人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:入荷情報 (原石)( 657 )

フランス・モンブラン産ピンクフローライトの結晶

こんばんは。
本日、人生初体験の胃の検査「バリウム」をしてきましたサルオです。

前にもお話したかもしれませんが、胃の検査で使うバリウムの成分は鉱物のバライト(重晶石)と同じ成分です。
しかし、ミルクのような液体になると、何か得体の知れないものを飲むようで気持ち悪かったです。
(医薬品のバリウムは化学的に合成されたものですので、天然の鉱物であるバライトとは結晶構造や微量な成分が異なると思います。)

ただ、去年は胃カメラを飲みましたが、胃カメラに比べるとバリウムの方が断然楽ですね。
僕の席の周りの人は胃カメラの方が好き派の人もおられましたが、僕は圧倒的にバリウムの方が楽でした。

皆さんも健康診断はしっかり受けて健康には気をつけていきましょう!ということで、本日はピンクフローライトの結晶を紹介させて頂きます。

フランス・モンブラン産ピンクフローライトの結晶_d0303974_17540291.jpg
★【限定1石】ピンクフローライト結晶 フランス・モンブラン産 サイズ:約幅1.1 x 奥行き0.7 x 高さ0.6cm 12,000円+税★

このピンクカラーのフローライトがフローライトの中でも最も数が少なく、とっても希少なフローライトです。
その希少さゆえにアクセサリーなら出回っているかもしれませんがビーズとしては今までに見たことがないカラーのフローライトです。

この優しいピンクカラーに色づいている原因はイットリウムという元素記号Yで表される聞き慣れない金属元素を含んでいるためといわれています。

フランス・モンブラン産ピンクフローライトの結晶_d0303974_18170918.jpg
★【限定1石】ピンクフローライト結晶 フランス・モンブラン産 サイズ:約幅1.1 x 奥行き0.7 x 高さ0.6cm 12,000円+税★

教科書のフローライトのページに出てきそうな、フローライトらしい八面体の結晶が2つくっついているような形状をしてるところも可愛らしくて、魅力的ですね。

フランス・モンブラン産ピンクフローライトの結晶_d0303974_18241166.jpg
★【限定1石】ピンクフローライト結晶 フランス・モンブラン産 サイズ:約幅1.1 x 奥行き0.7 x 高さ0.6cm 12,000円+税★

そして、フローライトの照りもいい!
透明感・形状・鉱物の照り(表面の煌めき)、この三拍子揃ったピンクフローライトはとっても綺麗ですよ。

あえて書きますが、サイズを見て下さい。
小指の爪くらいの大きさしかありません。。。が、そこもこの石の可愛さを演出してくれる魅力の一つになっているのではないでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2020-01-07 20:00 | 入荷情報 (原石)

ホワイトカラーのスポジュミン結晶 アフガニスタン産

こんばんは。
サルオです。

世の中に出回っている宝石は、たいてい地中から掘り起こすことで初めて太陽の光りの存在を知ります。
つまり、紫外線との出会いはその鉱物にとってみると、極めて最近の話なのです。

今まで出会ったこの「紫外線」というものに出会うことで、何かしら影響を受けてしまう天然石も少なからず存在します。

本日はその代表的な石を紹介させて頂きます。

ホワイトカラーのスポジュミン結晶 アフガニスタン産_d0303974_15511373.jpg
★【限定1石】ホワイトスポジュミン 結晶 アフガニスタン産 幅2.4x奥行き1.7x厚み0.6cm 4.0g 4,000円+税★

このホワイトスポジュミンは先日在庫を整理している時に見つけました。
サイズが小さいため本当に何気なく目に止まり、商品タグを確認してビックリ!

タグには「ヒデナイト」と書いてあるではないですか。

ヒデナイトといえば緑色のスポジュミンのことですが、全く緑さ感じません。
その事から当然思いました。元ヒデナイトではないかと。

緑色のスポジュミンがヒデナイトであるように、ピンク色のスポジュミンはクンツァイトと呼ばれています。
そのクンツァイトは紫外線によって退色しやすい特徴を持っています。
特にブラジル産のクンツァイトは退色しやすいという産地による特徴の違いがあるそうです。

ホワイトカラーのスポジュミン結晶 アフガニスタン産_d0303974_16505759.jpg
★【限定1石】ホワイトスポジュミン 結晶 アフガニスタン産 幅2.4x奥行き1.7x厚み0.6cm 4.0g 4,000円+税★

