すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

地味だけど役立つ鉱物

おはようございます。
サルヲです。

本日はスティルバイトのビーズを紹介させて頂きます。
なかなかなじみの薄い鉱物だと思いますので、この石の説明をさせて頂きます。

スティルバイトは和名で「束沸石」です。
見た目を重視する和名は今回も的を得ています。
そうです。スティルバイトの原石は束状になっている特徴があります。

沸石(ゼオライト)は約50種類の鉱物からなる大所帯のグループ名です。
ゼオライトという名前は加熱すると水分を分離し、その様子が沸騰しているように見えたことから、ギリシャ語の「沸騰する石」という意味で付けられた名前で、和名の沸石もここからきております。

重要な鉱物資源である沸石

実は現在でもこの島根県のとある場所では、沸石を産業目的として採掘が行われています。
僕も最近この鉱山に連れて行ってもらったことがあるのですが、穴を掘っているわけではなくて、大型の重機を使って山を削っているような印象でした。
*この鉱山は企業が所有している鉱山です。
許可なく立ち入ることは出来ませんのでご注意下さい。
その企業からお聞きした話では、ゼオライトは農園芸用として用いられているとのことでした。
ゼオライトの多孔質の性質を利用して土壌を改善して保肥性を高める効果があるそうです。

スティルバイト(束沸石)の魅力

スティルバイトのビーズはめったに見ることは出来ません。
それは、硬度が3.5~4と非常に低く、また、へき開性も一方向に完全であるため、加工には適していないためです。
そのビーズのお写真がこちらです。
d0303974_00263252.jpg
★スティルバイト10ミリ 518円 (税込み)★

オレンジ色が魅力的ですよね。
d0303974_00433500.jpg
★スティルバイト10ミリ 518円 (税込み)★

そして、この束になっている性質ゆえに特有の模様が出ているのもこの石の魅力の一つです。

実はこのスティルバイト弊社でよく取り扱っていたあの原石とよく共生しておりましたよ。

そうです。インド産のアポフィライトです。
アポフィライトには色々な沸石などの鉱物と共生しておりますよね。

数年ツーソンのミネラルショーでインド産のアソート原石の詰め合わせを大量に仕入れたことがありました。
そして、日本に帰ってとてつもなく後悔したことを記憶しております。

その後悔の理由は、あまりにもアソート過ぎてどれがどの鉱物か判断するのが難しかったからで、その最たるものがゼオライトでした。

正直アポフィライトやカバンサイトは特徴がはっきりしているので分かりやすいのですが、スティルバイト、ヒューランダイト(輝沸石)、スコレサイト(スコレス沸石)の見極めに苦労しました。

ということで、問題です。
下の3つの写真でスティルバイトではないものが1つあります。
それはどれでしょうか。
d0303974_00443155.jpg
d0303974_00450146.jpg
d0303974_00453126.jpg
ちなみにこの原石は全てアポフィライトの原石として仕入れているので、かわいそうなことに主役をアポフィライトに持っていかれていまが、このゼオライト達も十分輝いていると思うんですけどね。

正解は一番の下の写真がスティルバイトではございません。
一番しっかり束になっていますが、これはスコレサイトだと思われます。

ゼオライトは工業目的、農業目的として現在でも日本の数箇所で採掘が続けられています。
そんな実用的な鉱物をアクセサリーとして身につけるのも面白いと思います。
そして、周りの悪いものを吸着して取り除いてくれそうな気持ちになりますね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-25 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

20世紀最大の発見!といわれた宝石

非常に珍しいバイカラータンザナイト


出雲の歴史に興味があるサルオです。
本日はバイカラーのタンザナイトビーズを紹介させて頂きます。
まずは2枚のお写真を見て頂きましょう。
d0303974_08033958.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

d0303974_08034439.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

写真ですと違いが分かりにくいかも知れませんので、後ろから光を当てて見やすくしたいと思います。

d0303974_08034886.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

d0303974_08123910.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

どうでしょうか!
上の写真が少し紫がかった青色をしているのに対して、下の写真は完全に青です。
そして、どうしても境界線が気になったので、そこも撮影しましたよ。

そのお写真がこちらです。
d0303974_08124704.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

線を引いたように完全に色味が変わっている、非常に珍しいタンザナイトです。

バイカラータンザナイトは2つのタイプがございます。
元々タンザナイトはV(バナジウム)を含んで青色に発色したゾイサイトの変種です。
つまり、微量元素がバナジウムが多いと青色になります。

一つ目のパターンはTi(チタン)を含む場合です。
チタンの含有量が増えるに従ってタンザナイトは黄色に変化していきます。
これが、青と黄のバイカラーになるタイプです。

