人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

色々なベリルをご紹介 ミックスベリル

こんばんは
サルオです。

本日はマルチベリル(ミックスベリルとも言います)を紹介させて頂きます。

ベリルについては今まで何度も紹介させて頂いておりますが、初めて見て頂く方もいらっしゃるかも知れませんので、説明をさせて頂きます。

ベリルの和名は緑柱石といい、主成分としてアルミニウムとベリリウムとケイ酸から出来ております。
成分を化学式で書くと Al2Be3(Si3O18) となります。

そして、ベリルの特徴は主成分以外で微量な金属元素を取り込むことで石の色が変わり、そして名前まで変わってしまう鉱物なんです。
以前にも載せていますが、色と成分による主なベリルの名称です。

水色---アクアマリン(発色原因:鉄)
ピンク(ピンクがかったオレンジも含め)---モルガナイト(発色原因:マンガンとセシウム)
無色---ゴシェナイト
赤色---レッドベリル(発色原因:マンガン)
緑色---エメラルド(発色原因:クロム)
黒色---ブラックベリル(発色原因:他種の鉱物のないほうによるもの)
緑色---グリーンベリル(発色原因:鉄もしくはバナジウム)
黄緑色---ヘリオドール(発色原因:鉄)
黄色---イエローベリル(発色原因:鉄)
オレンジがかった黄色---ゴールデンベリル(発色原因:鉄)

同じ緑色でもエメラルドは発色原因はクロムに限り使われる名称であり、鉄やバナジウムより緑色に発色したベリルはエメラルドとは呼べず、「グリーンベリル」となります。
この両者はなんとなく色味に違いがありますので、並べて見比べると違いを分かって頂けると思いますが、今は手持ちがないので機会があれば比べさせて頂きたいと思います。

ちなみに、クリソベリルはベリルとは成分も性質も異なる別鉱物となりますよ。

そして、一般的にマルチベリルのブレスレットや連ビーズに入っているビーズは上記のベリルの中でも限られており、今日はそのミックスベリルに入っているベリルに焦点を当てて紹介させて頂きますよ。

・アクアマリン
ベリルの中でも知名度と人気はトップクラスではないでしょうか。
アクアマリンの一番の魅力はまるで海の水を連想させるような水色にあるのではないでしょうか。

d0303974_09372465.jpg
★アクアマリンHC 7ミリ【限定4石】 2,592円(税込)★

この写真の7ミリビーズは鮮やかな水色をしていて透明感が高いのが特徴です。
ベリル全体にいえることですが、性質上クラックが多く入りがちな宝石で、アクアマリンもクラックがびっしり入ることで白っぽくなりがちですが、この7ミリビーズはクラックが少ないため高品質なアクアマリンとなっていますよ。

12ミリビーズにも綺麗なものがございましたので、そちらも紹介させて頂きます。

d0303974_09451545.jpg
★アクアマリンHC12ミリ【限定2石】4,860円(税込)★

こちらのアクアマリンの特徴は色が濃い!この一点が突出しております。
水色の存在感がとっても強いアクアマリンとなっておりますよ。

アクアマリンについて、アクアマリンは通常加熱処理が行われています。
鉄発色のベリルはイオンの状態によって色味が変わってきますが、加熱処理をすることでイオン状態を統一され、綺麗な水色になります。

逆にいうと加熱処理されていない状態ですと下記のように黄色や緑がかったベリルになるということですね。

イエローベリル

d0303974_11224581.jpg
★イエローベリル12ミリ 【限定2石】3,780円(税込)★

こちらのイエローベリルも発色は鉄分です。
鉄はFe2+とFe3+と鉄イオンの状態が変わることがあり、そのイオンの状態によって色味が変化するため、同じ鉄発色でもこのように色々な色を示す原因になっているんですね。

そういえば、高校の化学の授業を思いだすと鉄イオンは2+か3+かで水溶液の色が変わると勉強しましたね。
あと、どのような化合物になるかでも色が変わり、鉄イオンは七色に変わると勉強したように思います。

こちらのイエローベリルのビーズも色がとっても濃くて透明感もあり綺麗ですよ。

続きまして、こちらも鉄発色のグリーンベリルのビーズを紹介いただきます。

・グリーンベリル
d0303974_11363696.jpg
★イエローベリル12ミリ 【限定2石】4,104円(税込)★

鉄発色のグリーンベリルは完全なグリーンというわけではなく、どこか水色がかったグリーンになります。
もしかしたら、大半の加熱処理をする前のアクアマリンはこのような色味をしているのかも知れません。

ということは、ありのままのナチュラルアクアマリンと言っても良いかもしれませんね。
自然な美しさを持つグリーンベリルになります。

ちなみに、バナジウム発色のベリルと特徴は鮮やかな緑色、エメラルドになるクロム発色の緑色のベリルは深い緑色っといった印象がありますね。ただ、難しいのは鮮やかな色を持つクロム発色のエメラルドもありますので難しいところですね。

続きまして、モルガナイト紹介させて頂きます。

・モルガナイト
d0303974_11490526.jpg
★モルガナイトHC12ミリ 【限定2石】4,644円(税込)★

とっても色鮮やかなモルガナイト。
かなり高品質なモルガナイトですよ。
透明感が高いのも嬉しいですね。

春の季節の桜色の石としてこの時期は特に人気が高いですよ。
モルガナイトといえばピンク色ですが、少しオレンジがかっているものもあります。

その場合には「オレンジモルガナイト」となります。
色味を比較してみて見ましょう。

・オレンジモルガナイト
d0303974_13480637.jpg
★オレンジモルガナイトHC12ミリ【限定2石】5,184円(税込)★

わざわざ「オレンジ」と頭につける必要がなかったかもしれませんが、モルガナイトのビーズと並べて比べてみるとやっぱりこっちの方が少しオレンジがかって見えますね。

そして、このオレンジ色のタイプのモルガナイトも人気がありますよね。

以上がミックスベリルに良く使われているベリル達です。

それを踏まええてミックスベリルのブレスレットを2本紹介させて頂きます。

d0303974_13544753.jpg
★ミックスベリル8ミリブレスレット ブラジル産 【限定1】内径:約16cm 12,960円(税込)★

色々なベリルをビーズにて紹介してきましたが、ミックスベリルに使われている石のほとんどはモルガナイトとアクアマリンですね。
そして、ミックスベリルの一番の魅力はこの鮮やかなパステルカラーです。

同じ「ベリル」という鉱物でも多色性を示すので、色々な魅力があっていいですね。

最後はバングルタイプのブレスレット
d0303974_14103321.jpg
★ミックスベリル11x14ミリ バングルブレスレット ブラジル産 【限定1】内径:約17.5cm 11,880円(税込)★

d0303974_14103747.jpg
★ミックスベリル11x14ミリ バングルブレスレット ブラジル産 【限定1】内径:約17.5cm 11,880円(税込)★

ミルキーでパステルでとっても可愛らしいバングルタイプのブレスレットですよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-04-13 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)