すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

「フェルメール・ブルー」と呼ばれる美しい青の顔料となる鉱物

おはようございます。
サルです。

早速ですが「フェルメール」さんをご存知でしょうか。
僕のように芸術に疎い者でも名前くらいは聞いたことがあります。
そして、有名な画家であることも。
調べてみると、西暦1650年前後に活躍したオランダの画家です。

なぜ「フェルメール」が出てきたかと言いますと、某所の待合室で偶然手に取った本を読んでいたらフェルメール特集をしておりまして、中を読み進むとフェルメール・ブルーとしてラピスラズリが紹介されているではないですか。

これは、ブログのネタチャンス!ということで、ラピスを紹介する時に書こうと必死に暗記しました。
d0303974_18114616.jpg
★ラピスラズリ 18金ペンダントトップ 石部分:約18x13x厚み4ミリ【限定1】 37,800円(税込み)★

青いですね。かなり色が濃いラピスラズリです。

それではフェルメール・ブルーといわれるものと比べてみましょう!!
と思いましたが、著作権が分からないので、絵を載せるのは控えさせて頂きますが、「真珠の耳飾の少女」が有名みたいですね。

個人的にこの感じの絵は入り込みやすくて好きです。
そして、この絵の青色はすごく印象に残る綺麗な青色をしてますね。

それこそが、このラピスラズリを使った青色なのです。
少しもったいない気はしますが、当時はこの鉱物を砕き、油を加えて絵の具を作ったようです。
また、当時は金属製のチューブ(絵の具を入れるもの)は無かったため、絵の具の保存に豚の○○を使っていたとか、いないとか。。。
○○は僕の口からは言えません。。。

気になる方は「絵の具 保存 豚」で検索してみて下さい。
サクラクレパスさんが「絵の具チューブの歴史」として説明してくれていますよ。

それではラピスラズリのペンダントを見ていきましょう。
d0303974_18121590.jpg
★ラピスラズリ 18金ペンダントトップ 石部分:約18x13x厚み4ミリ【限定1】 37,800円(税込み)★

油を加えて絵の具を作ったに、ラピスラズリは乾くと表面が白っぽくなります。
そのため、現代でも宝石として扱われる、ラピスラズリには全てワックス処理をして、表面のつやを出しております。
d0303974_18124596.jpg
★ラピスラズリ 18金ペンダントトップ 【限定1】 37,800円(税込み)★

一部白っぽいところもありますが、裏側もしっかりと色が濃くて綺麗ですよ。
ラピスラズリは、鉱物ではなく、正確には岩石になります。
ラズライトを主体としてソーダイトやアウィン、パイライトなどの集合から構成されています。

そして、このラピスラズリも小さいパイライトが少量ですが内包されてますよ。
個人的には、このパイライトのアクセントがステキです。
d0303974_18131545.jpg
★ラピスラズリ 18金ペンダントトップ 【限定1】 37,800円(税込み)★
*チェーンは別売りです。
チェーンは別売りとなりますので、チェーンをお求めの方はオンラインショップの関連商品をご確認下さい。

ラピスラズリの和名は青金石です。
その他にも和名として「瑠璃(るり)」といわれることもあります。
なぜかは分かりませんが、個人的にこの「瑠璃(るり)」という言葉に心が惹かれます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-10-16 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)