人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ペリドットのビーズ

おはようございます。
サルオです。

本日はペリドットのビーズを紹介させて頂きます。
ペリドットは宝石名であって鉱物名ではございません。
なぜこんなややこしいことになっているのか謎ですが、鉱物名としては「オリビン」という名前になります。

オリビンという名称はオリーブの実の色に似ていることから由来しているそうです。
そして和名は橄欖石(かんらんせき)です。

橄欖(かんらん)とはオリーブの和名ですので、和名の橄欖石は宝石名のペリドット由来ではなく、鉱物名のオリビン由来だということが分かりますね。

一般的に宝石品質のオリビンのことをペリドットと呼ばれているようですが、同じく宝石名としてのみ存在している「ムーンストーン」やサンストーンのような宝石とは異なり明確な定義は無いように感じます。

つまり、純粋に宝石業界と鉱物業界で呼び名が異なるという、ある意味珍しい宝石(鉱物)なのです。

それでは本日のお品物を見ていきましょう。
ペリドットのビーズ_d0303974_23112472.jpg
★ペリドットHC8ミリビーズ 【限定5石】 6,048円(税込み)★

ペリドットといえば8mmサイズ以上から急に値段が上がる石として有名です。

それはペリドットの特徴として原石のサイズが小さいものがほとんどで、大きくなるにつれて希少価値が高くなります。

その値段の上がり方はまるで放物線を描くように上がっていきます。

ペリドットの原石といえば弊社でも過去にアメリカ・アリゾナ州産のものとパキスタン産のものが取り扱いがございました。

アメリカ・アリゾナ州産のものは下の写真のように特徴的に砂状の結晶になります。
ペリドットのビーズ_d0303974_06432439.jpg
★画像は2014年高岡店のブログより★

そしてパキスタン産のものはわりと大きな結晶になります。
ペリドットのビーズ_d0303974_06464075.jpg
★ペリドット(パキスタン産)① 約1.3cm×1.8cm×1.1cm 15,120円(税込み)★

これを見ると通常ビーズになっているものはパキスタン産のものが多いように感じますね。
ちなみに、メーカーさんにペリドットの産地を聞くと、たいていは中国産かパキスタン産が混在しているから特定出来ないと言われることが多いです。

中国産のペリドットの原石は見たことがないのですが、資料によると砂状に近いような結晶で産出されるそうなのでアリゾナ産のものに近いと思われます。

となると、やはり8ミリ以上の大きなビーズはパキスタン産のものが多いのではないかと推測できますね。

ペリドットのビーズ_d0303974_23112961.jpg
★ペリドットHC8ミリビーズ 【限定5石】 6,048円(税込み)★

8ミリサイズのビーズはオンラインショップ上では1点1点番号をつけて個別に選べるようにしておりますので、是非ご覧頂けますと喜びます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
ペリドットのビーズ_d0303974_06223631.jpg

by stonebuyer | 2019-01-21 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

究極のロードクロサイトビーズ

おはようございます。
サルオです。

本日は最高品質のロードクロサイトのビーズを紹介させて頂きます。

最高と申しましても、アルゼンチン産の縞がない高品質のロードクロサイトではないですよ。
レベルが違いすぎる品質です!

過去にMORiKOさんやするぐちゃんから紹介されてたことがありましたが、アメリカ・コロラド州産のロードクロサイトです。

究極のロードクロサイトビーズ_d0303974_08125424.jpg
★ロードクロサイトTOPグレード12ミリ アメリカ・コロラド【限定1石】 432,000円(税込み)★

究極のロードクロサイトビーズ_d0303974_08125587.jpg
★ロードクロサイトTOPグレード12ミリ アメリカ・コロラド【限定1石】 432,000円(税込み)★
究極のロードクロサイトビーズ_d0303974_08125504.jpg
★ロードクロサイトTOPグレード12ミリ アメリカ・コロラド【限定1石】 432,000円(税込み)★
究極のロードクロサイトビーズ_d0303974_08125523.jpg
★ロードクロサイトTOPグレード12ミリ アメリカ・コロラド【限定1石】 432,000円(税込み)★
究極のロードクロサイトビーズ_d0303974_08125545.jpg
★ロードクロサイトTOPグレード12ミリ アメリカ・コロラド【限定1石】 432,000円(税込み)★


