すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

魚の眼のような石

おはようございます。
サルオです。

1週間くらい前に伏線を張らせてもらっていたのですが、気付かれましたでしょうか。

スティルバイトを紹介した時、アポフィライトの原石の写真を載せてましたが、本日は同じロットで入荷したグリーンアポフィライトの原石を紹介させて頂きます。

d0303974_07593738.jpg
★グリーンアポフィライト原石 インド産 41,040円 (税込み)★
約幅68mm x 奥行66mm x 高さ41mm

加工に向かない鉱物


この鉱物は硬度が4.5~5と低い上にへき開が一方向に完全であるため、非常に加工が難しく、ビーズなどの製品としてはめったにお目にかかれないものです。
仮にあったとしても、丸いビーズにしようとした気持ちは分かるけど、全く丸くないようないびつな形のビーズとなっているものがほとんどです。

今から10年以上昔の話ですが、
当時のバイヤーがこの石を仕入れた際、業者さんがポイントの先が傷つかないようにと気をつかったのか、グルーガンで付けられたホットボンドが全ての先っぽに付いていました。

そして、入荷した時にそのボンドを剥がそうとすると見事なまでに全て先っぽがポキポキ折れていき、ポイント状の結晶の頭が全て平らな面になってしまったいました。。。
びっくりするくらい簡単に先端が折れるので、ボンドだけ取るのは絶対的に不可能でした。

そんなアポフィライト結晶の特徴を身をもって体験したのですが、当時はちょっとした事件でした。
今だから言える話ですね。

和名の理由


アポフィライトの和名は魚眼石(ぎょがんせき)です。
この鉱物はポイントの柱面のほうから見ると、ぼーっと白く光って見えます。
その感じが魚の眼のように見えるために付けられた名前です。
d0303974_08122403.jpg
★グリーンアポフィライト原石 インド産 41,040円 (税込み)★
約幅68mm x 奥行66mm x 高さ41mm

そして、この光って見える面には、微薄な隙間が生じております。
アポフィライトがキラキラして見え、とても美しいのはその特徴のためです。
しかし、逆にいうと、ポイントの先端がポキっと簡単に折れてしまうのもこの性質のためなのです。

観賞用としては、このグリーンアポフィライトは透明感も抜群にあり、とても綺麗です。
特に明るいグリーンからが淡い光を放っているように見えるので、とても価値のある標本です。
アポフィライトが緑色に発色している原因は鉄によるものです。

そして、やはり沸石(ゼオライト)グループの鉱物と共生しております。
d0303974_08160070.jpg
★グリーンアポフィライト原石 インド産 41,040円 (税込み)★
約幅68mm x 奥行66mm x 高さ41mm

この肌色部分はスティルバイト(束沸石)であると思われます。
色味的にも全体的に淡いパステルカラーなので沸石がアポフィライトをより輝かせているようにも感じさせられますね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-09-30 09:00 | 入荷情報 (原石)

本日販売開始 糸魚川産翡翠(ひすい)の勾玉

おはようございますっ!! サルオちゃんです!!

今日はすぐるちゃん一押しの糸魚川産翡翠の勾玉を紹介させて頂きます。
なので、すぐるちゃんっぽく挨拶してみました。

日本一有名な鉱物である翡翠


翡翠の出雲型勾玉の要望は今までも本当に多かったので、今回皆様に翡翠の勾玉を紹介出来ることを喜ばしく思っております。
しかも、それが国産の新潟県糸魚川で採れた翡翠なので言うことなしです。
糸魚川は良質な翡翠の産出量がもっと多く、そして日本でもっと有名な翡翠、もっと言えば国石になってしまう石ですので、日本で一番有名な鉱物であり、古代より身近な鉱物だといっても過言ではないでしょう。

僕は工学部出身(専門は有機化学でした)で根っからの理系人間ですので、長文を書くだけの文才はございません。
なので早速お品物を見えて行きましょう。
ちなみに、今回取扱量が多いため全て紹介しきることは出来ませんでした。

そのため、30ミリの10点だけ紹介させて頂きますが、少しでも皆様の翡翠選びの参考になることが書ければいいなと考えておりますので、最後までご覧頂けると喜びます。
d0303974_20340890.jpg
★糸魚川翡翠勾玉 30ミリ (小滝川産)30,240円 (税込み)★

d0303974_20341350.jpg
★糸魚川翡翠勾玉 30ミリ (小滝川産)30,240円 (税込み)★

色々な色味のものがございますが、「どんなものが質がいいのか分からない。」という気持ちよく分かります。
すぐるちゃんも言ってましたが、自分の好みのものが一番良い物です。

僕の好みもすぐるちゃんの好みも違います。
すぐるちゃんが淡いタイプの緑が好きといっていましたが、僕は濃いタイプの緑が好きです。
例えその緑の部分が翡翠成分ではなく、オンファス輝石やコスモクロア輝石であって、翡翠成分が他の色味のところにあったとしても、見た目が好みの色であることが一番だと思います。
これは逃げではなく本心からそう思っています。

つまり、僕の中では糸魚川産の翡翠は岩石であり、全体的な雰囲気を楽しむものだと考えております。

d0303974_20345538.jpg
★糸魚川翡翠勾玉 30ミリ (小滝川産)30,240円 (税込み)★

d0303974_20345988.jpg
★糸魚川翡翠勾玉 30ミリ (小滝川産)30,240円 (税込み)★

先ほど選び方について少し述べさせていただきましたが、それでもやっぱり「どんなものが一般的に質の良いものか教えて欲しい!」という方もいらっしゃると思います。

これは、僕も翡翠の原石を仕入れるために糸魚川に行った時に感じたことですが、地元の方たちが口々におっしゃることは、透明感のある翡翠!これが一番大事と皆さんおっしゃっておられました。

