すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

(明日勾玉発売!)ユーパーライトの真相に迫るっ!(コラム)

おはようございますっ!!
すぐるちゃんですっ!!

ここ最近、テレビや雑誌で紹介されて話題になっている「ユーパーライト」。
ネットショップ「アナヒータスタイル」でも こちらのページで原石を取り扱っていますが、
見つかったばかりで鉱物的な部分まで明らかにできていない部分がございました。

石屋さんとして、きちんと鉱物的なところまで明らかにしていきたい。。。
そんなこんなでまたまたサルオさんから貴重な金、土曜日をお譲りしてもらいました☆

土曜日も、、、という事は。
そうですっ!明日、土曜日にユーパーライト勾玉をネット限定で紹介しますので
もし興味がありましたら、
試しがてら作ってみたくらいので少ししか紹介できませんが
気になる方はどうぞ明日も見ていってくださいませ。

そして、動画を撮影しましたので先行して配信させて頂きます。




まずはコチラ。

ユーパーライトは鉱物的にはなんという石に分類されるのでしょうか。

一番知りたかったのはコレです。「えっユーパーライトはユーパーライトという新しい鉱物でしょ?」
というのは大きな間違い。名前だけが先行してしまっているので誤解を生んでも仕方がないのですが、
きちんと今まで先人たちが発見した鉱物たちによって構成されています。

ユーパーライトは実は「閃長岩」と呼ばれる岩石の一種です。

d0303974_17473299.jpg
ユーパーライト 原石各種 通常撮影
オンラインショップにて販売中!!

岩石という言葉を聞くとただの石ころのようなイメージを抱きがちですが、
この石に関してはブラックライトに当てなければ、そのイメージもあながち間違っちゃいないのかもですね(笑)

ただ、あの「ヒスイ」も岩石の中にヒスイという成分、鉱物が含まれているものですから
岩石は決して価値の低いものではなく、複数の鉱物が集まってできた宝箱だと思ってほしいのですね。

「しらたき」や「大根」が1つ1つの鉱物だとすると、ひっくるめた全体の「おでん」が岩石。
「出汁(石基)」に、「いろんな食材(鉱物)」がひしめきあって、はじめてうまみの凝縮した「おでん(岩石)」が形成されます。
寒い季節だからこんなたとえしかできませんが、岩石は複数の鉱物が集合した、天然石の宝庫なのです~


では閃長岩とは!?

そんな岩石「閃長岩(英名ではサイエナイトといいます)」は、
構成される鉱物である角閃石(アンフィボール)とカリ長石から名前がとられています。
ほかにもアルバイト(曹長石)や黒雲母、輝石なども含まれているようですね。

閃長岩は深成岩の一種。火山のマグマが地下深くでゆっくりと固まったものです。
同じ深成岩である出雲鏡石に、ごろごろといろんな結晶が花開いていたのを覚えていますか?

マグマに含まれる不純物、成分によって花開く結晶は異なってきますが、複数の鉱物が散在している様は
やはり共通してきますね~

そんな閃長岩の中に偶然にも光る個体が結晶している。
それがあの、「ソーダライト」だというのです。
一体どういうことなのでしょうか。


d0303974_09254426.jpg
ユーパーライト発光時

第3のソーダライトと、1つの疑問

ソーダライトが光る原因ということは、、、
お店で定番的に置いてあるソーダライトも光るの?と思ってしまいますが
それは違います。ソーダライトには現行2つのタイプがあります。

①ブラックライトを当てても蛍光しないタイプ…通常のソーダライト
もしこのタイプが光るなら、ソーダライトを含んでいるラピスラズリも蛍光することに
なりますから、通常の個体が光らないのは明瞭です。でも我々はもう1つ光るソーダライトの亜種を知っていますね。

②ブラックライトで蛍光してさらに変色するタイプ…ハックマナイト
そうです。ハックマナイト。なかなかお値段の張る石ですから、ピンとこない方もおられるかもしれませんが
この石もブラックライトで発色します。じゃあハックマナイトが入った閃長岩?がユーパーライトなのかと思いがちですが、
それも答えはNo。ハックマナイトはブラックライトを当て終わった後も、鮮やかな色に変色し続けるんです。照射後も影響を受けます。

でもでも、ユーパーライトはブラックライトを当てている時のみ、オレンジ味を帯びた発色をします
すなわちユーパーライトは、②のグループに鞘を収めることができないのです。
という事は、、、、


③ブラックライトで照射している間のみ蛍光するタイプ
これが今回だというのです。

ソーダライトで新しい特性(ブラックライトを当てている時のみ発色する)をもったものが閃長岩の中にひしめいているという事です。
ですがどうも合点がいきません。。。
ここまで学術的にも発達するくらい研究されてきた鉱物の世界で、
突然また全く新しいタイプというのは簡単には起こらないことと思っています。