その理論で考えると退色説が有力かな?と思いますが、この原石が入荷したとき僕は見ていませんでしたので実際のところは分かりません。
もしかしたら入荷した時点でこの色だったのではないか?という疑問もありますが、そのことを知っている人、覚えている人は本社にはいませんでしたので、答えは謎のままになってしまっております。

しかし、このヒデナイトという名前が付くからにはきっと緑色をしていたことでしょう。

時間の経過と共に容姿が変わるのは人間も同じこと。
僕も20歳(20年前)の頃に比べると体重は25kg増加してしまい1周りどころか2周り大きくなってしまいました。

きっと鉱物も同じことですよね。
今まで土の中に入っていて紫外線を浴びていなかったものが、光りを浴びることで何かしら影響を受けることは十分ありえるでしょう。
アメジストも紫外線によって結晶構造が変わり退色することで知られていますね。

アメジストの場合実際にどれくらいの時間で退色するのか分かりませんが、ツーソンの展示会で焼けるばかりの強烈な直射日光に晒されているアメジストを見ると、「これ退色したような色してるよね」と思うものに出会ったりすることもあります。

ただし、当然変わらないこともあります。
それは、光沢や形状です。
このホワイトスポジュミンに関して言わせて頂くと、表面の照りは決して褪せたりしないということです。

ホワイトカラーのスポジュミン結晶 アフガニスタン産_d0303974_17135151.jpg
★【限定1石】ホワイトスポジュミン 結晶 アフガニスタン産 幅2.4x奥行き1.7x厚み0.6cm 4.0g 4,000円+税★

スポジュミンらしく縦に入る管状のインクルージョンのお陰でキャツアイ効果のような光りを放っていて綺麗ですよ。
ここだけの話、価格は退色価格変更にさせて頂いております。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-12-29 20:00 | 入荷情報 (原石)

ラピスラズリの丸玉70ミリ アフガニスタン産

こんばんは。
サルオです。

本日はラピスラズリの丸玉を紹介させて頂きます。
ラピスラズリの丸玉70ミリ アフガニスタン産_d0303974_09430162.jpg
★ラピスラズリ 丸玉 70ミリ アフガニスタン産 13,000円+税★

このラピスラズリの丸玉を見た時に「ガイア理論」という言葉を思い出しました。
以前流行った言葉のように感じますが、「ガイア理論」をご存知でしょうか。

ウィキペディアによると、「ガイア理論とは地球と生物が相互に関係し合い環境を作り上げていることを、ある種の「巨大な生命体」と見なす仮説である。」と書いてあります。

つまり、地球そのものが一つの生き物であるという考え方なのだと思います。
詳しいことはウィキペディアを読みましたが難しすぎてチンプンカンプン分かりませんでしたが、地球という星が空気をつくり、水を作り、生命を作り出したことを考えると地球という存在は母親に近いものがあるかも知れませんね。

話がそれましたが、今日紹介しているラピスはまるで地球のように見えるということです。

青いラズライトの部分が海、白いカルサイトや煌くパイライトは雲や大地を連想させてくれますね。

ラピスラズリの丸玉70ミリ アフガニスタン産_d0303974_16220844.jpg
★ラピスラズリ 丸玉 70ミリ アフガニスタン産 13,000円+税★

急にこんなこと言い出したのも最近ガンダムを見始めたことにも関係しているかもしれません。
僕たちが宇宙から地球を見る日が来るのかどうかは分かりません。

子供の頃から話に出ているリニアモーターカーがまだ実用化されていないことを考えると僕が生きているうちに宇宙旅行が一般的になるとこは考えにくいように思いますが、ガンダムの世界では宇宙にも月にも人が住んでいます。

今さら宇宙飛行士になりたいとは言いませんが宇宙から地球を見上げてみたいと思います。

そして、今からラピスラズリの話を少しさせて頂きます。
ラピスラズリの丸玉70ミリ アフガニスタン産_d0303974_16515779.jpg
★ラピスラズリ 丸玉 70ミリ アフガニスタン産 13,000円+税★

ラピスラズリの石の意味は「魔除け、幸運をもたらす。災いから身を守る」といわれています。
12月の誕生石でもありますし、来年に向けての縁起物として最適の宝石です。

パイライトが天の川みたいで綺麗ですよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-12-17 20:00 | 入荷情報 (原石)

トレジャーなジオード水晶 モロッコ産

こんばんは。
サルオです。

面白い原石が入荷したので連日になりますが、今日も原石を紹介させて頂きます。

今日紹介するのはジオード水晶です。
普通のジオード水晶ではなく、宝石箱のようなジオード水晶ですよ。

トレジャーなジオード水晶 モロッコ産_d0303974_16453949.jpg
★ジオード水晶 ペア 台付 モロッコ産 約高12.5*横10.5*奥14.0cm(台に乗せた状態) 重さ約469g(台込) 16,000円+税★

