人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

カラーチェンジアイオライト

こんばんは。
サルオです。

本日はカラーチェンジアイオライトのブレスレットを紹介させて頂きます。
カラーチェンジといってもアレキサンドライトやブルーフローライトのような当てる光りの種類によって色が変わるわけではなく、見る方向によって色が変わるアイオライトのビーズです。

この特徴を二色性ともいますが、早速そのアイオライトの二色性部分を見ていただきましょう。

d0303974_17335973.jpg
★【限定1】アイオライト8ミリブレスレット スリランカ産 内径約16.5cm 27,000円(税込)★

上の写真の手前3つの濃い紺色のアイオライトビーズはくるっと反転させてみました。
その写真がこちら。

d0303974_17371256.jpg
★【限定1】アイオライト8ミリブレスレット スリランカ産 内径約16.5cm 27,000円(税込)★

同じ3石のビーズですが、色が変わりましたよね。
まるでカラーチェンジしているかのように。。。


d0303974_17400324.jpg
★【限定1】アイオライト8ミリブレスレット スリランカ産 内径約16.5cm 27,000円(税込)★

全体としてはサファイアのような透明感のある綺麗な紺色をしていますが、見る方向を変えると透明から黄色に色が変わって見えます。

これは、石の内部を通った光が、方向によって異なった吸収のされ方をするためです。
この特殊な性質を作っている原因は鉄分(Fe)で、その鉄はアイオライトは青色に発色させる要因となっています。

このブレスレットはこの二色性がはっきりと出ている非常に高品質なブレスレットですよ。

しかし、これも石の特性ではあるのですが、ビーズの表面に下写真の赤〇のような傷がございますので、ご了承頂けますと喜びます。

d0303974_19555069.jpg

すいません。今日のブログは短めに、、、
といいますのも、明後日は小学校の始業式。
にも関わらず小学校4年生の宿題がとんでもないことに。
昨日の朝の時点ではワークは手付かず、50ページくらいしなければいけない自学ノートはまだ3ページ。
もちろん毎日書く一行日記はまだ7月20日、作品もまだなにも手をつけていない、読書感想文は本すら読んでいないという、とんでもないことに今さら気づいてしまいました。

本当はだめなことは分かっています。が、読書感想文と一行日記は僕の方で書こうと思います。

甘やかすのは今年だけです!と毎年思うけど自分に言い聞かせて。。。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2019-08-25 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

モルダバイトのペンダントトップ

こんばんは。
サルオです。

本日はモルダバイトのペンダントトップをデザインやサイズ違いで4点紹介させて頂きます。

モルダバイトについてはオンラインショップの石辞典に詳しく書いてありましたので、そちらを引用させて頂きます。

モルダバイトはテクタイトの一種です。
テクタイトは地球に落下した時の衝撃で地表の岩石が跳ね飛ばされ、その際の熱と圧力によって溶けて空中を飛び散りながら冷え固まったものです。
モルダバイトの場合、ドイツ南部に落ちた隕石が250kmも離れたモルダウ川周辺にシャワー状に散らばったそうです。
モルダバイトは独特な気泡と流理痕の形が特徴です。
モルダバイトは他の鉱物とは異なり地表に降ってきた天然ガラスですので、新たに地中から出てくる事がありません。 そのため、埋蔵量が限られており、量が少なくなるにつれてどんどん希少価値が高まってきます。

この説明文章の中で気になることがありました。
石とはあまり関係ない内容なので余談として最後に書かせて頂きます。
興味がある人は是非とも読んで頂けますと喜びます。

それでは最初のハート型のモルダバイトです。
d0303974_15293851.jpg
★925SVPTモルダバイト ハート型7x7ミリ チェコ産【限定1】 石サイズ:約7x7ミリ 16,200円(税込)★

