すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

クレオフェーン(スファレライト)原石(秋田県)

おはようございますっ!MORiKO★です!!!

以前、秋田県産のクレオフェーンのルースをご紹介したのを覚えてらっしゃいますかぁ~???
今日はその原石をご紹介いたしますっ!!!

この間、力を入れて書いたクレオフェーンの説明をコピペしたものをさらにコピペいたします!
本当にみなさまにこのクレオフェーンの魅力を知っていただきたいんです~!!!
d0303974_21403210.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石(秋田県産) 12,000円+税★

クレオフェーンとは閃亜鉛鉱の事です。
石に詳しい方なら、スファレライトという名前が頭をよぎったと思います。

そうです。
閃亜鉛鉱の英名はスファレライト。
この石は亜鉛の硫化鉱物で、不純物として鉄を含む事が多いので組成式はこのようになります。
(Zn,Fe)S
Sというのは硫黄。Znが亜鉛、Feが鉄です。
亜鉛と鉄が硫黄とくっついたものなのですね~。
この鉄の量が多いほど黒くなり、産出するスファレライトのほとんどは黒いタイプになります。

スファレライトの中でもこういった鉄が多くて黒いものは「マーマタイト」と呼びます。

逆に鉄が少ないと透明になり、透明なスファレライトは「クレオフェーンもしくはクレイオフェーン」という特別な名前で呼ばれるのです!!!

このクレオフェーンは非常にレアで、Wikipediaでも「透明なものは非常に稀である。」と書いてあります。

今までクレオフェーンはブルガリアのものなんだと思っていましたが、なんと日本でも良質のクレオフェーンを産出していたんですね~!
驚きです。

上の写真は向かって左側から光を当てたもの。
反射率が高い石なので金属光沢が見られます。

しかし後ろから強い光を当てると・・・
d0303974_2153452.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石(秋田県産) 12,000円+税★

透明感があるんですっ!!!

日本ではクレオフェーンのことをべっこう亜鉛と呼ぶそうです。
確かにベッコウ色ですね~♪♪♪

こちらは秋田県の尾去沢鉱山のもの。
もちろん今は閉山し、新しい標本は二度と出てくることはありません!!!
まさに希少な標本ですよ~♪♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。

d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2015-02-27 09:00 | 入荷情報 (原石)