このジオード水晶は一つの塊の原石から出来ております。

下の本体部分と上の蓋部分を合わせるとこのようになります。
トレジャーなジオード水晶 モロッコ産_d0303974_17031273.jpg
★ジオード水晶 ペア 台付 モロッコ産 約高12.5*横10.5*奥14.0cm(台に乗せた状態) 重さ約469g(台込) 16,000円+税★

なんだかワニが口みたいにも見えますね。

それにしても元はこの丸っこい石ころ。
割ってみると中から綺麗な水晶の結晶が出てくるとは最初に見つけた人も驚きだったことでしょう。

トレジャーなジオード水晶 モロッコ産_d0303974_17264757.jpg
★ジオード水晶 ペア 台付 モロッコ産 約高12.5*横10.5*奥14.0cm(台に乗せた状態) 重さ約469g(台込) 16,000円+税★

ジオード(晶洞)内の水晶は細かい結晶になっているためキラキラしていてとっても綺麗ですよ。
この形状から宝石箱に見立ててトレジャー水晶とも呼ばれたりしますが、中にビーズ等の宝石を入れなくても十分宝石が入っているかのような輝きがとっても魅力的です。

ここからは余談になりますが、
トレジャーメノウというブラジル産のメノウのタイプは今までもよく見ましたが、モロッコ産のジオード水晶で宝石箱風に台付きになったものって意外と今まであまり見かけませんでしたね。

トレジャー=メノウorアメジストが浸透しすぎてしまったためかも知れませんが、僕もトレジャー水晶と書こうとして、何度となくトレジャーメノウとタイピングしてしまいました。

歳をとると怖いもので、頭では水晶と思っていても、口はメノウと言っている。
そんなことが最近増えてきているような気がします。

歳をとると物覚えが悪くなると言いますが、個人的にはあえて今、英語を勉強しなおそうと思っております。
理由は来年ツーソンに行くかも知れないためです。
まだ決定ではないですが、すぐるちゃんの勾玉用の原石探しに同行するかも知れませんので、アメリカで恥をかかないように頑張ります。
(あと二ヵ月後なので、大恥をかくと思いますが、、、)

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-12-08 20:00 | 入荷情報 (原石)

霜柱のようなアクアマリン結晶 ブラジル産

こんばんは。
サルオです。

とても信じられないようなものが入荷してきました。
今まで見たことがない、そして、同じ様なものをこの先二度と見ることはないのではないと思うくらい非常に珍しいアクアマリンです。

霜柱のようなアクアマリン結晶 ブラジル産_d0303974_13414422.jpg
★アクアマリン 結晶 ブラジル産 重さ約140g 大きさ約8*6*4cm 28,000円+税★

アクアマリンでこのような形状になるとは我が目を疑いたくなりますね。
別の角度からも見てみましょう。

霜柱のようなアクアマリン結晶 ブラジル産_d0303974_14292023.jpg
★アクアマリン 結晶 ブラジル産 重さ約140g 大きさ約8*6*4cm 28,000円+税★

見た目は霜柱に似ているように思います。
「霜柱(しもばしら)」があまりイメージ出来ない人も多いかも知れませんね。

霜柱のようなアクアマリン結晶 ブラジル産_d0303974_14193630.jpg
霜柱の写真

この霜柱を踏むと「ザクザク」と音がします。
子供の時はそれが楽しくて踏みながら小学校に通っていたものでした。

しかし、大人になると極端に歩かなくなったためか、意識をしていないためか、地球の温暖化で山陰地方では見る機会が減ったのか分かりませんが、全く見かけなくなりましたね。

それにしても見た目はそっくり!
霜柱は氷で出来ているので水の結晶。アクアマリンはアクアマリン成分(Be3Al2Si6O18)の結晶です。

つまり、霜柱が出来る原理と同じ原理でこの世にも珍しい形状をしたアクアマリンが出来たのでしょうか。

霜柱が出来る原理を調べてみました。
Wikipediaによると、
「 気温の低下によりまず地表の水分を含んだ土が凍る。一方、凍っていない地中の水分が毛細管現象で吸い上げられるが、地表に達すると冷えた空気により冷やされて凍ることを繰り返し、霜柱が成長する。」と書いてありました。

なんとなくイメージ出来ますね。下の図のようなイメージです。地表に近くなると冷たいのでドンドン水が凍っていき、上の土が氷によって盛り上げられていきます。
霜柱のようなアクアマリン結晶 ブラジル産_d0303974_14534418.png
これと同じ現象がアクアマリンでも起きたのか。
アクアマリンはペグマタイト鉱床で産出されます。

