すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

20世紀最大の発見!といわれた宝石

非常に珍しいバイカラータンザナイト


出雲の歴史に興味があるサルオです。
本日はバイカラーのタンザナイトビーズを紹介させて頂きます。
まずは2枚のお写真を見て頂きましょう。
d0303974_08033958.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

d0303974_08034439.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

写真ですと違いが分かりにくいかも知れませんので、後ろから光を当てて見やすくしたいと思います。

d0303974_08034886.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

d0303974_08123910.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

どうでしょうか!
上の写真が少し紫がかった青色をしているのに対して、下の写真は完全に青です。
そして、どうしても境界線が気になったので、そこも撮影しましたよ。

そのお写真がこちらです。
d0303974_08124704.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

線を引いたように完全に色味が変わっている、非常に珍しいタンザナイトです。

バイカラータンザナイトは2つのタイプがございます。
元々タンザナイトはV(バナジウム)を含んで青色に発色したゾイサイトの変種です。
つまり、微量元素がバナジウムが多いと青色になります。

一つ目のパターンはTi(チタン)を含む場合です。
チタンの含有量が増えるに従ってタンザナイトは黄色に変化していきます。
これが、青と黄のバイカラーになるタイプです。

もう一つのタイプがCr(クロム)を含むタイプです。
クロムはルビーを赤く発色させている要因にもなっているので赤色のイメージがありますよね。
クロムを含むとタンザナイトの色味は紫色に変わっていきます。
絵の具の青に赤を混ぜると紫色に変わるので、そのイメージと同じですね。
(*先日紹介したエメラルドはCrで緑に発色しているので、正確にはどのような分子と結合するかで金属元素の色味は変わってきます。)

皆様のご想像通り、今回紹介させて頂いているタンザナイトのタイプは後者のクロムを含んだタイプです。
要因はタンザナイトが成長する過程で環境の変化が起きて成分が変わったことが推測されます。

また、このビーズに鑑別書は付いておりませんが、高額なものですので、ご注文時に「鑑別書希望」とご希望頂きましたら無料で鑑別書を付けさせていただきます。
その際は鑑別書作成に2週間程お時間を頂けると幸いです。

きっとタンザニアで産出されるのでタンザナイトなんですね


タンザナイトの名称はティファニー社が付けた宝石名であることは有名な話ですが、タンザニアで発見されたから「タンザナイト」って「そのままやん!」っと、つっ込みたくなるような名前ですね。
実際のところこの宝石名にした由来は分かりませんが、きっとそういうことなんでしょうね。(推測です)

タンザナイトといえばもう一つ是非紹介したいビーズがありましたので、こちらも紹介させて頂きたいと考えておりますので、是非見て頂けると喜びます。

タンザナイトHC5ミリビーズ


こちらは透明感が非常に高く色も濃いのでかなりオススメのビーズです。
d0303974_08370088.jpg
★タンザナイトHC5ミリビーズ タンザニア産 【限定5石】2,484円 (税込み)★

小さいビーズなので、綺麗な丸になっていないところはご容赦頂けると喜びます。
個体差はあまりございません。
限定5石入荷しておりますので、全ビーズ写った写真を紹介させて頂きます。

d0303974_08370714.jpg
★タンザナイトHC5ミリビーズ タンザニア産 【限定5石】2,484円 (税込み)★

タンザナイトは本当に美しい宝石ですね。

全く話は変わるんですが、昨日松江市の八雲にある熊野大社に行ってきました。
そこに国歌「君が代」の歌詞にもある「さざれ石」が置いてあったのですが、この「さざれ石」は出雲大社にも置いてあります。
出雲地方と繋がりのあることなんですかね。
気になったので、調べて近々報告させて頂こうと思います。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-24 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

