人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

パープルカルセドニーについて

こんばんは。サルオです。

本日は天然のパープルカルセドニーと染色のパープルカルセドニーを紹介させて頂きます。
それではクイズです。

どちらが天然色でどちらが染色したパープルカルセドニーでしょうか。


d0303974_16315779.jpg
★パープルカルセドニー8ミリブレスレット 【限定1本】 内径:約15.5cm 6,048円(税込)★


d0303974_16413904.jpg
パープルカルセドニー原石 インドネシア産 432円

簡単すぎましたかね。
正解は。
ブレスレットが染色で原石が天然色です。

ちなみに、原石の方は石の表面がガサついているため、水で少し濡らしております。
乾くとしたの写真のようになります。

d0303974_16464505.jpg
パープルカルセドニー原石 インドネシア産 432円

フロスティっぽくなってしましたね。
ちなみに、ラピスラズリなど感心処理が保護粉されているものは、常に水で塗れたしょうな状態を維持しております、
そのため、時間の経過と共に樹脂がとれてきて表面がガサついてくるのはその為ですね。

パープルカルセドニーの原石といえばインドネシア産ですが、上写真の原石の幅は約2.3cmととっても小さくなっております。
そして、丸っこい小さい粒状のカルセドニーが集合しているため余計にビーズに加工することが難しくなってきます。

もちろん天然色のパープルカルセドニーのビーズの存在は否定しませんが、恐らく、なかなか高価な物になっていることは間違いないでしょう。

そのため開発された{?)にか染色のパープルカルセドニーの原石。
d0303974_16530810.jpg
★パープルカルセドニー8ミリブレスレット 【限定1本】 内径:約15.5cm 6,048円(税込)★

天然色ではございませんが、この鮮やかなパープルカラーは天然色を上回っているように感じます。

まぁクイズに関しては原石を出した時点で天然色の可能性は高いですね。

ちなみに、カルセドニーはメノウと同様に石の組織上の微細な隙間を持っています。
そこに、金属イオンをしみ込ませることで染色を行い、加熱処理することで色味を定着させております。

そのため、色の変化は起こりにくいのですが、やはり染色した者ですので、ある程度の経年変化はする可能性はあると思います。

しかし、天然でなくてもこの独特の乳白色のパープルカラーは他に代用すものがございません。
それに、独身の頃、休日の早朝によく日帰りのプチ旅行に行っておりました、その時に見た朝焼けのような雰囲気を持っていてステキです。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-08-04 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)