ペグマタイト鉱床について
マグマが岩石を造る最後の段階で一種の残り物のマグマが作られます。
そのマグマは鉱液を含んだガスや水分を多く含んでおり、それらが冷え固まることで空洞をつくります。
その空洞内の隙間の壁は結晶を育成する環境に適しており、自由な空間で結晶が成長するため美しい結晶を生みやすい鉱床がペグマタイト鉱床です。

冷え固まるといことを考えると霜柱の原理に似ているようにも思えますが、逆に近い現象です。

つまり、霜柱は上から下へ、つまり空気中から見ると下向きに成長しています。
しかし、ペグマタイト中の鉱物は鉱液やガスがゆっくりと固化することで純度の高い鉱物の結晶が出来ているので、下から上に成長していることになります。

と言うことで、見た目は似ていますが、原理で考えると異なります。

では、なぜこのような不思議な形状のアクアマリンが存在するのか。
霜柱のようなアクアマリン結晶 ブラジル産_d0303974_15121775.jpg
★アクアマリン 結晶 ブラジル産 重さ約140g 大きさ約8*6*4cm 28,000円+税★

推測ですが、このアクアマリンはエッチング(蝕像(しょくぞう))されたものではないかと想像出来ます。

つまり、アクアマリンの結晶が出来た後に、別の高温の鉱液やガスが入ってくることによって、アクアマリンが溶けてしまったのではないかと推測されます。
このように溶けたアクアマリンの結晶はエッチング(蝕像)・アクアマリンと呼ばれ、時々見かけることがあるのですが、ここまで激しくエッチングされたものを見たことがありません。

この推測の答え合わせをするためにエッチング・アクアマリンの画像をインターネットで国内のサイトを中心に調べたのですが、見つけるとは出来ませんでした。

そして、僕がよく活用させてもらっている海外の鉱物データベースのサイトの中でようやく見つけることが出来ました。
1000枚以上のアクアマリンの結晶を見た中でようやく見つけることが出来きました。
つまり、それくらい珍しいタイプの結晶であることは間違いございません。

そのデータベース内でのこの石の説明も「信じられないくらいエッチングされたアクアマリン」という表現になっていたので、やはりエッチングではないかと思います。
ちなみに、データベース内での産地はブラジル、ミナスジェライス州Pedra Azul(ペドラ アズル?)でしたので、おそらく産地が同じでないとこのような珍しいものはでないと思いますので、この付近だと思われます。
またPedra Azulはポルトガル語(ブラジルの公用語)で「青い石」という意味です。
推測ですが、アクアマリンを多く産出するところですのでそのような名前の町になったのではないでしょうか。

長々と難しいことを書いてしまいましたが、見た目の形状だけではなく、アクアマリンらしい水色の結晶も鮮やかで、石の照りがとっても綺麗なアクアマリンですよ。
霜柱のようなアクアマリン結晶 ブラジル産_d0303974_15324735.jpg
★アクアマリン 結晶 ブラジル産 重さ約140g 大きさ約8*6*4cm 28,000円+税★

霜柱の原理も分かりましたし、今年の冬はあえて霜柱が出来るように庭を手入れしてみようかと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-12-07 20:00 | 入荷情報 (原石)

タンジェリーナクォーツの原石

こんばんは。
サルオです。

12月に入り冬らしく急激に寒くなってきましたね。
今朝も車で通勤中にみぞれが降ってきましたし、雹(ひょう)と思われるでっかい霰(あられ)も降っていました。
そろそろタイヤも冬用に交換しなければいけない時期ですね。

その寒さに僕自身が追いついておらず、上着を着なきゃと思いながら家のどこにあるのか分からずに寒い思いをしています。

そして、冬の至福の時間といえばコタツにみかんです。
我が家のコタツはいつ出るのかは分かりませんが、まだその時ではないようですね。
(妻がこたつ可否の決定権を持っています)

みかんって万能な果物ですよね。
夏は凍らせて冷凍みかんにすると美味しいですし、冬は少し温めて食べても美味しいです。
僕が小学生の頃は上にやかんを乗せるタイプの石油ストーブだったので、やかんの隣にみかんを置いて焼いて食べたものでした。

そんな「みかん」な天然石といえばタンジェリ-ナクォーツです。

タンジェリーナクォーツの原石_d0303974_10091497.jpg
★タンジェリーナクォーツ 原石 ラフ ブラジル産 Mサイズ① 約3.3cm×2.8cm 250円+税★