実はテレビでそれっぽい研究者の人がこんな事を言っていたのですね。
「この発色はカルシウムが原因ですね」
この言葉を仮に信じてカルシウムが原因で蛍光しているとしましょう。

でもソーダライトの成分を見ると、、、、
Na 8(Al 6Si 6O 24)Cl 2

そうカルシウム(Ca)が入っていないのです。
ということは、ソーダライトが発色原因というのがそもそもの間違いなのでは?とすら思えてきます。




以下はあくまでも推測ですが、、、

実は光る正体はこれに近いんじゃないか。と
思っている石があるんです。
ブラックライトを当てている間だけピンク~オレンジに発色する、ソーダライトを含んだりもする石。
実は過去に1つ紹介したことがあるんですね~

皆様アフガナイトという鉱物を覚えていますか?

d0303974_11391537.jpg
かつて、MORiKOさんが仕入れてきてくれた蛍光が確認できるレア石です。

実はこの石がユーパーライトの光る正体に近しいのではないかとすぐるは考えています。
アフガナイトの発色って、オレンジに近しい色で発色します。実際にユーパーライトと見比べてみると
双方を照射してみると、結構近しい色合い☆

d0303974_11384517.jpg
アフガナイト ビーズ(発光時)

そして面白いのは、アフガナイトがソーダライトやラズライトなどの青みを持つ石と共に産出され、
また非常にその組成が「ソーダライト」に非常に似ているというところにあります。
そして、、、
d0303974_11372606.jpg
見てください。青い部分はソーダライトと考えられますが、その部分だけ光っておらず周りだけがこうして発色していますよね、
ユーパーライトも青い部分がそもそもない石ですが、同様にオレンジに発色します。

更に、、、、アフガナイトの成分。
(Na,Ca,K)8(Si,Al)12O24 (So4,Cl,Co3)3・H2O

なんとカルシウムが入っているのですね~
このアフガナイト、すっごく怪しい(笑)
ただ、といいましても今の段階では鑑別機関が検査を進めている段階ですから
上記の内容は素人の推測にすぎないと思っていてください。

また進捗したらご報告にあがらせてもらいますね。

いかがでしたでしょうか。
ユーパーライトはユーパーライトという鉱物にあらず。
閃長岩に、蛍光する特性をもったソーダライト(あるいはソーダライトに近しい鉱物)が内包されたもの
という事でした。新しい鉱物が出てくるとどうしても名前ばかりが先行してしまいがちですが、
一度冷静になって何か似ている鉱物がないだろうか。。。と考えてみてください。
そうすると、より一層視野を広げて楽しめるのではないかと思います☆



という事で。明日!!!
d0303974_14453778.jpg
初の光る勾玉、ユーパーライト勾玉をご紹介させていただきます!!
鑑賞用にも、もちろん着用しても。
ブラックライトが常に当たるインテリアを作ってみるのも面白いかもしれません。

では明日をお楽しみに~
本日ここまで~!!



by stonebuyer | 2018-12-14 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

スイスブルートパーズとアクアマリン

おはようございます。
サルオです。

本日紹介させて頂くのはスイスブルートパーズの一連ブレスレットです。
しかも、9ミリサイズという割と大き目のもの。
ビーズでも1粒あたり良いお値段がするので一連ブレスになると、、、どうなるんですかね。

答えは下をご確認下さい。
d0303974_18465911.jpg
★スイスブルートパーズHC9ミリブレスレット ブラジル産 処理:ドイツ 【限定1】内径約17cm 604,800円(税込)★

実はこれ、すぐるちゃんからの僕に対する挑戦状だったんです。

数日前、、、
すぐるちゃんが僕のところに来て、
す「サルオさん、このブレスレットをブログで紹介して売ってもらえませんかね?」
サ「なになに!?すごく綺麗やん!このトパーズ!」
サ「この値段は僕が今まで紹介した中ではダントツで高額じゃないですか。。。頑張ります」

ということですぐるちゃんも一押しのスイスブルートパーズを紹介する訳ですが、ここで告知です。
明日とあさってはすぐるちゃんがブログを書いてくれます。

ということは、もちろん内容は勾玉になっています。
この勾玉は正直驚きました。
まさか、この石が勾玉になるのか!早すぎるでしょ!と言わざるを得ない驚きの石です。

入荷数が非常に少ないため、オンランショップ限定販売になりますが、すぐるちゃんが気合を入れた文章を書いているのを一部覗かせて頂くと、、、内容が厚い!
一日のブログ量では入りきらない大ボリュームの内容になっているため、金曜日にこの石の説明、
土曜日にこの石の現物の勾玉を紹介させて頂く内容になっておりますので、是非ご覧頂けますと喜びます。

それでは、内容をスイスブルートパーズに戻しましょう。
d0303974_18470697.jpg
★スイスブルートパーズHC9ミリブレスレット ブラジル産 処理:ドイツ 【限定1】内径約17cm 604,800円(税込)★