モルダバイトの説明文章の中で「モルダバイトは独特な気泡と流理痕の形が特徴です。」と書いてありましたね。
それでは、下から光を当ててその痕跡を見てみましょう。

d0303974_15504719.jpg
★925SVPTモルダバイト ハート型7x7ミリ チェコ産【限定1】 石サイズ:約7x7ミリ 16,200円(税込)★

モルダバイトを当てて見たときに見える神秘的な輝きが好きです。
しかし、上から覗くように見るとめちゃくちゃ眩しくて、目がチカチカするので注意して下さいね。

こちらのペンダントトップは7ミリと小さめのサイズです。
次は4ミリ大きくなって11ミリサイズのハート型のPTですよ。

d0303974_15540460.jpg
★925SVPTモルダバイト ハート型11x11ミリ チェコ産【限定1】 石サイズ:約11x11ミリ 37,800円(税込)★

写真で見ると大きさの違いが分かりにくいので、7ミリと11ミリのものを比べてみました。
下の写真の右側が7ミリサイズのモルダバイトです。
d0303974_16021026.jpg
サイズ感を感じて頂けましたでしょうか。

それでは11ミリサイズのモルダバイトの気泡と流理痕を見てみましょう。
d0303974_16040197.jpg
★925SVPTモルダバイト ハート型11x11ミリ チェコ産【限定1】 石サイズ:約11x11ミリ 37,800円(税込)★

ハート型だけではなく、オーバル型のペンダントトップもございます。

d0303974_17284357.jpg
★925SVPTモルダバイト オーバル型10x14ミリ チェコ産【限定1】 31,320円(税込)★
d0303974_17285867.jpg
★925SVPTモルダバイト オーバル型10x14ミリ チェコ産【限定1】 31,320円(税込)★


続きまして、こちらもオーバル型。
サイズは先ほどのものよりも少し小ぶりのサイズですよ。

d0303974_17242462.jpg
★925SVPTモルダバイト オーバル型9x12ミリ チェコ産【限定1】 22,680円(税込)★
d0303974_17251793.jpg
★925SVPTモルダバイト オーバル型9x12ミリ チェコ産【限定1】 22,680円(税込)★

モルダバイトは光りを当てた写真が好きです。

ここからは余談です。
僕が気になったのは「ドイツ南部に落ちた隕石が250kmも離れたモルダウ川周辺にシャワー状に散らばった」この一文。
僕の息子が野球を始めたこともあり、ついつい野球に例えてものごとを考えてしまいます。

つまり、いったい何km/hで投げれば250kmもボールを飛ばせれるのかということ。
調べたところ、プロ野球選手のストレートの平均速度は143km/h
この平均速度に近い140km/hで角度45°(一番遠くに投げることが出来る角度)で投げると約100m飛ぶそうです。

この比で計算してみましょう。

140km/h : 0.1km(100m) = ? km/h : 250km

?の数字を計算すると、、、350,000km/h!
35万キロ!

初速としてもとんでもない数字が出ましたね。
早くてボールが見えない!どころではない!

このスピードは仮に初速と終速が同じであれば一秒間に97kmも進むスピード。
もしモルダバイトが真っ直ぐ直線的に250km飛んだ場合には250kmを約2.6秒で飛んだことになります。

250kmという距離は前にも書きましたがこの通り。
本社のある松江市からですと、兵庫県の明石市くらい。
福岡市から鹿児島市の北30kmくらい
広島市から兵庫県姫路市くらい
大阪市から福井市くらい
名古屋市から静岡県熱海市くらい
東京都新宿区から福島県郡山市くらい
宮城県仙台市から秋田市くらい

ただし、実際は弧を描いて飛び散っていて、もちろん初速と終速が違うためので3秒以内で250km飛んでいるわけではございません。
おそらく数秒から数十秒くらいかかっていると思いますがどちらにしてもとんでもない衝撃だってことでしょう。

隕石の力はすごいですね。
当たり前のことです、人間の持つ力には限界があるように思ってしまいます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2019-08-24 20:00 | 入荷情報 (ペンダント)