この品質に言葉は要らない、、、

見ているだけでうっとりしてしまう品質ですね。

この究極のロードクロサイトのビーズはアメリカ・コロラド州スウィートホーム鉱山で産出されたロードクロサイトです。
スウィートホーム鉱山はすでに閉山しているので、今後これ以上の品質のロードクロサイトのビーズが出回る可能性は限りなく低いものと思われます。

そして、弊社でもこの品質のロードクロサイトは過去に何点か紹介をさせて頂きましたが、おそらくこれが最後の1点となっていることだと思われます。

そして、その何度かの紹介のときに、このロードクロサイトの良さは語られておりますので、よろしけばそちらも合わせてご覧頂けますと幸いです。

すぐるちゃんの記事はこちらから
MORiKOの記事はこちらから

そして本日紹介させて頂いているビーズは、もちろん鑑別書付きでございます。
究極のロードクロサイトビーズ_d0303974_08413272.jpg
★ロードクロサイトTOPグレード12ミリ アメリカ・コロラド【限定1石】 432,000円(税込み)★

鑑別書にも記載されていますが、光沢及び耐久性の向上を目的とした透明材の樹脂が含浸されています。

しかし、ロードクロサイトはカルサイトのいとこのような鉱物ですので、硬度は3.5~4と非常に低く、柔らかい鉱物となっております。

このビーズの一番の注意点はこの硬度の低さによる’脆さによる割れ’にありますので、観賞用としてルースケースなどに入れて保管されることをオススメします。

もし、アクセサリーとして使用される場合には割れを防ぐために両サイドにシリコンのビーズをクッション代わりに入れることをオススメします。

そして、普段使いには向きませんので、「ここぞ!」という時にご使用下さい。

また、ロードクロードクロサイトは酸に非常に弱い鉱物ですので、ご使用後は柔らかい乾いた布で優しく拭いてメンテナンスをしてあげて下さい。

こちらのお品物を是非買いたいという方は店舗取り寄せも出来ますので、遠慮なく最寄の店舗スタッフまでご相談下さいませ。

話は変わりますが、アメリカ・コロラド州は世界四大ミネラルショーの一つである「デンバー ミネラルショー」があるところです。
僕も過去に一度だけデンバーには行きましたが、もう10年近く前のことで残念ながら画像が残っていませんでした。
昔の僕に「10年後ブログを書いているからしっかり写真は撮って保存しとけよ!」と注意できたらいいのになぁ。

とりあえず、デンバー空港はツーソンやロサンゼルス・サンフランシスコとは違い、空港の中に喫煙所があって嬉しかった印象が強いです。
(今はもうたばこは吸わないので関係ございませんが、、、)

最後までご覧頂きありがとうございました。

ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
究極のロードクロサイトビーズ_d0303974_06223631.jpg

by stonebuyer | 2019-01-20 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)

おはようございますっ! すぐるちゃんです!!

本日は1月の新しい勾玉を紹介しにやって参りました。
今回は「桜めのう」勾玉のご紹介☆

桜めのうは、めのうの中にモワモワッとした結晶が花開き、
それがあたかも「桜」に見えることから桜めのうと呼ばれるようになりました。
が、実のところ産地は「マダガスカル」なんですね~

それでも海外では「Cherry Blossom Agate」という名前で取引されています。
北半球のしかもほぼアジアのみ、しかもそのほとんどが「日本」でしか植生していない桜が、
きちんと世界でも認識されて、この石ってサクラに似ているよねって思われている。
とっても光栄なことですよね~、いやぁ~あっぱれ☆

そんなまさしく日本人が身につけておきたい「桜めのう」ですが、
今回、原石を入手し加工をする事ができましたので、
勾玉に研磨させていただきました。


ちょこっと気が早いのですが、
まがたまアートコンテストもやっておりますので、
こんなものを作ってみましたよ~


(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16300876.jpg
★桜めのうHC 勾玉(マダガスカル産) 各種★

じゃじゃん!!まだ冬も明けぬ間から満開を飾っております=33
桜って台風とかが来て開花しちゃう事もあるんですが、そういう事を除くと本当に本当に開花時期が正確で、
2月1日から毎日の最高気温を足していって、600℃を超えると開花するなんていわれています。

