人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

アメジストカペーラ(ブラジル産)

おはようございますっ!MORiKO★です!

今日は増税前にご紹介したいと思っていたあの子達をご紹介いたしますっ♪

アメジストカペーラです♪

一般の方には馴染みない名前ですが、石好きの方にとってはお馴染みですね♪
d0303974_15252882.jpg
★アメジストカペーラ(ブラジル産) 156,000円+税★

大きいので、いつも撮影しているところでは撮影できず、広い部屋で撮影してみました。
そうしたら壁が白くて、ちょっと汚れていて、微妙・・・
な写真になったので、青い光を入れてみました~♪

幻想的な写真になってMORiKO★大満足です。

ところでアメジストカペーラ、一体何者なんでしょうか。

アメジストを含む、多くの石は溶岩が冷えて固まる際にできた空洞の中で成長します。
その空洞の中に水晶の元となる成分と鉄を含む熱水が満たされ、長い時間をかけてアメジストが成長していきます。
その空洞こそがこのアメジストカペーラなんですよっ!
d0303974_1530012.jpg
★アメジストカペーラ(ブラジル産) 156,000円+税★

d0303974_15532073.jpg
★アメジストカペーラ(ブラジル産) 156,000円+税★

ちなみに上の写真を解説すると、紫色の部分がアメジスト。
水晶にわずかな鉄が取り込まれることによって紫色に変化します。
そしてその根元の白い部分は水晶(石英)です。
さらにその外側にある灰色の部分がめのう。

アメジストカペーラは観賞用の石なので、崩れないように、またちゃんと立つようにセメントなどで若干形を整えています。
d0303974_15384164.jpg
★アメジストカペーラ(ブラジル) 640,000円+税★

アメジストカペーラが何者なのかは分かりましたが、「カペーラ」って何という意味なんでしょう?
調べてみました♪

カペーラ(Capela)とはポルトガル語で礼拝堂という意味。
そうなんです!カペーラとは石の成分とか形状とか、地学的な意味ではなく、その形に対して名づけられたものなんです!
アメジストカペーラの重要な産地ブラジルではこれを神聖な礼拝堂の形に見立てていたんですね~!
ありがたや~

ちなみにMORiKO★の豆知識。
音楽で伴奏なしの歌だけのバージョンをなんというかご存知ですか?

答えはアカペラ。

ひとつの単語の様に感じますが、実は「A Capela」。ア・カペラなんです。
元々「礼拝堂で歌うスタイル」でやって!というときに「A Capelaで。」と使われていたようです。
アカペラという言葉も礼拝堂から来ているんですね~!

アメジストカペーラは、アメジストと同じく、紫色の濃いものほど上質とされています。
一番上の写真の様に、とびきり美しいものはほとんど店舗に送っていますので、巨大で紫色の濃いものは手元に見つかりませんでした。
しかし、このアメジストカペーラは牙が生えていたのでご紹介します。
d0303974_1555436.jpg
★アメジストカペーラ(ブラジル) 640,000円+税★

まさに牙♪

この白い牙のようなものの正体はカルサイト。
この様にカルサイトが生えているものもあるので、お店にあるアメジストカペーラをよくみてみてくださいっ♪

ちなみに気になる消費税増税ですが、64万円のカペーラだと消費税5%と8%とでは19,200円も違います!
これならとびきりすごいビーズが買えちゃいますね~っ♪
購入を検討されている方がいらっしゃいましたら、是非とも4月になる前にお買い求めくださいっ!

MORiKO★も何か買っておこうと思いますが、欲しいものが多すぎてどれにしていいやら・・・笑


オンラインショップ【アナヒータスタイル】はこちら

d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2014-03-26 09:00 | 入荷情報 (原石)