人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

嵐の宝石という異名を持つピーターサイトのブレスレット

こんばんは。
サルオです。

本日はピーターサイトのブレスレットを紹介させて頂きます。
嵐の宝石という異名を持つピーターサイトのブレスレット_d0303974_16322506.jpg
★【限定1本】ピーターサイト13ミリ ブレスレット ナミビア産 内径18.5cm 23,000円+税★

ピーターサイトはブルータイガーアイと同様にクロシドロライトという鉱物が石英によって固化して出来た鉱物です。
しかし、ピーターサイトには「うねり」があり、ブルータイガーアイにはありません。

この違いがピーターサイトとブルータイガーアイを分けている違いになります。
うねりが出る原因は地殻変動によって砕かれたクロシドロライトに石英成分が浸透してきて固化するために出来たといわれていますが、だとしたらなかなか奇跡的に出来た宝石ですね。

今のところ産地もナミビアと南アフリカしか聞いたことがないので、ピーターサイトが出来るということは稀な条件が組み合わされないと出来ないことなのでしょう。

嵐の宝石という異名を持つピーターサイトのブレスレット_d0303974_17200660.jpg
★【限定1本】ピーターサイト13ミリ ブレスレット ナミビア産 内径18.5cm 23,000円+税★

見て下さい!この「うねり」を!
ピーターサイトは「テンペスト・ストーン」(嵐の宝石)という異名を持っているのもこの画像を見るとうなずけますね。
黄色~茶色になっている部分はタイガーアイと同様に熱により酸化作用を受けて色が変わったところです。

嵐の宝石という異名を持つピーターサイトのブレスレット_d0303974_17262474.jpg
★【限定1本】ピーターサイト13ミリ ブレスレット ナミビア産 内径18.5cm 23,000円+税★

キャッツアイ効果やシラー効果のように見える輝きもブルータイガーアイよりも激しいように感じるのは僕だけでしょうか。
ここにも嵐のような雰囲気を感じてしまいますね。

また、個人的にピーターサイトは近年最も人気と認知度が上がった石ではないかと感じています。
10数年前、海外に買い付けに行った時に倉庫の奥の方にしまわれているような存在でしたが、現在はしっかりとショーケースの中で光りを浴びて輝くようになりました。

色な石が認知されて輝いていくことを個人的にも嬉しく思っております。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ここからは余談です。
未だかつてこのようなことがあったでしょうか。。。
本社のある山陰地方の気候は明らかに変わってしまったといっても過言ではないでしょう。

僕の記憶では去年は1年を通して積もるほどの雪が降っておらず、今年も今のところ雪が降っていません。
いや、週間天気予報を見ても降る気すらしません。
「あまりにも、、、」なので地球の温暖化が心配になえい、地球の未来のため意識して生きたいと感じてしまいます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2020-01-13 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)