といっても普通に見ると、どの翡翠も透明感はございません。
その為、透明感を調べるためにはLEDのペンライトのようなものを接触させて光を当てて透明感を確認します。
そうすると、ぼんやりと光るような印象の透明感を見ることが出来るものがございます。
そして、その光がなんとも言えず神秘的で美しいです。

個人的には一番好きなのがこの4番です。
青っぽい地の色に緑色の模様がちりばめられている感じがステキです。
d0303974_20352417.jpg
★糸魚川翡翠勾玉 30ミリ (小滝川産)30,240円 (税込み)★

d0303974_20352846.jpg
★糸魚川翡翠勾玉 30ミリ (小滝川産)30,240円 (税込み)★

翡翠は7色の色を持つといわれていますが、それはやはり微量な元素を含むことで色が変わります。
緑色はクロムや鉄を含むためで、クロムはエメラルドの緑の発色原因と一緒です。
青~ラベンダーカラーは鉄とチタンの影響で色が付いています。

その他、黒い部分が時々あり、真っ黒な翡翠は黒翡翠と呼ばれていますが、黒い部分は炭素を含むためです。
炭素は鉛筆の芯のようなものが天然状況下で翡翠に混ざっています。

黒い翡翠も渋くてかっこいいですよね。

いつか7色の翡翠原石を手に入れてみたい!と思うのが密かな野望です。
d0303974_20354573.jpg
★糸魚川翡翠勾玉 30ミリ (小滝川産)30,240円 (税込み)★
d0303974_20355289.jpg
★糸魚川翡翠勾玉 30ミリ (小滝川産)30,240円 (税込み)★

さすがに7色は難しいですが上の写真の8番のよに複数色の色が入った翡翠も面白いですよ。

d0303974_20355507.jpg
★糸魚川翡翠勾玉 30ミリ (小滝川産)30,240円 (税込み)★
d0303974_20355862.jpg
★糸魚川翡翠勾玉 30ミリ (小滝川産)30,240円 (税込み)★

10番の勾玉は濃い緑がしっかりと入っていてこちも結構好みです。
ただ今オンラインショップでは30mmサイズだけでも約30点準備させて頂いておりますので、是非お気に入りの1点を探してみて頂けると喜びます。


余談ですが、今日が誕生日である妻のリクエストで松江市美保関(島根半島の一番先っぽの方)にある海鮮丼がおいしいというお店に行く予定ですが、噂ではいつも行列が出来ているとか。。。
個人的には、どんなにおいしくても並んでまで食べたくない派の人間ですので今からちょっと憂鬱です。
だけど、我慢して家族サービスをしてきます!
「他の店にしよーや」という発言だけはしないように気をつけたいと思います。
(そういうところから、よくケンカになっちゃいますので)

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-29 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

芸能人は歯が命?

やっぱり語ってしまうこの話


親知らずはラスト1本残しのサルオです。
MORiKOさんがアパタイトを語る時にしつこいくらい言ってきたこの話、やっぱり言いたくなってしまいます。
調べてみたらMORiKOさんは合計7回「芸能人は歯が命」って言ってきてますね。
そして、すぐるちゃんは0回、、、

すぐるちゃんは僕やMORiKOさんよりも一回り以上若いのできっと知らないんだと思います、この一世を風靡したCMのことを。
いや~歳を感じてしまいますね。

久しぶりにYou tubeでこのCMを見てみましたが、シリーズ化されていて何作もあったんですね。
でも、そうそう!これこれ!っていうのも何個かありました。
テレビのCMって全く意識して見ることはないのですが、自然と頭に入ってくるもんですね。

20年以上前によく見ていたケンミンの焼きビーフンのCMは印象深いのでよく覚えています。
「おばー、長生きしーやー」「お前らもなー」とか、「ピーマンいれんといてやー」とか懐かしいですね。

前置きが長くなりすぎてしまったので、なぜアパタイトといえば「芸能人は歯が命」なのかは、過去にMORiKOさんが書いてきておりますので、そちらをご確認下さい。

まるでクリソベリルのようなアパタイト


d0303974_20205828.jpg
★キャッツアイグリーンアパタイト8ミリビーズ タンザニア産 3,024円 (税込み)★

透明感があるのが嬉しいですね。
d0303974_20212780.jpg
★キャッツアイグリーンアパタイト8ミリビーズ タンザニア産 3,024円 (税込み)★


アパタイトに管状のインクルージョンが入っりキャッツアイ効果をもっております。
この緑色のキャッツアイは一見クリソベリル・キャッツアイを思わせるような印象を持っていますが、実際のクリソベリルはもう少し黄色味がかっています。

しかし、非常に希少で高額なクリソベリル・キャッツアイに近いものが低価格で変えると思うとなんだか手にしたくなってしまいますね。
ちなみに、クリソベリル・キャッツアイのビーズは未だかつて見たことがございません。
大抵はルースやジュエリーとして販売されています。

アスパラガス・ストーンと呼ばれる黄色いアパタイト


d0303974_20232969.jpg
★ゴールデンアパタイト6ミリビーズ メキシコ産 1,296円 (税込み)★

黄色いアパタイトは別名で「アスパラガス・ストーン」と呼ばれています。
アスパラガスは緑色の印象なので、どっちかっていうと先に紹介していたアパタイトの方がアスパラガスカラーな気もしますが、海外のアスパラガスは黄色いんですかね。
それとも僕が知らないだけで黄色いアスパラガスもあるのかな、、、まぁそれはいったん置いときましょう。

こちらのゴールデンアパタイトは透明感が非常に高く、色も鮮やかでとても綺麗ですよ。
近い色味としてレモンクォーツがありますが、レモンクォーツはスモーキークォーツを加熱処理して作っているものですので、自然な色味でこの色のビーズはあまりないのではないでしょか。

d0303974_20233838.jpg
★ゴールデンアパタイト6ミリビーズ メキシコ産 1,296円 (税込み)★

話は変わりますが、昨日紹介させて頂いたクレオフェーンでもっと綺麗なものがあったので下の写真と差し替えさせて頂きます。
この商品は販促品として本社の在庫であったものです。
おそらく、またどこかの販促で色々な店舗をめぐると思いますので、お値段なのど詳細はそちらでご確認頂けますと幸いです。
d0303974_08490544.jpg
d0303974_08491260.jpg
そして!
いよいよ明日の朝9時から当社初登場となる糸魚川産の翡翠の勾玉がオンラインショップでも販売が開始されます。
皆様ご期待下さいませ!