今年は暖冬なので、少し早まるかもなあ、、、
でもさすがに気が早すぎますね~(笑)
この時期にご紹介する理由は、後ほどお教えいたしますね☆

さて冒頭で「めのうの中に、、、」といったのですが、
実は厳密にいうと、縞がないので鉱物的には「カルセドニー」に分類されます。
ただ日本では、めのうもカルセドニーもジャスパーも、かつて「めのう」と言われておりました。
明確な基準が存在しなかったからです。

その流れで桜めのうも、カルセドニーだけど愛称でめのうと呼ばれているんですね。
桜カルセドニーという名前だったらここまで流行っていなかったかもしれません。
カルセドニーは比較的低温で、珪酸分を含んだ鉱液が集まり、沈殿して形成されます。

その後地熱など、周囲の環境の温度が上がると、
内部に結晶が花開きます。
高温に晒された時間の短かった初期の段階では、こんな感じの見た目になります。
(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_17183129.jpg
★桜めのう 勾玉(マダガスカル産) 各種★

ころころと小さな粒が発生しているのが分かりますでしょうか。
これが、桜にあたる赤ちゃんの状態です。

この内部の結晶は、熱変性を受けて発生したものなので、決して異なる鉱物ではなく
周りのカルセドニーと同じ成分(SiO2)なんです。正確にいうと石英化しているといったところでしょうか。

同じ成分が中で変質しているため、「内包物」あるいは「インクルージョン」の定義から外れているような
気さえします。内包物はある鉱物の内部に、別の鉱物ないし別の液体が入ったものを指しますから、
この場合って、内包しているって言えるの?と思ってしまいますね~

高温に晒される期間が長くなっていくと、ころころはモワモワへと変化していきます。


(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16274778.jpg
★桜めのう 勾玉(マダガスカル産) 各種★
オンラインショップにて販売中!!

とっても可愛らしいでしょう☆
桜が散っているようにも見えます。
更に大きくなると、、、

(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_17342670.jpg
★桜めのう 勾玉(マダガスカル産) 各種★

ぽつぽつといった感じでしょうか。
さらに大きくなると、、、

(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_17353550.jpg
★桜めのう 勾玉(マダガスカル産) 各種★

一気にバミューンとしましたね!!
でもこれはこれで、枝垂れ桜のよう、、、
こんなふうにくっつきあって、大きな大きなモワモワとなります。

これだけ見ていただいても各個体、オリジナリティに富んでいるのがお分かり頂けましたでしょうか。
この桜めのう勾玉が面白いのは「自分だけの桜」を身に着けることができること。

貴方が好きな桜を探してみてくださいませ~

ちなみに、、、

(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_17455698.jpg
★桜めのう 勾玉(マダガスカル産) 各種★

こんな感じで、桜に見えない個体も、めのうらしく面白いものも
店舗にお送りしています。このような個体も桜にとらわれず
検討してみてくださいね~☆


という事で、例によって、30ミリの各個体を紹介いたします。


(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16464400.jpg
★桜めのう 30ミリ勾玉HC①(マダガスカル産) 15,000円+税★

天然のめのう(カルセドニー)に、ころころと入った石英質の結晶。

この天然のめのうというのが、
既に価値があります。

めのうやカルセドニーはその多孔質の特性を活かして、
本当にいろんな色に染められてしまいます。
確かに染める事ができるというのが、めのうの魅力でもあるのですが、
ちゃんと天然も欲しいんですよね。

天然のめのうは「生めのう」と呼ばれたりします。
この桜めのうもまさしく「生」
採れたままの色合いをお楽しみいただけますよ~!!



