人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

最近レアな存在になりつつあるピンクオパール

こんばんは
サルオです。

本日はピンクオパールのビーズとブレスレットを紹介させて抱きます。

d0303974_16125505.jpg
★ピンクオパール8ミリビーズ①【限定19石】777円(税込)★

まず、近年市場に出回る量が極端に減ったな~と感じる石は色々ありますが、その最たるものがピンクオパールではないかと感じています。
数年前まではビーズの買い付け市場に行くと40cmの連で販売されていて、弊社でも定番ビーズとして取扱っておりました。

しかし、現在では市場にあまり出回っておらず、以前は定番でも仕入れないような品質のものがショーケースに飾られて展示されるようになったりと10年前からは想像出来ないほど希少価値が高まってしまった天然石のように感じます。

おそらく、希少価値が高まった理由は産地が限定されているからでしょう。
僕の知る限りではピンクオパールの産地としてはペルーとオーストラリアしかございません。

原石の状態ですとオーストラリア産のピンクオパールはモッカイトと共生することが多いようなのですが、ビーズになると限りなく純粋な存在になるので、産地を見た目で特定することは難しいですね。

個人的には以前はピンクオパールの産地としてペルーをよく聞いておりましたが、最近ではオーストラリア産の話をよく聞くのでペール産のピンクオパールの産出量が非常に落ちているのかもしれませんね。
それに伴ってビーズも出回りにくくなり、価格も高騰しているのではないかと予想をしております。

今回は8ミリサイズのビーズが19点入荷しており、1点ずつ撮影していますよ。

2番目のピンクオパールです。

d0303974_17044422.jpg
★ピンクオパール8ミリビーズ②【限定19石】777円(税込)★

ピンクオパールはコモンオパールですので遊色効果(虹色に光る効果)はありません。

その代わり、乳白色のピンク色が印象的ですよ。
このピンク色はオパールに含まれる「パリゴルスカイト」という耳馴染みのない粘土鉱物によるもの。
この鉱物名を言うときに舌を噛みそうですね。(文章で良かった)


続きまして3番目です。

d0303974_16442732.jpg
★ピンクオパール8ミリビーズ③【限定19石】777円(税込)★

コモンオパールの特徴といえば、このつるりとした雰囲気を持っているところですよね。
もちろん、遊色効果のあるプレシャスオパールは素晴らしいのですが、コモンオパールが持つ優しい雰囲気も好きです。


そして、ピンクオパールといえばな特徴を持っている9番のピンクオパールです。
d0303974_17115796.jpg
★ピンクオパール8ミリビーズ⑨【限定19石】777円(税込)★

このピンクオパールのビーズに内包している黒い斑点。
これこそピンクオパールの特徴でもありますが、どうしても入ってしまうんですよね。

ピンクオパールなので、、、、
理由にはなっていないかもしれませんが、だってピンクオパールだもの。言いたくなるくらい入っています。

おそらくマンガン鉱とかになるんですかね。
チャームポイントとして捉えて頂けますと喜びます。

このような感じで19点ございますので、是非オンラインショップのページをご覧下さいませ。


あと、ブレスレットもありましたので、ブレスレットのご紹介。
こちらは、10ミリサイズのブレスで、8ミリのビーズに負けないくらい高品質なものですよ。

d0303974_17173122.jpg
★ピンクオパール10ミリブレスレット【限定1本】 内径:約16cm 18,360円(税込)★

限りなく白に近いようなピンクオパールが主流になりつつある昨今の中ではしっかりとピンク色をしているオパールですよ。
もしくは、最近のピンクオパールはやや茶色っぽい色味とのマーブル模様になっているものを多く見かけます。

d0303974_17263681.jpg
★ピンクオパール10ミリブレスレット【限定1本】 内径:約16cm 18,360円(税込)★

このような感じです。
これからのピンクオパールはこういった模様があるものが主流になりそうな気がしていますので、均一な色味がお好みの方はお早めに。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-10 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)