無限の広がりを持つ丸玉

お部屋のインテリアとして丸玉


おはようございます。
サルオです。

本日は丸玉を紹介させて頂きます。
丸玉という形には「無限の広がりや拡大するエネルギーを意味し全方向にパワーを発散しています。」という意味があります。

つまり、丸玉を置くことでそお空間全体に石の持つパワーを放ってくれるということですね。
丸玉は用途に従ってお部屋や玄関などに置くと効果を発揮してくれます。

そして、今回紹介させて頂く丸玉は綺麗ですのでインテリアとしても最適ですよ。
個人的にかっこいい物はついつい玄関に飾っちゃいます。

それでは丸玉を紹介させて頂きます。

ゴールデンカルサイト


まずはゴールデンカルサイト40ミリサイズです。
d0303974_08163467.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 40mm (チャイナ)1,944円 (税込み)★

ゴールデンカルサイトと呼ばれるだけあって、とても存在感がありますね。
透明感もあって綺麗です。

黄色や金色は金運を象徴した色だといわれています。
お金を呼び込むみたい方は玄関に置いてみるのがいいかも知れませんね。

カルサイトには「成功・繁栄を表す、ポジティブな考えを持ちやる気を出す」という意味もありますので、リビングに飾りのも良さそうですね。
d0303974_08125049.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 40mm (チャイナ)1,944円 (税込み)★

続きまして55ミリです。
これくらい大きければ見ごたえも出ますよ~。
d0303974_08335768.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 55mm (チャイナ)5,292円 (税込み)★
レインボーが出ていて綺麗ですよ。
虹入りがお部屋を華やかにしてくれますね。
d0303974_08340208.jpg
★ゴールデンカルサイト丸玉 55mm (チャイナ)5,292円 (税込み)★


グリーンフローライト


続きましてグリーンフローライトの丸玉を紹介させて頂きます。
d0303974_08403989.jpg
★グリーンフローライト丸玉 65mm (チャイナ)9,180円 (税込)★

グリーンフローライトには「感情の乱れを防ぐ、リラックスさせる、集中力アップ」という意味があります。
なので、書斎や勉強部屋に置くと効果を発揮しそうですね。

また、緑という色自体にもリラックス効果があるといわれていますので、寝室もオススメですよ。
d0303974_08153892.jpg
★グリーンフローライト丸玉 65mm (チャイナ)9,180円 (税込)★

その他、オンラインショップでは現在丸玉の特集をしておりますので、是非下記のリンクから覗いて頂けると喜びます。
https://anahita-style.com/feature/26499/

今日は今までになく、鉱物的なことは全く書きませんでしたが、内容的に書く必要もないのかなと思いました。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-23 09:00 | 入荷情報 (原石)

この宝石の定義はちょっと頭が固いんじゃないですかね!?

緑色のベリルはエメラルド!?

おはようございます。
本日運動会でマイムを踊るサルオです。

本日紹介させて頂くのはエメラルドのビーズです。
エメラルドはベリルの中でも希少種に当たりますので、まずはそこから説明させて頂きたいと考えております。
まず、エメラルドのお写真がこちらです。
d0303974_02013289.jpg
★エメラルドHC7ミリ 1,944円(税込み)★

ベリルは微量に含む金属元素により色が変わり、色によって宝石名が変わることはよく知られています。

有名なところで言えば、、、
アクアマリン・・・水色のベリル
モルガナイト・・・ピンク色のベリル
ヘリオドール・・・黄緑色のベリル
ゴシェナイト・・・無色のベリル
イエローベリル・・・黄色いベリル
などなど
ではエメラルドは、緑色のベリルということでOKでしょか?

答えは「否」です。

上記は全て色を基準に付けられた宝石名であって、微量に含む金属元素によって宝石名が変わっているわけではありません。
しかし、エメラルドは定義として「微量なCr(クロム)を含み緑色に発色したベリル」と決まっています。
つまり、緑色のベリルからクロムが検出されなければエメラルドとは呼べません。

そして、もし緑色に発色するベリルの要員がクロムだけであれば、何も問題はなかったのかもしれません。
しかし、鉄を含んだベリルの一部でも緑色(黄緑色に近い)に発色しますし、一番ややこしいのはV(バナジウム)によって発色したベリルが緑色に発色することです。

