すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

ボルダーオパールTOPグレード 12mm (オーストラリア クイーンズランド)

おはようございます。
サルオです。

ボルダーオパールのTOPグレードビーズが入荷してきましたので紹介させて頂きます。
d0303974_01005793.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★

オパールは赤、青、緑など様々な色に光り、見る角度を変えるとこの虹色が変化して動くように見えます。
これが、プレシャスオパールの最大の特徴であり、最大の魅力です。

オパールの主成分は水晶と同じSiO2です。
しかし、水晶はクラック(割れ目)から虹色に見えることがありますが、クラックのない表面からこのような光は出ませんよね。
そのため、オパールのこの光は特別に「遊色効果」と呼ばれています。

同じ成分でこんなにも見た目の変わるその違いはどこからきているのでしょうか。

それは、出来方が違うためです。

オパールはごく地表に近い浅いところで作られます。
オパールの材料となる珪酸(SiO2)を含んだ地下水は熱水の場合には水晶を作りますが、50℃ほどの低温では結晶が作られず、ミクロの小さな球として少しずつ岩石の隙間に沈殿していきます。
そして、その小さな球が規則正しく並び、その球のわずかな隙間を水が埋めるような状態になりオパールになります。

今日紹介させて頂いているボルダーオパールの場合、岩石が褐鉄鉱物(ライモナイト)で固められた砂岩であり、ビーズの茶色い部分になります。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

d0303974_01243603.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm① オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★

今回入荷したボールダーオパールのTOPグレードはおそらく弊社が過去に入荷したものの中でトップクラスに綺麗なものです。そのため、「TOPグレード」と付けさせて頂いております。

本当にその名に恥じない綺麗さだと自負しております。

ビーズによって色味の特徴がそれぞれ異なります。
そのため、個別に紹介をさせて頂きます。

(*8mmサイズ以下について、今は個別になっておりませんが今日の夕方以降徐々に変更させて頂きます。)

続きまして2番目です。
d0303974_01244412.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm② オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★


この写真からも砂岩の隙間にオパールが入っていることが分かりますよね。
そして、遊色効果がとても綺麗に出ております。

続いて3番目です。

d0303974_01245537.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm③ オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★

この③番のように赤系の色が入っているオパールのほうが数的には少ないように思います。
そして個人的には赤色がはっきりと出ているオパールが好きです。


4番目です。
d0303974_01250110.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm④ オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★

こちらは緑と青のコントラストがとても綺麗ですね。
入り込める隙間を見つけて、頑張って入り込んでる感のあるオパールです。

最後の5番目です。
d0303974_01250614.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm⑤ オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★

おそらく人によってオパールの光り方の好みは違ってくるのではないでしょうか。
弊社のスタッフの中でも意見が割れるところですが、多い意見は青が濃く光るものが好き人が多いように思いますが人それぞれですよね。

しかし、ムーンストーンにしてもラブラドライトにしても皆青くて濃いものに惹かれていますね。
やはり、地球が青いからでしょうか。。。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-12 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)