人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

プラチナルチルクォーツ ビーズ

おはようございます。
サルオです。

昨日がパイライトinイエローフローライトでした。
昨日の「パイライト」を「金」に見立てるのであれば本日は「ルチル」を「プラチナ」に見立ててみます。
といことは、もちろんプラチナルチルクォーツという名前ですが「プラチナ」は入っておりませんよ。

d0303974_08054999.jpg
★プラチナルチルクォーツHC8ミリビーズ① 【限定2石】 5,184円(税込)★

プラチナルチルクォーツの内包物はその商品名の通り「ルチル」です。
色味は銀から黒色をしておりますが、同じ銀色をしたルチルクォーツに「シルバールチルクォーツ」がありますよね。

しかし、プラチナルチルクォーツをシルバールチルクォーツとは呼びません。
では、この両者の違いはどこにあるんでしょうか。

下の写真は個人的に理想的な形をしていると思うプラチナルチルクォーツです。
d0303974_08054953.jpg
★プラチナルチルクォーツHC8ミリビーズ② 【限定2石】 5,184円(税込)★

まず、見た目の形状が単にシルバーカラーのシルバールチルとは異なります。
通常のシルバールチルは割りと太目の針状のルチルの結晶がズバっと水晶に入り込んでいるイメージがありますが、プラチナルチルは細かいルチルが水晶に内包している印象があります。

そして、一番大きい形状の違いはこちらにあるのではないでしょうか。
d0303974_08054949.jpg
★プラチナルチルクォーツHC8ミリビーズ② 【限定2石】 5,184円(税込)★

写真の真ん中の黒い金属光沢を持った太い部分。
よくプラチナルチルクォーツを称して「魚の骨」に例えられることがよくあります。

実は、この魚の骨の小骨にあたる部分はルチルなんですが、背骨に当たる部分は「ブルッカイト」という鉱物になります。

ブルッカイトはルチルと同じ成分で結晶構造の違う同質異像の鉱物となります。

そのため、「プラチナルチルクォーツ」と呼ばれる石の定義としましては、ブルッカイトが関係している細く細かいシルバーカラーの針状のルチルが内包しているというところにあります。

もちろん、ビーズになった場合にはブルッカイト部分とルチル部分が分かれてビーズに加工される場合もありますので、全てのプラチナルチルクォーツのビーズにブルッカイトが入っているわけではございませんが、入っているもの方が多いと思いますよ。

ここからは9ミリサイズのビーズです。
d0303974_08405516.jpg
★プラチナルチルクォーツHC9ミリビーズ 4,320円(税込)★

9ミリサイズの方は透明感が高いのが特徴となっております。
透明感の高いタイプの魅力的ですよね。

ルチル部分をどうしたら綺麗に写るのか黒背景で試していましたよ。
d0303974_08473225.jpg
★プラチナルチルクォーツHC9ミリビーズ 4,320円(税込)★
この方がルチルが輝いて見えますね。

冒頭に「金」と「プラチナ」について語ってみましたがが、
「金」も「プラチナ」説明の必要がないくらい有名で、そうして高額な取引がされている貴金属ですよね。

個人的にはプラチナの方が高価な物というイメージがありましたが、今相場を調べてみると金の方が高いんですね。
少し意外でした。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-03-31 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)