このバナジウムを含んで緑色に発色したベリルは外見上でエメラルドと区別が付かないことが時々あります。
バナジウムにより緑色に発色したベリルは「グリーンベリル」という名称になりますが、他のベリル系の宝石名が色に対して名前がついているのに、エメラルドだけが例外的にそうではないことは謎です。

そして、そのお陰でエメラルドを仕入れるとき「これは本当にエメラルドと呼んでもいいのか」という不安を常に持ちながら仕入れをしなければいけないため、非常に厄介です。

過去にもエメラルドを探しておられるお客様がいらっしゃり、仕入先さんが「エメラルド」として販売しているものを取り寄せたことがありました。

金額的に高価なものだったので、念のため鑑別をしてみた結果が「グリーンベリル」。
鑑別先の方に確認したところ、やはりバナジウム発色とのことで、他にお客様の希望に沿うものが見つからなかったので、逆にお客様にご迷惑をかけてしまったということがありました。

僕は宝石業界の名前を変えられるほどの力はもちろん持っていません。
しかしながら、もし絶大な権力を持っていれば、「緑のベリル」=「エメラルド」にしよう!と提案したいです。

いかんですね。
また前置きが長くなってしまいましたね。
エメラルドが希少種なのは、その出来方もあるのですが、そのあたりは、今度エメラルドを紹介させて頂くときにさせて頂きましょう。

d0303974_02024330.jpg
★エメラルドHC7ミリ 1,944円(税込み)★

今回紹介させて頂いているエメラルドはかなり深い緑色をしております。
そして一番の特徴は透明感があることです。
透明感のあるエメラルドのビーズは中々入荷することがないのでかなり貴重な存在なのは間違いございません。

また、エメラルドといえば黒いインクルージョンが入りやすいことです。
正直、このビーズも黒い線状のインクルージョンは入っております。
しかし、インクルージョンが多いのもエメラルドの特徴です。
僕が参考にさせて頂いている本の中には「インクルージョンのないエメラルドは、砂場に落とした1本の針を探すようなものだ」と書いてあります。

それくらい、インクルージョンのないエメラルドは中々に存在していないことをご周知頂けると喜びます。

話は変わりますが、いつかベリルの中でも最上級にレアな存在であるレッドベリルのビーズを紹介する日が来ればいいなぉと思います。
ちなみに、今まででルースやペンダント、原石以外では一度も見たことがございません。
そして、お値段もとんでもない金額でした。

個人的には数年前に夏休みの企画展で島根県大田市にある三瓶サヒメルの鉱物コーナーで見たレッドベリルが衝撃的に美しくて、マイベストなレッドベリルです。
確かどこかの大学が学術的にコレクションしているものと書いてあったような気がします。
また見る機会があって可能であれば写真に収めてコレクションしたいです。
(許されればですけどね。)

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-22 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

なんとも贅沢な盛り沢山なアメジスト

明日からダイエットを試みることに決めたサルオです。

バイカラー&ファントムアメジスト


d0303974_20002560.jpg
★エレスチャルアメジスト ルース ブラジル産 24,840円(税込み)★
サイズ:約27x18x厚み9mm

特徴が多いのでどこから話を進めていくか迷いましたが、まずはファントムについてお話させて頂きます。
この特徴的なバイカラーになっているファントムですが、通常水晶が持つファントムとは見た目が異なります。

水晶の場合、一度成長が止まったときに別の鉱物がくっつき、そして成長を再び始めるため、ファントムが見えるようになります。
しかし、アメジストに至ってはそのようなタイプのファントムではなく、途中で色味が変わるバイカラー状態としてファントムが形成されることがよくあります。

これは、原理として水晶のファントムが出来る要因と一緒なのでしょうか!?
そうです。見た目からもなんとなく想像できますが、要因は異なります。

ファントムクォーツは大きく2つのタイプに分けられます。
それは、前述の成長停止と再成長を繰り返すタイプと、今回紹介させて頂いているアメジストのように成長環境が徐々に変化していき層を形成するタイプです。