本日も最後までご覧頂きありがとうとございました。

by stonebuyer | 2018-09-28 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

鋭い輝きを放つ鉱物

おはようございます。
サルオです。

昨日のすぐるちゃんのブログにもありましたが、今週末から出雲型勾玉として初登場の糸魚川産ひすいの販売が開始されますね。
すぐるちゃんから非常に熱い思いを長文に載せて書いてくれてましたが皆様最後まで読んで頂けましたでしょうか。
大変でしたけど、僕は3度ほど読み返しましたよ。

ということで、翡翠とは関係ないのですが、せっかくなので今週は緑色の石を紹介させて頂こうと思います。

光の分散度がダイヤモンドの4倍もあるスファレライト

光の分散度の説明をすると、とても難しいので簡単にいうと輝きを表す数値のようなものです。
それがダイヤモンドの4倍もあるということを考えるとダイヤ以上の価値があるように思えてしまいます。
しかし、スファレライトは硬度が低いことに加え、へき開性が6方向にあるために、非常に脆くアクセサリーには向きません。

鉱物としてのポテンシャルが高いだけに残念ですね。

そのため、今回は原石として紹介させて頂きます。

透明感のある非常に珍しいスファレライト


d0303974_02053250.jpg
★グリーンクレオフェーン母岩付き ブルガリア産 15,660円 (税込み)★
サイズ:約幅50x奥行51x高さ20ミリ

まず、クレオフェーンとは、スファレライトの中でも透明感のあるものに対して特別に付けられた名前です。

スファレライトはパイライトの原石についていたり、割と色々な原石に共生しているので目にする機会は多いのですが、大抵は透明感のない黒光りする鉱物の印象が強いと思います。

しかし、透明感のあるクレオフェーンになりますと、一気にレア感が増して珍しいものになります。

クレオフェーンの成分としてはZnSですので、硫黄に亜鉛がくっついた成分をしております。
このパターンの鉱物は、金属元素が変わるだけで色々あります。
例えば、
亜鉛のところが鉄に変わると「パイライト」
亜鉛のところが鉄と銅に変わると「チャルコパイライト」
亜鉛のところが鉛に変わると「ガレーナ」などなど

共通して言えることは全て透明感を持っているものが存在しないこと。
それを考えるとやはりクレオフェーンは希少なものと言えると思います。
d0303974_02063700.jpg
★グリーンクレオフェーン母岩付き ブルガリア産 15,660円 (税込み)★
サイズ:約幅50x奥行51x高さ20ミリ

ちなみにヘマタイトのような金属光沢を持った上の写真の鉱物もスファレライトですので、一つの原石で二つのパターンのスファレライトを楽しむことが出来ますよ

究極の輝きを放つカット石


このクレオフェーンは先ほども述べましたが非常に脆いためカットなどの加工にも向きませんが、仮にルースとしてカットが出来たものは非常に綺麗な輝きを放ち、そして非常に高価になります。
それだけ、加工することが難しいですね。

そして、カットされたルースはアクセサリーに加工しないことをオススメします。
もちろん理由は脆過ぎるためです。。。
ルース用のケースに入れて、その美しさを鑑賞するのが一番です。

そしてカットされたクレオフェーンのルースがこちらです。
d0303974_08485564.jpg
★クレオフェーンルース(ブルガリア産) 73,440円 (税込み)★
サイズ:約7x7ミリ 1ct

本当はもっとギラっとしているのですが、動画でないと表現が難しかったです。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-09-27 09:00 | 入荷情報 (原石)

(9/29販売開始!!)糸魚川ヒスイ勾玉の魅力に関して(新潟県小滝川産)

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!

サルオさんに無理を言ってまた現れてしまいました。。。
勾玉だけはどうしても紹介させてもらいたいのです。。。☆

そして正直に言います、めちゃくちゃ長文です。
すぐるは大学が文系、レポートは4000字からが常套の学部でしたので、文字を伸ばす能力だけには長けているんです。。。
でもヒスイ出すんだったらこのくらい書かねばならない、正しい知識をもって帰ってもらいたい。
という思いから、敢えて長く書いております。

是非最後までお読みいただきたい。



とその前に、、、、はじめにご確認を。

※本日ご紹介する勾玉&ビーズは9/29(土)から全店とネットショップにて
販売をさせていただくものなります。
本日はまだ販売、、、とはいきませんが、
少々前のめりに「糸魚川ヒスイの鉱物的な豆知識」や「特徴、魅力」について、
先んじて語らせてもらいたいと思います☆

。。。さて今回勾玉化、そしてビーズ化を実現したのは「糸魚川ヒスイ」
新潟県や富山県の一部でも採ることのできる、他でもない「国産石」ですね!!

この石は2016年には正式に「日本の国石」という称号を獲得しました。
国石の最終候補には「花崗岩(グラニット)」、「輝安鉱(スティブナイト)」、「自然金」、「水晶」、「ヒスイ」の5つが挙げられ
その中から糸魚川を代表するヒスイが選定されたのですね!

元来から人気のあった糸魚川ヒスイですが、これを期に
大きくその認知度は高まりました。

そんな日本人としては1つはもっておきたい「糸魚川ヒスイ」× ふっくらとした「出雲型勾玉」
どんな感じで仕上がってきたかと言いますと、、、

d0303974_10331527.jpg
じゃじゃん!!この石の出雲型との相性はバツグン!!
ヒスイの柔らかな色合いと、丸みを帯びた出雲型勾玉が合わないはずはないのです(キラーン)!!

