人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

クリソコーラ大玉ビーズ(コンゴ産)

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!

本日は「クリソコーラ」の大玉ビーズ。

クリソコーラは通常ドゥルージー(晶洞)のようになって原石で発見される事もあるので、
まとまった大きさで手に入れるのが難しいです。

ターコイズやマラカイトも含めて、
銅鉱床で成長するの鉱物は大きさが限定される事が多々ありますが
特にクリソコーラは多孔質でそれでいて割れやすい。

この14ミリという大きさも過去あまり取り扱いのなかった大きさになります。
クリソコーラの鮮やかな青と、マラカイトの緑のコントラストは、
他の「まるで地球みたい、、、」と表現される石とは比べ物にならない再現度と芸術性。

是非ともこの模様の魅力に浸って欲しいっ!


d0303974_12451642.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産) 3,400円+税★
左から①~⑥

毎回この話をしますが、シャッタカイトの場合もシャッタカイトのみで構成されているビーズは見かけず、
多くは、クリソコーラ、キュープライト、マラカイト等と共存しています。

ただそれでもシャッタカイトと呼ぶ事ができるのは、その複数ある鉱物の中でシャッタカイトが占める割合が一番多いから。
クリソコーラビーズの場合も同様で全体に占める明るい青の部分が、もっとも多ければそれはクリソコーラと名乗る事ができます。

ということでまずは左の①番から。

d0303974_12453059.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)① 3,400円+税★

今回ご紹介のクリソコーラは明るい青でありながら濃く非常に発色が良いです。

そしてやはり先ほど申したように、他の鉱物と共生する形で
色んな色合いを窺う事ができます。


d0303974_12454451.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)① 3,400円+税★

緑に見える部分はマラカイト。
もっとも良く共生しあう鉱物といって過言ではありません。
黒い部分に関しては褐鉄鉱の類だと考えられます。

お次は2番のビーズ。



d0303974_12472972.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)② 3,400円+税★

海に浮かぶ大陸のようにマラカイトとのコントラストを楽しめます。
d0303974_12471874.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)② 3,400円+税★

茶色く見えるところはキュープライト(赤鉄鉱)。
こうして色んな鉱物が複合的に入っているとなんだかとてもお得に感じてしまいます。
d0303974_12474876.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)③ 3,400円+税★

3番のビーズもオーストラリア大陸のようなマラカイトの占める部分が確認できます。
なにをもってオーストラリア大陸としたのかまでは突っ込まないでください。
d0303974_12480215.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)③ 3,400円+税★

水色っぽいクリソコーラも存在する中で、これだけ青を感じれるのはなかなかありません。
そしてこの大きさがなにより貴重です。

ルリコンカラーのワインドコードと合わせて素敵なブルーブレスを作ってみたいところです!
d0303974_12481377.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)④ 3,400円+税★
この個体はマラカイトの表出が強いです。
一方で、、、
d0303974_12482477.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)④ 3,400円+税★

少し白く透明な部分が確認できます。
珪酸分が多くなると、ジェムシリカと呼ばれ透け感を持ち始めるこの石ですので、
こうして珪酸だけで固まった部分も出てくるのでしょうか?

お次は5番。




d0303974_12483694.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)⑤ 3,400円+税★

色んな鉱物がバランスよく入り、非常に芸術的な模様を描いています。

d0303974_12484715.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)⑤ 3,400円+税★
時に黒い部分がデンドリティックのように、模様を描くからまた面白いです。
ラスト6番ビーズ。
d0303974_12485849.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)⑥ 3,400円+税★

クリソコーラは硬度2-4。

ターコイズに比べて非常に脆い性質をもつので、通常スタビライズド加工と呼ばれる合成樹脂の注入が行われます。


d0303974_12490563.jpg
★クリソコーラ14ミリビーズ(コンゴ産)⑥ 3,400円+税★



もっともこれは色合いを触るものではなく宝石として強度を保つために行われるものであるため、着色処理や加熱処理などの大きな改変を目的としたものではなく、
その宝石本来の色合いを楽しむために行われるものだと思っていただければ幸いです。

この色合い、この大きさが手に入るのは今だけっ!
是非とも1粒コレクションにいかがでしょうか?

では本日はここまで~!!


 

バイヤー三銃士と、四葉のクローバーズ ブログもよろしくお願い致します!!


d0303974_1558273.gif





by stonebuyer | 2018-05-05 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)