すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

何のお花に似てますでしょうか?

おはようございます。
サルオです。

とってもかわいい原石のご紹介です。
その名も「フラワーカルサイト」です。

結晶の形状を楽しむことが出来るところが原石の一番の魅力ではないでしょうか。
その点カルサイトは最も面白い鉱物のひとつだとサルオ的には感じています。
といいますのも、比較的身近な鉱物でありながら色々な結晶の形を持つためにパターンが決まっていない、
例えばその形は、菱形、板状、六角柱状、針状、犬牙(けんが)状、釘頭(ていとう)状があり、双晶として産出されることもあります。

そいった多彩な形状で産出されることがこのカルサイトの魅力の一部だと思いますし、原石の魅力の一つだと思います。

そして、今日紹介させて頂くカルサイトはかなり個性的な形状をしておりますので、下のお写真をご覧下さい。

d0303974_19280639.jpg
★フラワーカルサイト原石 チャイナ産 310g 約:10.2x5.6x高さ7.7cm 12,960円(税込)★

カルサイトの形状として一番有名なものが菱形状になります。
これは、和名「方解石」の由来にもなっている、金槌で叩くと四角く分解する形状で、俗にいう「マッチ箱を押し潰したような形」といわれるものですが、このフラワーカルサイトは、どんな形状に当てはまるのでしょうか。

この形の結晶は僕が持っている本の中でも出てこない特殊な形状のため推測になってしまいますが、おそらく菱形の集合体、プラス一部犬牙(けんが)状でしょうか。

そいった結晶の集合体がまるで「花びら」のように見えるため「フラワーカルサイト」と名付けられました。
とても可愛らしい形状をしてますよね。
d0303974_19281244.jpg
★フラワーカルサイト原石 チャイナ産 310g 12,960円(税込)★

そして、実際にこういった花はあるのかな?と思い調べてみました。

個人的には花びらが連なっている感じが胡蝶蘭と思ったのですが、隣の席の花に詳しい方に「違うでしょ」と否定されてしまいましたので、他も探してみます。

ネットで検索する中ではダリアが近いかと思いましたが、いかがでしょうか。
そのダリアのお写真をウィキペディアから頂いてきましたので見て頂きましょう。
d0303974_04421172.jpg
似てる?似てない?・・・似てませんか?

隣の席の花に詳しい方が「モッコウバラに似ている」と教えてくれたのでこちらの画像も添付させて頂きます。
こちらの画像もウィキペディアより
d0303974_08523816.jpg

割としっくりきてますかね。
このカルサイト原石の一部を切り取れば似ているような気がします。

ちなみに、植物と一緒に飾るとこのようになりました。
d0303974_04490673.jpg
わりと違和感なく飾れてますでしょうか。
原石はこいったインテリアとしても活用出来るところも魅力の一つですよね。

この画像で先出しをしてしまいましたが、もう一回り大きいサイズの原石もございますので、そちらも紹介させて頂きます。

d0303974_19302140.jpg
★フラワーカルサイト原石 チャイナ産 660g 約:12.0x8.9x高さ10.1cm 27,000円(税込)★

先に紹介させて頂いた原石にも共通することですが、全体的にベージュ色をしております。
カルサイトは鉄分を含むことで黄色に発色するため、このカルサイトも微量な鉄分を含んでいるためこの色味になっているものと思われます。

この淡いやさしい色味もこのフラワーカルサイトの魅力の一つになっていると感じます。
d0303974_19302701.jpg
★フラワーカルサイト原石 チャイナ産 660g 約:12.0x8.9x高さ10.1cm 27,000円(税込)★

石の表面は硬度の低いカルサイトらしく、多少がさついていますが、それはカルサイトならではのことですので、ご理解頂きたいところではございます。

そいえば、カルサイトといえばカラフルなキャンディのような原石もありますよね。
メキシコ産のものを弊社でも取り扱っておりますが、
このグリーンカラーは微量に含むニッケルが影響して発色しています。
d0303974_05044648.jpg
また、ブルーからのカルサイトはストロンチウムにより発色をしております。
d0303974_05085359.jpg
カルサイトは一般的な鉱物ですが、硬度が低く、加工が難しいことからアクセサリーとして加工されるよりも原石として魅力を発揮してくれる石だと思います。
見た目もカラフルでかわいいので、お部屋を彩るインテリアとして是非オススメですよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-11-21 09:00 | 入荷情報 (原石)

まさに黄玉

おはようございます。
サルオです。


タイトルになっている黄玉はトパーズの和名です。
しかし、黄色いトパーズは日本で産出されません。
にも関わらずトパーズの和名が「黄玉」になるいうことは、この名称がつけられた当時の日本の鉱物学者にとって黄色いトパーズは非常に印象深いものだったことが想像出来ます。

そして、この天然で黄色いトパーズの主な産地はブラジルで、「インペリアルトパーズ」と呼ばれています。
トパーズを黄玉と命名した鉱物学者もこのインペリアルトパーズの魅力に取り付かれた一人なのかも知れませんね。