一見なんの関連性もないように思えますが、実は「ヒスイの勾玉」が島根で出土したという事実があります。島根では産出報告がないヒスイが見つかった。。。すなわちそれははるか遠くの糸魚川からもたらされたものなのです。

十勝石をはじめとした黒曜石も石器として、日本各地に広がりを見せましたが、
糸魚川ヒスイは装飾品として古くから交流時に用いられ、全国に拡がっていったのです。

そんな由緒のあるこの石だからこそ、作りたくて作りたくて仕方の無かった糸魚川ヒスイ勾玉なのですが、
十勝石同様に原石がなっかなか確保できず。。。辛酸を嘗めるような毎日を過ごしていたわけですが(誇大表現が過ぎますね笑)

この度バイヤーが直接糸魚川市の小滝川まで直接赴きまして、
既に原石を所有していた方から正式に貴重な原石をお譲り頂きました!

d0303974_07272289.jpg
糸魚川を流れる小滝川。この地域は冬になると数m雪が積もることもあるのだとか。
この小滝川付近から産出する個人所有の原石を正規のルートで入手することができました。

天然記念物であるヒスイはもう新しく採ることはできませんから
過去に、天然記念物になる前から所有していた方からもらいうけた個体しか加工ができないのです。
その絶対数は年々減ってしまうことを考えるとこのタイミングでも実現できたこと
本当に嬉しく思います。

d0303974_07360278.jpg

こんな形で大きなブロックで仕入れを行い、勾玉、ビーズへの加工が始まりました。
1ブロックで十数キロもあるようなサイズです。
実はこれ、勾玉やビーズに加工すると最終的に10%~20%という重さにまで減っていきます。
100キロ原石を仕入れたら、15kgくらいの勾玉&ビーズになって戻ってくる。

おかしな話に聞こえますが、
それは、板状にして、四角いブロックにして、そこから形を整えていく最中に、どんどんそぎ落とされていくため。
凄く低い数値に聞こえるかもしれませんが、経験上これでもかなり歩留まりが良い方です。
大抵は数パーセント。だからこそ高い石たちは、丸にするのは煙たがられて、ルースにされてしまうのですね!

十勝石はより原石の大きさも小さく、形も定まりませんでしたから、更に歩留まりが良くなかった。。。
だからアナタが身に着けている、そのビーズも、その勾玉も。製品化される裏で、その数倍もの重さの原石達がそぎ落とされていくのです。
そう思うともう、シャトーブリアンなんです。
ヒスイのシャトーブリアン。それを身に着けるチャンスなのですよ!!



こうして写真をみるだけでも、ヒスイ特有のぎっちりとした結晶構造が窺えますね。

実はヒスイというのは、カルセドニーやめのうなんかを想像してもらえると分かりやすいかと思うのですが、
目に見えるか見えないくらいの非常に小さな小さな結晶の集合体なのです。
その為硬度自体は6.5-7と水晶に近いのですが、その緻密さゆえに靭性という粘り強さをはかる指標ではダイヤモンドよりも強固であることが
分かっています。結晶が集まり絡みあうことで強い構造を示す。「和」を大切にするまさに日本人らしい石なのでございます。

「でも正直ヒスイって実際のところどうなの?」
「偽物もよく出回っていると聞くけど、、、」

そんな声もあることでしょう。
だからこそ、ここからは答えにくい事に敢えて答えていきます。
包み隠さず「糸魚川ヒスイ」の真相をお教えいたしましょう。

ちょっと長いのだけれども、最後まで見てほしいのです。




~ 糸魚川ヒスイにはヒスイが含まれていない可能性だってある? ~

このタイトルを見て衝撃を受けた人も少なからずいるはずです。
いろはすのもも味に、桃の果汁がまったく入っていなかったということに気づいた時くらいの衝撃。。。
すぐるちゃんも今回は大きく攻めてます。真実をお伝えするために。

理由は大きく2つあります。
●「きつね石」の存在 ●

きつね石というのは、ヒスイのそっくりさんや間違いやすい石の事を指します。
糸魚川ヒスイには、この「きつね石」が非常に多いという難題があります。

ロディン岩、アルビタイト、蛇紋岩、プリナイト、ネフライト。。。。などなど。これらがそのきつね石にあたる石たち。
そう化けるきつねの数が多いんですね。

実は先ほど天然記念物だからもう採れないとは言ったのですが、
採ってはいけない地域以外、例えば河から流れてきて砂浜に落ちているヒスイとかであれば今でも採集が可能とされています。
が、そこに落ちているヒスイっぽい原石をかき集めても、そう簡単にそれらがヒスイですとはいかないんですね。

角が取れた丸みを帯びたものはヒスイではないとか、トンカチで叩いて高い音がしたらヒスイとか
色んな見分け方を知っている人はいますが、その人たちですら100%言い切るのは勇気が要ります。
鑑別機関に依頼して蓋を開けてみたらまったくヒスイの成分は入っていなかった。。。なんてことも。。。

それほど難しい石なのです。
それゆえ長い間石を見てきた業者すら判別がつけれない。
知らないうちにノンヒスイの糸魚川ヒスイが販売されてしまうことだって普通にありえてしまうのです。


●どんなに濃くてもヒスイ100%のブロックはほぼ存在しない●

加えて押さえてもらいたいのが
「糸魚川ヒスイ=ヒスイ+他種鉱物が混ざり合ったもの」であること。

よくミャンマーで採れるビルマヒスイは、ジェダイトの成分の割合がかなり高く
そうした個体は「琅扞(ろうかん)」なんて呼ばれたりもするのですが、
糸魚川ヒスイは元々、ミャンマー産ほどジェダイトの成分があまり多くを占めていません。

無論少なからずそうした個体も埋まっているのでしょうが、
ミャンマーに比べると採れる量が違いますからその絶対数は少ない。
そして採掘禁止となってしまっている以上、そんな個体が埋まっていても蓋すらあけれないのです。


代わりに糸魚川ヒスイは固溶体といって
オンファス輝石などの同じ輝石族と混ざり合うことが多いのです。
でもそれは決してマイナスな要素ではなくって
色んな鉱物が交じり合って柔らかな色合いであることが
糸魚川ヒスイの魅力なのだと思ってほしいのです。


でもだからといってヒスイが全く含まれないなら糸魚川’’ヒスイ’’じゃない!
ここだけはこだわって出していきたいんですね!せっかく勾玉にするのだもの。
そしてよりお客様に対してクリーンでありたい!