産出地でもあるブラジルの公用語となっているポルトガル語でTangerinaは「みかん」を意味しておりますので、タンジェリーナクォーツも和名にすると「蜜柑(みかん)水晶」となります。
この石は「タンジェリン」とも呼ばれますが同一のものです。

言葉のニュアンスとして、タンジェリーナというと可愛らしい印象を受けますよね。
見た目もとっても可愛らしい色合いをしていますよ。

タンジェリーナクォーツの原石_d0303974_11160690.jpg
★タンジェリーナクォーツ 原石 ラフ ブラジル産 Mサイズ② 約3.3cm×2.8cm 250円+税★

黄色やオレンジ色の鮮やかな色味を作り出しているものはゲーサイト(針鉄鉱)という鉱物の影響によるものです。

そして、このタンジェリーナクォーツはゲーサイトが水晶の内部に入っているわけではなく、水晶の表面を薄く覆っているため全体的にオレンジ色に見える要因となっております。

初めてこの石を見た時はシトリンかと思い、この原石でビーズが出来たら綺麗だろうなと思いましたが、タンジェリーナクォーツの表面を削ってしまうとゲーサイトもなくなってしまうため、ただの「水晶」になってしまいます。

この透明感のある鮮やかな色味でクォーツ系のビーズがあればステキなのですが、残念ながらタンジェリーナクォーツのビーズがないのはその為なんですね。

余談ながら、子供たちがみかん大好きで、スーパーに買い物に行くたびにみかんを袋で買うのですが、すぐになくなってしまいます。
計算してみてゾッとしたのですが、おそらく一月あたり1万円くらいみかんを食べているのではないでしょうか。。。
袋で買うのと箱で買うのとどっちが得なんですかね。
今度スーパーに行った時に計算してみます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-12-04 20:00 | 入荷情報 (原石)

パックマン?みたいなジオードアメジストの丸玉&開運バッグ情報【その2】

こんばんは
サルオです。

本日はジオードアメジストの丸玉を紹介させて頂きます。
パックマン?みたいなジオードアメジストの丸玉&開運バッグ情報【その2】_d0303974_09180099.jpg
★【限定1点】ジオードアメジスト 丸玉 77ミリ ウルグアイ産 直径約7.7cm 48,000円+税★

この姿、どこかで見たことがありますよね。
僕が小学生の頃を思い出させてくれるような懐かしい立ち振る舞いはまさに「パックマン」
正面から見ると感じないかもしれませんが、横から見ると正にですよ。

それでは、横から見た写真、行きますよ。
パックマン?みたいなジオードアメジストの丸玉&開運バッグ情報【その2】_d0303974_09193840.jpg
★【限定1点】ジオードアメジスト 丸玉 77ミリ ウルグアイ産 直径約7.7cm 48,000円+税★

アメジストのギザギザ感が少し攻撃的ですが、めちゃめちゃかっこいい!
丸玉としても大きさも直径が7cm以上あるので見ごたえもありますよ。

またゲームなのですが、子供が遊んでいるマリオのゲームで出てくる鎖に繋がれた敵にも似てますね。
名前は存じませんが。。。

パックマン?みたいなジオードアメジストの丸玉&開運バッグ情報【その2】_d0303974_09195074.jpg
★【限定1点】ジオードアメジスト 丸玉 77ミリ ウルグアイ産 直径約7.7cm 48,000円+税★

アメジストの結晶の一つ一つの照りが良く、アメジストの紫色も濃い非常に高品質なものとなっていますよ。

ちなみに、ジオードとは空洞を意味しており、アメジストの場合表面が火成岩で覆われて、内部に行くにつれてメノウ質となり、一番内側がアメジストになっています。
つまり、このアメジストは一つ塊であり、割ってみると中からアメジストが出てくるそうです。

空洞も綺麗な丸の形なっているとは限りませんので、その一部を切り取って加工することによって、とってもユニークな形の丸玉が出来るというわけです。

このタイプの丸玉は時々見かけますが、ここまではっきりと口をあけたような形になっているジオードアメジストの丸玉は非常に珍しいです。
そして、アメジストの品質も素晴らしく、この両方を併せ持つジオードアメジストはとても貴重なものだと思いますよ。


そして、ここからは、昨日に引き続き開運バッグを紹介させて頂きます。
今日の開運バッグは1万円です。
パックマン?みたいなジオードアメジストの丸玉&開運バッグ情報【その2】_d0303974_16194284.jpg
★2020年 子 「豪華絢爛 開運バッグ」 10,000円+税★

