人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

(4月新作☆)ビルマヒスイ勾玉(ミャンマー産)

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!
本日はまた新しい勾玉を紹介しに参りました!!

いやぁ、何度出していても、おNewな勾玉を出す時というのは
心がときめいてしまうものです。こだわった原石でオリジナルの形。
色んな石でふっくらとした出雲型勾玉が産まれてくれた事嬉しく思っています。

さて、今回の勾玉は昨年出した国産石勾玉にも関連していて、なおかつ5月の誕生石、、、
タイトルに出てしまっていますからクイズにもならず申し訳ないのですが、、、この石種です!!

d0303974_09070862.jpg
★ビルマヒスイ勾玉 各種(ミャンマー産)★
オンラインショップにて販売中!!

そうっ!!ヒスイ勾玉!!
昨年は国産、新潟県の糸魚川ヒスイを勾玉としてお披露目させていただきましたね。
国産の稀少な原石から贅沢に勾玉化しましたから価格もそれなりにしていた訳ですが、

今回、ヒスイの一大産地として名高いミャンマー産の原石を使って、
ちょっぴりお手ごろにヒスイを出してみたい。
そんな願いからビルマヒスイの勾玉化をこぎつけた訳です。

d0303974_09075115.jpg
★ビルマヒスイ勾玉 各種(ミャンマー産)★

糸魚川ヒスイが複数の鉱物を伴いながら「柔らかな色合い」をもっているのに対し
ミャンマー産は鮮やかな緑とほのかな透け感があるのが特徴です。
厚みやサイズによっても見た目が変わってきます。

30ミリはヨモギのように深みのある落ち着いた緑。
20、16、10ミリは勾玉の厚みが30より薄いので、透け感を持って新芽のような色合いを伴います。

みんな違ってみんないい。
まさにこれですね。

糸魚川ヒスイは優しい色合いなので
日本人らしくて着ける場所を選びません=33
反対にビルマヒスイは糸魚川よりもぱきっとして華やかな色合い。
ハレの日やボタニカルなファッションにも非常に相性がいい。

是非糸魚川ヒスイを手に入れられた方もこちらの勾玉を手に入れて欲しいですし、
同じ石種でも異なる表情を楽しんでいただければ幸いです。


d0303974_09123889.jpg
★ビルマヒスイ勾玉 各種(ミャンマー産)★


ちなみにヒスイはちゃんとその成分が含まれるか判断の難しい石ですから
前回同様国内の鑑別機関にかけてみました。

すると鑑別所の先生が数個体を見て、
「このヒスイなら、きちんと高い割合で入っているから仕分けをしなくても(ヒスイとして販売して)問題ありませんよ」とおっしゃって頂けまして、より濃い濃度でヒスイの結晶が含まれている事が分かりました。

安心して購入を検討いただけますと幸いです。

という事でネットショップで取り扱いの品番の中から
このブログでは30ミリをご紹介させて頂きます。

d0303974_15153168.jpg
★ビルマヒスイ 30ミリ勾玉(ミャンマー産)① 15,000円+税★
オンラインショップにて販売中!!

全体を通じて非常に均質で、ヒスイのシャトーブリアンのような部分を切り取って勾玉化しました。

ちなみにビルマヒスイという名前ですが、「ビルマ」はミャンマーのかつての呼称。
この名前で今も呼称されているのは、その時代から「ビルマのヒスイは、、、」と呼ばれ続けてきた
のでしょう。その結果すっかりその名前が定着してしまった。

今からミャンマーヒスイと呼称をしてもビルマヒスイの語呂のよさに適わないのですね。。。
そんなこんなで弊社でも今回ビルマヒスイと名前で出させて頂いております。

この話から考えられるのは「それほどヒスイが古くから愛されてきた石」だということ。
この石は歴史に深く密接にかかわってきた石なのです。

d0303974_15153113.jpg
★ビルマヒスイ 30ミリ勾玉(ミャンマー産)② 15,000円+税★

勾玉のくぼみのあたり
少し緑の濃い部分がサシのように入っていますね。

このサシはヒスイの質を大きく引き上げる重大な要素。
緑が濃いと欲しくなってしまいますし、質が良い個体なのでは、、、と反射的に感じてしまいます。

でも糸魚川ヒスイの時にお話したように
ヒスイは本来無色なのです。緑はコスモクロアやダイオプサイトといった、
いってみれば内包物にあたる鉱物。

でもそれが含まれている方が高いと感じてしまう。。。おかしな話ですよね!?

