラーのように光を反射しています。
恐らく微細な自然銅の結晶が入り込んでいて、これが光を反射しているのではと思います。

ということはサンストーン?

この辺は一度ちゃんと調べないといけませんね~!!!

毎回入荷の度に色味が違うので楽しい石です!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-10-05 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンビーズ(チベット産)

おはようございます!MORiKO★です!!!

今日はチベット産アンデシンのビーズをご紹介いたします。
アンデシンとは何ぞや?
もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、アンデシンは長石という石の中のひとつです。

長石の中の斜長石という種類の中の中性長石というのがアンデシンのことなのです。
本当この辺は難しく、最近やっと意味が分かってきました。石は知れば知るほど難しいですね~♪
詳しい内容は前回の記事に書いていますのでみてみてくださいね♪

チベットのアンデシンは赤と緑が共存する不思議な色の石です。
その色は銅を含んでいるため。

全てのアンデシンがこの色という訳ではなく、チベットのアンデシンが特別に美しいのです。

d0303974_2038464.jpg
★アンデシン8ミリビーズ(チベット産) 3,500円+税★

今回のビーズを作ったのは、磨きが綺麗でMORiKO★が惚れている工場のもの。水晶のスターカットビーズ。あれは本当に綺麗なカットですが、その工場が作ったものなのですよ~♪♪♪

やっぱり表面のテリが違いますね~♪

ブログをご覧の方だけにこっそり教えちゃいますが、今回のアンデシンのビーズはなんと、シラー効果があります!!!
すごいっ!!!

冒頭に書きましたが、長石の中でシラー効果を持つという事は・・・
ムーンストーンと呼んでもある意味正解なのではないでしょうか~!!!

何度も写真に挑戦したのですが、シラーは撮影できず断念・・・
d0303974_20413569.jpg
★アンデシン8ミリビーズ(チベット産) 3,500円+税★

今回の入荷したアンデシンの中にシラーのあるものが混ざっているのでちょっと探してみてくださいっ!
スペシャルなアンデシンです♪♪♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。

イベントのお知らせ「lovely phenomena」ブログもお見逃し無く!


d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2016-04-27 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)