このブログ内でも何度か説明しておりますが、このスイスブルートパーズはドイツにて照射処理を行われています。
その期間は驚くことに2年間もガンマ線の照射処理に時間をかけているとのことです。
通常よく見るブルートパーズが3ヶ月ですので、圧倒的に時間をかけていることが分かります。

そのため、このような信じられないくらい濃く、そして鮮やかな色のトパーズが完成されます。

そして、その色味がスイスの空を連想されるため、「スイスブルートパーズ」と呼ばれるそうです。

また、せっかくのこの綺麗な色味も品質の悪いトパーズだと台無しになってしまいますので、メーカーも最高品質のトパーズをスイスブルーにしておりますので、クラックやインクルージョンがほとんど無いのもそのためですね。


また、今日はスイスブルー並みに綺麗なアクアマリンのブレスレットも一緒に紹介させて頂ければと思います。

実は、海外での買い付け、特に中国での買い付けで難しいことの一つにトパーズとアクアマリンの見極めにあります。
昔、アクアマリンと言われて仕入れて、日本に戻って調べてみるとトパーズだった、、、なんてこともありました。

アクアマリンは特徴的にクラックや内包物が入りやすく、不透明なものも多く産出されます。
一方でトパーズはわりと透明感の高いものが一般的に出回っております。

そのため、透明感の高いアクアマリンは同程の見た目の品質のトパーズに比べて希少価値が高くなるため、高価なります。

そんな中、非常に透明感の高い、そしてしっかりと色が濃いアクアマリンが入荷致しましたよ。
d0303974_19010917.jpg
★アクアマリン7ミリブレスレット ブラジル産 【限定1】内径約16.5cm 29,160円(税込)★

どうですか。
まるで照射処理を施したブルートパーズのようですが、これはアクアマリンです。
d0303974_19012247.jpg
★アクアマリン7ミリブレスレット ブラジル産 【限定1】内径約16.5cm 29,160円(税込)★

アクアマリンには時折白い「もや」のようなインクルージョンが入ります。
ある意味それがアクアマリンであることの見極めになるのですが、高品質のアクアマリンほどその見極めが難しくなるのです。
なので、これは経験則になってしまいますが、アクアマリンの持つ雰囲気を感じるしかないのかなと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-13 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ストロベリークォーツについて

おはようございます。
サルオです。

本日はストロベリークォーツを紹介させて頂きます。

このブログ内でも何度か紹介をさせて頂いている石ではありますが、この宝石の定義と致しまして、メキシコ産かカザフスタン産のゲーサイトもしくはレピドクロサイトを内包した水晶に適用される名称です。

従いまして、ブラジルやマダガスカル、ロシアでも似たようなレピドクロサイトorゲーサイトを内包した水晶が産出されますが、これらの石に対してはストロベリークォーツと呼ぶことは出来ません。
ただ、個人的にメキシコ産のストロベリークォーツは見たことがないので、実質カザフスタン産になってくるのかも知れません。
「ストロベリークォーツはこうでなければいけない」という定義を理解するのを難しくしてるように感じます。

しかし、ストロベリークォーツとそうでないもの、何か違いがあるのではないかと思いますので、こじつけになるかも知れませんが、ビジュアルでの違いを見ていきたいと思います。

まず、ストロベリークォーツのお写真がこちらです。
d0303974_08283350.jpg
★K18PT PG ストロベリークォーツ カザフスタン産 【限定1】石部分のサイズ:14x10mm 62,640円(税込)★

レピドクロサイトorゲーサイトが満遍なく内包しているため、水晶全体がオレンジから赤色に色づいていることが分かります。

では、内包物はどのように入っているの拡大してみて見ましょう。
d0303974_08284534.jpg
★K18PT PG ストロベリークォーツ カザフスタン産 【限定1】石部分のサイズ:14x10mm 62,640円(税込)★

あまり、規則性を感じない内包の仕方をしていますね。
そして、一本一本の針が細い!
このきめの細かい針状鉱物の内包がストロベリークォーツ全体に色をつけていていることがわかります。

それでは、ストロベリークォーツとは呼べないエレスチャルクォーツやパープルルチルクォーツを見てみましょう。

d0303974_08431387.jpg
★レッドエレスチャルクォーツHC8ミリ 2(マダガスカル産) 9,180円(税込)★

こちらはエレスチャルクォーツです。
全体的にレピドクロサイトの平らな結晶が入っていることが分かりますね。
なんだか、粒々が入っている感じが苺っぽい感じもしますが、、、これは定義的にストロベリークォーツとは呼べません。
そして、見た目も「水晶部分に色が付いている」というより、水晶部分と内包物部分との色のメリハリがしっかりとしている印象を与えてくれます。

続きまして、パープルルチルクォーツです。
d0303974_08491956.jpg
★パープルルチルクォーツHC12ミリビーズ ロシア産【限定1】 48,600円(税込)★

こちらは、ストロベリークォーツと非常によく似ております。
むしろ違いを探すのが難しいくらい。。。
しかし、見つけましたよ。見た目の違いを!

