人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:入荷情報 (ペンダント)( 134 )

ロードライトガーネット ペンダントトップ

おはようございます。
サルオです。

最初に告知です。
誠に勝手ながら、明日以降のブログは毎日9時の配信から引越しをし、毎日午後8時より配信をさせて頂きます。
内容をパワーアップするための仕様変更となりますので、ご理解頂けますと喜びます。

本日はロードライトガーネットのペンダントトップを紹介させて頂きます。
原石タイプのロードライトガーネットですので、石の品質に比べるとお求め安いお値段になっておりますよ。

まずは1番のお写真です。

d0303974_02155504.jpg
★925SVPT ロードライトガーネット① 石部分のサイズ:約10x6ミリ 4,104円(税込)★

ロードライトガーネットの一番の魅力は赤みがかった紫色ですよね。
この色味はアルマンディンとパイロープが織り成すハーモニー。

ちょうど良い具合に両者の鉱物が混ざることでこの特徴的な色味が出るんですね。

ちなみに、ガーネットはアルミニウム系とカルシウム系の2種類に分けられます。
成分にアルミニウムを含むガーネットはパイロープやスペサルティン、アルマンディンがあります。
一方、カルシウムを含むガーネットにはグロシュラー、アンドラダイト、ウバロバイトがあります。

それぞれの系統のガーネットはその系統の中で互いに混ざりあった結晶をつくります。
その混ざり具合によって色が変化し、様々な色味を作り出す原因となっております。

続きまして、2番目のロードライトガーネットのペンダントトップです。
d0303974_07172585.jpg
★925SVPT ロードライトガーネット② 石部分のサイズ:約10x6ミリ 4,104円(税込)★

こちらも原石感を残したペンダントトップとなっております。
原石のペンダントトップはゴツゴツしておりますが、自然のままのナチュラルな魅力がありますよね。

チェーンを通すとこのような雰囲気になりますよ。

d0303974_07210252.jpg
★925SVPT ロードライトガーネット② 石部分のサイズ:約10x6ミリ 4,104円(税込)★

石に光りが当たり、透け感が出るとまた違った魅力を出してくれますね。

ここからは、余談です。
まずは訂正をさせて頂きます。
昨日の大田市にある「鬼岩」を「鬼石」と記載してしまいました。
正確には鬼岩ですので訂正をさせて頂きます。大変失礼致しました。

そんな鬼岩をみなさんに紹介したいと思います。
d0303974_07321640.jpg
良く見ると穴にお地蔵さんのようなものがいらっしゃいますね。

そして、桜と一緒に撮影した写真がこちらです。
d0303974_07322032.jpg
鬼岩の説明はこちらをご覧下さい。
d0303974_07322595.jpg
大田市のことはまだまだ知らない魅力がたくさんありそうでしたので、今度は子供を連れて観光に行ってみたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-04-11 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

パープルスターサファイア シルバーペンダントトップ

おはようございます。
サルオです。

本日はパープルサファイアのペンダントトップを紹介させて頂きます。
d0303974_06441414.jpg
★パープルスターサファイア SVPT ミャンマー産【限定1】 12,960円(税込)★

コランダムは赤いものが「ルビー」となり、赤以外の色味はサファイアとなります。

本日紹介させて頂いているパープルサファイアはルビーに近いような色味ですが、これははっきりと「赤ではない」と言える色味ですので宝石としてはサファイアとなります。

そして、サファイアは青色以外は名称の頭にそのカラーをつけることが多いため「パープルサファイア」となります。

商品の名称にも付けておりますが、このペンダントの一番の特徴はスター効果を持つことです。
通常の光りではその「スター効果」を見ることは出来ませんが、LEDのような強めの光に当てるとその姿を現してくれます。

そのお写真がこちら!

d0303974_06442855.jpg
★パープルスターサファイア SVPT ミャンマー産【限定1】 12,960円(税込)★


綺麗に六条線が出ているのが分かります。
これはサファイアの結晶の中に発達した交差状のルチル・インクルージョンが光を反射して6本の光の線を見せてくれます。

また、パープルサファイアの色味つきまして、
ルビーの色味はコランダムに含まれるクロムにより赤色に色付きますが、鉄やチタンが不純物として入ってくることにより、黒味や紫味が強くなってきます。