↓ ↓ そんな思いから今回展開する勾玉、ブレス、ビーズは下記のことを実践しています ↓ ↓



~そんな難しい石、糸魚川ヒスイを誠実に販売をするために~

この難しいヒスイをしっかりこだわって販売していきたい。
お客様にヒスイ成分の含まれた糸魚川ヒスイだけを提供したい。

そこで、作製したビーズと勾玉をすべて国内の鑑別機関に送り、
ヒスイ成分が完全に入っていない個体に関しては排除しました。(スパーン)

実はここだけの話、12ミリや14ミリのビーズはほとんどヒスイ成分が出ませんでした。(ん~悔しいッ!!)
目利きを続けてきたバイヤーが時間をかけて買付を行い、
これは問題ないだろうという原石を加工しても、目視では判断しきれない難しさがあるのです。

とっても惜しいのだけれども「そうしたものはヒスイとして展開をしません(きっぱり!)
当然同じ糸魚川で採れた国産石ではありますから、含まれる鉱物を確定したうえで展開するかと思いますが、
めのや(アナヒータストーンズ)ではヒスイの含まれないビーズ&勾玉は、ヒスイの名前では出さない。
ここだけは誠心誠意こだわってまいります。

だからこそ皆様には安心して購入を頂けますと嬉しく思います。



~「糸魚川ヒスイ」=「」なのか ~

そのうえでヒスイのグレード、質の良い悪いって何ぞや?
という話をしていきます。

良く本翡翠と表現をされるミャンマーのビルマヒスイは、ほのかな緑~濃い緑をしている事が多く、
「ヒスイ=緑」とイメージを抱きがちです。
がしかし翡翠は七色と呼ばれるほどその色合いは多彩。その固定観念はぜひとも払拭していただきたいのです。

そもそも「翡翠」という漢字は音読みでは「ひすい」と呼びますが、
訓読みすると「かわせみ」という読みになります。

そうっ!カワセミは鮮やかな色彩の羽をもった鳥です。
その色を連想してしまうほど。「ヒスイ」はカラーバリエーションが豊富であったからこそ
カワセミと同じ漢字が当てがわれているのですね。


そして緑の濃い部分が、必ずしもジェダイトの成分が濃いというわけではありません。
例えば写真のような勾玉の緑の濃い部分。


d0303974_10342699.jpg



色味が濃く、一見ヒスイの成分がとりわけ多いところと思いますが、
実は「コスモクロア」や「ダイオプサイト」がその発色原因です。

純粋なヒスイは、実は「無色」なのですね~!
模様はヒスイを彩るプラス要素と思っていただけるのが一番なんですね~!!

そして先ほどいいましたように、
今回、めのやでは「ヒスイ」の含まれる個体のみを「糸魚川ヒスイ」として取り扱います。

だから、、、

d0303974_10353978.jpg

こんな個体も、、、

d0303974_10384479.jpg

少しラベンダーがかったこの個体も、、、
(ちなみにラベンダーっぽい部分は鉄が発色原因です)

d0303974_10390097.jpg

グレーから白に近い個体も、、、

d0303974_10391721.jpg

黒ヒスイと呼ばれるような色味の濃い個体も。。。
全て個性をもった「ヒスイ成分」を含む「糸魚川ヒスイ」です。

d0303974_10304277.jpg

だからこそ皆様の好きな色合い、模様のものを
選んで欲しい。

ちなみにそんな中でもすぐるのオススメはこんな個体です。

d0303974_10404772.jpg
全体を通じてほんのりと柔らかな緑。
まるで中国の高貴な器、青磁のような色合い。

模様はないけれど、ヒスイ本来の色合いを最も楽しめます。
そして、女性にも着けやすいんですね、これが。
やんわりと色合いは、ローズクォーツや、ブルーレースなどとも
相性が良いです。

是非29日、お店や、お店に行く時間が無い方はこちらのネットショップでも
販売しますので、お買い求めくださいませ~!!

長くなりましたが最後に。


~でもなぜ最近、こんなにも新しい勾玉に力を入れているのか~

「最近新しい勾玉が出るペースが早くなってきてる!?」

そうなのです。実はこれから今まで実現できなかった勾玉を中心に
色んな勾玉に挑戦していきたいと考えています。

なぜかというと、、、

来年4月末で「平成」という1つの時代が締めくくりを迎えます。
そして再来年、2020年は東京オリンピック。
国内外の方々に「日本の文化」に触れてもらえる、またとない機会。

今日当たり前であった事が明日にはそうではなくなってしまう。
そんな激動の時代だからこそ、古くから大切にしてきたもの。守り続けているものとして
日本独自の形、ふっくらとした「出雲型勾玉」を紹介していきたい。

d0303974_10350037.jpg

そんな思いから、今までできなかった石種に挑戦をしていく流れをバイヤーで作っていっております。
毎月のように出していくので、どんな石が出るかは是非期待していてくださいませっ!!

次に出る勾玉は、、、、Coming Soon!!