それは、針状の内包物の規則性です。
パープルルチルクォーツの針状の内包物は一方方向に規則正しく内包しております。
これは、水晶の成長過程で錐面の方向に従ってゲーサイトやレピドクロサイトが成長していることが推測出来ます。

そして、もう一度ストロベリークォーツを見てみましょう。
d0303974_08284069.jpg
★K18PT PG ストロベリークォーツ カザフスタン産 【限定1】石部分のサイズ:14x10mm 62,640円(税込)★

明らかにゲーサイトやレピドクロサイトの内包の仕方に規則性を感じません。
それゆえに、水晶が全体的に色づいていることが分かります。

これこそが、産地以外でのストロベリークォーツを区別するための特徴になるのではないでしょうか。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-12 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

ほぼピンクトルマリンみたいなピンルマリンin〇〇〇

おはようございます。
サルオです。

本日紹介させて頂きますお品物は、ピンクトルマリンinクォーツです。
いや、どっちか言うとピンクトルマリンwithクォーツになるのかな???

とりあえず、ピンクトルマリンinクォーツとさせて頂きます。
そしてピンクトルマリンinクォーツのオススメポイントといえば、高級な存在である「ピンクトルマリン」が「比較的安価で手に入れることが出来る」という店です。

しかし、「ピンクトルマリンらしさなんてないんでしょ?」と思われるあなた!
そんなことはございませんよ!

こちらをご覧下さい。
d0303974_19313931.jpg
★ピンクトルマリンinクォーツ7ミリブレスレット 内径:約16.5cm ブラジル産 7,560円(税込)★

小さくてよく分からない?
そうでしょう。僕もそう思います。

しからば、これではどうでしょうか。
d0303974_19314834.jpg
★ピンクトルマリンinクォーツ7ミリブレスレット 内径:約16.5cm ブラジル産 7,560円(税込)★

このピンク部分、しっかりとピンクトルマリンらしさがあると思いませんか。
個人的には下の写真の目玉の親父みたいになっているビーズが面白くて好きです。
ピンク色の発色もしっかりと出ていますし、とってもかわいい存在ですね。

d0303974_19315835.jpg
★ピンクトルマリンinクォーツ7ミリブレスレット 内径:約16.5cm ブラジル産 7,560円(税込)★

このよう綺麗なピンク色に見える理由はクォーツ部分に透明感があるからに違いありません!
このブレスレットをライトに透かしてみてみると、クォーツの透明感を見る事が出来ます。

そのお写真がこちらです。
d0303974_19320247.jpg
★ピンクトルマリンinクォーツ7ミリブレスレット 内径:約16.5cm ブラジル産 7,560円(税込)★

クォーツ部分にも透明感があるために全体的に綺麗なパステルカラーに見えるんですね。

ところで、このビーズの原石ってどんな形になってるんでしょうか。
想像するに母岩部分のクォーツに透明感があってピンクトルマリンにも透明感がある原石、確か7~8年くらい前のツーソンである程度まとめて仕入れたように記憶しておりますが、さすがに現物は残っておらず、お写真も残っておりませんでした。

おそらく一番近いと思うものをこのブログ内で見つけましたので紹介させて頂きます。
ちなみに、さすがにこの原石は残っておりませんのでご了承下さい。

d0303974_19322145.jpg
なんだか、ビーズに加工したときにピンクトルマリンがポロっと取れてしまいそうな気がしますが、
このビーズはそんなに簡単に取れそうな感じはありませんので、樹脂含浸処理をしているかも知れませんね。

ちなみに8ミリサイズも入荷しておりますので、一緒に紹介させて頂きます。

d0303974_19353639.jpg
★ピンクトルマリンinクォーツ8ミリブレスレット 内径:約16.5cm ブラジル産 10,800円(税込)★


こちらも7ミリサイズ物と瓜二つ。
d0303974_01295072.jpg
★ピンクトルマリンinクォーツ8ミリブレスレット 内径:約16.5cm ブラジル産 10,800円(税込)★

このピンク色が濃くなっている部分が、原石で言うところの結晶が突き刺さっているように見える部分なんですね。

そしてこちらも光りにかざすと透明感が出ますよ。
d0303974_01310198.jpg
★ピンクトルマリンinクォーツ8ミリブレスレット 内径:約16.5cm ブラジル産 10,800円(税込)★

まるで、ピンクトルマリンだけのビーズみたいに見えなくもないですかね?
そう考えるとこのお値段はかなりお求め安いお値段ではないでしょうか。

ピンクトルマリンは10月の誕生石にもなっている人気の高い石ですので、この機会にいかがでしょうか?