もう一つのタイプがCr(クロム)を含むタイプです。
クロムはルビーを赤く発色させている要因にもなっているので赤色のイメージがありますよね。
クロムを含むとタンザナイトの色味は紫色に変わっていきます。
絵の具の青に赤を混ぜると紫色に変わるので、そのイメージと同じですね。
(*先日紹介したエメラルドはCrで緑に発色しているので、正確にはどのような分子と結合するかで金属元素の色味は変わってきます。)

皆様のご想像通り、今回紹介させて頂いているタンザナイトのタイプは後者のクロムを含んだタイプです。
要因はタンザナイトが成長する過程で環境の変化が起きて成分が変わったことが推測されます。

また、このビーズに鑑別書は付いておりませんが、高額なものですので、ご注文時に「鑑別書希望」とご希望頂きましたら無料で鑑別書を付けさせていただきます。
その際は鑑別書作成に2週間程お時間を頂けると幸いです。

きっとタンザニアで産出されるのでタンザナイトなんですね


タンザナイトの名称はティファニー社が付けた宝石名であることは有名な話ですが、タンザニアで発見されたから「タンザナイト」って「そのままやん!」っと、つっ込みたくなるような名前ですね。
実際のところこの宝石名にした由来は分かりませんが、きっとそういうことなんでしょうね。(推測です)

タンザナイトといえばもう一つ是非紹介したいビーズがありましたので、こちらも紹介させて頂きたいと考えておりますので、是非見て頂けると喜びます。

タンザナイトHC5ミリビーズ


こちらは透明感が非常に高く色も濃いのでかなりオススメのビーズです。
d0303974_08370088.jpg
★タンザナイトHC5ミリビーズ タンザニア産 【限定5石】2,484円 (税込み)★

小さいビーズなので、綺麗な丸になっていないところはご容赦頂けると喜びます。
個体差はあまりございません。
限定5石入荷しておりますので、全ビーズ写った写真を紹介させて頂きます。

d0303974_08370714.jpg
★タンザナイトHC5ミリビーズ タンザニア産 【限定5石】2,484円 (税込み)★

タンザナイトは本当に美しい宝石ですね。

全く話は変わるんですが、昨日松江市の八雲にある熊野大社に行ってきました。
そこに国歌「君が代」の歌詞にもある「さざれ石」が置いてあったのですが、この「さざれ石」は出雲大社にも置いてあります。
出雲地方と繋がりのあることなんですかね。
気になったので、調べて近々報告させて頂こうと思います。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-24 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

無限の広がりを持つ丸玉

お部屋のインテリアとして丸玉


おはようございます。
サルオです。

本日は丸玉を紹介させて頂きます。
丸玉という形には「無限の広がりや拡大するエネルギーを意味し全方向にパワーを発散しています。」という意味があります。

つまり、丸玉を置くことでそお空間全体に石の持つパワーを放ってくれるということですね。
丸玉は用途に従ってお部屋や玄関などに置くと効果を発揮してくれます。

そして、今回紹介させて頂く丸玉は綺麗ですのでインテリアとしても最適ですよ。
個人的にかっこいい物はついつい玄関に飾っちゃいます。

それでは丸玉を紹介させて頂きます。

ゴールデンカルサイト


まずはゴールデンカルサイト40ミリサイズです。
d0303974_08163467.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 40mm (チャイナ)1,944円 (税込み)★

ゴールデンカルサイトと呼ばれるだけあって、とても存在感がありますね。
透明感もあって綺麗です。

黄色や金色は金運を象徴した色だといわれています。
お金を呼び込むみたい方は玄関に置いてみるのがいいかも知れませんね。

カルサイトには「成功・繁栄を表す、ポジティブな考えを持ちやる気を出す」という意味もありますので、リビングに飾りのも良さそうですね。
d0303974_08125049.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 40mm (チャイナ)1,944円 (税込み)★

続きまして55ミリです。
これくらい大きければ見ごたえも出ますよ~。
d0303974_08335768.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 55mm (チャイナ)5,292円 (税込み)★
レインボーが出ていて綺麗ですよ。
虹入りがお部屋を華やかにしてくれますね。
d0303974_08340208.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 55mm (チャイナ)5,292円 (税込み)★


グリーンフローライト


続きましてグリーンフローライトの丸玉を紹介させて頂きます。
d0303974_08403989.jpg
★グリーンフローライト丸玉 65mm (チャイナ)9,180円 (税込)★

グリーンフローライトには「感情の乱れを防ぐ、リラックスさせる、集中力アップ」という意味があります。
なので、書斎や勉強部屋に置くと効果を発揮しそうですね。

また、緑という色自体にもリラックス効果があるといわれていますので、寝室もオススメですよ。
d0303974_08153892.jpg
★グリーンフローライト丸玉 65mm (チャイナ)9,180円 (税込)★

その他、オンラインショップでは現在丸玉の特集をしておりますので、是非下記のリンクから覗いて頂けると喜びます。
https://anahita-style.com/feature/26499/

今日は今までになく、鉱物的なことは全く書きませんでしたが、内容的に書く必要もないのかなと思いました。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-23 09:00 | 入荷情報 (原石)

この宝石の定義はちょっと頭が固いんじゃないですかね!?

