すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

実はブログ初登場?セラフィナイト

おはようございます。
サルオです。

本日はサラフィナイトのビーズを紹介させて頂きます。

非常にレアとは言えない石ですが、意外と今でこのブログ内での商品紹介はなかったんですね。

しかし、セラフィナイトの産地としてはほとんどロシア産しか聞いたことがございません。
産出地が少ないということを考えるとレアな部類に入りますね。

それでは、お品物を紹介させて頂きます。
d0303974_18163275.jpg
★セラフィナイト8ミリビーズ【限定10石】410円(税込み)★

この特徴的な模様を表現するにはどのように説明するべきなのですしょうか。
緑色の中に白い縞のような模様、、、僕が見ている本では葉片状という表現がされていました。

しかし、この表現は原石状態であれば当てはまりますが、ビーズになるとイメージが付かないですね。
なので、個人的には緑のチャロイトのような印象を持っています。
(この印象付けたものはツーソンミネラルショーでセラフィナイトを仕入れるロシアの業者さんがセラフィナイトとチャロアイトばっかり持っているので、そのイメージが強いからかもしれません。)

チャロアイトもセラフィナイトもロシアでしか産出されない石ですので、もしかして鉱物的にも親戚関係にあるの?なんて思ってしまいます。

実際はどうなんでしょうか。

d0303974_18164533.jpg
★セラフィナイト8ミリビーズ【限定10石】410円(税込み)★


まずお話しておかけなければいけないことが、セラフィナイトは鉱物名ではございません。
セラフィナイトの鉱物名はクリノクロア(和名:クリノクロア石)でクローライトグループ(緑泥石グループ)の鉱物です。

そのため、セラフィナイトは流通名として呼ばれている名前で、その見た目のイメージから聖人「セラフィム」に由来する愛称名となります。

つまり、セラフィナイトの名付け親は天使の羽のような羽毛状の模様を連想して命名したんですね。
無知なためにセラフィム様がどちら様か詳しいことは存じませぬが、なんだかロマンチックな話ですね。

d0303974_18165288.jpg
★セラフィナイト8ミリビーズ【限定10石】410円(税込み)★

そしてチャロアイトとの比較ですが、そもそも成分が違いますので別鉱物ですね。

硬度もセラフィナイトが2~2.5に対してチャロアイトは5~5.5ありますので、硬さもチャロアイトの方が断然硬いです。

それにしてもセラフィナイトの硬度は低いですね。
そのため、加工・研磨の際にスタビライズド加工(樹脂含浸加工)は施されていると思ったほうが良さそうですね。

それでも、補強しきれないのか、このビーズは綺麗な丸になっていないところもありますが、セラフィナイトの特徴だとご理解頂けますと喜びます。

続きまして10ミリサイズのビーズを紹介させて頂きます。

d0303974_19240202.jpg
★セラフィナイト10ミリビーズ【限定9石】864円(税込み)★

デジャブかと思うくらい同じような模様であるため、今回は個別にはお品物を登録しておりませんのでご理解頂けますと喜びます。

d0303974_19240910.jpg
★セラフィナイト10ミリビーズ【限定9石】864円(税込み)★

この緑色の模様、どこかで見たことがあると思っていましたが、出雲鏡石にも少し似ているような気がしますが、僕だけですかね。

余談ですが、先日パーコーラーメン(排骨麺)を食べました。
その時に思い出したことがあるのですが、ツーソンミネラルショーの時にいつもよく行く日本食レストランに 「new tonkatu seafood Ramen」と書いてあるPOPを見つけました。

豚カツ・シーフード・ラーメン!
なんだこれは!

ラーメン好きの僕として「食べなしゃーないやん!」というべきラーメンに飛びつくように注文をしました。
どんなものがくるのかな?
排骨麺のようなものが出てくるのかな?でもシーフードでしょ?

ここが日本ではなく、アメリカ・アリゾナ州の田舎町であることを考えると、きっと想像もつかないものが出てくるぞ!と期待感は最高潮!

そして出てきたラーメンがこれです。

d0303974_00463359.jpg
あれ?
これは、豚カツをスープの中に隠すという新し過ぎるデザインの盛り付けですかね?

げそが表面に出てるのが分かるのでシーフード感はありますね。

豚カツが入ってないよ!どういうこと?
まさか!?

tonkatu ⇒ tonkotu

スープは、、、とんこつだ!