その不純物として取り込ませる金属イオンは母岩の種類によっても変わってくるそうですので、サファイアやルビーは産地によってそれぞれ特徴があるそうですので、成分分析によってある程度の産地の推測が出来るそうですよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-04-08 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

ハーキマー水晶ステンレスペンダントトップ

おはようございます。
サルオです。

昨日四月の誕生石のダイアモンドを紹介出来ることはないでしょうと言ってましたが、本当に今紹介出来るものは何もないのか考えました。

そして、ありましたよ!
ハーキマーダイアモンドと呼ばれる水晶が!ってやっぱりダイアじゃないですね。

弊社では誤解を防ぐために「ハーキマー水晶」という名称を使わせて頂いておりますが、「ハーキマーダイアモンド」と呼ばれているものと同じものになります。
そしてハーキマーにダイヤモンドという通称名が付くのには理由がありますので写真を見ながら簡単に説明させて頂きます。

d0303974_06441358.jpg
★ステンレスPT ハーキマー水晶 アメリカ・ニューヨーク州産【限定1】 15,120円(税込)★

一番の特徴は天然の状態で研磨して作り上げたかのような形と表面の照りの良さにあります。
形も通常の水晶とは異なり両剣になってることも特徴ですし、表面の照りがいいだけではなく、透明感も高いためにキラキラしていますよね。

その為に、水晶にしてダイヤモンドと呼ばれる理由になっているんですね。

ちなみにこのPTに入っているハーキマー水晶は一番大きい幅のところでも4mmくらいなので小さめのサイズとなっております。

しかし、小さいからこそのキラキラ感を楽しむことが出来ますよ。

そういえばペンダントの全体感を載せていませんでしたね。
d0303974_06441361.jpg
★ステンレスPT ハーキマー水晶 アメリカ・ニューヨーク州産【限定1】 15,120円(税込)★

全体感はこのような形状となっており、実際にネックレスにすると下のようなイメージになりますよ。

d0303974_06441413.jpg
★ステンレスPT ハーキマー水晶 アメリカ・ニューヨーク州産【限定1】 15,120円(税込)★

金具の素材もステンレスなので変色しにくいのも嬉しいですね。

ちなみに、チェーンは別売りとなっておりますので、ご了承頂けますと喜びます。
チェーンをご入用の方は、お手数をおかけしますが、チェーンオプションよりお選び下さいませ。

もう少しハーキマー水晶について語らせて頂きますと、通常母岩である苦灰岩の空洞にこの水晶の結晶が出来上がります。
それは、この苦灰岩の一部に接触して、成長しているためで、そのためこのような特殊な形状で産出されるそうですよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-04-04 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

カラーチェンジフローライトのペンダントトップ

おはようございます。
サルオです。

まずは、告知です。(告知部分9時30分頃追記)
今週発売開始予定のチャロアイトの勾玉につきまして、オンラインショップでは先行販売と致しまして、明日の夜8時より販売を開始させて頂きます。
ということは、、、すぐるちゃんのチャロアイト勾玉紹介ブログも明日の午後8時を予定しておりますのでお楽しみに♪
でも、朝九時配信のブログも通常通りありますので、そちらも見て頂けると喜びます。

それでは本日は非常に珍しいカラーチェンジフローライトのペンダントトップを紹介させて頂きます。

早速ですが、こちらの商品は画像を見ていただくのが一番分かりやすい!ということで、カラーチェンジ前の太陽光や蛍光灯の下で撮影した写真はこちらです。

d0303974_08120245.jpg
★カラーチェンジブルーフローライト 925SVPT 12x10mm(石部分のみ)【限定1】20,520円(税込)★

一見、普通のブルーフローライトと変わりませんね。
特徴を挙げるとすれば、ロンドンブルートパーズのように深く濃い色合いでクラックがほとんど無くとっても綺麗ということでしょうか。

カラーチェンジをしなくても十分魅力的なフローライトですが、ここからがこの石の本領を発揮するところですよ。

カラーチェンジ後の写真がこちらです。
d0303974_08222493.jpg
★カラーチェンジブルーフローライト 925SVPT 12x10mm(石部分のみ)【限定1】20,520円(税込)★