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-11 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

昨日に続き特殊なラブラブライトです

おはようごいます。
サルオです。

昨日に引き続き特殊なラブラドライトのご紹介です。

弊社でレインボームーンストーンと呼んでいる宝石はほぼ100%「ラブラドライト」です。
よく「ホワイトラブラドライト」という表現をしておりますが、実はムーンストーンではございません。

ホワイトラブラドライトもムーンストーンも白い地の色にやさしい光りを放っているという共通点があり、
また、どちらも長石グループの鉱物であるということから「レインボームーンストーン」という誤称が通称名として広まったものと思われます。

しかし、成分的な観点から見てもこの両者に違いがありますが、光りを放つ要因もそれぞれ異なっております。

ムーンストーンは正長石(オーソクレース)を主体として、その中に曹長石(アルバイト)が薄く多数に入り込んでいるため、その境界面から光りの散乱が起きてやさしい光りを放っているように見えます。

一方ラブラドライトは、曹長石(アルバイト)と灰長石(アノーサイト)の薄層が繰り返している間にヘマタイトやマグネタイトなどの金属鉱物の微薄層が繰り返して発達し、その組み合わせで光りの干渉が起きて光りを放ちます。

個人的なイメージで言うとムーンストーンは石の中が光っているイメージでやさしい光りを放っている(それをシラーと呼びます)、
ラブラドライトは割りと表面部分に華やかな光りを放っているイメージでしょうか(これをラブラドレッセンスと呼びます)。

動画にすると光りが分かりやすくなると思い、作成してみました。
宜しければご覧いただけますと喜びます。


それでは具体的にレインボームーンストーンを見ていきましょう。
d0303974_06463416.jpg
★ワイヤーPT レインボームーンストーン【限定1】 石部分:18x13mm 33,480円(税込)★

上記で光り方について説明をさせて頂きましたが、
実際には肉眼で区別することは非常に難しく断定することはかなり困難になります。

それも「ペリステライト」という、一般的に「ブルームーンストーン」と呼ばれている存在があるためですが、この三者を区別することは非常に難しいです。
上の写真を見て頂くとブルーに輝くものに関しては全てのの可能性があるため、鑑別に出さないとはっきりしたことは分からないと思います。

逆に下の画像のようなタイプですと、いかにもラブラドライトのような光り方をしているので分かりやすいように感じます。
d0303974_06470560.jpg
★ワイヤーPT レインボームーンストーン【限定1】 石部分:24x15mm 36,720円(税込)★

しかっりとしたラブラドレッセンスが出ているため、正面から見ても、角度を変えて斜めから見てもどちらもしっかりとした輝きを見る事が出来ますよ。

d0303974_06471160.jpg
★ワイヤーPT レインボームーンストーン【限定1】 石部分:24x15mm 36,720円(税込)★

ということで、2日間に渡って特殊なラブラドライトを紹介させて頂きましたが、
実はもう一点、全くラブラドレッセンスを持たないラブラドライトもございます。

透明感のある、アンデシンのようなタイプもありますが、いつか紹介させて頂ければと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-10 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)

特殊なラブラドライト

おはようございます。
サルオです。

本日はハイクラスフェアの中にもありますスペクトロライトのブレスレットを紹介させて頂きます。

スペクトロライトといえば「虹色に輝くラブラドレッセンス」ですよね。
虹色とまではいきませんが、本日紹介させてお品物にもスペクロライトらしいものがございましたよ。
それがこちらです!

d0303974_03413705.jpg
★スペクトロライト10ミリブレス フィンランド ユレマ産 内径:17.5cm 21,600円(税込)★

先ほどの「ラブラドレッセンス」というキーワードからも想像出来るとおり、スペクトロライトの鉱物名はラブラドライトです。

スペクトロライトの名前の由来は物理用語の「スペクトル」からきております。
スペクトルを説明するのは難しいので省かせて頂きますが、気になった方は、お手数をおかけして申し訳ございませんが、ウィキペディアで調べて頂けると喜びます。

簡単にいうと虹が出来る原理みたいなことだと思います。。。たぶん

だからこそこの虹色に輝く効果があってこそのスペクトロライトです。
スペクトロライトの細かい定義に関しましては、すぐる君が以前考察しておりましたので、リンクを貼らせて頂きますので、そちらをご覧下さいませ。
https://stonebuyer.exblog.jp/26557947/

この虹色の鮮やかな輝きがより分かりやすいように動画撮影してみましたので、この点を踏まえてご覧頂けると喜びます。


★スペクトロライト10ミリブレス フィンランド ユレマ産 内径:17.5cm 21,600円(税込)★

この虹色は見る角度によって輝きが見えたり、見えなかったりするので、動画で見るのが一番分かりやすいですね。
写真では表現できないところまで、動画で表現してくれます。