それではお品物を紹介させて頂きます。
d0303974_20055217.jpg
★インペリアルトパーズHC6ミリビーズ  ブラジル産 【限定4石】 3,780円(税込)★

トパーズは人工的な処理が施されている場合がほとんどです。
例えば、一番一般的なのがブルートパーズ。
これは、放射線処理が施されていて青色に発色しているものがほとんどです。

しかし、インペリアルトパーズは天然でこの色味をしているところが最大の魅力であり、宝石の世界でもトップクラスな存在であることは間違いないと思います。
d0303974_20055858.jpg
★インペリアルトパーズHC6ミリビーズ  ブラジル産 【限定4石】 3,780円(税込)★

この石の性質上クラックは非常に多くなってしましますが、この高い透明感は高品質の証です。

そして、より高品質なものはアクセサリー用のルースになる場合が多く、このインペリアルトパーズお例外ではございません。
そのため、ペンンダントトップも是非紹介させて頂けると喜びます。
d0303974_06572112.jpg
★925SVPT インペリアルトパーズ 【限定1】石のサイズ9x7ミリ 16,200円(税込)★

大きな結晶になりにくいこのとがこの石の特徴でもありますが、その中でもサイズ的にはそこそこ大きいほうだと思います。

そのため、黄色い色味もより強く輝いているように見えますね。
底面はシルバーの台座になっていることもあり、より輝いて見えるのもこのペンダントトップの魅力になっていると思います。
d0303974_06573360.jpg
★925SVPT インペリアルトパーズ 【限定1】石のサイズ9x7ミリ 16,200円(税込)★

まさに、トパーズ界の最高峰「インペリアルトパーズ」の名前に恥じない高い品質になっております。

成分的な話をさせて頂きますと、インペリアルトパーズは[OHタイプ]と呼ばれるトパーズになります。
それに対して、ブルートパーズは[F]タイプと呼ばれておりますが、これはトパーズに含まれる成分の一部にOH(水酸基)が付くか、F(フッ素)が付くかの違いになります。

どちらも一価の陰イオンになりますので、どちらも付くことは出来ず、どちらかが付いていることで宝石学的な分類分けがされております。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-11-20 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アイドクレーズ7ミリブレスレット

おはようございます、
サルオです。

昨日から出雲大社では神在祭(かみありさい)が始まっています。
ということで、「何か神在月に関係あるものを紹介したい」と、ふと思いつきましたが、何がいいですかね。

やはり勾玉にちなんで、出雲石、ひすい、グリーンタフなど古代より緑色の鉱物が使われてきた歴史がありますので、緑色の鉱物を紹介させて頂きます。

ということで、本日は「アイドクレーズ」を紹介させて頂きます。
もちろん国産ではなく、パキスタン産です。

まず、全体像を紹介させて頂きます。
d0303974_06224123.jpg
★アイドクレーズ7ミリ ブレスレット 内径約17cm パキスタン産【限定1】 19,440円(税込)★

深緑色の色味が特徴のアイドクレーズですが、こちらは「ベスビアナイト」という鉱物と同じものになります。
鉱物の世界では「ベスビアナイト」と呼ばれ、宝石の世界では「アイドクレーズ」と呼ばれる不思議な石です。

これはそれぞれ命名者が異なるために起きていることで、通称や別名で呼ばれているロードクロサイトとインカローズの関係とは異なります。

そしてこのアイドクレーズの最大の特徴はこちらです。
下の2枚の写真をご覧下さい。
d0303974_06225535.jpg
★アイドクレーズ7ミリ ブレスレット 内径約17cm パキスタン産【限定1】 19,440円(税込)★
d0303974_06224906.jpg
★アイドクレーズ7ミリ ブレスレット 内径約17cm パキスタン産【限定1】 19,440円(税込)★

この2枚の写真ですが、どちらも同じ3石を撮影しております。
下の写真は左と真ん中のビーズは向きを変えて、右側にビーズは向きを変えずに撮影しております。

上の写真は深緑色に対して下の写真は黄色みがかった色味をしております
つまり、同じビーズでも見る角度を変えると色味が変わるというのが最大の特徴です。

これはアイオライトの特徴でもあるニ色性にそっくりですね。
おそらく要因も同じ理由ではないかと推測されます。

アイオライトは鉄分を含むことでこの特徴的な二色性がでます。
そして、アイドクレーズが緑色に発色する原因は「鉄」と「チタン」を微量に含んでいるためですので、その「鉄分」が影響しているためではないかと推測されます。

一件モルダバイトのようにも見える色味をしておりますが、
良く見るとこういった特徴を見る事が出来る面白い石となっております。

そして、アイドクレーズで二色性はあまり聞かないのでかなり珍しいものではないかと思いますのでオススメですよ。

話は変わりますが、この記事を書いている途中でもついついアイドクレースと書いてしまいます。
・・・どこが違うかって?それは語尾の「ス」です。
何故か分かりませんがこの語尾の濁点をつける石名を覚えるのが苦手なんです。