(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16464474.jpg
★桜めのう 30ミリ勾玉HC②(マダガスカル産) 15,000円+税★

地面に置いて撮影したときは気がつかなかったぷるんとした透明感。
この透け感があるからこそ桜の花びらが散っているさまが如実に確認でき、
かたや水晶に比べて、朧(おぼろ)に見えるのもまためのうの特徴。

この桜がめのうを寄りしろとして生まれたのは、
願っても無い奇跡ですよね~




(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16464533.jpg
★桜めのう 30ミリ勾玉HC③(マダガスカル産) 15,000円+税★

ちなみに赤いのは鉄系の成分が熱によって表出しているもの。
さらに桜っぽく見えてしまうので面白い限りです。



(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16464583.jpg
★桜めのう 30ミリ勾玉HC④(マダガスカル産) 15,000円+税★

くっついた結晶が大輪を咲かせた4番。

この時期にこの勾玉をご案内した理由は、学業成就、受験合格のお守りとしても
ご提案したかったからなのです。

この土日は勝負のセンター試験がありますね。
そしてその自己採点の結果を受けて、どの大学に駒を進めるか、二次試験をどう挑むかを画策する大切な時期。

「桜」は昔から縁起がよく
また桜咲くという表現は受験合格を意味するフレーズとして
親しまれてきました。

そんな「桜」が入った、しかも勾玉という特別なお守り。
是非挑戦される方の贈り物としてもオススメしたい
逸品です。

(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16464530.jpg
★桜めのう 30ミリ勾玉HC⑤(マダガスカル産) 15,000円+税★

これくらい赤みが強いのもまたよいですね~!!
続いて6番


(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16464581.jpg
★桜めのう 30ミリ勾玉HC⑥(マダガスカル産) 15,000円+税★

夕暮れ時の風雲にも見える
大きな結晶が特徴です。
続いて7番~ ここから黙りはじめますが
お好きな色合い探してみてください☆



(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16464531.jpg
★桜めのう 30ミリ勾玉HC⑦(マダガスカル産) 15,000円+税★


続いて8番~

(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16464660.jpg
★桜めのう 30ミリ勾玉HC⑧(マダガスカル産) 15,000円+税★

続いて9番~

(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16464693.jpg
★桜めのう 30ミリ勾玉HC⑨(マダガスカル産) 15,000円+税★


ラスト10番~!!
(究極の和テイスト!)桜めのう勾玉(マダガスカル産)_d0303974_16464603.jpg
★桜めのう 30ミリ勾玉HC⑩(マダガスカル産) 15,000円+税★
豪華絢爛な10番。

最後まで見ていただける方のために、10番はオススメな個体、お気に入りな個体を紹介しています☆
といっても撮影順を選んだのは別の方なので実は偶然なのかも。
意図してくれていたら、すぐるは嬉しいですね~

ほかのサイズ、グレードも下記のページで紹介しています
是非見てみてくださいまし~!!








では本日ここまで~!!


by stonebuyer | 2019-01-19 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

コーネルピン7ミリビーズ

おはようございます。
サルオです。

まず予告です。
明日はすぐるちゃんの登場です。
ということは新作を紹介してくれますね。
ご期待下さい。

本日はコーネルピンのビーズを紹介させて頂きます。




コーネルピン7ミリビーズ_d0303974_19234712.jpg
★コーネルピンHC7ミリビーズ パキスタン産 【限定12石】 1,404円(税込み)★

この石はアイドクレースに本当にそっくりです。
似すぎていて見た目からはほとんど違いが分からない。。。

そして、コーネルピンという鉱物について記載されている資料はほとんどございません。
それくらい非常にレアな鉱物で、ビーズになること自体が珍しいものとなります。

成分はMg3Al6(Si,Al,B)5O21(OH)となり、マグネシウム、アルミニウム、ケイ素、アルミニウム、ホウ素の酸化物と一部水酸化物という非常にごちゃごちゃした成分となっております。

これだけ色々なものが入ってくるということは産出条件が限定されそうですが、意外と産出地は世界中に多いようです。
しかし、このように透明感のある綺麗なものが少ないため、宝石としての流通が少なくなっているみたいですね。

この石の一番の特徴が二色性です。
今から紹介させて頂くビーズは全て同じビーズで方向を変えて撮影したものです。
コーネルピン7ミリビーズ_d0303974_19234740.jpg
★コーネルピンHC7ミリビーズ パキスタン産 【限定12石】 1,404円(税込み)★

