人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

アンモライト スライス原石(カナダ産)

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!

本日はアンモライトのスライス原石。
久々の原石紹介になります。

アンモライトは、名前が似ている通りアンモナイトが化石化したものを指します。
そうっ、元々生物だったものが鉱物として取り扱われる、それをバイオミネラルと呼びましたねっ!!

そんなバイオミネラルのアンモライト。実はあまり広い産地をもちません。
ペンダントの紹介の際もそうでしたが、その一大産地は『カナダ』。
北アメリカのロッキー山脈の東側の、カナダはアルバータ州を中心としたごく限られたエリアのみで採掘されます。

今回ご紹介する原石は、、、
d0303974_15082436.jpg

★アンモライト スライス原石(カナダ産) 23,000円+税★
オンラインショップにて販売中!!

スライス原石。
というのはアンモライト自体は非常に薄い状態で見つかる鉱物。

ペンダントもそうなのですが、大抵は母岩付きの状態で加工をされます。
そしてこれが面白いのは不規則な格子状の筋をもち、まるでステンドグラスのように輝く事。
見る場所によってもそのステンドグラスが色合い表情を変えます。

d0303974_15053916.jpg
★アンモライト スライス原石(カナダ産) 23,000円+税★
正面方向から見ると、赤から黄色、緑から青、57ミリという大型の原石の中で、一方からもう一方にかけて、
徐々に徐々に色合いを変えていきます。

さらに急な角度から覗き込むと、、、

d0303974_15034656.jpg
★アンモライト スライス原石(カナダ産) 23,000円+税★

おやおやっ!!青が強くなった!
以前ペンダントの記事でも申したかも知れませんが、こうした発色するタイプの鉱物は必ず『青』の見えるタイプのものを選んで欲しいのです。
青いスペクトルを発するものは、比較的厚い層を伴った個体のみになります。
赤や緑が多いアンモライトの中で黛のように深い青。
ラブラドライトや昨日紹介したボルダーオパール等も多彩な色を持ち、青が入っている個体を是非探してみてくださいませ!!

バイオミネラルは、珪化した鉱物(ペトリファイドコーラル等)を除くと、比較的硬度が低いものが多いです。
アンモライトもそれは同じ。硬度は4.5~5.5.

しかしながら長い年月をかけて奇跡的に虹色の輝きを発するようになった貴重なアンモライトを守るために
このスライス原石では表面にワックスがコーティングされています。


d0303974_15041546.jpg
★アンモライト スライス原石(カナダ産) 23,000円+税★

本当にこの価格でいいの!?と思えるほどに大きなサイズの原石。
ペンダントにする際は、こうした筋のようなものがないモノが選ばれますが、ここまで大きくはなく直径1センチ未満が限界のようです。

こうしたステンドグラスのタイプは原石のままが一番ふさわしいですね~!

d0303974_15044474.jpg
★アンモライト スライス原石(カナダ産) 23,000円+税★

厚みは5ミリ程度の原石。
アンモライト自体は1ミリもありません。

その薄層の中で我々の眼は多彩な色合いを汲み取る事ができるのですね!
小さい頃、トンボや犬などいろんな生き物の眼がどのように見えているのかを確認できる双眼鏡みたいなものがありましたが、
こうして多彩な色合いを見る事ができるのは人間の眼特有なものみたいです。

神様に感謝したいところでございます。


d0303974_15050868.jpg
★アンモライト スライス原石(カナダ産) 23,000円+税★
オンラインショップにて販売中!!

ご覧のようなトランポリンに収納して発送致します。
では本日ここまで~!!


↓3/6から2人の仲間が新登場!!↓

バイヤー三銃士と、四葉のクローバーズ ブログもよろしくお願い致します!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif




by stonebuyer | 2018-04-05 09:00 | 入荷情報 (原石)