完全にブルーだったフローライトが赤~赤紫色に変化しましたよ。

どのような条件化でこのようにカラーチェンジするかと言いますと、、、
蛍光灯と白熱灯この違いで色味が変わってきます。

蛍光灯は太陽光などの自然光に近い光、一方白熱灯はロウソクの火の光りのような光です。
つまりカラーチェンジ後の赤色に見える色味は下の懐中電灯を照らして撮影していますよ。
必要ないかもしれませんが参考までに懐中電灯の写真をつけさせて頂きます。
d0303974_08284605.jpg
白熱灯という名前なのに白い光りではない、、、
この名前については謎なので説明は出来ませんよ。

以上の点を踏まえて比較した画像を作成いたしました。

d0303974_08315579.jpg
★カラーチェンジブルーフローライト 925SVPT 12x10mm(石部分のみ)【限定1】20,520円(税込)★

カラーチェンジフローライトは産出量が少なく、とっても希少価値が高い石の一つですよ。

ここで疑問思われた方もいらっしゃることでしょう。
僕もこう思いました「ブルーフローライトならなんでもカラーチェンジするんじゃないの?」

個人的にも非常に気になったのでこちらのブルーフラーライトに白熱灯の光りを当ててみました。

d0303974_08394474.jpg
★ブルーフローライト 925SVPT 約20x15mm (石部分のみ)【限定1】30,240円(税込)★

比較した写真はこちら↓
d0303974_08401323.jpg
★ブルーフローライト 925SVPT 約20x15mm (石部分のみ)【限定1】30,240円(税込)★

フローライトが白熱灯の色になっているように見えますが、これは光りを反射しているだけです。

カラーチェンジフローライトのように赤~ピンク色にはなっていませんね。

なので、カラーチェンジフローライトは特別な存在なんですよ。

これも皆さん気になっていることかも知れませんが、フローライトの特徴の一つでもある蛍光性について。
写真には撮っていませんがブラックライトを当てても蛍光性はございませんでしたよ。

カラーチェンジフローライトはあくまでも白熱灯にのみ反応を示す面白い宝石ですので。フローライトの魅力がまた一つ広がった気がします。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-03-26 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

全面しっかりブルーラブラドライトのペンダントトップ

おはようございます。
サルオです。

本日はラブラドライトのペンダントトップを紹介させて頂きます。
それではお写真をご覧下さい。
d0303974_06062181.jpg

★925SVPT ラブラドライト 【限定1】石部分のサイズ:30x25x厚み8mm 12,960円(税込み)★

特徴はなんといっても全面にしっかりラブラドレッセンスが出ているところですよ。
しかも、人気のブルーカラー!

ラブラドレッセンスは特殊な光学効果によって鮮やかな光りを放ちます。
そのため、角度を変えるとラブラドレッセンスが見えなくなることがあるのですが、このペンダントプットはどうでしょうか。
斜めから撮影してみました。

d0303974_06062167.jpg
★925SVPT ラブラドライト 【限定1】石部分のサイズ:30x25x厚み8mm 12,960円(税込み)★

こちら側から見てもしっかりとラブラドレッセンスを見ることが出来ましたよ。


このラブラドレッセンスが出る仕組みは、ラブラドレッセンスが出る仕組みはアルバイトとアノーサイトの薄層が繰り返している間にマグネタイトやヘマタイトの薄層が繰り返して発達していてその組み合わせで光の干渉が起き他の長石にはない虹色の光が出ています。

そして、この長石はアルバイトとアノーサイトの成分比率によって名前が変わります。
その成分比率はこちらです。

d0303974_06381626.jpg
上の6つの丸の中の右から3番目の成分比率のものがラブラドライト。
それよりもアルバイトの量が増えるとアンデシンになります。

ちなみに、ペンダントトップになると見えない部分もしっかりとラブラドレッセンスが出ますよ。
d0303974_06062104.jpg
★925SVPT ラブラドライト 【限定1】石部分のサイズ:30x25x厚み8mm 12,960円(税込み)★

スター効果やキャッツアイ効果など、ある程度石に湾曲がなければ見えない光学的な効果がありますが、ラブラドレッセンスは平面でも見ることが出来るんですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-02-04 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

