人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

糸魚川ヒスイ ホワイトブルー ビーズ(新潟県糸魚川産)

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!

本日は昨日に引き続き糸魚川ヒスイビーズ。
ヒスイは緑色が当たり前と考えられる方も多いかもしれないのですが、実は白からグレーのような色合いが最も多く、緑は全体の約1割程度。さらに微量の産出のカラーもあり、実は非常にカラーバリエーションに富んでいます。「翡翠の七色」等と呼ばれることもあるくらいなんですね!!

例えば紫は「ラベンダーヒスイ」と呼ばれ女性からの人気も高く、一大産地であるミャンマー産のものですら、とてつもない価格がつきます。
糸魚川産のヒスイはミャンマーに比べて産出量が少なく、まだ美しい色合いの原石が眠っている可能性は十二分にありますが、それでも天然記念物に指定されている以上半永久的に採ることはできないでしょう。

そうした点もあり、糸魚川ヒスイの白・グレー以外の色合いとなると、手に入れるのは早ければ早いほど越したことがないわけなのです。

今日はそんな多彩な色の中でも、、、

d0303974_11034056.jpg
★糸魚川ヒスイ ホワイトブルー10ミリビーズ 2,300円+税★

青い翡翠。アナタは見たことがありましたでしょうか!

青いサシ(刺青入りヒスイ等とも呼ばれます)が入ったヒスイ。その青の正体は不純物である鉄とチタンによるものです。
ちなみにバイオレット(ラベンダー翡翠)はチタンのみが入った場合になるので、そう考えると2種の成分が必要なブルーはますます貴重です。



d0303974_11173953.jpg
★糸魚川ヒスイ ホワイトブルー10ミリビーズ 2,300円+税★

雲の間に覗かせる空のように、白と青のコントラストが秀逸。
青が優しげで執拗に主張しすぎないところが翡翠らしくて良いですね☆

翡翠は、カルセドニーのごとく、実は緻密な細かな結晶の集合体。
水晶のように目に見える結晶のサイズはなく、0.5mm程が最大なのだそう。

それが地中で1万気圧(我々が大気から受けている気圧の1万倍)もの圧力を受けて岩石化。
それぞれの結晶が複雑に絡み合う事で靭性が高まり、強固な組織になります。
翡翠の良いところは長く変わらぬ姿で宝飾・アクセサリー使用ができるところですね。

だからこそ1つ手に入れておくと家宝みたいになってくれるんです。


d0303974_11201656.jpg
★糸魚川ヒスイ ホワイトブルー10ミリビーズ 2,300円+税★

こうした一見しただけでは何の石か分かりにくい石を、他の石好きの人に紹介するのってとても楽しいひととき。「この石なんだと思います?。。。実は翡翠なんです、しかも糸魚川の!」と畳みかけるように紹介する。。。

決して拗らせている訳でもなんでもなく、自分が特別なものを手に入れた時見てもらって共感することが石の楽しみでもありますから。存分に自慢してあげてください。この個体達はそれに値する稀少性だと思います。
d0303974_11195637.jpg
★糸魚川ヒスイ ホワイトブルー10ミリビーズ 2,300円+税★

今回紹介しておりますのは青が入っている個体のみを厳選していますので
お求めの場合は安心してくださいね!

ではでは本日ここまで~!

追伸)今月の再販で、先週人気のありましたロイヤルブルーガーデン少し出そうと思っております。お楽しみに☆彡

バイヤー三銃士と、四葉のクローバーズ ブログもよろしくお願い致します!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちら
d0303974_1558273.gif






by stonebuyer | 2018-05-20 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)