つまり、アメジストの紫色をつける要因となっている「鉄」が水晶の成長と共に周りの環境の影響で濃度が変化し、紫色の濃い部分、薄い部分が出来てファントムを形成しています。

そして、このルースをよく見ると5層のファントムを見ることが出来ので非常に面白いです。

鉄が水晶に及ぼす影響と内包物について


アメジストの紫色の要員が鉄によるものであることはお話させて頂きましたが、赤や黒など針状の内包物も鉄を主成分とする鉱物です。
このブログ内でも何度も語られてはいますが、また言わせて下さい。
これはゲーサイトとレピドクロサイトです。
両者は同質異像(同じ成分で結晶構造が違うもの)の鉱物です。

つまり、過剰に水晶に取り込まれた鉄分がゲーサイトやレピドクロサイトとなって水晶中で結晶化します。
一見針状の内包物に見えますが、下の拡大された画像を見ると、完全な針状ではなく鱗状になっていることが分かりますので、この両者が含まれていることが分かります。
d0303974_20231651.jpg
★エレスチャルアメジスト ルース ブラジル産 24,840円(税込み)★
サイズ:約27x18x厚み9mm

面白いのがファントムの錐面(ポイントの先っぽの面)に対して、垂直に規則正しくゲーサイトやレピドクロサイトが内包されているところです。
このことから、ゲーサイトやレピドクロサイトがアメジストの成長と共に同じ方向に伸びて行っていることが分かります。

よく、ゲーサイトやレピドクロサイトが平行して内包しているのはこのためで、成長の方向をうかがい知ることが出来ます。
そして、この特徴のお陰でキャッツアイ効果が出るので、その石の魅力を増幅させてくれます。

このキャッツアイ効果は今回紹介させて頂いているエレスチャルアメジストのルースも例外ではなく入っております。
d0303974_20005835.jpg
★エレスチャルアメジスト ルース ブラジル産 24,840円(税込み)★
サイズ:約27x18x厚み9mm

横から見てもしっかり内包物が入っていることが分かりますね。

おさらいすると、このエレスチャルアメジストのオススメポイントは
・アメジスト部分と水晶部分がはっきり分かれたバイカラー
・5層のアメジストファントム
・ぎっしり規則正しく内包されたゲーサイトやレピドクロサイト
・しっかりとした透明感
です。

ここからは余談です。
アメジストの名前のルーツについて、ギリシャ神話に登場する女性の名前が由来になっているそうです。
酒の神様「バッカス」が悪戯で少女を石に変えてしまった。
その少女の名前がアメシストさんです。

その伝説のためにアメジストと身につけていればお酒に酔わないなんて話までも作られたらしいですよ!
全くお酒の飲めない僕には信じられない話ですけどね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-21 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

まるで日本刀のような輝きを放つ天然石を内包した水晶

かつては日本を代表する鉱物だったスティブナイト


二度と胃カメラは受けまい!と心に決めたサルオです。

愛媛県市ノ川鉱山では明治時代に巨大なスティブナイトがたくさん産出されました。
しかし、当時の日本人はその素晴らしさに気づいておらず、良品のほとんどが海外に流出してしまったそうです。
そして、世界の博物館の鉱物部門では日本産のスティブナイトが輝いているそうです。
なんとも残念な話ですが、10年くらい前にこの愛媛県産のスティブナイトのすごい標本を僕の地元に程近い兵庫県の生野銀山の鉱物博物館で見た記憶があります。

そして、日本刀のような鋭さをもつ輝きに圧倒されて、その魅力の虜になりました。
現在ではもう生野銀山にはないそうですので、その時写真を撮っていなかったことを今でも後悔しております。

スティブナイトインクォーツ4mmビーズ

まず、この石の産地についてですが、現在国産のスティブナイトはほぼ枯渇しておりますので、残念ながら日本産ではございません。
こちらは中国産のスティブナイトインクォーツです。
d0303974_02120528.jpg
★スティブナイトinクォーツ4mm (中国産) 700円+税★