六条線のスターサファイアのペンダントトップ

おはようございます。
サルオです。

本日はスターサファイアのペンダントトップを紹介させて頂きます。

まずサファイアといえば青色!というイメージがありますが、今回紹介させて頂くペンダントトップもまさに青色のサファイアをしております。

といいますのも、コランダムは赤色をしているものをルビーと呼び、それ以外の色味は全てサファイアとなります。
そして、そのサファイアは鉱物としては本来無色透明ですので、様々な色味を持っています。

色の細かいお話はカラフルなサファイアを紹介させて頂く事にして、早速ではお品物をご覧頂ければと思います。
d0303974_03073894.jpg
★925SVペンダントトップ スターサファイア ミャンマー産 石部分のサイズ:約10x8mm 【限定1】 21,600円(税込み)★

しっかり六条線が見れますね。

ちなみに、この写真は強い光りを上から当てております。
光りを当てなければ下の写真のような、しっかりとした濃い青色をしております。

d0303974_03074726.jpg
★925SVペンダントトップ スターサファイア ミャンマー産 石部分のサイズ:約10x8mm 【限定1】 21,600円(税込み)★

ではどうして、このようなスターが出るのでしょうか。

それはローズクォーツにスター効果が出るのと同じ原理で、サファイアの結晶の中に発達した交差状のルチルインクロージョンが光りを反射することで六本の光りの筋が浮かび上がるようになります。

d0303974_03075304.jpg
★925SVペンダントトップ スターサファイア ミャンマー産 石部分のサイズ:約10x8mm 【限定1】 21,600円(税込み)★


出来ればこのようにはっきりとスターが見える丸ビーズが欲しい!と思うのは僕だけではないはずです。
しかし、こういった綺麗なもののほとんどが、ペンダントなどのアクセサリーに加工されてしまいますが、おそらくそれは産出量が少なく希少価値が高いためでしょう。

ビーズにすると穴を開けるときに石が割れるリスクもありますしね。

しかし、こういった綺麗なスターサファイアのビーズを見つけて皆様にご紹介出来きるように頑張ります。

本日も最後までご覧頂きましてありがとうございました。


ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
d0303974_06223631.jpg

by stonebuyer | 2019-01-28 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

モルダバイト925SVPT

おはようございます。
サルオです。

本日はモルダバイトのペンダントトップを紹介させて頂きます。

モルダバイトといえば、およそ1500万年前に現在のドイツ南部に落下した隕石の影響で地表の岩石が跳ね飛ばされ、瞬間的に溶けて、飛散中に急速に冷えて固まったものといわれています。

こういった隕石の提供で出来た天然ガラスはテクタイトという名前で呼ばれており、モルダバイトもテクタイトの一種となります。

しかし、よく見るテクタイトが真っ黒い色をしているのに対してモルダバイトは緑色をしているのが一番の特徴です。

それではお品物を見ていきましょう。
d0303974_06232360.jpg
★925SVPT モルダバイト 【限定1】石部分のサイズ:10x8mm 18,360円(税込)★

この深い緑色はモルダバイトに含まれるカルシウムやストロンチウム、バリウムといった金属元素を多く含んでいるためです。

d0303974_06233437.jpg
★925SVPT モルダバイト 【限定1】石部分のサイズ:10x8mm 18,360円(税込)★

そしてモルダバイトの特徴がこの「気泡」の形です。
丸いものだけでなく、楕円形や長細いものなど色々な形があるのもモルダバイトの特徴だといわれています。

また、このペンダントトップは表面だけでなく、裏面にもカットが施されていますので、正面から見たときの輝きが増しているように感じます。

d0303974_06232998.jpg
★925SVPT モルダバイト 【限定1】石部分のサイズ:10x8mm 18,360円(税込)★

最後までご覧頂きありがとうございました。


ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
d0303974_06223631.jpg

by stonebuyer | 2019-01-09 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

超レア石種フェナカイト

おはようございます。
サルオです。

本日はモルダバイトのチップスとフェナカイトの結晶が入ったステンレス素材のペンダントトップを紹介させて頂きます。

フェナカイトに関して言わせて頂けると、この石は本当に珍しく、過去にビーズとして過去に入荷したことがありますが、8ミリサイズで5,000円くらいしたと思います。
しかも質的にはそんなに透明感のある綺麗なものではなかったように思います。