緑色のベリルはエメラルド!?

おはようございます。
本日運動会でマイムを踊るサルオです。

本日紹介させて頂くのはエメラルドのビーズです。
エメラルドはベリルの中でも希少種に当たりますので、まずはそこから説明させて頂きたいと考えております。
まず、エメラルドのお写真がこちらです。
d0303974_02013289.jpg
★エメラルドHC7ミリ 1,944円(税込み)★

ベリルは微量に含む金属元素により色が変わり、色によって宝石名が変わることはよく知られています。

有名なところで言えば、、、
アクアマリン・・・水色のベリル
モルガナイト・・・ピンク色のベリル
ヘリオドール・・・黄緑色のベリル
ゴシェナイト・・・無色のベリル
イエローベリル・・・黄色いベリル
などなど
ではエメラルドは、緑色のベリルということでOKでしょか?

答えは「否」です。

上記は全て色を基準に付けられた宝石名であって、微量に含む金属元素によって宝石名が変わっているわけではありません。
しかし、エメラルドは定義として「微量なCr(クロム)を含み緑色に発色したベリル」と決まっています。
つまり、緑色のベリルからクロムが検出されなければエメラルドとは呼べません。

そして、もし緑色に発色するベリルの要員がクロムだけであれば、何も問題はなかったのかもしれません。
しかし、鉄を含んだベリルの一部でも緑色(黄緑色に近い)に発色しますし、一番ややこしいのはV(バナジウム)によって発色したベリルが緑色に発色することです。

このバナジウムを含んで緑色に発色したベリルは外見上でエメラルドと区別が付かないことが時々あります。
バナジウムにより緑色に発色したベリルは「グリーンベリル」という名称になりますが、他のベリル系の宝石名が色に対して名前がついているのに、エメラルドだけが例外的にそうではないことは謎です。

そして、そのお陰でエメラルドを仕入れるとき「これは本当にエメラルドと呼んでもいいのか」という不安を常に持ちながら仕入れをしなければいけないため、非常に厄介です。

過去にもエメラルドを探しておられるお客様がいらっしゃり、仕入先さんが「エメラルド」として販売しているものを取り寄せたことがありました。

金額的に高価なものだったので、念のため鑑別をしてみた結果が「グリーンベリル」。
鑑別先の方に確認したところ、やはりバナジウム発色とのことで、他にお客様の希望に沿うものが見つからなかったので、逆にお客様にご迷惑をかけてしまったということがありました。

僕は宝石業界の名前を変えられるほどの力はもちろん持っていません。
しかしながら、もし絶大な権力を持っていれば、「緑のベリル」=「エメラルド」にしよう!と提案したいです。

いかんですね。
また前置きが長くなってしまいましたね。
エメラルドが希少種なのは、その出来方もあるのですが、そのあたりは、今度エメラルドを紹介させて頂くときにさせて頂きましょう。

d0303974_02024330.jpg
★エメラルドHC7ミリ 1,944円(税込み)★

今回紹介させて頂いているエメラルドはかなり深い緑色をしております。
そして一番の特徴は透明感があることです。
透明感のあるエメラルドのビーズは中々入荷することがないのでかなり貴重な存在なのは間違いございません。

また、エメラルドといえば黒いインクルージョンが入りやすいことです。
正直、このビーズも黒い線状のインクルージョンは入っております。
しかし、インクルージョンが多いのもエメラルドの特徴です。
僕が参考にさせて頂いている本の中には「インクルージョンのないエメラルドは、砂場に落とした1本の針を探すようなものだ」と書いてあります。

それくらい、インクルージョンのないエメラルドは中々に存在していないことをご周知頂けると喜びます。

話は変わりますが、いつかベリルの中でも最上級にレアな存在であるレッドベリルのビーズを紹介する日が来ればいいなぉと思います。
ちなみに、今まででルースやペンダント、原石以外では一度も見たことがございません。
そして、お値段もとんでもない金額でした。

個人的には数年前に夏休みの企画展で島根県大田市にある三瓶サヒメルの鉱物コーナーで見たレッドベリルが衝撃的に美しくて、マイベストなレッドベリルです。
確かどこかの大学が学術的にコレクションしているものと書いてあったような気がします。
また見る機会があって可能であれば写真に収めてコレクションしたいです。
(許されればですけどね。)

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-22 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)