おそらく今まで4mmサイズのスティブナイトインクォーツは初めてではないでしょうか、
ビーズが小さいだけに、水晶にしっかりスティブナイトが入っているのでとても見栄えがあります。
そして、スティブナイトらしい金属光沢も健在ですよ。
d0303974_02191980.jpg
★スティブナイトinクォーツ4mm (中国産) 700円+税★

複数の結晶が集まっているものも魅力的ですが、個人的には1本太いのがズバっと入っているもの方が好みです。

そういえば、僕の知る限りこのスティブナイトインクォーツが出回り始めたのが2009年前後くらいだったように記憶しております。
その時、業界の中でも注目され話題になったのですが、あれからもう10年くらい経ったんですね。
この先10年の間にどんな新しいものが出てくるのか楽しみですね。

ここからは余談ですが、もしかしたら、わずかな方でも胃カメラの結果が気になっておられる人もおられるかも知れませんので報告させて頂きますと、、、

結果は胃カメラをするほどのことではない軽い胃炎でした。
胸焼けが本当に辛いと思ったのですが、生来僕は痛みに弱くて大騒ぎする癖があるようです。
なので、やはり胃カメラでも大騒ぎをして看護師さん達に「もうすぐ終わるから。頑張って。」など大いに励ましを頂きました。

あとで知ったのですが、この看護師さんは妻の中学時代からの同級生でお友達とのこと。
きっと、「あいつ、たかが胃カメラで大騒ぎしとったよ。」なんて二人で酒の肴にされるんだろうなと思うと悔しいです。
あらかじめ知っていたら僕もきっとクールに決めてたはずなのに、、、(いや無理か)
とりあえず、僕の鼻の穴が小さいせいか、とても苦しい体験でございました。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-20 09:01 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

世界中の人が魅了された空色の宝石

トルコでは採れないトルコ石

本日、人生初の胃カメラを体験するサルオです。
いや~今日という日が来なければいいのに、、、なんて思っていると眠れませんでした。
なので今日はこのブログを朝4時に書いています。

ターコイズの和名は「トルコ石」ですが、トルコでは産出されないのは有名な話です。
誤って「トルコ」という名前が付いてしまったのは、産出地のペルシャ(現在のイラン)からトルコを経由して地中海方面に持ち込まれたのが要因です。

現在では「ターコイズ」の産地というと中東よりもアメリカやメキシコ、中国産が一般的です。
本日紹介させて頂くターコイズの丸玉は、メキシコ産のかなり上質なターコイズですよ。
d0303974_07043968.jpg
★ターコイズ丸玉30mm 86,400円(税込み)★

上の写真は一番綺麗なところを撮影した写真です。
とっても鮮やかで綺麗な水色をしていますね。

しかしやはりインクルージョンは入ってきてしまいます。
そのお写真がこちらです。
d0303974_07043000.jpg
★ターコイズ丸玉30mm 86,400円(税込み)★

この黒っぽい内包物はゲーサイトです。
よく見かけるスパイダー模様のターコイズを作っている黒い内包物もゲーサイトの場合が多いです。

ターコイズは構造上、結晶粒どうしの空間が存在しています。
硬度も5~6と決して高くはないため、カット、研磨などの加工にはあまり適していません。
そのため。ターコイズの強度を上げるために広く一般的に樹脂含浸処理が施されています。
(その加工をスタビライズド加工といいます)
このターコイズの丸玉も例外ではなくスタビライズド加工が施されていますが、着色はしておりませんのでご安心下さい。

全く関係ない話ですが、トルコ石を漢字で書けますでしょうか。
天然石の本を見ているとターコイズの和名として漢字で「土耳古石」と書かれていました。

つまり国名のトルコの漢字って「土耳古」なんですね。
「つち・みみ・ふるい」ってとってもシュールで面白いです!
そんな状況を想像してみたのですが、僕の硬い頭ではイメージが浮かびませんでした。

