すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

まるで日本刀のような輝きを放つ天然石を内包した水晶

かつては日本を代表する鉱物だったスティブナイト


二度と胃カメラは受けまい!と心に決めたサルオです。

愛媛県市ノ川鉱山では明治時代に巨大なスティブナイトがたくさん産出されました。
しかし、当時の日本人はその素晴らしさに気づいておらず、良品のほとんどが海外に流出してしまったそうです。
そして、世界の博物館の鉱物部門では日本産のスティブナイトが輝いているそうです。
なんとも残念な話ですが、10年くらい前にこの愛媛県産のスティブナイトのすごい標本を僕の地元に程近い兵庫県の生野銀山の鉱物博物館で見た記憶があります。

そして、日本刀のような鋭さをもつ輝きに圧倒されて、その魅力の虜になりました。
現在ではもう生野銀山にはないそうですので、その時写真を撮っていなかったことを今でも後悔しております。

スティブナイトインクォーツ4mmビーズ

まず、この石の産地についてですが、現在国産のスティブナイトはほぼ枯渇しておりますので、残念ながら日本産ではございません。
こちらは中国産のスティブナイトインクォーツです。
d0303974_02120528.jpg
★スティブナイトinクォーツ4mm (中国産) 700円+税★

おそらく今まで4mmサイズのスティブナイトインクォーツは初めてではないでしょうか、
ビーズが小さいだけに、水晶にしっかりスティブナイトが入っているのでとても見栄えがあります。
そして、スティブナイトらしい金属光沢も健在ですよ。
d0303974_02191980.jpg
★スティブナイトinクォーツ4mm (中国産) 700円+税★

複数の結晶が集まっているものも魅力的ですが、個人的には1本太いのがズバっと入っているもの方が好みです。

そういえば、僕の知る限りこのスティブナイトインクォーツが出回り始めたのが2009年前後くらいだったように記憶しております。
その時、業界の中でも注目され話題になったのですが、あれからもう10年くらい経ったんですね。
この先10年の間にどんな新しいものが出てくるのか楽しみですね。

ここからは余談ですが、もしかしたら、わずかな方でも胃カメラの結果が気になっておられる人もおられるかも知れませんので報告させて頂きますと、、、

結果は胃カメラをするほどのことではない軽い胃炎でした。
胸焼けが本当に辛いと思ったのですが、生来僕は痛みに弱くて大騒ぎする癖があるようです。
なので、やはり胃カメラでも大騒ぎをして看護師さん達に「もうすぐ終わるから。頑張って。」など大いに励ましを頂きました。

あとで知ったのですが、この看護師さんは妻の中学時代からの同級生でお友達とのこと。
きっと、「あいつ、たかが胃カメラで大騒ぎしとったよ。」なんて二人で酒の肴にされるんだろうなと思うと悔しいです。
あらかじめ知っていたら僕もきっとクールに決めてたはずなのに、、、(いや無理か)
とりあえず、僕の鼻の穴が小さいせいか、とても苦しい体験でございました。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-20 09:01 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)