長い文をお読みいただきありがとうございました!!
では本日ここまで~!!






by stonebuyer | 2018-09-26 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

地味だけど役立つ鉱物

おはようございます。
サルヲです。

本日はスティルバイトのビーズを紹介させて頂きます。
なかなかなじみの薄い鉱物だと思いますので、この石の説明をさせて頂きます。

スティルバイトは和名で「束沸石」です。
見た目を重視する和名は今回も的を得ています。
そうです。スティルバイトの原石は束状になっている特徴があります。

沸石(ゼオライト)は約50種類の鉱物からなる大所帯のグループ名です。
ゼオライトという名前は加熱すると水分を分離し、その様子が沸騰しているように見えたことから、ギリシャ語の「沸騰する石」という意味で付けられた名前で、和名の沸石もここからきております。

重要な鉱物資源である沸石

実は現在でもこの島根県のとある場所では、沸石を産業目的として採掘が行われています。
僕も最近この鉱山に連れて行ってもらったことがあるのですが、穴を掘っているわけではなくて、大型の重機を使って山を削っているような印象でした。
*この鉱山は企業が所有している鉱山です。
許可なく立ち入ることは出来ませんのでご注意下さい。
その企業からお聞きした話では、ゼオライトは農園芸用として用いられているとのことでした。
ゼオライトの多孔質の性質を利用して土壌を改善して保肥性を高める効果があるそうです。

スティルバイト(束沸石)の魅力

スティルバイトのビーズはめったに見ることは出来ません。
それは、硬度が3.5~4と非常に低く、また、へき開性も一方向に完全であるため、加工には適していないためです。
そのビーズのお写真がこちらです。
d0303974_00263252.jpg
★スティルバイト10ミリ 518円 (税込み)★

オレンジ色が魅力的ですよね。
d0303974_00433500.jpg
★スティルバイト10ミリ 518円 (税込み)★

そして、この束になっている性質ゆえに特有の模様が出ているのもこの石の魅力の一つです。

実はこのスティルバイト弊社でよく取り扱っていたあの原石とよく共生しておりましたよ。

そうです。インド産のアポフィライトです。
アポフィライトには色々な沸石などの鉱物と共生しておりますよね。

数年ツーソンのミネラルショーでインド産のアソート原石の詰め合わせを大量に仕入れたことがありました。
そして、日本に帰ってとてつもなく後悔したことを記憶しております。

その後悔の理由は、あまりにもアソート過ぎてどれがどの鉱物か判断するのが難しかったからで、その最たるものがゼオライトでした。

正直アポフィライトやカバンサイトは特徴がはっきりしているので分かりやすいのですが、スティルバイト、ヒューランダイト(輝沸石)、スコレサイト(スコレス沸石)の見極めに苦労しました。

ということで、問題です。
下の3つの写真でスティルバイトではないものが1つあります。
それはどれでしょうか。
d0303974_00443155.jpg
d0303974_00450146.jpg
d0303974_00453126.jpg
ちなみにこの原石は全てアポフィライトの原石として仕入れているので、かわいそうなことに主役をアポフィライトに持っていかれていまが、このゼオライト達も十分輝いていると思うんですけどね。

正解は一番の下の写真がスティルバイトではございません。
一番しっかり束になっていますが、これはスコレサイトだと思われます。

ゼオライトは工業目的、農業目的として現在でも日本の数箇所で採掘が続けられています。
そんな実用的な鉱物をアクセサリーとして身につけるのも面白いと思います。
そして、周りの悪いものを吸着して取り除いてくれそうな気持ちになりますね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-25 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

20世紀最大の発見!といわれた宝石

非常に珍しいバイカラータンザナイト


出雲の歴史に興味があるサルオです。
本日はバイカラーのタンザナイトビーズを紹介させて頂きます。
まずは2枚のお写真を見て頂きましょう。
d0303974_08033958.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

d0303974_08034439.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

写真ですと違いが分かりにくいかも知れませんので、後ろから光を当てて見やすくしたいと思います。

d0303974_08034886.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

d0303974_08123910.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

どうでしょうか!
上の写真が少し紫がかった青色をしているのに対して、下の写真は完全に青です。
そして、どうしても境界線が気になったので、そこも撮影しましたよ。

そのお写真がこちらです。
d0303974_08124704.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

線を引いたように完全に色味が変わっている、非常に珍しいタンザナイトです。

バイカラータンザナイトは2つのタイプがございます。
元々タンザナイトはV(バナジウム)を含んで青色に発色したゾイサイトの変種です。
つまり、微量元素がバナジウムが多いと青色になります。

一つ目のパターンはTi(チタン)を含む場合です。
チタンの含有量が増えるに従ってタンザナイトは黄色に変化していきます。
これが、青と黄のバイカラーになるタイプです。

もう一つのタイプがCr(クロム)を含むタイプです。
クロムはルビーを赤く発色させている要因にもなっているので赤色のイメージがありますよね。
クロムを含むとタンザナイトの色味は紫色に変わっていきます。
絵の具の青に赤を混ぜると紫色に変わるので、そのイメージと同じですね。
(*先日紹介したエメラルドはCrで緑に発色しているので、正確にはどのような分子と結合するかで金属元素の色味は変わってきます。)

皆様のご想像通り、今回紹介させて頂いているタンザナイトのタイプは後者のクロムを含んだタイプです。
要因はタンザナイトが成長する過程で環境の変化が起きて成分が変わったことが推測されます。

また、このビーズに鑑別書は付いておりませんが、高額なものですので、ご注文時に「鑑別書希望」とご希望頂きましたら無料で鑑別書を付けさせていただきます。
その際は鑑別書作成に2週間程お時間を頂けると幸いです。

きっとタンザニアで産出されるのでタンザナイトなんですね


タンザナイトの名称はティファニー社が付けた宝石名であることは有名な話ですが、タンザニアで発見されたから「タンザナイト」って「そのままやん!」っと、つっ込みたくなるような名前ですね。
実際のところこの宝石名にした由来は分かりませんが、きっとそういうことなんでしょうね。(推測です)

タンザナイトといえばもう一つ是非紹介したいビーズがありましたので、こちらも紹介させて頂きたいと考えておりますので、是非見て頂けると喜びます。

タンザナイトHC5ミリビーズ


こちらは透明感が非常に高く色も濃いのでかなりオススメのビーズです。
d0303974_08370088.jpg
★タンザナイトHC5ミリビーズ タンザニア産 【限定5石】2,484円 (税込み)★

