人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

簾(すだれ)のような?内包物。 エピドートinクォーツ

こんばんは
サルオです。

エピドートインクォーツのブレスレットを紹介させて頂きます。

エピドートの和名は緑簾石(りょくれんせき)です。
簾石と聞いて思い浮かぶのが灰簾石(かいれんせき)ですが、灰簾石の英名はゾイサイト、ゾイサイトの変種といえばタンザナイトと言うことは!
エピドートinクォーツがあるのならタンザナイトinクォーツもまだ見つかっていないだけで、存在するのではないかと期待してしまいますね。
可能性はゼロではないと思いますよ。

それではエピドートインクォーツの写真をご覧下さい。
d0303974_13565801.jpg
★エピドートインクォーツ6ミリブレスレット 南アフリカ産【限定1本】内径:約15.5cm 4,752円(税込)★

エピドートインクォーツは別名としてグリーンルチルとも呼ばれるように緑色の針状の結晶が内包しているように見えますが、正確に言うとエピドートの断面は菱形状だといわれています。

そして、イメージで言うと海苔に似ているように思います。

d0303974_14000856.jpg
★エピドートインクォーツ6ミリブレスレット 南アフリカ産【限定1本】内径:約15.5cm 4,752円(税込)★

同じくグリーンの針状の内包物としてアクチノライトやトルマリンがあります。

アクチノライトは繊維状のとっても細い針なので区別がつきやすいのですが、トルマリンとは似ている印象があります。
この両者の見極めとして内包物の断面にあるのですが、先ほども書きたようにエピドートの断面は菱形がであるのに対して、トルマリンの断面は三角形や六角形になります。

これを知るためにもルーペは持っておいて損は無いですよ。

続きまして8ミリサイズのブレスレットです。
d0303974_14573546.jpg
★エピドートインクォーツ9ミリブレスレット 南アフリカ産【限定1本】内径:約16cm 8,964円(税込)★

こちらも6ミリサイズのビーズと同様にしっかりとエピドートが内包していますよ。

d0303974_14574593.jpg
★エピドートインクォーツ9ミリブレスレット 南アフリカ産【限定1本】内径:約16cm 8,964円(税込)★

ちなみに、タイトルにも書かせていただいた「簾(すだれ)のような」という表現、これは和名にも使われている通りこの鉱物の結晶構造の特徴でもあります。
今回は水晶に内包されているのでその結晶構造をはっきりと見ることは難しいのですが、この鉱物は柱状の結晶をつくり、その結晶が平行して連続した形で連晶を形成します。

その形はまさに簾のように見えるのですね。

d0303974_14574884.jpg
★エピドートインクォーツ9ミリブレスレット 南アフリカ産【限定1本】内径:約16cm 8,964円(税込)★

簾といえば夏によく見かける光景なので、この季節にピッタリ!と思ったのですが、昨日・今日と寒くなってしまいましたね。

予想が外れてしまいましたね。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2019-06-16 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

マルチカラートルマリンのブレスレット・・・スイカの季節がやってきました

こんばんは
サルオです。

本日はトルマリンのブレスレットを紹介させて頂きます。
今日なぜトルマリンなのかと言いますと、先日食べた今シーズン最初のスイカが感動するくらいおいしかったので、スイカにちなんだ天然石を何か紹介出来ないかと思い、考えた結果トルマリンになりました。

そして、今日はウォーターメロン(すいか)トルマリンを紹介したかったのですが、そんなに都合よく新たなウォーターメロントルマリンなど入荷するわけも無く。。。。
しかし、今是非とも紹介したいマルチルカラーのトルマリンがございましたので、こちらを紹介させて頂きます。
(今回食べたビックリするくらいおいしいスイカについては一番最後に記載させて頂きますので、興味のある方はご覧頂けると喜びます。)

それではマルチカラートルマリンのブレスレットをご覧下さい。
d0303974_11414440.jpg
★マルチトルマリンHC7ミリブレスレット【限定1本】内径:約16cm 30,240円(税込)★

イエロー・グリーン・ブルー・ピンク、それぞれの色味が濃厚かつ透明感もあるという高品質なトルマリンのブレスレットとなっております。

数年前中国で爆発的な人気となり、価格が信じられないほどグン!と体感的に3倍くらいは上がりました。
特に、このタイプの透明感のある品質の高いトルマリンの価格が上昇していった印象がありますが、最近はたいぶ落ち着いてきましたね。

