人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

リビアンガラスビーズ(エジプト産)

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!

本日はクリスマスにふさわしいシャンパンカラーでお馴染みの(いつからお馴染みなのかは別としまして)リビアンガラスの大玉をご紹介☆

リビアンガラスは隕石が衝突した際に地表の物質が熔融して形成された天然ガラスで、広くはテクタイトと呼ばれています。
急激に冷えて固まるからか基本的に多くの産地では炭化したような黒っぽい色をしていることが多いのですが、全く異なる色合いを見せる産地が2つあります。

1つはチェコのモルダバイト。熔融した際に取り込む物質が異なり、カルシウム、バリウム、ストロンチウム等を含み深い緑色を発します。

そしてもう1つがリビア砂漠で発見された、このリビアンガラス。鉄やニッケルを含み透明感がある黄色を示します。砂漠に落ちて砂漠色になるとは、、、とても偶然とは思えませんね。

あとちょっとマイナーですが、アメリカのテキサス州で採れるべディアサイトというテクタイトは、グレーの発色なのだとか。
また機会があれば仕入れてみますね!



d0303974_17535383.jpg
★リビアンガラス13ミリビーズ(エジプト産) 18,000円+税★

こうしてみますと先日紹介したトリフェーンにもどこか似た印象がありますが、一緒と片付けるにはあまりに惜しすぎる特徴があります。それが、表面にでこぼことした小さな孔が幾らか存在すること。

そうした孔を熔融痕(ディンブル)と言います。

また地上の不純物を取り込みながら急速に冷えて固まる為、たくさんの気泡や内包物が確認できます。

これが言わば天然である証拠であり、もし皆様が選ばれる際もこうした複雑な表情をもったビーズを選ばれる事をオススメ致します。

d0303974_17540912.jpg
★リビアンガラス13ミリビーズ(エジプト産)① 18,000円+税★

モルダバイト同様に扁平で不定形に産出するこの石は、決して大粒のビーズを生成できるものではなく、10ミリ以上のビーズはあまり出回りません。この13ミリは奇跡のサイズ。


d0303974_17542336.jpg
★リビアンガラス13ミリビーズ(エジプト産)① 18,000円+税★

ときおり見える小さな白色の内包物は『クリストバライト』と呼ばれる鉱物。クリストバライトは水晶・石英と同質異像の鉱物であり(SiO2)、この鉱物が細かく入ったリビアンガラスは人工では再現ができないのでまず偽物は出回っていません。


続いて2番目のビーズ!!


d0303974_17551634.jpg
★リビアンガラス13ミリビーズ(エジプト産)② 18,000円+税★

より繊細な内包物の2番。トリフェーンとも明らかに違う印象ですよね~!今のエジプトとリビアの国境あたりに約2700万年前に落ちた隕石のケビラクレーターが起因して生まれたリビアンガラス。
大きな隕石であったためかなり遠いところからも産出の報告があり、逆に広大な砂漠に拡散しているため見つけるのはなかなか至難の業なのだとか。

モルダバイトは約1500万年前のリースクレーターがその原因ですから、それよりももっともっと早くから産まれていたガラスなのですね~!

d0303974_17553535.jpg
★リビアンガラス13ミリビーズ(エジプト産)② 18,000円+税★

色だけでなく気泡までシャンパンのスパークリングを思わせるリビアンガラス。今日紹介できてよかったです(笑)

明日は記事の最後の方で今話題のあの石の原石をちょこっとお見せしたいと思います。では本日ここまで~!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif



↓三銃士ブログに4人の仲間が加わってリニューアル!!↓

バイヤー三銃士と、四葉のクローバーズ ブログもよろしくお願い致します!!


by stonebuyer | 2017-12-24 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)