小さいビーズなので、綺麗な丸になっていないところはご容赦頂けると喜びます。
個体差はあまりございません。
限定5石入荷しておりますので、全ビーズ写った写真を紹介させて頂きます。

d0303974_08370714.jpg
★タンザナイトHC5ミリビーズ タンザニア産 【限定5石】2,484円 (税込み)★

タンザナイトは本当に美しい宝石ですね。

全く話は変わるんですが、昨日松江市の八雲にある熊野大社に行ってきました。
そこに国歌「君が代」の歌詞にもある「さざれ石」が置いてあったのですが、この「さざれ石」は出雲大社にも置いてあります。
出雲地方と繋がりのあることなんですかね。
気になったので、調べて近々報告させて頂こうと思います。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-24 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

無限の広がりを持つ丸玉

お部屋のインテリアとして丸玉


おはようございます。
サルオです。

本日は丸玉を紹介させて頂きます。
丸玉という形には「無限の広がりや拡大するエネルギーを意味し全方向にパワーを発散しています。」という意味があります。

つまり、丸玉を置くことでそお空間全体に石の持つパワーを放ってくれるということですね。
丸玉は用途に従ってお部屋や玄関などに置くと効果を発揮してくれます。

そして、今回紹介させて頂く丸玉は綺麗ですのでインテリアとしても最適ですよ。
個人的にかっこいい物はついつい玄関に飾っちゃいます。

それでは丸玉を紹介させて頂きます。

ゴールデンカルサイト


まずはゴールデンカルサイト40ミリサイズです。
d0303974_08163467.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 40mm (チャイナ)1,944円 (税込み)★

ゴールデンカルサイトと呼ばれるだけあって、とても存在感がありますね。
透明感もあって綺麗です。

黄色や金色は金運を象徴した色だといわれています。
お金を呼び込むみたい方は玄関に置いてみるのがいいかも知れませんね。

カルサイトには「成功・繁栄を表す、ポジティブな考えを持ちやる気を出す」という意味もありますので、リビングに飾りのも良さそうですね。
d0303974_08125049.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 40mm (チャイナ)1,944円 (税込み)★

続きまして55ミリです。
これくらい大きければ見ごたえも出ますよ~。
d0303974_08335768.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 55mm (チャイナ)5,292円 (税込み)★
レインボーが出ていて綺麗ですよ。
虹入りがお部屋を華やかにしてくれますね。
d0303974_08340208.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 55mm (チャイナ)5,292円 (税込み)★


グリーンフローライト


続きましてグリーンフローライトの丸玉を紹介させて頂きます。
d0303974_08403989.jpg
★グリーンフローライト丸玉 65mm (チャイナ)9,180円 (税込)★

グリーンフローライトには「感情の乱れを防ぐ、リラックスさせる、集中力アップ」という意味があります。
なので、書斎や勉強部屋に置くと効果を発揮しそうですね。

また、緑という色自体にもリラックス効果があるといわれていますので、寝室もオススメですよ。
d0303974_08153892.jpg
★グリーンフローライト丸玉 65mm (チャイナ)9,180円 (税込)★

その他、オンラインショップでは現在丸玉の特集をしておりますので、是非下記のリンクから覗いて頂けると喜びます。
https://anahita-style.com/feature/26499/

今日は今までになく、鉱物的なことは全く書きませんでしたが、内容的に書く必要もないのかなと思いました。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-23 09:00 | 入荷情報 (原石)

この宝石の定義はちょっと頭が固いんじゃないですかね!?

緑色のベリルはエメラルド!?

おはようございます。
本日運動会でマイムを踊るサルオです。

本日紹介させて頂くのはエメラルドのビーズです。
エメラルドはベリルの中でも希少種に当たりますので、まずはそこから説明させて頂きたいと考えております。
まず、エメラルドのお写真がこちらです。
d0303974_02013289.jpg
★エメラルドHC7ミリ 1,944円(税込み)★

ベリルは微量に含む金属元素により色が変わり、色によって宝石名が変わることはよく知られています。

有名なところで言えば、、、
アクアマリン・・・水色のベリル
モルガナイト・・・ピンク色のベリル
ヘリオドール・・・黄緑色のベリル
ゴシェナイト・・・無色のベリル
イエローベリル・・・黄色いベリル
などなど
ではエメラルドは、緑色のベリルということでOKでしょか?

答えは「否」です。

上記は全て色を基準に付けられた宝石名であって、微量に含む金属元素によって宝石名が変わっているわけではありません。
しかし、エメラルドは定義として「微量なCr(クロム)を含み緑色に発色したベリル」と決まっています。
つまり、緑色のベリルからクロムが検出されなければエメラルドとは呼べません。

そして、もし緑色に発色するベリルの要員がクロムだけであれば、何も問題はなかったのかもしれません。
しかし、鉄を含んだベリルの一部でも緑色(黄緑色に近い)に発色しますし、一番ややこしいのはV(バナジウム)によって発色したベリルが緑色に発色することです。

このバナジウムを含んで緑色に発色したベリルは外見上でエメラルドと区別が付かないことが時々あります。
バナジウムにより緑色に発色したベリルは「グリーンベリル」という名称になりますが、他のベリル系の宝石名が色に対して名前がついているのに、エメラルドだけが例外的にそうではないことは謎です。

そして、そのお陰でエメラルドを仕入れるとき「これは本当にエメラルドと呼んでもいいのか」という不安を常に持ちながら仕入れをしなければいけないため、非常に厄介です。

過去にもエメラルドを探しておられるお客様がいらっしゃり、仕入先さんが「エメラルド」として販売しているものを取り寄せたことがありました。

金額的に高価なものだったので、念のため鑑別をしてみた結果が「グリーンベリル」。
鑑別先の方に確認したところ、やはりバナジウム発色とのことで、他にお客様の希望に沿うものが見つからなかったので、逆にお客様にご迷惑をかけてしまったということがありました。