金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ

こんばんは。
サルオです。

本日はマーカサイトinクォーツのビーズは紹介させて頂きます。

d0303974_11344992.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 10ミリビーズ 972円(税込)★

この水晶に内包している金色の膜状の鉱物はパイライトと同質異像の関係にあります。
つまり、同じ成分で結晶構造が異なるため、別の鉱物として扱われています。

一般的にパイライトは立方晶系(等軸晶系ともいいます)であり、スペイン産のキュービックパイライトのように立方体になったり、六面体や十二面体となります。
そして、マーカサイトの結晶は直方晶系(斜方晶系ともいいます)であるため、三方向の長さが異なる結晶となります。

言葉で説明すると難しいですね。
図にすると下記のようになります。
d0303974_13555495.jpg
立方晶系と直方晶系について

少しオーバーに書いたかもしれませんが、つまりマーカサイトの方は結晶の辺の長さが三方向で異なるため平べったい結晶になります。
要因は結晶が出来る環境の違いによるものです。

パイライト、マーカサイトともに硫黄と鉄分が結びつくことによって出来ますが、高温の酸性条件でパイライトが出来るのに対して、低温のアルカリ性条件の下でマーカサイトは形成されます。
(低温といっても450℃以下ですので、人間からしたら絶えられないくらい熱いです)

以上のことを踏まえてマーカサイトの結晶を拡大して見てみましょう。


d0303974_11545188.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 10ミリビーズ 972円(税込)★

薄く平べったい結晶になっていますよ。
パイライト、マーカサイト共に金色の結晶をしており、マーカサイトの方はとりわけ金箔が入っているようで面白いですね。

ただ、パイライトとマーカサイトに違いについて、これは分かりやすいように書きましたが、実際には肉眼で区別がつかないこともよくあることのようです。
また、結晶が出来る環境も変化しますし、パイライトとマーカサイトが共生することもしばしば見られることのようです。

d0303974_11345113.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 10ミリビーズ① 972円(税込)★

10ミリサイズの入荷は限定2石です。
共に水晶部分にしっかり透明感があり、金箔のようなマーカサイトも主張しすぎない程度にしっかり入っていますよ。

d0303974_11345599.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 10ミリビーズ② 972円(税込)★

10ミリサイズは2石の入荷ですが、11ミリと12ミリサイズもそれぞれ2石ずつ入荷しておりますよ。

せっかくなので、全て写真にて紹介させて頂きます。
ここからは11ミリサイズのビーズです。

d0303974_14080959.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 11ミリビーズ① 1,512円(税込)★
d0303974_14081393.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 11ミリビーズ② 1,512円(税込)★


続きまして12ミリサイズのビーズです。
d0303974_14161900.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 12ミリビーズ① 1,944円(税込)★

d0303974_14162594.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 12ミリビーズ① 1,944円(税込)★

全てのビーズにおいて特徴に大きな違いはございませんが、中にはクラックから虹が出ている、アイリスタイプのマーカサイトinクォーツもございますので、宜しければ探してみて下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2019-08-23 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

クンツァイトのブレスレット

こんばんは。
サルオです。

本日はクンツァイトのブレスレットを紹介させて頂きます。

クンツァイトといえば色が変わると名前が変わる石としても知られています。
クンツァイトの鉱物名はスポジュミン(和名:リチア輝石)です。

そのたスポジュミンの中でもピンク色に発色したものがクンツァイト、黄色~黄緑色に発色したものがトリフェーン。
Cr(クロム)により緑色に発色したものがヒデナイトとなります。

ここでもクロムは特別扱いされています。
クロムで緑色に発色したベリルはエメラルドになりますが、鉄やバナジウムによって緑色に発色したベリルはエメラルドとは呼べず、グリーンベリルとなる。