あて字にしても「耳」を「る」とは読みませんよね。
謎です。謎過ぎます。。。という事でグーグル先生に聞いてみました。

すると、過去にヤフー知恵袋でこの質問をしておられる方がいました。
どうやら、中国由来の可能性があるようで、元々中国で付けられた「トルコ」の漢字から来ているようです。
つまり中国では「耳」を「る」と読むんですかね。
分かりませんが。。。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
それでは、元気に胃カメラに行ってきます。

by stonebuyer | 2018-09-19 09:00 | 入荷情報 (原石)

商品名をつけるのが難しい宝石

似た色味で3つの名前を持つベリル

ついに水木しげるロードに行ってきたサルオです。

本日はペンダントトップの紹介です。
早速お品物を見てみましょう。

ちなみに、このペンダントの宝石名が何か分かりますでしょうか。
ヒントはベリル族の鉱物です。
d0303974_06290238.jpg
候補が3つございます。
「ヘリオドール」「イエローベリル」「ゴールデンベリル」

この石は「イエローベリル」です。
全て黄色を軸にした色味の違いですが、それぞれ正式に名称が分かれています。

以前はこの3つの名称のベリルは全てヘリオドールと呼ばれていたそうですが、現在では黄緑色をしたベリルのみ「ヘリオドール」という名前になるようです。
そして、黄色いベリルが「イエローベリル」オレンジ色がかっているベリルが「ゴールデンベリル」となります。

毎度この黄色い色味のベリルがどれにあたるのか迷います。
はっきりと色に違いがあれば分かりやすいのですが、微妙な中間色のときは本当に困ってしまうときがあります。
d0303974_06440964.jpg
★イエローベリルSVST 23,760円(税込み)★
石のサイズ約11mm×6mm×4mm

透明感の非常に高いイエローベリルです。
ビーズでもこの色味でこの透明感のものが欲しいなぁと思いますが、今まで見たことがありません。
やはり、貴重なものはビーズにならずペンダントトップなどのアクセサリーになるんですね。

その方が石を最大限無駄なく使えますからね。

話は変わりますが、リニューアルされた水木しげるロードに行ってきました。
場所は鳥取県境港市です。
島根県の県庁所在地である松江からは大根島を通って巨大な橋を渡って行きます。
この巨大な橋は少し前に自動車のCMで「べた踏み坂」として使われていたので有名になりましたね。
実際には僕のオンボロ軽自動車でもべた踏の必要はなく十分登れますよ。
d0303974_07054583.jpg
水木しげるロードではきたろうなどたくさんの妖怪の銅像があります。
何体あるのか全く分からないくらいたくさんありますよ。

リニューアルして変わったところは、僕が気づいた限りではアーケードがなくなっていたくらいですかね。

でもおいしいものを食べ歩きしながらスタンプラリーをしていくだけでも十分楽しめますよ。

そして「たまゆら 境港店」もありますので宜しくお願いします。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-18 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

突然ですがクイズです

おはようございます。
サルオです。

早速ですが、クイズをさせて頂きます。


下の4つの天然石の中で一つだけ全く別の鉱物があります。
どれか分かりますでしょうか。
d0303974_08051911.jpg
d0303974_08053030.jpg
d0303974_08054229.jpg
d0303974_08054970.jpg
ちなみに、この両者がビーズなど加工されると全く見分けが付かないよくあります。
しかし、今回は原石なので分かりやすいかな?と思います。

・ヒント1
1番上の写真の紫色をしている天然石は結晶の形が特徴的ですね。
この事から鉱物名を一つ特定する事が出来ると思います。

・ヒント2
もう一つの鉱物は透明感のある紫色の天然石といえば「これ!」って言うくらい有名な石で誕生石にもなっています。

・ヒント3
上から2つ目の天然石は少し青色がかっていますね。
いろいろな色を持っているのがこの天然石の特徴ですが、色が変わっても宝石名は変わりません。
名前の頭に色の名前が付いてパープル○○○○○○、ブルー○○○○○○になります。