僕は宝石業界の名前を変えられるほどの力はもちろん持っていません。
しかしながら、もし絶大な権力を持っていれば、「緑のベリル」=「エメラルド」にしよう!と提案したいです。

いかんですね。
また前置きが長くなってしまいましたね。
エメラルドが希少種なのは、その出来方もあるのですが、そのあたりは、今度エメラルドを紹介させて頂くときにさせて頂きましょう。

d0303974_02024330.jpg
★エメラルドHC7ミリ 1,944円(税込み)★

今回紹介させて頂いているエメラルドはかなり深い緑色をしております。
そして一番の特徴は透明感があることです。
透明感のあるエメラルドのビーズは中々入荷することがないのでかなり貴重な存在なのは間違いございません。

また、エメラルドといえば黒いインクルージョンが入りやすいことです。
正直、このビーズも黒い線状のインクルージョンは入っております。
しかし、インクルージョンが多いのもエメラルドの特徴です。
僕が参考にさせて頂いている本の中には「インクルージョンのないエメラルドは、砂場に落とした1本の針を探すようなものだ」と書いてあります。

それくらい、インクルージョンのないエメラルドは中々に存在していないことをご周知頂けると喜びます。

話は変わりますが、いつかベリルの中でも最上級にレアな存在であるレッドベリルのビーズを紹介する日が来ればいいなぉと思います。
ちなみに、今まででルースやペンダント、原石以外では一度も見たことがございません。
そして、お値段もとんでもない金額でした。

個人的には数年前に夏休みの企画展で島根県大田市にある三瓶サヒメルの鉱物コーナーで見たレッドベリルが衝撃的に美しくて、マイベストなレッドベリルです。
確かどこかの大学が学術的にコレクションしているものと書いてあったような気がします。
また見る機会があって可能であれば写真に収めてコレクションしたいです。
(許されればですけどね。)

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-22 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

なんとも贅沢な盛り沢山なアメジスト

明日からダイエットを試みることに決めたサルオです。

バイカラー&ファントムアメジスト


d0303974_20002560.jpg
★エレスチャルアメジスト ルース ブラジル産 24,840円(税込み)★
サイズ:約27x18x厚み9mm

特徴が多いのでどこから話を進めていくか迷いましたが、まずはファントムについてお話させて頂きます。
この特徴的なバイカラーになっているファントムですが、通常水晶が持つファントムとは見た目が異なります。

水晶の場合、一度成長が止まったときに別の鉱物がくっつき、そして成長を再び始めるため、ファントムが見えるようになります。
しかし、アメジストに至ってはそのようなタイプのファントムではなく、途中で色味が変わるバイカラー状態としてファントムが形成されることがよくあります。

これは、原理として水晶のファントムが出来る要因と一緒なのでしょうか!?
そうです。見た目からもなんとなく想像できますが、要因は異なります。

ファントムクォーツは大きく2つのタイプに分けられます。
それは、前述の成長停止と再成長を繰り返すタイプと、今回紹介させて頂いているアメジストのように成長環境が徐々に変化していき層を形成するタイプです。

つまり、アメジストの紫色をつける要因となっている「鉄」が水晶の成長と共に周りの環境の影響で濃度が変化し、紫色の濃い部分、薄い部分が出来てファントムを形成しています。

そして、このルースをよく見ると5層のファントムを見ることが出来ので非常に面白いです。

鉄が水晶に及ぼす影響と内包物について


アメジストの紫色の要員が鉄によるものであることはお話させて頂きましたが、赤や黒など針状の内包物も鉄を主成分とする鉱物です。
このブログ内でも何度も語られてはいますが、また言わせて下さい。
これはゲーサイトとレピドクロサイトです。
両者は同質異像(同じ成分で結晶構造が違うもの)の鉱物です。

つまり、過剰に水晶に取り込まれた鉄分がゲーサイトやレピドクロサイトとなって水晶中で結晶化します。
一見針状の内包物に見えますが、下の拡大された画像を見ると、完全な針状ではなく鱗状になっていることが分かりますので、この両者が含まれていることが分かります。
d0303974_20231651.jpg
★エレスチャルアメジスト ルース ブラジル産 24,840円(税込み)★
サイズ:約27x18x厚み9mm

面白いのがファントムの錐面(ポイントの先っぽの面)に対して、垂直に規則正しくゲーサイトやレピドクロサイトが内包されているところです。
このことから、ゲーサイトやレピドクロサイトがアメジストの成長と共に同じ方向に伸びて行っていることが分かります。

よく、ゲーサイトやレピドクロサイトが平行して内包しているのはこのためで、成長の方向をうかがい知ることが出来ます。
そして、この特徴のお陰でキャッツアイ効果が出るので、その石の魅力を増幅させてくれます。

このキャッツアイ効果は今回紹介させて頂いているエレスチャルアメジストのルースも例外ではなく入っております。
d0303974_20005835.jpg
★エレスチャルアメジスト ルース ブラジル産 24,840円(税込み)★
サイズ:約27x18x厚み9mm

横から見てもしっかり内包物が入っていることが分かりますね。

おさらいすると、このエレスチャルアメジストのオススメポイントは
・アメジスト部分と水晶部分がはっきり分かれたバイカラー
・5層のアメジストファントム
・ぎっしり規則正しく内包されたゲーサイトやレピドクロサイト
・しっかりとした透明感
です。

ここからは余談です。
アメジストの名前のルーツについて、ギリシャ神話に登場する女性の名前が由来になっているそうです。
酒の神様「バッカス」が悪戯で少女を石に変えてしまった。
その少女の名前がアメシストさんです。

その伝説のためにアメジストと身につけていればお酒に酔わないなんて話までも作られたらしいですよ!
全くお酒の飲めない僕には信じられない話ですけどね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-21 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)