濃いめの緑色をしていますね。

撮影する角度を変えます。

コーネルピン7ミリビーズ_d0303974_19234756.jpg
★コーネルピンHC7ミリビーズ パキスタン産 【限定12石】 1,404円(税込み)★

黄褐色に色が変わりました。

そして、この緑色と黄色の境界線を撮影してみようと試みたのですが、中々うまくいきませんでしたが、こちらはどうでしょうか。
コーネルピン7ミリビーズ_d0303974_19234704.jpg
★コーネルピンHC7ミリビーズ パキスタン産 【限定12石】 1,404円(税込み)★

ほんのわずかに角度を変えるだけで色味がいっきに全体的に変わってしまうので難しいのですが、上部が緑色、下部が黄色になっていますよね。
まるでバイカラーのように面白いです。

オンラインショップではこの二色性が分かりやすいように1つのビーズに対して2枚ずつ画像を載せておりますので、是非ともご覧頂けますと喜びます。
コーネルピン7ミリビーズ_d0303974_08490395.jpg
コーネルピン7ミリビーズ_d0303974_08490748.jpg
★コーネルピンHC7ミリビーズ パキスタン産 【限定12石】 1,404円(税込み)★


最後までご覧頂きありがとうございました。

ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
コーネルピン7ミリビーズ_d0303974_06223631.jpg

by stonebuyer | 2019-01-18 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

プレナイトに似ているけど、、、

おはようございます。
サルオです。

本日はある意味珍しい石を紹介させて頂きます。
面倒臭いかもしれませんが皆様にもちょっと考えて頂くために先にお写真を見ていただきましょう。

プレナイトに似ているけど、、、_d0303974_18113553.jpg

何の石か分かりますでしょうか。

もう少し寄りますね。

プレナイトに似ているけど、、、_d0303974_19360256.jpg

正解は下の写真を見れば分かるかも知れません。
プレナイトに似ているけど、、、_d0303974_18410285.jpg
この上の写真のブレスレットは「ミックスベリル」です。

つまり、本日紹介させて頂くブレスは「グリーンベリル」のブレスレットになります。
そのグリーンベリルをちょっとおしゃれに「ライム」をつけて「ライムグリーンベリル」と仕入先さんは呼んでおられましたので、僕のその名前を使わせて頂くことにしました。

ミックスベリルのブレスレットの中でもグリーンからはいつも少なめです。
その少ないグリーンカラーを集めて一連のブレスにされたそうですよ。

プレナイトに似ているけど、、、_d0303974_19362275.jpg
★ライムグリーンベリル8ミリブレス① ブラジル産 7,776円(税込み)★

そして、個人的にはこの色味のベリルはすごく懐かしい色をしています。
それは、僕が入社した頃にアクアマリンの原石がまとまった数入荷してきました。

そのアクアマリン原石の色味がまさにこのような緑色をしていました。

まだまだ石については知識が皆無だったので、「緑色のアクアマリンもあるんだ~」くらいな気持ちで入荷処理をしていましたが、なぜこれがアクアマリンだったのか、このブレスを見て謎が解けたような気持ちになりました。

アクアマリンは一般的に加熱処理が行われていることが多い宝石です。

緑や黄色味がかったベリルは加熱処理をすることで、鮮やかな水色に統一されます。
ベリルの水色も黄色も緑色も全て鉄イオンが関係していて、それぞれのイオンの形態によって色味が変わっていますが、加熱処理されることでその鉄イオンの形態が1つに整うために水色に統一されます。

つまり、本来はグリーンベリルと呼ばれるこの石の色味は、アクアマリンの元になる色味である可能性が高いということです。

このライムグリーンベリルは、自然なままの色味のベリルということになりますね。

その自然体のベリルを拡大してみて見ましょう。

プレナイトに似ているけど、、、_d0303974_17504399.jpg
★ライムグリーンベリル8ミリブレス① ブラジル産 7,776円(税込み)★

わざわざ水色にしなくてもこの色味でもしっかり魅力はあると思うんですけどね。
なにやら氷翡翠を思わせるような色味といいますか、ネフライトやプレナイトにも近いような色味も良いと思います。