一方仲間はずれの天然石は、色が変わると名前も全く別のものに変わります。

正解は
一番下のものが仲間はずれの鉱物です。
お写真の上3つはフローライト、一番下のものはアメジストです。

このアメジストですが、なんとも不思議な形をしております。
形状は、インドのヒマラヤ山脈で産出される「アイスクリスタル」にそっくりです。

確かに水晶やアメジストは色々な形状で産出されます。
そしてそれが魅力でもあるのですが、アメジストがこの形状で産出されるのを初めてみました。

仕入先さんの話では、ブラジルのセアラ州で発見された新しいアメジストとのことで、今年のツーソンミネラルショーでも出回っていなかったので、ブラジルに直接買い付けに行っている業者しか持っていないそうです。

少なくとも日本に入っている物量はまだまだ少なく、かなり珍しいものであることには間違いと思います。
そして今後、流通量が増えるのか、それとも見かけなくなっていくのか、今のところ予想は出来ません。

アメジスト原石 ブラジル・セアラ州産

それではこのアメジストについて考えていきましょう。
実際のところはまだ解明されていませんのであくまでも推測なのでご了承下さい。
d0303974_08320836.jpg
★アメジスト原石 ブラジル・セアラ産 27,000円(税込み)★
約11cm×5cm×2.8cm 約220g

まずこの全体像ですが、両端に結晶の先端があるように見えます。
つまりよく見かけるアメジストのクラスターとはそもそも出来方が異なり、両剣水晶のような形で結晶ができたと思われます。

しかし、フラワーアメジストなど放射状に結晶が成長しているアメジスト以外で、両剣になっているアメジスト自体を僕は見たことがないので、そういう意味でも興味深いです。

両剣水晶は粘土状の鉱物に埋もれて成長したか、柱面の一部が岩石に接触して成長した場合に出来ますので、おそらくこのアメジストも同じような状況にあったものと推測します。

次に面白いのはまるで腐食したかのような形状です。
d0303974_08452900.jpg
★アメジスト原石 ブラジル・セアラ産 27,000円(税込み)★
約11cm×5cm×2.8cm 約220g

上の写真のように表面はごつごつしていますが、結晶の表面に穴がたくさん空いているのが分かります。
おそらく、強い酸などの影響でアメジストと共生していたカルサイトが溶けてしまったものではないかと思います。
その証拠にアメジストに空いた穴の形状がカルサイトの結晶によく見られるの錐(きり)状の「犬牙状」をしているのが分かります。

おそらくですがトライドーニック水晶(錐面に逆三角形のマークが出る水晶)の場合、水晶の表面が滑らかになるイメージがあるので、トライゴーニックが出来るほどの強い酸とは異なるのではないかと推測します。
しかし、アメジスト部分も少し滑らかになっているので、やはり同じ原因ですかね。
すいません。ここは非常に悩んでいるので、不確かです。

以上がこの非常に珍しいアメジストの考察でした。
考えているときが一番楽しいですね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-17 09:00 | 入荷情報 (原石)

天然石の本の1ページ目にくる宝石

二色生を持つこの石の魅力

胸焼けの緩和と引き換えに便秘に悩むサルオです。
薬を飲むと何故か便秘になりがちですよね。。。
僕だけですかね。。。

すいません。朝から汚い話をしてしまいました。
気を取り直して石の話をさせて頂きます。

二色性といえばやっぱりこの石「アイオライト」ですよね。
弊社の9月の誕生石サブストーンとして扱われています。

二色性については下の写真をご確認下さい。
d0303974_08022002.jpg
★アイオライト8㎜ブレスレット 35,640円(税込み)★

上の写真の3粒のビーズは下の写真の3粒のビーズと同じビーズです。
それを分かりやすくするために3粒の一番右のビーズはゴムの結び目の隣のビーズにしました。

上の写真は少し黒味がかった黄色をしておりますよね。
対して下のお写真は少し紫がかった濃い紺色をしております。

これは、石の内部を通った光が、方向によって異なった吸収のされ方をするためです。
この特殊な性質を作っている原因は鉄分(Fe)で、その鉄はアイオライトは青色に発色させる要因となっています。

また、上の写真で見える内包物はレピドクロサイトだと思われます。
d0303974_08022735.jpg
★アイオライト8㎜ブレスレット 35,640円(税込み)★

アイオライトはスミレ色?