今回入っているのは小さな結晶です。
下の写真の無職透明な石が「フェナカイト」です。
d0303974_00303224.jpg
★ステンレスPT モルダバイト/フェナカイトチップス 【限定2】 17,280円(税込)★

こちらのフェナカイトはロシア産です。
このロシアのウラルで産出されるフェナカイトは無色透明であるため、石英と見間違えられ、ギリシャ語の「フェナクス(だます者)」から命名されたそうです。

成分的にはベリリウムを含む珪酸鉱物となります。
成分:Be2SiO4

硬度は7.5~8と石英よりも高く、ベリリウムを含む鉱物の特徴なのでしょうか、アクアマリンなどベリル族の鉱物と同じ硬度をしております。

d0303974_00303886.jpg
★ステンレスPT モルダバイト/フェナカイトチップス 【限定2】 17,280円(税込)★

同じく希少な宝石であるモルダバイトとセットになっているところがなんとも製作者のアイデアを感じますね。
おそらくフェナカイトだけだと見た目が地味になってしまします。
そこでモルダバイトを入れることでフェナカイトも引き立つというわけですね。

ちなみにこのペンダントをつけるとこのようなイメージになります。

d0303974_00314170.jpg
★ステンレスPT モルダナイト/フェナカイトチップス 【限定2】 17,280円(税込)★

フェナカイトといえば、この石の持つ意味がすごいですよね。
「様々な力を統合して持つ人を無敵にし、あらゆる行動の勝利者となるよう導くといわれている」ということで力が強そう、、、ですね。

ちなみに、こちらのお品物は2店ございますので、もう一点を紹介させて頂きます。

d0303974_00320271.jpg
★ステンレスPT モルバナイト/フェナカイトチップス 【限定2】 17,280円(税込)★

1番のものと比べると大きな結晶がごろんと1粒入っております。
この鉱物の性質的に大きな結晶になりにくいところがありますので、大きい結晶のものも魅力がありますね。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-17 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

ストロベリークォーツについて

おはようございます。
サルオです。

本日はストロベリークォーツを紹介させて頂きます。

このブログ内でも何度か紹介をさせて頂いている石ではありますが、この宝石の定義と致しまして、メキシコ産かカザフスタン産のゲーサイトもしくはレピドクロサイトを内包した水晶に適用される名称です。

従いまして、ブラジルやマダガスカル、ロシアでも似たようなレピドクロサイトorゲーサイトを内包した水晶が産出されますが、これらの石に対してはストロベリークォーツと呼ぶことは出来ません。
ただ、個人的にメキシコ産のストロベリークォーツは見たことがないので、実質カザフスタン産になってくるのかも知れません。
「ストロベリークォーツはこうでなければいけない」という定義を理解するのを難しくしてるように感じます。

しかし、ストロベリークォーツとそうでないもの、何か違いがあるのではないかと思いますので、こじつけになるかも知れませんが、ビジュアルでの違いを見ていきたいと思います。

まず、ストロベリークォーツのお写真がこちらです。
d0303974_08283350.jpg
★K18PT PG ストロベリークォーツ カザフスタン産 【限定1】石部分のサイズ:14x10mm 62,640円(税込)★

レピドクロサイトorゲーサイトが満遍なく内包しているため、水晶全体がオレンジから赤色に色づいていることが分かります。

では、内包物はどのように入っているの拡大してみて見ましょう。
d0303974_08284534.jpg
★K18PT PG ストロベリークォーツ カザフスタン産 【限定1】石部分のサイズ:14x10mm 62,640円(税込)★

あまり、規則性を感じない内包の仕方をしていますね。
そして、一本一本の針が細い!
このきめの細かい針状鉱物の内包がストロベリークォーツ全体に色をつけていていることがわかります。

それでは、ストロベリークォーツとは呼べないエレスチャルクォーツやパープルルチルクォーツを見てみましょう。

d0303974_08431387.jpg
★レッドエレスチャルクォーツHC8ミリ 2(マダガスカル産) 9,180円(税込)★

こちらはエレスチャルクォーツです。
全体的にレピドクロサイトの平らな結晶が入っていることが分かりますね。
なんだか、粒々が入っている感じが苺っぽい感じもしますが、、、これは定義的にストロベリークォーツとは呼べません。
そして、見た目も「水晶部分に色が付いている」というより、水晶部分と内包物部分との色のメリハリがしっかりとしている印象を与えてくれます。

続きまして、パープルルチルクォーツです。
d0303974_08491956.jpg
★パープルルチルクォーツHC12ミリビーズ ロシア産【限定1】 48,600円(税込)★

こちらは、ストロベリークォーツと非常によく似ております。
むしろ違いを探すのが難しいくらい。。。
しかし、見つけましたよ。見た目の違いを!

