人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

(定番復活!) 青めのう30ミリ勾玉 & (復活記念勾玉!) 赤めのう縞有り勾玉

こんばんはっ! すぐるちゃんですっ!

8月も半ば。。。そろそろ夏の暑さにもお暇をしてほしい所ですが
当面の間は活躍なさるようですので「まあお元気ですこと」と声をかけたくなりますOrz
また、せっかくのお盆なのにこの暑さがもたらしてしまった元気な台風がお目見え。
まったくもって迷惑な話な訳ですが、

この残暑へと向かっていく最中やってくるのが 毎年恒例9月6日の「勾玉の日」ですね☆
去年はここで十勝石の勾玉、一昨年は「モンゴル産のスモーキークォーツ」を紹介しました。
今年も勾玉の日に特別な石を紹介していきたい。

そんな思いでなんと2種類をこさえさせていただきました。
それがこちら。。。



d0303974_17201283.jpg
★青めのう 30ミリ勾玉 18,000円+税(お清め済み)
また青めのうの復活を記念して、、、
★赤めのう 縞有り勾玉 20.30ミリ 各種(お清め済み)
オンラインショップにて販売中!!

まずは青めのうの30ミリからご案内!

この深みのある色合い。。。やっぱり30ミリだからこそ重厚感が増すってものです☆
実はずっと長い間定番だったのに30ミリは店頭から姿を消してしまっていました。


ここでクイズ!(すぐるはいつも突然です★)
青めのうの30ミリ勾玉はなぜ長い間作製ができなかったのでしょうか。。。
次の3択から選んでください。

① (原石が原因?) めのうの原石自体が手に入らなくなってしまっていた。
② (染色が原因?) めのうは手に入るが、それを染める事ができなくなっていた。
③ (研磨が原因?) 原石確保も染色もできたが、研磨にうまくいかず割れてしまっていた。

さてどうでしょうか!!
(答えは次の写真の後。。。!)
d0303974_17133636.jpg
★青めのう 30ミリ勾玉 18,000円+税(お清め済み)

正解は、、、②!! 染色が原因だったのです!!

抹茶ゼリーのようなぷるんっとした色合い~

そもそもめのうは水晶と同じSiO2という成分で構成される鉱物ですが、
その結晶はミクロサイズの集合体。
水晶のように1つの結晶でどどんと大きいのではなく、何ミクロンの結晶が何千万個と凝集してめのうを形成しています。

そのためよく「多孔質」と言われるように眼に見えない小さな隙間が沢山あってその性質を利用してさまざまな色合いに染め上げて、宝飾利用がされてきました。
通常他の石だと色を入れる事って忌み嫌われるのですが、めのうやカルセドニーにおいてはむしろその逆。
染まりやすい性質を利用して好きな色合いに処理、何千何万というバリエーションでアクセサリーを愉しむためにはこれ以上ない存在だったのです。

中でも緑は日本人に好まれる落ち着いた色合いを示し、また、めのうの「不透明な美」を惹きだすのに恰好の色合いでした。



ところがこの染色は実はとても時間のかかる作業。
およそ半年の間めのうの原石に特殊な染料を浸透させた後、色を定着させるために加熱処理を行います。
そこから初めて勾玉へと加工となるので、実はブルートパーズの青さを引き出すのに匹敵するくらい手間がかかっているのです。

しかも。この染料は特殊な染料
処理をする際に誤った廃棄をしないように、きちんと管理の信頼がおける、ごく一部の工場のみが加工使用を許されます。
その基準が厳しく許可が下りない工場も多いため、長い間大きな原石が供給できなくなっていました。そう、今や青めのうは決して手に入りやすい石ではなくなってしまったのです。

もちろんだからといって、その特殊な染料が使われた勾玉が害があるかというと、まったく心配はありません。普段使いで染料が染み出る事はありませんし、勾玉を粉して飲み込んだりしなければ影響はありません。
(例えだとしてももったいない事ですね)
他の染めめのうも同様ですからご安心くださいませ。




今回偶然、原石の染めに定評のある工場とつながり、再び青めのうの30ミリが復活できる運びとなりました。いつまでも供給できるか分かりませんので、是非あるうちに手に入れてくださいませ。

※なお注意点です※
この勾玉は店舗では明日からの展開となります。
台風などの影響もありお足元の悪い中でもございますので、実際に見ての購入が難しい場合は是非こちらのネットショップでの購入も考えてみてください。また青めのう30ミリは比較的潤沢に在庫がございますので、余裕をもって店舗に来店という形でも手に入りやすいかと思います。詳しくは明日展開以降お近くの店舗に 在庫状況をお問い合わせくださいませ。

という事で青めのう30ミリから~

d0303974_18382338.jpg
★青めのう 30ミリ勾玉① 18,000円+税(お清め済み)

染まりは原石の質や処理の環境によっても大きく左右されます。
緑は個性ないのではと思っている方、光を当てたり透かしてみたりすると
内部に縞があったり(肌感覚では5%程度の割合)、この個体のように青りんごのような
透明感があったりします。

こういう色の青めのうってちょっとクリソプレーズ寄りな雰囲気というか、
ネオン感が出てこれを着けて夜の街に繰り出したくなってしまいます。

やっぱりそれもこの大きさあってこそ生じてくる個性。
30ミリって特別です、特にこの石に関しては久々ですから☆



d0303974_18382353.jpg
★青めのう 30ミリ勾玉② 18,000円+税(お清め済み)

かといいながらも、この新緑のような深い色も捨てがたいものです。
抹茶ゼリーや羊羹のようなぷるんっとした印象はこうした色の方が強い。
めのう内部までしっかりと色が入った証拠です。

