人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

〇〇シリカ

おはようございます。
サルオです。

〇〇シリカという言葉よく耳にします。
シリカってなのことを言っているかご存知でしょうか。

例えば石とは全く関係ないところでも「シリカゲル」というものは乾燥剤として日常生活においてよく目にしたり、耳にしたりします。

この乾燥剤である「シリカゲル」と石でいう「〇〇シリカ」のシリカは同じものになります。
答えをいうと「シリカ」とはニ酸化ケイ素(SiO2)のことです。

ニ酸化ケイ素といえば水晶やめのう、ジャスパーの成分と同じですよね。
実は乾燥剤のシリカゲルの成分もSiO2を含みます。
正確にはいくらかの水分を含みSiO2・nH2Oとなります。

つまり、〇〇シリカという石は二酸化ケイ素を含む石ということになりますね。

ここで疑問が出てきます。
二酸化ケイ素を含む石ってことは〇〇inクォーツと何が違うのでしょうか。
例えばこの石を見てください。
d0303974_02210503.jpg
★エンジェルシリカ6-7ミリ ブレスレット 内径16cm 11,880円 (税込)★

こちらはエンジェルシリカです。
エンジェルシリカはチャロアイトと石英(二酸化ケイ素)が混在しているものになります。

印象でいうと混在しているものが〇〇シリカになるのかな?とは思いますが、このようにビーズなどの加工してしまったら厳密には違いはないのかなと思います。

下のビーズを拡大した写真を見る限り、ジャスパーのように後から珪酸成分が浸透してきて固化した訳ではなさそうです。
d0303974_02211287.jpg
★エンジェルシリカ6-7ミリ ブレスレット 内径16cm 11,880円 (税込)★

このエンジェルシリカは水晶(石英)がチャロアイトを構成する成分の一つとして同化しているような印象があります。
そのため、なんとも言えない神秘的な模様が「うねり」を伴った繊維状に入っていることが分かります。
このエンジェルシリカは特別水晶成分が多いために透明感を感じられるところも魅力の一つではないでしょうか。

他に〇〇シリカといえば、ジェムシリカがありますが、今はちょうど良いものがないので入荷がありましたら紹介させて頂きます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-11-06 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)