人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

アンフィボール&パイロクシンinクォーツビーズ(インド産)

おはようございますっ!MORiKO★です!!!

今日も初登場の石をご紹介しますっ!!!
その名もアンフィボール&パイロクシンinクォーツ!
なんだか名前だけですでに難しそうな石ですね~・・・

アンフィボールという、なんだかフランスのスポーツのような名前の石の和名は角閃石。
角閃石というのはグループの名前でその中にさらにたくさんの種類が含まれています。
タイガーアイの繊維状の石もリーベッカイトという角閃石の仲間なんですよ~!!!

そしてパイロクシン。これは二日酔いに聞く薬のような名前ですね~。
この石の和名は輝石。輝く石です!
実はこの石も沢山の種類の石のグループ名。有名選手といえば、ジェダイト、ダイオプサイドにエジリン(マニアックですね・・・)。

上記の2つの石を含んだ水晶なんです!

d0303974_18455005.jpg
★アンフィボール&パイロクシンinクォーツ 8ミリ(インド産) 850円+税/粒★

見た目は渋い感じですね~

d0303974_18455595.jpg
★アンフィボール&パイロクシンinクォーツ 8ミリ(インド産) 850円+税/粒★

強い光を当てると若干緑がかっていることが分かります。
水晶の内包物は実は調べるのがとても大変です。

削って成分分析をしないといけません。

ビーズを破壊して削っていくのですが、内包物のところだけ上手く取り出すことは至難の業。
量が確保できません・・・

それを蛍光X線分析という方法で、どの元素がどのくらいの割合で含まれているかを出します。
こうじゃないかという予想を立てた鉱物の化学式の割合と蛍光X線分析ででた割合の比が見事に一致すればOK。
分析器に入れると「何の物質です。」と教えてくれるような事はないんですね~。

例えば水晶の化学式はSiO2。Siが1個と、Oが2個から出来ています。
水晶を蛍光X線分析にかけると、Siが33%、Oが66%と出るはずです。
そうすると予測をたてたSiO2と割合が一致するということで水晶だと分かるんです。

難しい~><
でもおもしろ~いっ!!!

こうやって石の鑑別は行われているんですね~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2016-08-25 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)