世界的に見ても人気がある石なのは間違いないので、大変喜ばしいことではないかと感じております。
d0303974_11415213.jpg
★マルチトルマリンHC7ミリブレスレット【限定1本】内径:約16cm 30,240円(税込)★

トルマリンの一番の特徴はやはり多色性ですよね。

本日紹介しているマルチカラーのブレスレットが一つの鉱物で作れてしまう。
このような鉱物はトルマリン、ベリル、アパタイトくらいだと思います。

d0303974_11415960.jpg
★マルチトルマリンHC7ミリブレスレット【限定1本】内径:約16cm 30,240円(税込)★

ビーズサイズも7ミリサイズと決して主張しすぎないサイズになっておりますよ。

続きまして一風変わったトルマリンのブレスレットです。
その名もキャッアイグリーントルマリンのブレスレット。

スイカで例えると外側の部分のようなイメージの色味ですね。


d0303974_16025167.jpg
★キャッツアイグリーントルマリン7ミリブレスレット ブラジル産【限定1本】内径:約16.5cm 18,360円(税込)★

この石の一番の特徴はキャッツアイ効果がしっかりと出るというところですが、
強い光りを当てなくても蛍光灯の光りでもバッチリキャッツアイを見ることが出来ますよ。

下の写真でいるところのビーズの真ん中に出ている光りの線がキャッツアイに当たるところです。

d0303974_16064108.jpg
★キャッツアイグリーントルマリン7ミリブレスレット ブラジル産【限定1本】内径:約16.5cm 18,360円(税込)★

このキャッツアイグリーントルマリンのキャッツアイはチューブ状(繊維状)の結晶が同一方向に並んでいて、かつ丸ビーズやカボションのようなカーブを描くような形状にカット研磨することで現れる光の効果です。

これは、ごく一部のトルマリンにのみ見られる現象ですよ。


ここからは余談です。
山陰地方に長い間住んでいながら「大栄(だいえい)スイカ」というものを初めて食しました。
少しお高いスイカなので、買ったわけではなく、親戚からのおすそ分けで頂いたのですが、今まで僕が思っていたスイカの常識が変わりました。

この「大栄すいか」は鳥取のブランドスイカで、名探偵コナンの作者の故郷「大栄町」でつくれたスイカです。
そして、とにかく甘い!信じられなく甘い!
スイカって特有の青物野菜のような臭みのあるイメージがあるじゃないですか。しかし、この大栄スイカは甘すぎるためか、そんな感じは一切ありませんでした。

趣味の家庭菜園で数年前にスイカを作りましたが、甘さをジュースで例えると大栄スイカがコーラで、僕が育てたスイカが青汁。
比べ物になりませんね。

山陰以外で販売されているかどうかは分かりませんが、スーパーで見かけられたら騙されたと思って一度食べてみて下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2019-06-15 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ワインのような色をしたロードライトガーネット

こんばんは。
サルオです。

昨日、一昨日はとっても良い天気でしたね。
もしかして、梅雨を吹き飛ばせのブログ効果!?なんて思いましたが、そんなわけあるかい!ということで、さっそく余談です。
先日出雲大社近くの「島根ワイナリー」というところに行ってきました。

個人的にここの島根和牛コロッケが大好きで近くに来たときはついつい買ってしまうのです。
しかし、このワイナリーで一番人だかりが出来ているのは島根ワインやぶどうジュースの無料試飲コーナー!

言葉は悪いのですが、ただでワインやジュースが飲めるということで大人気なのですが、ただで飲むだけ飲むのは気が引けるので、「釣られてるわ~」と思いながらもついつい何か買ってしまうんですよね。

当社の製品も置かせて頂いているので是非近くに来られた方は行ってみて下さい。

ということで、本日はワインレッドカラーの天然石「ロードライトガーネット」のビーズを紹介させて頂きます。

まずは、4ミリサイズのビーズから

d0303974_10574813.jpg
★ロードライトガーネット4ミリビーズ タンザニア産 248円(税込)★

ロードライトガーネットが弊社定番ビーズのガーネットと違うところは色味に紫色が加わるところです。
そのため、通常のガーネット(アルマンディンガーネット)に比べると赤味が柔らかくなるため、透明感がしっかりと分かるようになるのが特徴ですよ。

d0303974_11103687.jpg
★ロードライトガーネット4ミリビーズ タンザニア産 248円(税込)★

特に4ミリサイズのビーズはサイズ自体が小さいので、紫がかった鮮やかなガーネットカラーを楽しむことが出来ますよ。

そして、その色味の原因はアルマンディンガーネットとパイロープガーネットが混ざり合っているため。
パイロープが混ざることで紫色が出てくる訳ですね。


続きまして、6ミリサイズのビーズです。

d0303974_11200664.jpg
★ロードライトガーネット6ミリビーズ タンザニア産【限定10石】 734円(税込)★

やはりビーズのサイズが大きくなると石の透明感に影響を与えるのは致し方ないです。
6ミリサイズは個体差はあまりないのですが、1点1点個別に撮影しておりますので、拡大した画像で紹介させて頂きます。

