人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

かわいいサイズのアメトリン原石ラフ ボリビア産

こんばんは
サルオです。

明日からの、島根の天気はずっと雨トリン。
ということで本日はアメトリンの原石ラフを紹介させて頂きます。

かわいいサイズのアメトリン原石ラフ ボリビア産_d0303974_14183045.jpg
★アメトリン原石ラフ② ボリビア産 3.5㎝×3㎝×2㎝ 1,944円(税込)★

アメトリンはアメジストとシトリンの名前を組み合わせた造語です。
紫色のアメジストと黄色のシトリン共に鉄分が影響して色づいていますが、鉄原子の状態の違いによって色分れをしております。

アメジストもシトリンもどちらも水晶に鉄分を含み色がついています。
ご存知の方も多いと思いますが、アメジストを加熱処理するとシトリンになります。
それは加熱処理をすることで水晶に含まれる鉄イオンの状態が変化し、水晶の色味が紫から黄色に変化します。

しかし、アメトリンは天然の状況下で鉄イオンの状態が変わる何かが起きて、単独の結晶において紫色と黄色を持つとても珍しい状態となっております。

それでは、原石が5点入荷しておりますのでそれぞれ紹介させて頂きます。
まずは1番目です。

かわいいサイズのアメトリン原石ラフ ボリビア産_d0303974_16222006.jpg
★アメトリン原石ラフ① ボリビア産 3.5㎝×2㎝×1.5㎝ 1,944円(税込)★

透明感のある綺麗なラベンダーアメジストの中に遠慮がちにシトリンが入っていますが、その色味は遠慮などせずしっかりと黄色に色づいています。
よく見るとクラックから虹も見ることが出来るのでとっても綺麗ですよ。

続きまして2番目です。
かわいいサイズのアメトリン原石ラフ ボリビア産_d0303974_16222004.jpg
★アメトリン原石ラフ② ボリビア産 3.5㎝×3㎝×2㎝ 1,944円(税込)★

これは一番最初に載せた写真と同一のアメトリンです。
一番のものと比べるとアメジスト部分の色は濃いめです。
アメトリンの原石を見ると、ここから出来るビーズはごく一部なんだなと痛感させられますね。

続きまして3番目の原石です。
かわいいサイズのアメトリン原石ラフ ボリビア産_d0303974_16222059.jpg
★アメトリン原石ラフ③ ボリビア産 3㎝×3㎝×2㎝ 1,944円(税込)★

アメジスト部分の結晶面(錐面)な残っているので、より結晶らしさがしっかりとありのが特徴ですよ。

続きまして4番目です。
かわいいサイズのアメトリン原石ラフ ボリビア産_d0303974_16222016.jpg
★アメトリン原石ラフ④ ボリビア産 2.5㎝×2㎝×2㎝ 1,944円(税込)★

4番目のアメトリンは他のものと比べると若干小ぶりながら非常に透明感が高いですよ。
飴みたいで美味しそう。。。でも食べてはいけませんよ。

かわいいサイズのアメトリン原石ラフ ボリビア産_d0303974_16222166.jpg
★アメトリン原石ラフ⑤ ボリビア産 3㎝×2.5㎝×1㎝ 1,944円(税込)★

5番も結晶面(錐面)がわずかに残っております。
その結晶面はナチュラルな状態なので若干表面がフロスティになっております。
ラフ感のある割れ面だと透明感があって綺麗、でも自然な結晶面も見てみたい。そんな二つの思いを叶えてくれるアメトリンです。


ここからは推測です。
少し取り留めのない話になっているので、興味があればご覧頂けますと喜びます。

色分れの推測について話してみたいと思います。
アメジストを加熱処理するとシトリンになることはよく知られていると思います。

このアメトリンは天然の状態で一部に限ってなんらかの原因で熱が加わりシトリンになったのか。
それとも、熱以外の影響(放射線等)の影響によってシトリンになったのか。

シトリンに関しては現在の鑑別技術では天然かどうか区別することは出来ないそうですので、あくまでも推測として、
前者の「一部熱が加わった」に関して言わせていただくと、
アメジストを人為的に加熱処理したシトリンはオレンジ色に近いような強めの黄色に発色しているイメージがあります。
もちろんアメジストの状態での紫色の濃さ(鉄分の含有量?)によっても変わってくるとは思いますが、これが天然のシトリンらしさなのかよくビーズで見るシトリンの色とは違和感がありますよね。

となると、熱によって黄色になったものではない!?

後者の熱以外の影響(放射線等)を考えるとこの部分は鉄ではなくアルミニウムが影響している!?つまり、水晶を放射線処理したタイプのレモンクォーツと同じ原理で、アメトリンのシトリン部分に鉄分は含まれておらず水晶の状態にあり、そこに天然の放射線が影響することで黄色になった可能性もあるような気がします。
そもそもアメジストの紫色自体、天然の放射線の影響で紫色になっているそうですので信憑性がないですか?
アメトリンのシトリン部分の色味を見てもレモンクォーツに似ているようにも思いますし。

しかし、僕が持っている本に、「アメトリンのシトリン部分は鉄が影響して色づいている」と書かれていますので、可能性は薄そうですね。

ここからは余談です。
最初のしょーもない駄洒落でも書きましたが、出雲地方は明日から当分雨マーク。
かわいいサイズのアメトリン原石ラフ ボリビア産_d0303974_14450662.jpg
30日と31日は雷マークまでついてますね。
台風が来るわけではなさそうですが、雨が降ると道が混雑するのがイヤです。
通勤にも15分くらい余裕をもったなければならず、駐車場から会社まで10分くらい歩くので靴も濡れてしまいます。

せめて、通勤中だけは雨が降らないで頂きたいものだと願います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-08-26 20:00 | 入荷情報 (原石)