アイオライトの和名は菫青石(きんせいせき)です。
「菫」は「すみれ」と読み,、春に見かける紫色の花をした植物で、育てているわけでもないのに我が家の庭にもたくさん生えてくるような花です。
(植物は詳しくないので、もしかしたら似てるけど違う花かもしれません)

何が言いたいかと言いますと、日本の鉱物の名称は見た目や色を使う事が多く、このアイオライトも例外ではございません。
ただ、紫色のイメージはあまりないかも知れませんが、光に透かして見てみると、少しだけ紫色になっているのが分かります。
この光に透かしてこの石を回していくと二色性(正確には紫紺、淡い青、黄色の三色)を楽しむ事が出来ますので、お持ちの方は是非試してみて下さい。

最後にブレスレットの全体像を紹介させて頂きます。

d0303974_08435343.jpg
★アイオライト8㎜ブレスレット 35,640円(税込み)★
d0303974_08430340.jpg
★アイオライト8㎜ブレスレット 35,640円(税込み)★

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-16 09:00

ヒビがあるからこそ魅力が出る宝石って何?

虹色に輝くアイリスクォーツ

風邪をひいてしまって何も匂いを感じないサルオです。

虹入り水晶の事を指して「アイリスクォーツ」と呼ばれています。
「アイリス」ってどこかの言葉で「虹」っていう意味なんですかね?
英語だと虹はレインボーですよね。。。

ということで気になったので「アイリス」について、物知りのグーグル先生に聞いてみました。
なになに、、あやめ科の植物。アヤメ、ハナショウブなど。
   ・
   ・
これじゃないな。

こんな時こそウィキペディア先生に聞いてみましょう。
アイリスは、ギリシア語で虹を指すイリスに由来する言葉。
   ・
   ・
これこれ!探してたんはこれですね。
ギリシャ神話の虹の女神「イーリス」からきてるんですね。
イーリスがアイリスになったのは、推測ですが差し詰めギリシャ語を英語読みしたからでしょうか。

でも虹の女神は魅力的ですね。
そんな女神にの名前が入った水晶を紹介させて頂きます。
たくさん入荷しておりますので特にオススメのものを一部紹介させて頂きます。
全て見たい方はこちらまで⇒https://anahita-style.com/item/item8/

【虹入り水晶(アイリスクォーツ)丸玉 45mm ブラジル産】

d0303974_02512754.jpg
★虹入り水晶丸玉 45mm ブラジル産 7,884円(税込み)★

この虹は水晶の中に出来たクラック(ひび・割れ目)に光が当たり、光の干渉が起きて虹色が見えます。
全てのクラックから虹が出るわけではないので、クラックの溝の薄さなの色々条件があるのでしょう。

通常の水晶はクラックが少なければ少ないほど高品質ですが、虹が出れば話は別ですね。
クラックがあるからこそ新たな魅力が出てくるのです。

【虹入り水晶(アイリスクォーツ)丸玉 49mm ブラジル産】

d0303974_03100324.jpg
★虹入り水晶丸玉 49mm ブラジル産 9,720円(税込み)★

割と表面付近から虹が出ているので、目立っていてとっても綺麗です。

クラックは多ければ多いほど加工をしている途中で割れてしまう可能性が高くなります。
そのため、虹入り水晶の丸玉はある意味貴重な存在です、

【虹入り水晶(アイリスクォーツ)丸玉 52mm ブラジル産】

d0303974_03173035.jpg
★虹入り水晶丸玉 52mm ブラジル産 11,880円(税込み)★

気になっておられる方もおられると思いますので説明させていただきますと、今回紹介している虹入り水晶丸玉は全て天然の虹入り水晶です。

虹入り水晶は人工的に熱や圧力を加えてクラックをつくり、虹を出しているものもありますが、当社では「クラッククォーツ」という名称で主に丸ビーズで取り扱っております。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-15 09:00