こちらは1番のビーズ

d0303974_11231776.jpg
★ロードライトガーネット6ミリビーズ タンザニア産①【限定10石】 734円(税込)★

4ミリサイズのビーズに比べると若干赤味が強いのでアルマンディンガーネットが多めになっているのかなと想像出来ます。

d0303974_11255948.jpg
★ロードライトガーネット6ミリビーズ タンザニア産⑨【限定10石】 734円(税込)★

こちらの9番のビーズが比較的しっかりと紫色がかっていますよ。

このロードライトガーネットも以前に比べると圧倒的に紫色からーのものが少なくなってきたように感じます。
そして、紫色がしっかりしているものはとっても値段が上がってきております。

今後はどうなるかまだ分かりませんが、紫色のロードライトガーネットはこの先どんどん貴重なものになっていく可能性が高いと考えている天然石の一つだと考えております。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2019-06-14 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

どうして大洋(オーシャン)?オーシャンジャスパー

こんばんは
サルオです。

オーシャンジャスパーって何気なく、あのタイプのジャスパーはオーシャンジャスパーだと認識していましたが、よく考えるとオーシャンは大洋、つまり大きな海という意味です。

d0303974_19441304.jpg
★オーシャンジャスパー10ミリブレスレット マダガスカル産【限定1本】 内径:約16.5cm 6,156円(税込)★

大きな海のジャスパー(碧玉)。見た目からは全く想像が出来ませんがどうしてそのような名前になったのか調べてみました。

まず、調べる前に想像してみます。
①海の中で産出されるため、もしくは海の中で作られたものが隆起して出てきたもの
②海の生物が関係している?例えば海の中の生物が堆積して出来た?
③模様が波のうねりのようだから。
④神話が関係しているとか?

とりあえずこんなところですかね。
ちなみに自信があるものから順番に記載しておりますが、どうでしょうか。
マダガスカルは日本と同様に海に囲まれた国ですので、産出地が「海」というのは可能性は十分ありそうですよ。

それではブレスレットの写真を見ながら調べた結果を書いていきます。

d0303974_19531463.jpg
★オーシャンジャスパー10ミリブレスレット マダガスカル産【限定1本】 内径:約16.5cm 6,156円(税込)★

本を見ると名前の由来がすぐに書いてありましたので、いきなり結論。

・オ-シャンジャスパーの名前の由来
マダガスカル北部のサンゴ礁の海で引き潮のときだけ露出される岩石で発見されたことからオーシャンジャスパーと呼ばれます。

確認のため僕が時々利用している鉱物データベースの産出地も確かにマダガスカル北部の海岸を指しておりましたので間違いないでしょう。

それにしても、引き潮のときだけ露出される岩石ということは重機による採掘は出来るのかな?とか色々妄想してしまいますね。
「産出地が限られる」&「産出が容易ではない」この2点が重なるということは価格以上に希少なもの、もしくは今後希少になってくるものかも知れませんね。

d0303974_09535874.jpg
★オーシャンジャスパー10ミリブレスレット マダガスカル産【限定1本】 内径:約16.5cm 6,156円(税込)★

ちなみに、少し難しい話になるかもしれませんが、この特徴的な模様になる理由をお話したいと思います。

上の写真にも見られる円形状の模様はジャスパーを形成するケイ酸分に流紋岩や緑泥石、凝灰岩などが「まりも」状の玉として浮いたままの状態で冷え固まり出来たものです。
また、下の写真の左側のように一部のビーズはめのうのような縞模様になっておりますが、これは、ずばり「めのう」です。

d0303974_09591661.jpg
★オーシャンジャスパー10ミリブレスレット マダガスカル産【限定1本】 内径:約16.5cm 6,156円(税込)★

一般的にこのタイプの天然石はオーシャンジャスパーと呼ばれていますが、正確にはジャスパーとアゲートが混ざり合ったものになるのですね。

まぁ難しいことは置いといて、
この芸術的な個性を持った模様は素晴らしいものだと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2019-06-13 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)