例えば、
ダイオプサイト?ダイプサイド?
クリソプレース?クリソプレーズ?
ちょっと変わりますが
ダイオプテーゼ?ダイオプテーズ?
時々正しいものが分からなくなり混乱してしまうのは僕だけでしょうか。。。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-11-19 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

紅葉その2 赤系ビーズ

おはようございます。
大河ドラマにどっぷりはまって抜け出せないサルオです。
NHK大河ドラマ「坂の上の雲」オープニングの渡辺謙の語り、大好きです。
「まことに小さな国が開花期を迎えようとしている。」から始まるフレーズに感動さえ覚えます。

それでは、早速ですが昨日予告させて頂いていた赤・オレンジ系のビーズです。
まず、赤色ロードクロサイトを紹介させて頂きます。
d0303974_23555416.jpg
★ロードクロサイトHC6ミリビーズ アルゼンチン産【限定5石】 2,268円(税込)★

白いカルサイト部分は全くといって良いほど入っておりません。
その上透明感も申し分なしの高品質ビーズです。

拡大してみて見ましょう。
d0303974_23562167.jpg
★ロードクロサイトHC6ミリビーズ アルゼンチン産【限定5石】 2,268円(税込)★

やはりクラックは多少ございます。
しかし、考えようによってはこのクラックも透明感があるために見えるものですよね。

ロードクロサイトはカルサイトと同様に炭酸鉱物です。
カルサイトとの成分的な違いは炭酸にマンガンが付けばロードクロサイト、カルシウムが付けばカルサイトになります。
そのため、カルサイトとロードクロサイトは混ざり合うことがよくあり、カルサイトの量は増えるにつれて赤色味は薄くなっていきます。

そして、カルサイトはロードクロサイトの間に入り白い縞となって現れているものも良く見かけますよね。

つまり、純粋なロードクロサイトだけのものは意外と少ないのですが、このロードクロサイトはかなり純粋なロードクロサイトに近いものになります。

8ミリサイズも入荷しておりますので一緒に紹介させて頂きます。
d0303974_23563454.jpg
★ロードクロサイトHC8ミリビーズ アルゼンチン産【限定3石】 5,292円(税込)★

ぱっと見た目は白い縞が入っていなくても穴口付近にしっかり白いカルサイトが入っているものを見かけます。
しかし、下の写真をご覧下さい。
d0303974_00302239.jpg
★ロードクロサイトHC8ミリビーズ アルゼンチン産【限定3石】 5,292円(税込)★

穴口付近までしっかりと赤色に発色しております。
ここまで綺麗なロードクロサイトは久しくお目にかかっていなかったように思います。

続きまして、サンストーンを紹介させて頂きます。
d0303974_23573130.jpg
★サンストーンHC9ミリビーズ インド産【限定5石】 2,592円(税込)★

サンストーンは長石にレピドクロサイトを内包してアベンチュレッセンス(キラキラ光る効果)を持つものに付けられた宝石名です。
本日紹介させて頂いているのもこのタイプになりますが、内包物に関しては特に定義は無いようです。
例えばオレゴンサンストーンと呼ばれるアメリカのオレゴン州で産出されるサンストーンは長石に「銅」を内包することでアベンチュレッセンスをもっております。

つまり、サンストーンの定義としてはアベンチュレッセンスを持つ長石となります。

そして本日紹介させて頂いているサンストーンはまさに「サン(太陽)」の名前に恥じないくらいの輝きを持っております。
おそらく、今まで入荷した中でも一番とは言いませんが、トップクラスの品質になるのではないでしょうか。
代表して1点紹介させて頂きます。
d0303974_23594255.jpg
★サンストーンHC9ミリビーズ インド産【限定5石】 2,592円(税込)★

オンラインショップでは個別に写真を撮影しておりますので、よろしければご覧頂けますと喜びます。

そして、このギラついたサンストーンのような夕日をブログ用に撮影するために昨日出雲大社近くの稲佐の浜に行ってきました。
すると、稲佐の浜の駐車場が大混雑でごったがえしていました。
仕方がないので、500メートルくらい南行ったところの駐車場に止めて歩いて行きました。
しかし、近づくにつれて人がとてつもなく人が増えてきました。

「何事だろう、、、、、そうだ!今日は神迎祭だ!」

昨日は八百万の神々が出雲大社にいらっしゃる日で、この稲佐の浜で神々をお出迎えする儀式がございました。
僕が行ったとき夕方4時半頃はまだ始まっておらず、帰る5時過ぎくらいにもまだ始まっていませんでしたのでおそらく夜行われるのでしょう。

その準備している様子を写真で撮りましたが、色々な人の顔が映っていたのでプライバシーの関係で載せるのは遠慮しました。
ネットで「神迎祭」と検索すると出てくると思いますので興味のある方はそちらをご覧頂けると喜びます。

ということで、今日から出雲では神在月(かみありづき)が始まりますよ。

話がそれてしまいましたが、最後に稲佐の浜から撮影したサンストーンのような夕日の写真をつけさせて頂きます。
d0303974_01022952.jpg
帰る頃には僕が止めていた駐車場もいっぱいになっていたので、ギリギリのタイミングで撮影することが出来ました。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-11-18 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)