これはスポジュミンも同様で、正確には鉄によって緑色に発色したスポジュミンは「ヒデナイト」と呼べないようです。

そう考えるとクロムという金属元素は金属界のエリートなのか特別扱いされていますね。

d0303974_19280155.jpg
★クンツァイト8ミリブレスレット【限定1】 24,840円(税込)★

本日紹介しているのはクンツァイト。
このクンツァイトのピンク色の発色要因はMn(マンガン)です。
こちらもベリルで言うところのモルガナイト同様にピンク色の発色はマンガンという微量な金属元素が入ることで色づいているんですね。

それでは拡大して見ていきましょう。

d0303974_19492086.jpg
★クンツァイト8ミリブレスレット【限定1】 24,840円(税込)★

見ていただくと分かるとおり、全てがクンツァイトになっている訳ではなく、中には黄緑色のグリーンスポジュミンも4or5石ほど混ざっていますね。
この透明感のあるタイプのクンツァイトのブレスレットは基本的に単色よりもマルチカラーとして販売されているものが多いのですが、このスポジュミンがアクセントになっていて可愛いですね。

定番ブレスの水晶3石付ブレスレットみたいです。
単色では無く、水晶を3石混ぜることに意味がある。
このクンツァイトのブレスも同様のことが言えるのではないでしょうか。

d0303974_19483051.jpg
★クンツァイト8ミリブレスレット【限定1】 24,840円(税込)★

色味は全体としてやや薄めではありますが、ビーズの個体ごとに若干の色の濃淡がございますが透明感が高くて綺麗ですよ。
全体的に見える筋のようなクラックもクンツァイトらしさの一つです。


ここからは余談です。

鉱物名:スポジュミンと宝石名:クンツァイトで名前が変わる。
これと同じようなことが、僕の家の近くの山にも存在しているのです。

その山の名前は「仏経山(ぶっきょうざん)」
子供が通っていた保育所の年長さんは必ず親子で登る山なので、僕も2回登りました。

この山、昔は神名火山(かんなびやま)という神様の山だったのですが、ある時期から仏の山に変わった珍しい山。
説明は山頂付近にあったこちらの看板に書いてありましたよ。
d0303974_13161379.jpg
小さくて読みにくいと思いますので、全文書かせて頂きます。

「仏経山のいわれ
出雲平野から南を見ると、ひときわ高くそびえ立つ山(366m)を古くは神名火山といっていました。
出雲風土記(733年)に「神名火山という」とあります。
神名火山の名火は、かくれこもるという意味がありますので、キヒサの神がおしずまりになっている山といわれております。
これを今では仏経山と呼んでいます。
戦国時代中国地方に勢力を持っていた武将尼子経久は、この山に十二の寺を建て、薬師十二体を安置し、山の名も仏経山と改めて尼子家の安泰を祈ったといわれています。
神の山が仏の山に変わるという全国的にも珍しい山です。
また、東の峰には天保年間に建てられたといわれる石塔があり、新川を開通した時、無縁仏の霊をまつったものといわれています。  斐川町史より」

展望台から見る出雲平野(斐川側)の眺めも最高でしたので一緒に掲載させて頂きます。
d0303974_13360060.jpg
右側の真ん中付近に見えるのは宍道湖です。

そして、仏経山を下からみるとこんな山です。
d0303974_13372738.jpg
尼子経久は僕も大好きな戦国武将。

大河ドラマ「毛利元就」の中では緒方拳さんが演じていて、とっても格好良い武将だったのですが、さすがに神の山を力ずくで仏の山に変えてしまう行為はやり過ぎだったのかも知れませんね。
後世から見た結果論ですが、尼子家の安泰を願ってしたこと。
しかし、その後尼子家は尼子経久の次の代で毛利元就によって滅ぼされてしまいました。

「触らぬ神に祟りなし」とはこのことかも知れません。

しかし、現代において地元の人たちからは、神名火山ではなく仏経山として親しまれている山ですよ。
(神名火山は読みにくいから?)

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2019-08-22 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)