豪華絢爛は「ごうかけんらん」と読みます。
豪華は読めましたが、絢爛を何と読むのか、、、漢字が苦手で自信がなかったので、インターネットで調べたので間違いですよ。

豪華絢爛つまり、「贅沢にして、きらびやかで美しい」という名前に恥じない内容になっていますよ。

やはり目玉商品はブラックルチルクォーツのブレスレットではないでしょうか。

パックマン?みたいなジオードアメジストの丸玉&開運バッグ情報【その2】_d0303974_16452570.jpg
豪華絢爛 開運バッグのブラックルチルクォーツブレスレット

このブラックルチルクォーツだけで10,000円分くらいの価値はあると思います。
ビーズのサイズは6~10ミリサイズでサイズをお選びすることは出来ませんが、ここは新年最初の運試しだと思って頂けると喜びます。

意中のサイズが出てくると今年はきっと思い通りの年になる!?

ブラックルチルはシックな印象を与えてくれて男女問わず人気の高い石種ですよ。

このブラックルチルクォーツのブレスレットだけで元が取れてしまうくらいの価値があるのなら、残りのもはどうなのか心配になりますよね。

しかし、とんでもございません。
まだまだこれだけの内容が入っております。
パックマン?みたいなジオードアメジストの丸玉&開運バッグ情報【その2】_d0303974_17090693.jpg
それぞれの詳細につきましてはこちらをご覧下さい

なんと!驚きの25,500円分相当の内容となっております。
まさに豪華絢爛な開運バッグと言っても過言ではないでしょう。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-12-03 20:00 | 入荷情報 (原石)

アイスの実?いやカルセドニーだ! インドネシア産パープルカルセドニーの原石(アメジストかも!?)

こんばんは。
サルオです。

本日はアイスの実を紹介させて頂きます。

アイスの実?いやカルセドニーだ! インドネシア産パープルカルセドニーの原石(アメジストかも!?)_d0303974_18533394.jpg
★パープルカルセドニー原石 インドネシア産① 約3.4x2.8x高さ1.3cm 3,000円+税★

見た目がひんやりしていて、とっても美味しそうに見えませんか?

そうです。
まるで、アイスの実'グレープ味'のような印象を与えてくれる原石です。
この○○っとした結晶が集まっているところなんかそっくりですよね。

全体像を見てみましょう。
アイスの実?いやカルセドニーだ! インドネシア産パープルカルセドニーの原石(アメジストかも!?)_d0303974_19000372.jpg
★パープルカルセドニー原石 インドネシア産① 約3.4x2.8x高さ1.3cm 3,000円+税★

とっても粒々っとした原石です。
ビーズやブレスで取り扱っているパープルカルセドニーのほとんどは人為的な染色処理が施されたもの。

しかし、この原石は天然色のパープルカルセドニーですよ!
といったものの。。。色々と疑問に思うことがございます。

グレープカルセドニーともいわれるこの天然色のカルセドニーはどのような要因で紫色に発色しているのでしょうか。

紫色に発色する要因として考えられるのが、微量に含まれる金属元素によるもの。

例えばスギライトであれば、マンガンが原因で紫色に発色しています。
パープルサファイアのようなコランダムですとクロムを主として鉄やチタンが混ざることで紫色に発色します。
アメジストは微量に含む鉄によるもの。

このパープルカルセドニーも上に書いた3パターンのうちのどれかだと思われますが、どれにあたると思われますか?
この色味ですよ。

アイスの実?いやカルセドニーだ! インドネシア産パープルカルセドニーの原石(アメジストかも!?)_d0303974_19342363.jpg
★パープルカルセドニー原石 インドネシア産② 約3.6x2.2x高さ1.7cm 3,000円+税★

おそらく発色要因はアメジストと同じではないかと思われます。

そもそも、僕がよく見ている鉱物データベースの海外サイトでは、カルセドニーではなくクォーツ、つまりアメジストだと記載されています。
この石自体2016年にインドネシアのスラウェシ島で発見された新しい石なので色々な憶測が飛び交っている状態だと思います。

「以前はカルセドニーだと思われていたがアメジストであることが判明」と書いてあるところもありました。

ただし、日本のサイトにおいてはそのように書いてあるところはなく、また、個人的な見解ですが、原石の表面がぶどう上になるのはカルセドニーの典型的な特徴でもあるので、「アメジスト」といわれてもにわかに信じることが出来ません。

しかし、アメジストだと言われるとこの色味になることも納得出来ます。

と、いうのもハンガリー産のアメジストがあるからです。

アイスの実?いやカルセドニーだ! インドネシア産パープルカルセドニーの原石(アメジストかも!?)_d0303974_19482133.jpg

形状の違いは多少あるものの、色味は全く同じですね。
これは紛れもなくアメジストなので、形状は多少違いますがインドネシア産のものもアメジストといえばアメジストのように感じてきますね。