しかし、動画だから正直なところまで全て見えてしまいますね。

もちろん、全てのビーズが虹色になっている訳ではなく、下の画像のように青色に光っているビーズもございます。
こうなってくるとブラックラブラドライトとの区別は難しいかも知れませんが、こういったビーズも入っていることをご理解頂けますと幸いです。
d0303974_04362359.jpg
★スペクトロライト10ミリブレス フィンランド ユレマ産 内径:17.5cm 21,600円(税込)★

スペクトロライト特有の地が黒さがスペクトロライトの輝きをより引き立ててくれるように感じますね。

スペクトロライトのブレスレットは全店ではないと思いますが、ハイクラスフェアで店頭に並んでいる店舗もございます。
マダガスカル産のラブラドライトとは明らかに違いを感じて頂けると思いますので、是非実物をご覧頂けますち喜びます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-09 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

奇跡の状況から生まれたアメトリン

おはようございます。
サルオです。

突然寒くなってきましたね。
まだ車のタイヤをスタッドレスに変えていないので、雪が降ったらどしようと心配しておりましたが、降らなく安心しました。
まだ変える時ではない!と思っていたので賭けに正解しました。

スタッドレスタイヤは、ちびるのが早いといわれているので、ケチな「ギリギリまで変えたくない病」が出てしまいました。

今年は暖冬だと言われているので、出来ればノーマルタイヤのままで今シーズン凌ぎたいと思っております。

それでは、本日はアメトリンの丸玉を紹介させて頂きます。
アメトリンはその名の通り、アメジストとシトリンから由来する造語です。

それでは、お品物を見て頂きましょう。
今回は3点お品物がございますので、それぞれ紹介させて頂きながらアメトリンについても説明させて頂こうと考えております。

d0303974_06514014.jpg
★アメトリン丸玉36mm 1番 7,560円(税込)★

一つの石にアメジストとシトリンどちらの色味も持つものに対して付けられた名前ですが、このアメトリンは天然の環境下ではほとんど全てがボリビアの原産となっております。

つまり、産地が限られるという鉱物のほとんどは奇跡のような、非常に特殊な環境下で出来たものが多いです。
そして、このアメトリンも同様です。

色の違いはそれぞれの発色原因になっている鉄イオンの状態の違いによるものです。
水晶が成長する時、領域ごとにイオンや不純物を取り込む量が変わってくる性質があるため、アメトリンのような特別な宝石が出来上がります。

d0303974_06515600.jpg
★アメトリン丸玉36mm 1番 7,560円(税込)★

今回紹介させて頂く3点のアメトリン丸玉全てに共通することは、綺麗な虹が入っていることです。

そのため、このアメトリンに名前を付けるなら「アイリスアメトリン」ということになります。
が、しかし、
僕は小心者なので、今までに耳にしたことがない名前を勝手に命名することに抵抗がありましたので、避けさせて頂きました。

続きまして2番目です。
d0303974_06520482.jpg
★アメトリン丸玉36mm 2番 7,560円(税込)★

このアメトリンの丸玉からも分かるように、全体が細かいアメトリンになっている訳ではなく、アメジストに一部シトリンが混ざっているようなものになります。

何が言いたいのかと言いますと、バイカラーになっているアメトリンのビーズは、このアメジストとシトリンの境界のところだけを贅沢に使っている特別なものだということです。

大きいサイズのアメトリンを見ることで、それが良く分かりますね。
d0303974_06521048.jpg
★アメトリン丸玉36mm 2番 7,560円(税込)★

こちらも虹がしっかりと出ていますよ。

続きまして3番目です。
d0303974_06521994.jpg
★アメトリン丸玉34mm 7,560円(税込)★

3番目のものは1番、2番のものと比べると一回り小さくなっております。
しかし、決して損はさせません!

下のお写真をご覧下さい。
d0303974_06522534.jpg
★アメトリン丸玉34mm 7,560円(税込)★

他のどれよりも、最も綺麗に虹が出ております。
この虹部分だけを見ると3番のものが一番しっかり出ているのでアイリス好きの方にはオススメですよ。

アメジストの特徴の一つでもありますが、水晶に比べてクラックがどうしても多く入る印象があります。
それは、水晶よりも不純物を多く含んでいるためで、致し方ないところかも知れませんが、
このような副産物を生んでくれるところが嬉しいところですね。

今回はアメトリンを紹介させて頂いておりますが、
アメジストの丸玉も入荷してきておりますので、簡単にお写真だけ紹介させて頂きます。
皆、この「虹」がしっかり出ているのが特徴的ですよ。

①番目です。
d0303974_07462751.jpg
★アメジスト丸玉35mm ① 5,400円(税込)★

2番目です
d0303974_07463831.jpg
★アメジスト丸玉32mm ② 5,400円(税込)★

3番目です
d0303974_07464592.jpg
★アメジスト丸玉32mm ③ 5,400円(税込)★

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-08 09:00 | 入荷情報 (原石)