d0303974_15153291.jpg
★ビルマヒスイ 30ミリ勾玉(ミャンマー産)③ 15,000円+税★

その緑は高い。。。という固定観念。
実は先述した「歴史とかかわっている石」というのにヒントがあります。

さてここでようやくクイズらしいクイズです。

この石を特に好んだ歴史上の要人といえば、、、、?
ヒントは「中国清王朝で、絶大な権力を誇った側室の女性」です。。。
詳しくは知らない人でも一度は耳にした名前だと思います。

d0303974_15153265.jpg
★ビルマヒスイ 30ミリ勾玉(ミャンマー産)④ 15,000円+税★

正解は、、、?
d0303974_15153233.jpg
★ビルマヒスイ 30ミリ勾玉(ミャンマー産)⑤ 15,000円+税★

そう「西太后(せいたいごう)」
度々、悪女として紹介されたりするこのお方ですが、
それを差し置いて

ヒスイを大層好まれたという記録が残っています。

d0303974_15153283.jpg
★ビルマヒスイ 30ミリ勾玉(ミャンマー産)⑥ 15,000円+税★

ヒスイが好きな西太后に気に入られるべく、各国の諸侯たちはこぞって
「質の良いヒスイ」を献上しました。

この「質が良いヒスイ」こそが言ってみれば「西太后が好みそうな色合い」であったわけです。
西太后が緑が濃い方が良いなぁ、、、と口にすれば、緑の濃いヒスイの価値は何倍にも高まった。
ほとんどヒスイの良し悪しはこの「西太后」に献上する場で確定していったとさえ言われているのです。

d0303974_15153295.jpg
★ビルマヒスイ 30ミリ勾玉(ミャンマー産)⑦ 15,000円+税★

その質の良し悪しが現在まで多大なる影響を与えています。
緑の濃いヒスイは、たとえ他の鉱物を内包しているこそのものであっても
価値を高める要因であると現在でも考えられています。

だからこそ緑にこだわったビルマヒスイを今回出させてもらっています。

d0303974_15153285.jpg
★ビルマヒスイ 30ミリ勾玉(ミャンマー産)⑧ 15,000円+税★

この季節にぴったりの鮮やかな緑。
歴史上の人物に愛されたと聞くと何だか高貴な印象を感じてしまいます。



d0303974_15153395.jpg
★ビルマヒスイ 30ミリ勾玉(ミャンマー産)⑨ 15,000円+税★


是非この平成と令和の変わる節目。
こだわって作ったヒスイ勾玉を手に入れて欲しいです。

d0303974_15153365.jpg
★ビルマヒスイ 30ミリ勾玉(ミャンマー産)⑩ 15,000円+税★

という形で
ブログでの紹介はここまでにさせていただきますが、30ミリの他の個体が気になる方は
こちらのページにて紹介しております。

30ミリ(15,000円+税) 11番~20番はこちらから~
30ミリ(15,000円+税) 21番~30番はこちらから~

また他のサイズはこちらから~

20ミリ(5,500円+税)  1番~10番はこちらから~
20ミリ(5,500円+税) 11番~20番はこちらから~
20ミリ(5,500円+税) 21番~30番はこちらから~

16ミリ(3,600円+税)  1番~10番はこちらから~
16ミリ(3,600円+税)  11番~20番はこちらから~
16ミリ(3,600円+税)  21番~30番はこちらから~

10ミリ(1,500円+税)  1番~10番はこちらから~

では本日ここまで~

by stonebuyer | 2019-04-20 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)