男性にもこのサイズで是非着けてみてほしい!

d0303974_18382376.jpg
★青めのう 30ミリ勾玉③ 18,000円+税(お清め済み)

2番よりもちょこっと明るい3番。
ここまでみて、このめのう染めがどの個体も同じになるわけではない事がよく分かると思います。
ビビッときた個体があったら是非手に入れてください。

このめのうがさまざまな色に加工できるというのが発見されたのは太古の時代に偶然起こったできごとが初端。
石器を作る際の「焼きなます」と呼ばれる過程でめのうにも熱を加えたところ、たまたまめのう内部にあった金属イオンが反応して色がぼぉーっと出てきた。もちろん当時は色を入れるなんて考えませんから、天然の成分に反応して発色をしたようです。また天然の成分は微々たるものなのでこんなにも深い色ではなく、ちょこっと色変わってない?という程度だったのでしょう。


d0303974_18382353.jpg
★青めのう 30ミリ勾玉④ 18,000円+税(お清め済み)

ですが、この発見がめのうは色が入る鉱物だという発見につながります。
後に化学技術が発達すると人工的にその金属イオンをめのう内部に浸透させる技術が高まり、
加熱処理をしてより鮮やかに発色させれるようになっています。

すなわちこの深い色合いはかつてよりも格段に鮮やかになっているのです。
この深みを味わえるのは今を生きる私たちだからこそ。ぜひ楽しんでもらえると嬉しいです。


d0303974_18382338.jpg
★青めのう 30ミリ勾玉⑤ 18,000円+税(お清め済み)

ブログでのご紹介はここまで。
他の個体が気になる方はコチラからお立ち寄りください。


続いて赤めのう縞ありのご紹介。

d0303974_17532132.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉 20.30ミリ 各種(お清め済み)

まるで金魚のような、びいどろのような優しい色合いです~

通常お店で販売されている赤めのうの勾玉は、縞のない均質なものを原石を使用して磨かれています。
出雲型勾玉という特別な形ですから、より染まりが美しいめのうを贅沢に使用しているわけですが、
実はその過程で、こんな風に白めのうっぽい部分がちょこっと入っている勾玉もできたりしました。

それが意外にも風情があるのでは、、、と感じまして、
今回青めのうが復活した記念に出してみる事にさせていただきました。
赤めのうだってたまには個性を持ったってよいではないかといわんばかりの勾玉です。


d0303974_18082125.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉 20.30ミリ 各種★


カーネリアンのような色から、深い褐色の縞。
オレンジのゼリーみたくおいしそうですね☆

原石本来の表情が少し残っていて、
染めといっても原石らしさってちゃんと活きてくるんだなと感じます。

こちらも30ミリから~


d0303974_18410449.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉30ミリ① 12,000円+税(お清め済み)


色が入らない部分というのは、めのうの結晶が密集してスキマがほとんどない部分になります。
天然の色合いが残ったところと赤がしっかりと入った部分。
それが共存する事で縞が生まれます。それがより顕著になると、、、

d0303974_18410505.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉30ミリ② 12,000円+税(お清め済み)


この2番のように洗練された縞がでてきます。
これが元のめのうは半透明な白ですから染めてみないと分からないのです。
均質になるだろうと思ったらこんな風に縞がでてくる。
まったくもってめのうは芸術スキルが高い勾玉ですね☆
d0303974_18410585.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉30ミリ③12,000円+税(お清め済み)

カーネリアンに近い色合いも出てきていますね。

d0303974_18410569.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉30ミリ④ 12,000円+税(お清め済み)

まるでたまごかけご飯のようにしょうゆをかけた深い色の部分と白い白米のような色合いをもった
4番。おいしそうですね~

d0303974_18410534.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉30ミリ⑤ 12,000円+税(お清め済み)

30ミリのブログ紹介はここまで。
他の個体はコチラから~


ここからは20ミリ!


d0303974_18421220.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉20ミリ① 4,500円+税(お清め済み)

今回赤めのうの縞あり勾玉はこの20ミリまでとなります。
とても上品な縞なので16ミリ以下ではほとんど縞が見えにくくなってしまうのですね。

だからこそこの金魚のような色合いを楽しみたい方は20ミリ以上、存在感のあるサイズで
身に着けてもらえれば嬉しく思います。

d0303974_18421236.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉20ミリ② 4,500円+税(お清め済み)

この個体は勾玉のオモテ面に幾重の縞が確認できますね。
オモテ面に現れてくれた事、神様にありがとう!といいたくなります笑

d0303974_18421273.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉20ミリ③4,500円+税(お清め済み)

あくまでも均質なものを作る過程で生まれた縞めのうなので、サードオニキスのようにぱきっとはしていないのですが、
それが逆にこの上ない上品さを生み出しています。
やんわりとある縞は近くで眺めて気がつけるポイント、まさに着けている本人がこそっと楽しめる勾玉なのですね☆

d0303974_18421307.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉20ミリ④ 4,500円+税(お清め済み)

こういうのはとても珍しいのです。ボーダーのようにぱきっとしています。

d0303974_18421336.jpg
★赤めのう 縞有り勾玉20ミリ⑤ 4,500円+税(お清め済み)★
頭が白いのも可愛らしいですね☆
ブログでの紹介はここまで。
20ミリの他の個体はコチラから~


という事で今回の勾玉は初心に帰って「めのう」の勾玉でした。
やっぱりこの半透明の魅力は取って代わる事がありませんね☆

次の勾玉は来月中旬に出します!
ヒントはそうですね、、、色んな石に間違えられるあの石ですよ~!

では本日ここまで~!!

by stonebuyer | 2019-08-15 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)