すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

(新作勾玉最終週!) 糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー)

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!

いよいよ勾玉新作企画も最終週になりました(><)

実は実は、先週のアクアマリンの時点で、
「6つコンプリートしてるよ」という声
たくさん頂いております☆

一度にこんなにもたくさんの新作勾玉を出したのは、
めのや、アナヒータストーンズ史上初めてですので
不安もあったのですが、多くの方がコレクトされて、
新しい勾玉を身に着けてくださること、本当に嬉しく思います。

ふっくらとした「出雲型」をもっともっと広めていけるよう、
今後も新しい勾玉に挑戦していきますね~!!



さてそんな7週のオオトリを飾るのは「糸魚川ヒスイ」。
1週目にも出ておりました。。。そんなことは分かっております。

それでもバイヤーがどうしても紹介したかった、糸魚川ヒスイって一体なにかというと、、、





d0303974_20173677.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 各種★
オンラインショップにて販売中!!


「入りコン沢?」とても聞きなれない言葉が登場しています。
そして、初週の糸魚川ヒスイに比べてかなり青みがかっているのですね★

入りコン沢(いりこんさわ)とは、実は糸魚川ヒスイが採れる小滝川流域の中で特定の位置を表しています。
その付近で採れるヒスイのみ「なぜか」青みがかった個体になるのです。


実はこの青みの原因は不純物によるもの。
ヒスイは本来純粋な状態であれば、無色だという話を以前したかと思うのですが、
そこに、「コスモクロア」や「クロム」、「ダイオプサイト」などのどれかが一緒にとりこまれる事で、緑になります。緑に発色することが多いのは、こうした内包される成分のレパートリーが多いため。
緑になりうる可能性が他の色よりも高いからこそ「ヒスイ=緑」というイメージが定着しています。

ですが、ヒスイの七色とも呼ばれるくらいだから、他の色だって少なからず存在しています。

例えばミャンマー産によくみられる「ラベンダーヒスイ」は、チタンを取り込む事で紫になります。
そしてその「チタン」に加えてさらに「鉄」を含まないと発色しないのが「青色」なのです。

2種類の成分が入らないと発色しない。
そうっ、発生条件が他の色に比べてとっても厳しいのです。。。
地質の関係でしょうか。糸魚川では、偶然この条件を満たした
「入りコン沢」と呼ばれる特定の場所でしか採る事ができません。

そしてその採掘は当然、糸魚川ヒスイが天然記念物であるため
現在法律によって禁止されています。
今回は第1週の糸魚川ヒスイ同様、既に所有している方から、
お譲り頂いた貴重な原石を加工しています。


そんな特別な個体ですから、今回はさらに「あるもの」をサービスで
付けているのです~

それは何かというと、、、

d0303974_20184548.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き★

じゃじゃんっ!!
今回の入りコン沢の糸魚川ヒスイは、30ミリと20ミリの先着100個に限って
なんと鑑別書がついちゃうのです!!

もちろんこの度展開する糸魚川ヒスイに関しては、第1週目の通常のタイプも含めて、
ヒスイの成分が含まれる個体のみを抜粋して販売しております。

ですからもし鑑別をとった場合、全ての個体において写真と同じように
「天然ジェダイト ※他種成分、他種鉱物の含有を認む」
という結果を得ることができます。

なお、ワックス加工をしていますという文字がありますが、
アクアマリンやモルガナイトに施されていた、透明含浸に近しい役割です。
他種鉱物を含むことで、構造上少し脆い部分があり、その部分の強度を上げる
ことを目的にワックス処理をしております。
もちろん、着色ではありません。


とはいえ、展開する勾玉すべてにこうした鑑別を付けるのはコスト上どうしても難しく。。。
でもでも、1から原石を仕入れ、加工をして、こだわって作ってきた「証」を
どうしても皆様に示していきたい。。。

という事で、

「入りコン沢ブルー」という特別な個体の30ミリ、20ミリに限り、
鑑別書を付けて販売することにさせていただきました。



これ本当に凄い事だと思って欲しいのです。
多くの業者様は糸魚川ヒスイに鑑別を付けたがりません。
もし鑑別に出してヒスイの成分が0と分かれば、販売できなくなってしまいますからね。

でもそれは逆手に取ると、きちんと「ヒスイ」が入っていることにこだわって作製したことを
示す事ができる「チャンス」だと我々バイヤーは思っています。

皆様に誠意を尽くして、確かな糸魚川ヒスイをゲットしてもらいたい。
その思いをこの鑑別書から汲み取っていただけると、とっても嬉しく思います。

d0303974_20291787.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き★

先着100個ずつということは、、、
そうなのです。1店舗に30ミリと20ミリ「1個ずつ」しか
鑑別付きを送り込むことができません。
欲しい方、勾玉コンプリートを狙っている方、
是非あるうちに手に入れてくださいっ!


「そんなに急に店舗に行けないわ」、、って方のために
ご安心ください。こちらのネットショップでも取り扱いがございますっ!