メニューを見直すと間違いなくaつまり「とんかつ」になってます。
スペルミスじゃないですか。

長崎ちゃんぽんみたいでおいしかったので別にいいんですけどね。
豚カツ+シーフードの組み合わせは興味あったけど、きっと食い合わせは悪いでしょう。

ということで、最後までご覧頂きましてありがとうございました。

ジャルジャルもコントで参加!
「まがたまアートコンテスト」開催中!
詳細はこちらから


ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
d0303974_06223631.jpg

# by stonebuyer | 2019-01-24 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

パイライトwithターコイズ

おはようございます。
サルオです。

昨日はラピスラズリを紹介させて頂きましたが、パイライトを内包している石はラピスラズリだけではございません。
ターコイズもパイライトを内包していることがあるのです。

そして、本日紹介するターコイズのルースですが、実は産地が分かりません。
そのため、産地も推測していけたらと考えております。

まず、お品物をご覧下さい。

d0303974_19213645.jpg
★ターコイズ ルース① 15x20ミリ 重さ約3.0g【限定2石】6,480円(税込み)★

まず、聞いたところによりますと「アフリカンターコイズ」ではないかとのことです。
僕が鉱物の調べ物をする時に参考にさせて頂いているサイトで見てみるとターコイズの産出データはざっとこんな感じでした。

d0303974_06234798.jpg
d0303974_06322431.png

写真には写っておりませんが、上記以外にもセネガルやエジプトもあります。

エジプトは歴史も含めて有名な産地ですので、わりとしっかり載っていましたが、それ以外の国はあまり詳しく載っていませんでした。

たいていアフリカ産の鉱物ってタンザニアやマダガスカル以外は「アフリカのどこかで産出されました」という曖昧な表現になることが多いですよね。

エジプト産のターコイズの写真をこのサイトで見てみたところ、鮮やかな水色をしていて綺麗なのですが、パイライトと共生しているものはありませんでした。
むしろ水晶と共生しているものがありましたね。

そして、産出地の世界地図を見る限りターコイズといえばやはりアメリカになってしまうんですね。
産地のデータが291件って、、、群を抜いてますね。

ということは、やはりアメリカ産の可能性が高い!?

「アフリカンターコイズ」ではないかと言った人も「もしかしたら、アメリカンターコイズをアフリカンターコイズと読み間違えたかもしれません」とのこと。

アメリカとアフリカ、「ア」で始まり「カ」で終わるカタカナ四文字、、、確かに似てるか。

ということで「アメリカンターコイズ」の可能性も含めて考えてみます。

d0303974_06492653.png
やはり、アリゾナ州が多そうですね。
アリゾナ州といえばスリーピングビューティやキングマンが有名です。

上記の産出地のデータを細かく見ることが出来るのですが、すいません、海外サイトのため全て英語で表記されていることもあり調べるの途方もない時間がかかりそうです。
そのため、国内のサイトでアリゾナ州から産出したというターコイズを見ていると、やはりパイライトと共生しているターコイズが出てきますね。

ということで産地の結論はアメリカ産の可能性が高いと思われます。

d0303974_19214966.jpg
★ターコイズ ルース① 15x20ミリ 重さ約3.0g【限定2石】6,480円(税込み)★

このターコイズは肉眼でパイライトをしっかりと確認することが出来ます。
そして、スタビライズド加工は施されております。

ターコイズの中で光る金色のパイライトもステキですね。

d0303974_19215412.jpg
★ターコイズ ルース① 15x20ミリ 重さ約3.0g【限定2石】6,480円(税込み)★

続きまして2番目です。
d0303974_19220296.jpg
★ターコイズ ルース② 15x20ミリ 重さ約2.3g【限定2石】6,480円(税込み)★

こちらは一見パイライトには見えず、黒い内包物に見えます。

ターコイズ特有の黒いスパイダー模様はゲーサイト(針鉄鉱)の共生によるものですが、このターコイズについてどうでしょうか。
拡大してみて見ましょう。

d0303974_19221008.jpg
★ターコイズ ルース② 15x20ミリ 重さ約2.3g【限定2石】6,480円(税込み)★

黒いゲーサイト部分も確かにあります。
しかし、パイライト特有の金色の真鍮色もしっかり見えますので、パイライトも内包していることが分かります。

ちなみに、パイライトとゲーサイトはどちらも鉄鉱物ですが、パイライトは鉄の硫化物に対して、ゲーサイトは鉄の酸化物(水酸化物)となります。

余談ですが、過去の買い付け写真を保存していた僕の私物のパソコンが壊れてしまい、全てのデータが消えてしまったと思っていましたが、会社の共有の保存先に少し残っていました。

そのため、今後少しずつ過去の買い付けの思い出話をこのブログの中で語っていければと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
d0303974_06223631.jpg

# by stonebuyer | 2019-01-23 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ラピスラズリのポイントと丸玉

おはようございます。
サルオです。

本日はラピスラズリのポイントと丸玉を紹介させて頂きます。
ラピスラズリと言えば、魔除け・厄除けの石ですので年始に紹介するには持ってこいの鉱物ですね。
  ・
  ・
  ・
もう年始ではない!?