スギライトシリカ

おはようございます。
サルオです。

昨日オンラインショップにおいてロイヤルブルーガーデンクォーツビーズの在庫が誤って設定されており、ご迷惑をおかけしました。
誠に申し訳ございませんでした。
今後このようなことがないように気を引き締めて注意してまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


〇〇シリカの中でも最も珍しいといっても過言ではないスギライトシリカを紹介させて頂きます。


d0303974_18482468.jpg
★スギライトシリカHC10ミリビーズ 南アフリカ産【限定1】 25,920円(税込)★

一番の特徴はこの鮮やか過ぎるくらい鮮やかな紫色。
この石の発見者である「杉氏」から由来するこの石は微小な黄褐色の結晶だったそうです。

その後、南アフリカで大量のスギライトが発見されましたが、そのスギライトはマンガンを含む色の濃い紫色が特徴の亜種になります。

今回紹介させて頂いているスギライトもマンガンを含んで紫色に発色した南アフリカ産のスギライトです。
しかし、このビーズはそれだけではございません。

カルセドニーがスギライトに浸透して透明感を持っているということです。
その透明感は光りにかざすと見えてきます。
d0303974_18483807.jpg
★スギライトシリカHC10ミリビーズ 南アフリカ産【限定1】 25,920円(税込)★

カルセドニーつまり珪酸分が浸透しているため「シリカ」という名称がついております。

また、スギライトは微量に含む鉄とアルミニウムの比率で色味が変わってきます。
アルミニウムを多く含むと色味がピンク色に変わっていきます。
d0303974_18483131.jpg
★スギライトシリカHC10ミリビーズ 南アフリカ産【限定1】 25,920円(税込)★

この鮮やかな紫色はアルミニウムの影響を受けている考えられます。
そして、若干青みがかっているところは、ペクトライトの影響を受けているのかもしれませんね。

黒っぽい色味や、まだら模様のあるスギライトの中でここまで鮮やかな色味で、わりと均一になっているものは非常に珍しい存在です。

余談になりますが、
ツーソンに買い付けに行くと海外の業者はスギライトのことをスジライトと言います。
Sugilite を英語で発音すると確かに「スジライト」となるかも知れませんが、名前の由来が日本人の名前にあることを知っているだけに、「すじ」さんじゃない!「杉」さん!と思ってしまいます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-07 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

5ミリサイズでこの透明感は珍しい

おはようございます。
サルオです。

昨日ブログのサルオの「腹が出ている」発言をされた方から驚きの言葉を頂きました。
それは、突き出ているのではなく、むき出していたとのこと。。。
蛍光灯を換えるために天井に手を伸ばして伸びをしていたら、僕のおへそが公表されていたという意味での「腹が出ている」だったそうです。

なんだか、恥かしい気持ちになりましたよ。。。別に減るもんではないんですけどね。

それでは、本日はレアビーズのロイヤルブルーガーデンクォーツです。
ご存知!デュモルチェライトを内包した水晶、デュモルチェライトインクォーツとも呼ばれます。

レアだ、レアだと言いながらこのブログ内でよく紹介されているって?
そうなんです。
その理由は、この石は本当に貴重なので積極的に探しているから&入荷した必ずといっても過言ではないくらいこのブログで紹介するから!です。

そして今回は、極小サイズのビーズが入荷しましたよ。
それではお写真を見て頂きましょう。

d0303974_20085787.jpg
★ロイヤルブルーガーデンクォーツHC5ミリビーズ ブラジル産【限定21石】3,024円(税込)★

拡大して1枚の写真で見ると小ささをあまり感じませんが、5ミリサイズなので、しっかりと小さいです。
そんな小さいビーズですので、今回は4個ずつ紹介させて頂きます。

d0303974_20090750.jpg
★ロイヤルブルーガーデンクォーツHC5ミリビーズ ブラジル産【限定21石】3,024円(税込)★

まず、特筆すべきは透明感の高さにあります。

小さいビーズになればなるほど、水晶部分が白く濁ったものが多い印象のあるロイヤルブルーガーデンですが、全てのビーズにしっかりと透明感がありますよ。

この天然石業界のマーケットでの仕入れは、たいてい商品の重さで取引されます。
そのため、綺麗な石ほど出来るだけ大きいサイズのビーズを作りたがり、歩留まりの悪い、つまり、ロスが多くなる小さいビーズはあまり出回りません。

そのため、小さいビーズほど質の悪い印象がありますが、そんな中でも今回はかなりの高品質となっております。
次のお写真も見て頂きましょう。
d0303974_20091067.jpg
★ロイヤルブルーガーデンクォーツHC5ミリビーズ ブラジル産【限定21石】3,024円(税込)★

