人気ブログランキング | 話題のタグを見る

神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~

神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10082507.jpg

みなさまこんにちは。
オンラインショップの朝倉です。
読みものを更新しました。
しばしお付き合いください。

2021年の今年。
11月5日が旧暦10月1日でした。
ということは、
現在、出雲地方は旧暦の神在月です。
旧暦で神在月は29日まで。
今年は12月3日がその日


掲題の「神在月」の由来ですが、
古来より諸説、俗説あるようです。
今回はこの「神在月」の諸説を

ご紹介したいと思います。


その前に、そもそも「神無月」とはいったい
どういった由来なのでしょうか?
神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10085687.jpg


いつもお世話になっているWikipedhiaには
11の由来が列挙されています。
実は旧暦の月の名前の由来は神無月に限らず
どの月も諸説ある様で、名前も複数あるのが
当たり前のように検索できます。
決定づける由来が定かでない様です。


とはいえ、Wikipediaの
由来の筆頭に書かれているのが
縁結びの会議を行うため、
全国から神様が出雲に集まられる、
出雲以外の地域から神様がいなくなるので
「神無月」の説ですね。
映画「神在月のこども」でも冒頭に
そういったシーンがありました。


また、面白いところでは
・カミナヅキ(雷無月)の意。ですとか
 〔語意考、類聚名物考、年山紀聞〕
神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10091837.png


・新穀で酒を醸すことから、
 カミナヅキ(醸成月)。

 〔嚶々筆語、大言海〕
神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10095266.png

といった説があるようです。
面白いですね!


「神無月」に対して件の「神在(有)月」、
八百万の神々が出雲地方に参集される由来は
大きく分けると2つ。


一つは出雲大社を中心とした出雲市界隈の
神社に伝わる縁結びの会議、
「神議り(かみはかり)」の為、全国から
神々が集まられるという伝承があります。
◇朝山神社
◇出雲大社
◇熊野大社
などがこの由来です。
また、この事に付随して日御碕神社は
出雲に神々がいらっしゃた事を神前で
ご報告する神事を斎行するといわれ、
万九千神社は神議りを終えた神様が
三々五々集い、来年の再会を誓い
直会(なおらい→酒宴)を行うといわれます。
◇日御碕神社
◇万九千神社
上記の5社は旧暦で神在祭を斎行されます。



対して松江市界隈の神在神社は
母神イザナミの崩御された10月に母神を偲び
参集されると伝わる神社が多くあります。
◇佐太神社
◇神魂神社
◇六所神社
◇多賀神社
上記のうち六所神社が旧暦斎行、
他3社が新暦で斎行されます。



またユニークなのは神魂神社から
佐太神社への通り道にある売豆紀神社。
難読ですが「めづき じんじゃ」と読みます。
この神社は、神魂神社から佐太神社に
八百万の神が向かわれる時、売豆紀神社の
美人の女神に目配せ(めづき)された男神は
売豆紀神社に元に戻り直会をされるといった
伝承があります。
◇売豆紀神社


松江市界隈の神在神社に伝承される
「母神を偲ぶ」といった、仏教でいう
「法事」の様な由来は、イザナミの御陵が
深く関係しているのではないかと
いわれています。御陵とは「お墓」です。


イザナミの御陵の候補地は幾つかありますが
神在に関係しているといわれる御陵といえば
こちら、「岩坂陵墓参考地」。

明治33年、宮内省が全国10数か所ある
「イザナミノミコト神陵伝説地」の中で
保存すべきものとして認定した、
宮内庁管轄の神蹟地です。
神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10105196.jpg
神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10105147.jpg



松江地区の神在社から、今回は
神魂神社と六所神社をご紹介します。

前述の通り六所神社は旧暦、
神魂神社は新暦と斎行日が離れていますが
元々は六所神社は10月10日から翌11日、
神魂神社は11月11日から18日が神在期間です。
これは神魂神社が母神イザナミ、
六所神社が父神イザナキを祀る神社として
「両神魂(りょうかもす)」といわれています。
「神魂(かもす)」は「神座(かみまします)」→
「かんます」となり「かもす」と変遷、
現在の読み方になったといわれています。


この両神魂の神在の由来が、母神イザナミの
元へ参集される八百万の神々は、その前に
父神イザナキの元へご挨拶に六所神社に
立ち寄られるといわれています。

両社とも祭祀は秘事とされ、宮司お一人で
斎行されるとの事です。


神魂神社は11月18日(木)まで神在期間。
六所神社は11月14(木)の深夜に神迎え、
11月15日早朝に神送りをされます。

神魂神社 松江市大庭町56
前日に神迎えを終えた11月12日の
朝の神魂神社。

神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10131458.jpg

神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10114362.jpg



六所神社 松江市大草町496
写真は昨年の10月の例大祭より。

神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10143180.jpg


神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10145555.jpg

神社な日常 知って得する神社のあれこれ ~ 神在月の由来とは? 神在神社に八百万の神々が集まる理由 編 ~_d0303974_10153090.jpg

それぞれの神社の神在の由来は
個々の神社のご紹介の読み物で
またご紹介を考えております。


本日もお付き合いくださって
ありがとうございます。
またの更新をお楽しみに。
ご自愛くださいますように。

by stonebuyer | 2021-11-14 20:00 | 神迎祭・神在祭

当社スタッフが天然石や勾玉、ちょっとした日常をお届けします。


by menoya_writer