そして、透明感はあまりないですかね。
下の写真は光りに透かして撮影してみました。
そうすると多少の透明感は見れますね。

プレナイトに似ているけど、、、_d0303974_17504947.jpg
★ライムグリーンベリル8ミリブレス① ブラジル産 7,776円(税込み)★

今回は8ミリ2本、10ミリ2本入荷しておりますので是非オンラインショップの方もご覧頂けますと喜びます。

ライムグリーンベリルのブレスレットはこちらから

最後までご覧頂きありがとうございました。
プレナイトに似ているけど、、、_d0303974_08530788.jpg


by stonebuyer | 2019-01-17 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

シャッタカイト10ミリビーズ

おはようございます。
サルオです。

本日は「地球は青かった」と、言わんばかりのシャッタカイトのビーズを紹介させて頂きます。

僕がこの石について知識を得たのは約2年くらい前なので、割と最近の話です。
しかし、この石自体はずっと以前から見たことがあったかもしれません。

何が言いたいかと言いますと、10年くらい前に見た「ブルークリソコーラ」のビーズは今にして思えばシャッタカイトだった可能性があるということです。

もう既に証明する方法はございませんが、基本的にクリソコーラはシャッタカイトに比べると色味がグリーンがかっていて、明るい色味をしております。
しかし、色の濃いブルーのクリソコーラも存在します。
そのため、この両者は肉眼で区別することが非常に難しい。
しかも、この両者は共生して産出されます。

なので、結局鑑別に出してみないと判断はつきませんが、共生しているため、どちらの鉱物が多く入っているかということで名前が決まってくるようです。

つまり、鉱物の比率が
シャッタカイト >クリソコーラ ⇒シャッタカイト
シャッタカイト< クリソコーラ ⇒クリシコーラ

では実際にお品物を見てみましょう。

シャッタカイト10ミリビーズ_d0303974_19074953.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

成分としてシャッタカイトとクリソコーラを比較してみましょう。

シャッタカイト:Cu5[(OH)Si2O62
クリソコーラ:Cu2H2Si2O5(OH)4・nH2O

どちらも銅を含む水酸基を伴う珪酸鉱物ですね。
大きな違いはクリソコーラはいくらかの水分を含んでいるというところでしょうか。

ということで、成分から見てもこの両者はよく似た鉱物です。
シャッタカイト10ミリビーズ_d0303974_19085126.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

具体的にはこの中で緑色がかった水色をしている部分がクリソコーラ、濃い青色部分がシャッタカイトになります。

シャッタカイト10ミリビーズ_d0303974_19085843.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

拡大してみてみると茶色っぽいところもありますね。
ここはキュープライト(和名:赤銅鉱)という鉱物。
和名からも分かるとおりキュープライトも銅を主成分とした鉱物です。

つまりこのシャッタカイトは銅鉱山で産出される鉱物になりますが、クリソコーラと比べると産出量は少ないようです。

僕も過去に一度だけアメリカ・アリゾナ州にある銅鉱山に行ったことがあるのですが、これらの鉱物がゴロゴロと落ちていました。
緑色の原石が多かったのでおそらく大抵はクリソコーラ、もしくはマラカイトだったと思います。

もちろん品質的には鉱物の標本に出来るようなものではなく、当然ビーズやアクセサリーになるような綺麗なものではございませんでしたが、そういった鉱物を精錬して銅だけを抽出している工場も鉱山に併設されておりました。

申し訳ございません。この時の写真が行方不明になってしまったので、写真が見つかったときにいずれ詳しくお話出来ればと思います。
シャッタカイト10ミリビーズ_d0303974_19090372.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

今回紹介させて頂いているビーズは2石限定ですので、オンラインショップ上での販売は1点ずつ分かるように番号をつけさせて頂きました。

そのため、ここからは2番目のお写真となります。




シャッタカイト10ミリビーズ_d0303974_19090974.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

1番のものと比べてもあまり大きな違いはございません。

シャッタカイト10ミリビーズ_d0303974_19091325.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

シャッタカイトやクリソコーラは基本的に原石以外全てスタビライズド加工がされているといっても過言ではございません。

両者とも硬度は高くても4程度しかないため非常に脆くなっております。
また、多孔質(小さい結晶の粒の間にわずかな空間がたくさんあること)なため樹脂が浸透しやすいということもあり、この石をカット・研磨する前に樹脂を含浸させて強度上げております。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
シャッタカイト10ミリビーズ_d0303974_06223631.jpg

by stonebuyer | 2019-01-16 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

とっても大玉のアクアマリンビーズ

おはようございます。
サルオです。

本日紹介させて頂きますのは、存在感抜群のアクアマリンです。
どこが存在感があるのか、、、それはビーズのサイズです。
とっても大玉のアクアマリンビーズ_d0303974_06201095.jpg
★アクアマリンHC16ミリビーズ ブラジル産【限定6石】 8,424円(税込み)★

その大きさはなんと16ミリ!