サイズが小さくなると、お値段も低くなりますので、ロイヤルブルーガーデンクォーツが今まで手が出なかった方は大チャンスですよ。

大きいビーズに比べると針の入り方に偏りが少なく、ビーズの中に含まれるデュモルチェライトの割合が非常に高いのも今回のビーズのオススメポイントとなっております。
d0303974_20091672.jpg
★ロイヤルブルーガーデンクォーツHC5ミリビーズ ブラジル産【限定21石】3,024円(税込)★

そして、デュモルチェライトが針状の結晶になっていることも、全てのビーズでしっかりと確認することが出来ます。

正直どれも綺麗なので、どれが一押しかは言い辛いところはございます。
それに、透明感を重視したい方、ガーデンクォーツのように半分半分に内包物と水晶が分かれているものがお好みの方、全体的にバランスよく入っているのがお好みの方、皆様それぞれのこだわりがあると思いますので、僕の方からはあえて何も言わないようにさせて頂きます。
個人的には、、、(半々に分かれていて天と地を表しているようなものが好きですが、、、)

d0303974_20093504.jpg
★ロイヤルブルーガーデンクォーツHC5ミリビーズ ブラジル産【限定21石】3,024円(税込)★

しかし、通常のガーデンクォーツと同様に水晶の母岩からデュモルチェライトが成長しているものがほとんどですので、内包物は片方に偏っているものが一般的になります。

本当にこの石は見ていて飽きない。
うっとりしてしまう美しい石ですね。
良く見ると針状の結晶の先が尖っておらず、平らになっているところからもこの石のやさしさを感じてしまいます。

d0303974_20093921.jpg
★ロイヤルブルーガーデンクォーツHC5ミリビーズ ブラジル産【限定21石】3,024円(税込)★

合計で21点全てお写真にて紹介させて頂きましたが、やはり小さいビーズのため個体差はあまりないように感じます。
オンラインショップでは1つの番号に2枚ずつ写真を撮影しておりますので、宜しければ除いて頂けると喜びます。

最後までご覧頂きありがとうございました。



by stonebuyer | 2018-12-06 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ブラックスターはどうしてスターが出るの?

おはようございます。
めのやの不健康男のサルオです。

ブラックスターという名前はよく耳にしますが、もちろん鉱物名ではございません。
では、この鉱物が何かご存知でしょうか?

d0303974_06175003.jpg
★ブラックスター12ミリブレスレット 内径:約16.5cm 16,200円(税込)★

正解はダイオプサイドです。
従いまして、正確には「ブラックスターダイオプサイド」という名前が正しいのですが、短く短縮されて「ブラックスター」と呼ばれています。
ブルーレースアゲートをブルーレースと呼ぶのと同じですね。

このブラックスターのスターは四条線が出るところが特徴です。
スターが出る鉱物といえば、ローズクォーツ、ガーネット、ルビーなどございますが、それらは全て六条線が出ます。

つまり、このブラックスターは上記のローズクォーツ等とはスターが出る原因が異なります。
ローズクォーツやガーネットは規則的に内包したチタンの酸化物であるルチルが原因でスターが出ていますよね。

それでは、下の写真のように光りを当てたときにスターが出る要因は何でしょうか。
d0303974_06175542.jpg
★ブラックスター12ミリブレスレット 内径:約16.5cm 16,200円(税込)★

それは、マグネタイト(磁鉄鉱)が影響しているためです。
ダイオプサイドにマグネタイトが交差状に入っていることで四条線が出るようになります。

また、本来ダイオプサイトは和名:透輝石からも分かるように透明感のある石が多いのですが、ブラックスターダイオプサイドに透明感はございません。
それも、このマグネサイトの内包が影響して、透明感のない黒い地を持つ石に見えております。
それゆえにスターが映えて見える仕組みにもなっているんですけどね。

ちなみに、天然の磁石といわれるマグネタイトはよく他の鉱物に内包したり、共生したりしておりますが、原石以外ではあまり流通をしておりません。
見た目が地味だからですかね。

そして、今回もスターがより分かりやすく皆様に見て頂きたいと思い、動画を作成しましたので、宜しければご覧頂けると喜びます。



ちなみに、僕はダイオプサイドとダイオプテーゼ、この両者の名前がこんがらがって口から出てくることが以前ありましたが、そんなことないですかね?

余談ですが、実は2年くらい前にタバコを辞めたのですが、それ以来、僕の身体についた脂肪が約15kg。
1年前ダイエットのためにランニングを始めたのですが、始めて10日で膝の骨が疲労骨折するという事態に、、、
それ以来ダイエットをしていませんでしたが、

決めました!
今度こそ!
ダイエットを!
するぞ!

ということで、自分を戒めるためにもここで宣言をさせて頂きました。
趣味:ダイエットと言えるくらい
やってやりますよ!

昨日、天井についている蛍光灯を脚立を使って変えているときに、
「サルオの腹がすげー出てる!」と言った人を見返してやるぞ!

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-12-05 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)