アイスの実?いやカルセドニーだ! インドネシア産パープルカルセドニーの原石(アメジストかも!?)_d0303974_19505176.jpg
★パープルカルセドニー原石 インドネシア産② 約3.6x2.2x高さ1.7cm 3,000円+税★

拡大して両者を比較すると確かに結晶の表面は同じように見えます。
(圧倒的にインドネシア産の方が小さいので分かりにくいかも知れませんが)

アイスの実?いやカルセドニーだ! インドネシア産パープルカルセドニーの原石(アメジストかも!?)_d0303974_19520944.jpg
ハンガリー産のアメジスト

インドネシア・スラウェシ島産のカルセドニーはアメジストなのか!?

日本のサイトで「アメジスト」としているところは今のところ見当たりませんが、

信じるか信じないかはあなた次第です。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-11-24 20:00 | 入荷情報 (原石)

【新作勾玉の告知あり】年輪のようなレッドストライプアゲートの丸玉

こんばんは。
サルオです。

まずは告知です。

【新作勾玉の告知あり】年輪のようなレッドストライプアゲートの丸玉_d0303974_13543879.jpg

販売開始日
全国の店舗
2019年11月15日(金)より順次

※一部、実施しない店舗もございます。
※店舗によって入荷数が異なります。
詳しくは各店舗へご確認下さい。

オンラインショップ
2019年11月14日(木)20:00販売開始予定

キャッツアイが確認できるほどに綿密に針が入ったオレンジルチルクォーツが勾玉になりました。

ゴールデンルチルクォーツ、ブロンズルチルクォーツと同様に、高品質でかつ勾玉が製作できるほどの原石はめったに出会えることはございません。

煌めくキャッツアイは必見です!
高級感あふれるオレンジルチルクォーツの勾玉をこの機会にぜひお楽しみください。


ここからは、樹木の年輪のような模様が印象的なメノウの丸玉を紹介させて頂きます。
今日は11月11日、1111と棒の日ですが、あえて丸い丸玉を紹介指せ頂きたいと思います。

今回紹介する丸玉は2個ございますが、それぞれ違う顔をしていて面白いですよ

それでは、一つ目の丸玉のお写真がこちら

【新作勾玉の告知あり】年輪のようなレッドストライプアゲートの丸玉_d0303974_11393649.jpg
★レッドストライプアゲート丸玉38ミリ マダガスカル産 3,000円+税★

強い赤色が印象的ですね。
定番のビーズはカルセドニーを赤く染めたもの。
カルセドニーとメノウの違いは「縞があるか、ないか」ですので、一般的に赤メノウと呼ばれているビーズのほとんどは正確にはレッドカルセドニーになるんですね。

赤色に染色したレッドカルセドニーを赤メノウと呼ぶことはあまりにも一般的に浸透しすぎているため、ご存知ない方はそういうものだと思って頂いたほうが良いかもしれません。

そして、正確にいうと、こちらの赤メノウが本当の赤メノウです。
しっかりと縞があるのが分かりますよね。

【新作勾玉の告知あり】年輪のようなレッドストライプアゲートの丸玉_d0303974_11434756.jpg
★レッドストライプアゲート丸玉38ミリ マダガスカル産 3,000円+税★

赤い色が着いている縞の部分は、おそらく鉄分を多く含むためにこのような色味になっていると思いますよ。

そして下から光りをあてることで透明感を見ることが出来ます。
【新作勾玉の告知あり】年輪のようなレッドストライプアゲートの丸玉_d0303974_11473665.jpg
★レッドストライプアゲート丸玉38ミリ マダガスカル産 3,000円+税★

そして、こちらのタイプは透明感がないタイプの赤メノウの丸玉です。

【新作勾玉の告知あり】年輪のようなレッドストライプアゲートの丸玉_d0303974_11491350.jpg
★レッドストライプアゲート丸玉39ミリ マダガスカル産 3,000円+税★

見た目どおりの赤い部分がとっても多い丸玉ですよ。
先ほども書きましたが、この赤色の発色原因は鉄分だと思われます。

赤メノウは日本においても伝統的に焼き入れという処理が施されていました。
それは、めのうの内部に含む鉄分を加熱処理することで酸化させて鮮やかな赤みを出す手法です。

そのため、赤めのうと鉄は密接な関係にあるのですね。
ちなみに、タイガーアイを加熱処理してレッドタイガーアイにするのも同じような原理で、レッドタイガーアイはタイガーアイに含まれる鉄分を酸化させて赤くしております。