そんなことはございません。
まだまだ1月はは正月気分ですよ!




d0303974_19421206.jpg
★ラピスラズリ ポイント① アフガニスタン産【限定2石】 4,860円(税込み)★

そしてポイントの形が良いですね。

このミサイルのような形で厄や災いを遠くの方に飛ばしてくれそうな印象を与えてくれますね。
形の意味からもラピスラズリと相性ピッタリじゃないですか!?


d0303974_19371093.jpg
★ラピスラズリ ポイント① アフガニスタン産【限定2石】 4,860円(税込み)★

ラピスラズリは見た目からも想像が出来るように「岩石」です。
岩石とは2つ以上の鉱物から出来るかたまりのことです。

つまり、ラピスラズリは数種類の鉱物が集まって出来た集合体です。

青い部分はラズライトを主体としてアウィンやソーダライトの集合体から構成されています。

そして白い斑点模様はカルサイトで、そこに金属色のパイライトが細かく散りばめられています。

個人的にはこのパイライトのキラキラした光沢が好きで、パイライトあってこそラピスラズリは魅力的に輝いているように見えます。

続きまして2番目です。

d0303974_19371342.jpg
★ラピスラズリ ポイント② アフガニスタン産【限定2石】 4,860円(税込み)★

こちらは脈のように白いカルサイトが入っているのが特徴的です。

このカルサイトは脈のように入っているものや、斑点模様で入っていることが多いのですが、このカルサイトが少ないものほど高品質といわれておりますので、理想を言えばカルサイトは少な目が良いですよね。

しかし、このポイントくらいのサイズで見ると必ずといっても良いくらい入っているので、せっかくなら面白い模様になっているほうが見ていて楽しくなりますね。

d0303974_19371622.jpg
★ラピスラズリ ポイント② アフガニスタン産【限定2石】 4,860円(税込み)★

こちら側から見ると鮮やかな青色が綺麗ですね。
ちなみに、ラピスラズリはラズライトの量が増えるほど鮮やかな青色になるようです。

続きまして、丸玉です。
d0303974_19374433.jpg
★ラピスラズリ丸玉30ミリ① アフガニスタン産【限定2石】 3,672円(税込み)★

丸玉はまるで地球のような印象を与えてくれます。(海が多すぎるか、、、)
こちらも2点ございますので、それぞれお写真をつけさせて頂きます。

d0303974_19374861.jpg
★ラピスラズリ丸玉30ミリ① アフガニスタン産【限定2石】 3,672円(税込み)★

本日紹介させて頂いたラピスラズリは決して高品質とはいえませんが、ラピスラズリらしさのあるお品物だったのではないかと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
d0303974_06223631.jpg


# by stonebuyer | 2019-01-22 09:00 | 入荷情報 (原石)

ペリドットのビーズ

おはようございます。
サルオです。

本日はペリドットのビーズを紹介させて頂きます。
ペリドットは宝石名であって鉱物名ではございません。
なぜこんなややこしいことになっているのか謎ですが、鉱物名としては「オリビン」という名前になります。

オリビンという名称はオリーブの実の色に似ていることから由来しているそうです。
そして和名は橄欖石(かんらんせき)です。

橄欖(かんらん)とはオリーブの和名ですので、和名の橄欖石は宝石名のペリドット由来ではなく、鉱物名のオリビン由来だということが分かりますね。

一般的に宝石品質のオリビンのことをペリドットと呼ばれているようですが、同じく宝石名としてのみ存在している「ムーンストーン」やサンストーンのような宝石とは異なり明確な定義は無いように感じます。

つまり、純粋に宝石業界と鉱物業界で呼び名が異なるという、ある意味珍しい宝石(鉱物)なのです。

それでは本日のお品物を見ていきましょう。
d0303974_23112472.jpg
★ペリドットHC8ミリビーズ 【限定5石】 6,048円(税込み)★
オンラインショップにて販売中!!

ペリドットといえば8mmサイズ以上から急に値段が上がる石として有名です。

それはペリドットの特徴として原石のサイズが小さいものがほとんどで、大きくなるにつれて希少価値が高くなります。

その値段の上がり方はまるで放物線を描くように上がっていきます。

ペリドットの原石といえば弊社でも過去にアメリカ・アリゾナ州産のものとパキスタン産のものが取り扱いがございました。

アメリカ・アリゾナ州産のものは下の写真のように特徴的に砂状の結晶になります。
d0303974_06432439.jpg
★画像は2014年高岡店のブログより★

そしてパキスタン産のものはわりと大きな結晶になります。
d0303974_06464075.jpg
★ペリドット(パキスタン産)① 約1.3cm×1.8cm×1.1cm 15,120円(税込み)★
オンラインショップにて販売中!!

これを見ると通常ビーズになっているものはパキスタン産のものが多いように感じますね。
ちなみに、メーカーさんにペリドットの産地を聞くと、たいていは中国産かパキスタン産が混在しているから特定出来ないと言われることが多いです。

中国産のペリドットの原石は見たことがないのですが、資料によると砂状に近いような結晶で産出されるそうなのでアリゾナ産のものに近いと思われます。

となると、やはり8ミリ以上の大きなビーズはパキスタン産のものが多いのではないかと推測できますね。

d0303974_23112961.jpg
★ペリドットHC8ミリビーズ 【限定5石】 6,048円(税込み)★
オンラインショップにて販売中!!

8ミリサイズのビーズはオンラインショップ上では1点1点番号をつけて個別に選べるようにしておりますので、是非ご覧頂けますと喜びます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
d0303974_06223631.jpg

# by stonebuyer | 2019-01-21 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)