それは、針状の内包物の規則性です。
パープルルチルクォーツの針状の内包物は一方方向に規則正しく内包しております。
これは、水晶の成長過程で錐面の方向に従ってゲーサイトやレピドクロサイトが成長していることが推測出来ます。

そして、もう一度ストロベリークォーツを見てみましょう。
d0303974_08284069.jpg
★K18PT PG ストロベリークォーツ カザフスタン産 【限定1】石部分のサイズ:14x10mm 62,640円(税込)★

明らかにゲーサイトやレピドクロサイトの内包の仕方に規則性を感じません。
それゆえに、水晶が全体的に色づいていることが分かります。

これこそが、産地以外でのストロベリークォーツを区別するための特徴になるのではないでしょうか。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-12 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

昨日に続き特殊なラブラブライトです

おはようごいます。
サルオです。

昨日に引き続き特殊なラブラドライトのご紹介です。

弊社でレインボームーンストーンと呼んでいる宝石はほぼ100%「ラブラドライト」です。
よく「ホワイトラブラドライト」という表現をしておりますが、実はムーンストーンではございません。

ホワイトラブラドライトもムーンストーンも白い地の色にやさしい光りを放っているという共通点があり、
また、どちらも長石グループの鉱物であるということから「レインボームーンストーン」という誤称が通称名として広まったものと思われます。

しかし、成分的な観点から見てもこの両者に違いがありますが、光りを放つ要因もそれぞれ異なっております。

ムーンストーンは正長石(オーソクレース)を主体として、その中に曹長石(アルバイト)が薄く多数に入り込んでいるため、その境界面から光りの散乱が起きてやさしい光りを放っているように見えます。

一方ラブラドライトは、曹長石(アルバイト)と灰長石(アノーサイト)の薄層が繰り返している間にヘマタイトやマグネタイトなどの金属鉱物の微薄層が繰り返して発達し、その組み合わせで光りの干渉が起きて光りを放ちます。

個人的なイメージで言うとムーンストーンは石の中が光っているイメージでやさしい光りを放っている(それをシラーと呼びます)、
ラブラドライトは割りと表面部分に華やかな光りを放っているイメージでしょうか(これをラブラドレッセンスと呼びます)。

動画にすると光りが分かりやすくなると思い、作成してみました。
宜しければご覧いただけますと喜びます。


それでは具体的にレインボームーンストーンを見ていきましょう。
d0303974_06463416.jpg
★ワイヤーPT レインボームーンストーン【限定1】 石部分:18x13mm 33,480円(税込)★

上記で光り方について説明をさせて頂きましたが、
実際には肉眼で区別することは非常に難しく断定することはかなり困難になります。

それも「ペリステライト」という、一般的に「ブルームーンストーン」と呼ばれている存在があるためですが、この三者を区別することは非常に難しいです。
上の写真を見て頂くとブルーに輝くものに関しては全てのの可能性があるため、鑑別に出さないとはっきりしたことは分からないと思います。

逆に下の画像のようなタイプですと、いかにもラブラドライトのような光り方をしているので分かりやすいように感じます。
d0303974_06470560.jpg
★ワイヤーPT レインボームーンストーン【限定1】 石部分:24x15mm 36,720円(税込)★

しかっりとしたラブラドレッセンスが出ているため、正面から見ても、角度を変えて斜めから見てもどちらもしっかりとした輝きを見る事が出来ますよ。

d0303974_06471160.jpg
★ワイヤーPT レインボームーンストーン【限定1】 石部分:24x15mm 36,720円(税込)★

ということで、2日間に渡って特殊なラブラドライトを紹介させて頂きましたが、
実はもう一点、全くラブラドレッセンスを持たないラブラドライトもございます。

透明感のある、アンデシンのようなタイプもありますが、いつか紹介させて頂ければと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-10 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)