鉄を酸化させた鉱物といえばヘマタイトがありますよね。
それに近いような成分になっているのでしょう。

ということは、赤味が濃くなるにつれて透明感も無くなるはずです。
なので、こちらの赤メノウの丸玉も同じように下から光りをあててみましょう。

【新作勾玉の告知あり】年輪のようなレッドストライプアゲートの丸玉_d0303974_13271052.jpg
★レッドストライプアゲート丸玉39ミリ マダガスカル産 3,000円+税★

同じライト(アイフォンについているライト)を使用しておりますが、38ミリのタイプとは異なりほとんど光りを通しません。

今日紹介した丸玉二つ甲乙付けがたい異なる特徴を持っていて面白いですよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-11-11 20:00 | 入荷情報 (原石)

虹が綺麗なクラックレインボー水晶のポリッシュポイント

こんばんは。
サルオです。

寒くなってきましたね。
そして、この記事を書いている11月7日は久しぶりに島根では雨が降っております。
雨が降ると余計にその寒さを感じる季節がやってきました。

しかし、雨が降ると見えるもの嬉しいものいえば虹!
虹が出るとついつい見入ってしまいますね。

そして、その虹を天然石の中に綺麗に入っているものの代表といえば水晶です。

そのため、本日は虹が綺麗なクラックレインボー水晶のポリッシュポイントを紹介させて頂きます。

虹が綺麗なクラックレインボー水晶のポリッシュポイント_d0303974_13283633.jpg
★クラックレインボー水晶 ポリッシュポイント ブラジル産① 幅約3.6 x 3.0 x 高さ5.4cm 90g 2,000円+税★

わざわざ商品名に「クラック」という言葉をつけるということは。。。
そうです。人工的にクラックを入れて、意図的に虹を出したものだと思います。

人工的なクラックの入れ方は水晶に熱を加えて高温にすることで水晶にクラックを入れるそうです。

原理としては
たいていの水晶は内部に水を含んでおり、それが白いモヤのように見えるところなのですが、その内部に含まれている水が温度の上昇によって蒸発し体積が膨張することで水晶内部に亀裂(クラック)が入いるそうです。

虹が綺麗なクラックレインボー水晶のポリッシュポイント_d0303974_14033389.jpg
★クラックレインボー水晶 ポリッシュポイント ブラジル産① 幅約3.6 x 3.0 x 高さ5.4cm 90g 2,000円+税★

そして、人工的に入れたクラックも天然のクラックも虹が出る原理は同じで、薄いクラックに光があたることで光の干渉が起きて虹が見えるようになります。

クラック自体は人工的に入れたものですが、マイナスに考える必要はないと思います。
とっても虹が綺麗に出ますしね。

この水晶が天然であるという証拠は2つめのポイントにあります。

虹が綺麗なクラックレインボー水晶のポリッシュポイント_d0303974_14165567.jpg
★クラックレインボー水晶 ポリッシュポイント ブラジル産② 幅約4.0 x 3.2 x 高さ4.9cm 91g 2,000円+税★

分かりにくいかも知れませんが、中央よりやや右付近に緑泥石が内包しており、ガーデンクォーツになっている箇所があります。
拡大してみてみましょう。

虹が綺麗なクラックレインボー水晶のポリッシュポイント_d0303974_00575190.jpg
★クラックレインボー水晶 ポリッシュポイント ブラジル産② 幅約4.0 x 3.2 x 高さ4.9cm 91g 2,000円+税★

こういった他の鉱物が内包することこそ天然水晶の証ですね。

ここからは余談ですが、10年以上前。
それこそ、僕がまだ入社して間もないころだった思います。
海外から入荷した水晶クラスターにガムテープが貼られていて粘着剤が完全にこびり付いてしまい取れなくなってしまっておりました。

おそらく、海外の業者さんが何か目印として分かりやすくするために貼ったものだと思います。
この粘着剤を剥がすのに思いついたのが熱いお湯の中に付けてふやかして溶かすこと。

さっそくバケツに熱湯を注ぎこみ、その中に水晶クラスターを入れたところ、、、、

皆様の想像通りです。

ビキビキ、ビシビシと音を立てて水晶が割れてしまいました。
その時は何でだろ?と思いましたが、先ほどのクラックを作る方法と同じことを無意識にしてしまったということですね。

クラッククォーツを人工的に作るときは割れない程度に温度や時間を調整するのでしょう。
割れないようにクラックを入れるのもある意味熟練の技なのかも知れませんね。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-11-09 20:00 | 入荷情報 (原石)