このサイズのアクアマリンは弊社でも中々仕入れたことがないサイズではないでしょうか。
どうでしょう。
大きいですね。って写真からではその大きさが伝わりませんね。

これならどうでしょうか。
とっても大玉のアクアマリンビーズ_d0303974_06340876.jpg
★アクアマリンHC16ミリビーズ ブラジル産【限定6石】 8,424円(税込み)★

画面いっぱいのアクアマリンビーズです。
これだけ大きければ品質に嘘はつけませんね。

そうです。
このサイズでも透明感を見ることが出来る高品質なアクアマリンとなっております。
ブレスレットに1石入れるだけでも驚くほどの存在感を発揮してくれることは間違いないでしょう。

そして、一部のビーズで光りを当てるとシラーのような淡い光りを放つビーズがございます。
とっても大玉のアクアマリンビーズ_d0303974_06203351.jpg
★アクアマリンHC16ミリビーズ ブラジル産【限定6石】 8,424円(税込み)★

それもこのアクアマリンビーズの特徴となりますので、是非おすすめしたいポイントとなっております。

こちらのアクアマリンビーズは全て現物の画像を載せておりますので是非オンラインショップをご覧頂けますと喜びます。

話は変わりますが、最近仕事終わりにウォーキング(時々ランニング)を始めました。
会社の近くには宍道湖があり、その宍道湖の周りには歩道が整備されていますので、約4kmの間信号も交差点もないというランニングには適した場所があります。

そこを仕事終わりに歩くようにしました。
そして、歩くことで松江の新たな発見をしたように思います。
このお写真は宍道湖大橋から宍道湖温泉に向かって撮影した写真です。

とっても大玉のアクアマリンビーズ_d0303974_08480262.jpg

普段じっくり見ることがないので気づきませんでしたが、このホテルや旅館が並んで建っている風景は中々圧巻ですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
とっても大玉のアクアマリンビーズ_d0303974_06223631.jpg

by stonebuyer | 2019-01-15 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

インクルージョンローズクォーツ~こんなにたくさんは珍しいでしょ~

おはようございます。
サルオです。

今日は賛否両論あるかも知れません。
やはりローズクォーツは透明感のある濃いピンク色のものが高品質だと。
それは間違いなくその通りです。

しかし、インクルージョン好きの僕としては是非おすすめしたいお品物となっております。
なんといっても色々な内包物(インクルージョン)が大量に入っていますよ。

水晶にはインクルージョンが入った綺麗なものが多いのですが、不思議とローズクォーツではあまり見かけませんね。

大玉の丸玉になると赤色のライモナイトもしくはヘマタイトのようなインクルージョンがクラックの隙間に入っているものを見かけますが、それがあることで魅力が出るというものでもないと思います。

では、こちらはどうでしょうか。

インクルージョンローズクォーツ~こんなにたくさんは珍しいでしょ~_d0303974_18153882.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

ぱっと見は黒い内包物が多いですね。
それでは細かく見ていきましょう。

インクルージョンローズクォーツ~こんなにたくさんは珍しいでしょ~_d0303974_18155925.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

これで分かりますかね?