30ミリは100個のうち20個
20ミリは100個のうち10個 取り扱っております。

実際に見て判断したい人は、店舗に「今日」立ち寄ってみていただくことを
オススメ致します。

という事で例によって1番から~


d0303974_19135287.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き ①②表 48,000円+税★

第1週の糸魚川ヒスイが緑からグレーの個体が多かったのに対し、
入りコン沢産のはほぼ全ての個体が同じようにブルーで仕上がってきました。

地味だからという理由で、糸魚川ヒスイを敬遠していた方もいらっしゃるかもしれません。
でもこのブルーは違います。気品ある青。高貴な青なのです。
国産石はここまで気高い存在になってくれるのですね~。




d0303974_19135270.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き ①②裏 48,000円+税★

この2番の淡雪のような模様も魅力的。
これからの季節、冬の装いにとっても映えます。

続いて③④~!!

d0303974_19135233.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き ③④表 48,000円+税★

1週目のヒスイとは本当に同じなのと思うほどに色の違いがあります。
緑じゃないとヒスイが入っているのか疑わしく思えがちなのですが、
実は入りコン沢産は、1週目の個体よりも含まれるヒスイの成分量が多かったのです。

ブルーのポテンシャルおそろし。

d0303974_19135207.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き ③④裏 48,000円+税★

いろいろな他種鉱物を含んで、複雑な表情を示す③④。

青みが局部的に濃く見えるところもありますね~


d0303974_19135348.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き ⑤⑥表 48,000円+税★

一変おだやかな表情を示す⑤⑥。

そういえば、鉄とチタンが原因で青く発色している石
って実は他にもあるんです。

例えば、あの硬度が縦と横で違う石。。。。



d0303974_19135320.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き ⑤⑥裏 48,000円+税★

そうです、あの「カイヤナイト」も同じ鉄とチタンが発色原因。
一緒に覚えてしまうと良いですね。

一概に1つの成分とはいえませんが、
ざっと他の青の石の発色原因となる成分を見ていくと

アクアマリンは 鉄が原因
タンザナイトは バナジウム
アマゾナイトは 鉛イオン
セレスタイトやエンジェライトは、ストロンチウム
青いスピネルは、コバルト
パライバトルマリンやターコイズの青っぽい個体は、銅

というように青はまとまりが悪いんですね。
ピンクはマンガンで結構揃ったりするんですが。。。
でも同じ色なのに違う成分が原因ってのは
逆に面白いところなのかもしれませんね。






d0303974_19135312.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き ⑦⑧表 48,000円+税★

深い青が大きく広がる⑦と均質が魅力な⑧。
1週目に均質な個体買われた方は⑧と併せてもよいかもしれません。

d0303974_19135310.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き ⑦⑧裏 48,000円+税★

続いてラスト~!!

d0303974_19135490.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き ⑨⑩表 48,000円+税★

また10番に個人的に好きな個体をもってきてしまいました。
といっても実はこの勾玉接写の写真は、すぐるちゃんではない人が撮っているのですが、
たまたま綺麗な個体をセレクトしてくれてます。

何も言っていないのに。嬉しいですね☆

d0303974_19135431.jpg
★糸魚川ヒスイ勾玉(入りコン沢ブルー) 鑑別書付き ⑨⑩表 48,000円+税★

⑨のように均質で模様が少ないと、中国の高貴な器のように。
⑩のように模様に恵まれると、雲海のように。

どちらも捨てがたいですね~、


以上でこちらのブログでの紹介は終わりますが、
30ミリの鑑別付は20個紹介しておりますので是非上のリンクまで。

ほかのサイズはこちらから。

16ミリ以下は鑑別付きませんが、
価格はぐぐっと下がります。結いやストラップなどにも是非お使いください☆




d0303974_15075281.jpg

という訳で7週目も埋まり、1~7週目のラインナップが揃いましたっ!
「国産石に始まり、国産石に終わる。」
皆様はこの流れを予測できましたでしょうか。
日本人の肌によく合う、優しくなじみやすい糸魚川ヒスイ。
1週目と7週目で結いにするのもオススメですよ~!!


これで7週連続企画は終了しますが、、、

今からでもコンプリートしたいな、、、って方☆
7種ラインナップが分かってから、やっぱり揃えたくなってしまった皆様。
まだ間に合いますよっ~!!

11/30までに購入、そのレシートを貼り付けて、12/16までに近隣店舗のスタッフにお渡しくださいませ。
ネットショップで購入した分は、明細書を貼り付けていただければ応募の対象になります。

ただ7週目の入りコン沢は数がものすごく少ないので、先に手に入れてから、ほかを探してみてくださいませ。

勾玉収納BOXは、今回の7種を入れるもよし。
お気に入りな個体7つでカスタマイズするもよし。

神セブンとか名づけてみるのもよいかもしれませんね。
多くの方の応募をお待ちしております。



これで7週企画は終わってしまいますが、
これからの新作勾玉は短いスパンでどんどん出していきます。
アナタの好きなあの石も実現するかもしれませんよ~

次の勾玉は、、、、Coming Soon!!

では本日ここまで~!!



by stonebuyer | 2018-11-10 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)