人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

天然ブルートパーズのビーズ

こんばんは。
サルオです。

遅くなりましたが、11月の誕生石であるトパーズのビーズを紹介させて頂きます。

トパーズのビーズといえばブルートパーズが一般的で、そのブルートパーズの中でも下の三種類が一般的ですね。

・水色のブルートパーズであるスカイブルートパーズ(通常単に「ブルートパーズ」と表現されます)
・スカイブルートパーズよりもさらに青みが濃くなったスイスブルートパーズ
・ダークカラーで落ち着いた発色が特徴的なロンドンブルートパーズ

この三種類のブルートパーズは全てガンマ線処理によって発色したものです。
そのうちスイスブルーとロンドンブルーは出来るまでに2年くらいの時間がかかあるとも言われております。

では、自然界にブルートパーズは存在していないかと言いますと、存在はしております。
天然環境下で放射性鉱物の近くにトパーズがあった場合、天然の色味としてブルーになるものがあります。

その色味は照射処理をしたものと比べると鮮やかではないかも知れませんが、天然色というところが嬉しいですね。
その天然色のブルートパーズのビーズがこちらです。

d0303974_00405212.jpg
★【限定21石】天然ブルートパーズ 9ミリ ビーズ ブラジル産 1,100円+税★

全体的に水色に発色をしておりますが、どことなく、グリーンカラーにも見えます。
自然界において完全にグリーンカラーのトパーズは存在しないと思いますが、なぜグリーンカラーに見えるのでしょうか。ってだいたい想像がつきますね。

それは、トパーズの中にある黄色い内包物のためそのように見えているのでしょう。

内包物を拡大して見てみます。
d0303974_00480856.jpg
★【限定21石】天然ブルートパーズ 9ミリ ビーズ ブラジル産 1,100円+税★

この形状とこの色味から、ライモナイトであろうと思われます。
ライモナイトは水晶にも内包されることがあり、その水晶の印象を大きく変えてくれる存在ですが、ブルートパーズに内包しても同じことが言えますね。
世にも珍しい天然グリーントパーズのように見えますね。
d0303974_00495449.jpg
★【限定21石】天然ブルートパーズ 9ミリ ビーズ ブラジル産 1,100円+税★

トパーズの和名は黄玉(おうぎょく)といいます。
この「黄」という漢字は内包物のライモナイトからきているわけではなく、イエンペリアルトパーズに由来しておりますが、もしかしたらライモナイトも関係している可能性も0ではないかもしれませんよ。


ここからは余談です。
ロンドンブルートパーズの名前の由来について考えてみました。
スカイ(空)ブルートパーズから推測するに、空の色を表しているのはないかと思いました。

スイスブルートパーズは鮮やかな青色をしています。
それは「アルプスの少女ハイジ」で出てくる抜けるような青空のイメージそのままではないでしょうか。

では、ロンドンではどうでしょう。
あの深海のような深い青色はカラーとしては魅力的なのですが、空の色としては、、、
そのため、ロンドンの名誉のためにロンドンの気象を調べてみました。

下の画像は東京とロンドンの気候を比較したもの

d0303974_15555384.png
画像はWikipediaより

小さくて見づらいかも知れませんが、東京に比べると夏は涼しく、冬は東京よりも少し寒いくらいです。
降水量も東京に比べると半分くらい、降水日数も東京よりも少なくなっております。

ではなぜ、どんよりと雲ったような印象の空の色をロンドンに与えたのか。
注目すべき点は赤□で囲ったところ。

11月~2月にかけて降水量は東京と変わらないにもかかわらず、日照時間が東京の三分の一程度しかありません。
どうやら、ここに「ロンドン」の色の秘密がありそうですね。

調べてみた結果、ロンドンは「霧の都」と呼ばれるくらい年間の霧発生日数が非常に多いという特徴があるそうです。
この霧が日照時間を少なくしている原因で、ロンドンのイメージカラーに影響を与えているのだと考えました。

ここで、私サルオは思いました!
霧ということなら、僕の生まれ故郷の兵庫県豊岡市もたいしたもんですよ!
高校生の時毎日10km自転車で通ってましたが、毎日霧のせいで、学校に着いたときには「風呂上りか!」というくらい髪の毛が濡れていたものです。

と言うことで、ロンドン対豊岡どちらが霧が多いか調べてみました。

豊岡市の霧発生数は年間約120回(Wikipedia豊岡市より)
ロンドンは光化学スモッグなどの都市霧であり、近年の環境の変化で最近はあまり発生していない

とのこと。
どうやら豊岡市の圧勝ですね。
昔から「霧が多いわ」と思っていましたが3日に一回は霧の日なんですね。
豊岡の霧は盆地霧。
狭い盆地に円山川という大きな河が流れているおかげで発生している霧だそうです。

ということで、僕の心の中ではロンドンブルートパーズ改め豊岡ブルートパーズと呼ぶことにご了承頂けると喜びます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-11-08 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)