ちなみに鑑別は出しておりません。
あまりにも内包物の種類が多いので、破壊検査+内包物がブレスごとに異なることを考慮して鑑別には出せませんでした。

なので、個人的な意見と仕入先さんの意見を考慮して内容を書かせて頂いております。

正直上の写真ではまだ分からないと思いますので、さらに接写で見ていきましょう。

インクルージョンローズクォーツ~こんなにたくさんは珍しいでしょ~_d0303974_18164137.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

まず、仕入先さんの見解ではレピドクロサイトは入っているとのこと。
この黒い内包物を見ると確かに水晶にも内包しているレピドクロサイトに見えますし、左下の黄褐色の固まりも色味だけ見るとライモナイトのように見えます。

しかし、左下の黄褐色の固まりは形が変わっているので、カルサイトやドロマイトのような鉱物の表面にライモナイトが付いているように感じますね。

そして、問題は黒い部分です。
同じブレスレットの中に下のようなビーズもありました。

おそらくこれが一番のヒントになっているのではないかと思います。

インクルージョンローズクォーツ~こんなにたくさんは珍しいでしょ~_d0303974_18165107.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

内包物の結晶の形がしっかり分かりますね。
しかも若干の透明感を伴っている。

これは間違いなくレピドクロサイトとは異なります。

結晶の形と色を見るにダイオプサイト(透輝石)のようにも見えます。
また、写真ではうまく写りませんでしたが、二つ上の写真(左下に黄褐色の内包物があるもの)の中で光りを当てると、クロムダイオプサイトのような色味の反射を示すものがありました。

これは、強い光りを当てなければ緑色に見えないものでしたが、逆に言うとレピドクロサイトではいくら強い光りを当てても緑色にはなりません。

ということはますますダイオプサイトの可能性が高くなりました。
上の写真はおそらく微量な鉄分を含んで茶色っぽい緑色のダイオプサイトになり、一部クロムを含んで色の濃いダイオプサイトになっていると推測されます。

では、レピドクロサイト可能性は完全に否定されたのか言いますとそうではございません。

下の写真を見る限り、これはレピドクロサイトのように思われます。
インクルージョンローズクォーツ~こんなにたくさんは珍しいでしょ~_d0303974_18172661.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

ちなみにローズクォーツといえばスター効果ですよね。

実はあります。
このブレスレットの中にはっきり見えるものは1点だけでしたが、そのお写真はこちらです。
インクルージョンローズクォーツ~こんなにたくさんは珍しいでしょ~_d0303974_18160846.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

スターが出るビーズは少し乳白色になっていたので出るかなと思ったらやっぱり出ましたね。
スターが出るということは、ルチルも含んでいるということになりますので、本当に多種の鉱物が内包してますね。

ちなみに今回8ミリサイズのブレスレットが3本、10ミリ1本、11ミリ1本入荷しておりますが、しっかりとスターが出るものは1本のブレスの中で1~2石となっております。

線が見えるだけのものだと結構あるのですが、他鉱物が内包している影響があって綺麗にスターが出ないのかもしれませんね。

インクルージョンローズクォーツはこちらから

インクルージョンの特定は難しい。
だからこそ、これはなんだろうと考える楽しさを味わえます。
それこそが水晶系鉱物の魅力の一つですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-01-14 09:06 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

グリーンオーソクレース

おはようございます。
サルオです。

本日はオーソクレースのビーズを紹介させて頂きます。
あまり聞きなれない鉱物名かもしれません。

しかし、このブログ内でもよく紹介している宝石の主成分がこの「オーソクレース(和名:正長石)」なんです。

その宝石とは「ムーンストーン」です。
では、本日紹介させて頂いているお品物はグリ-ンムーンストーンなのか。。。

答えはお品物を見ながら順に説明をさせて頂きますので、こちらのお写真をご覧下さい。
グリーンオーソクレース_d0303974_18033345.jpg
★グリーンオーソクレース8ミリ 594円(税込み)★

まず、ムーンストーンについて
ムーンストーンとは、オーソクレースを主体とする成分で、そこにアルバイト(曹長石)種の長石を薄く胚胎することでシラーと呼ばれる淡い光りを発する物のことを呼ぶため、ムーンストーンは鉱物名ではなく、宝石名になります。

ということは、見た目で判断するにはシラーを確認出来るかが重要ということですね。
では、シラーが出るのか試してみました。

通常の蛍光灯の下でもぼんやりとシラーらしきものが見えるような気がします。。。
分かりやすくするために光を当てて撮影してみました。

グリーンオーソクレース_d0303974_08401023.jpg
★グリーンオーソクレース8ミリ 594円(税込み)★

ぼんやりですがシラーのような光りが見えますでしょうか。

ならば、このオーソクレースはムーンストーンと呼べるのか。。。呼べないと思います。
光り方がぼんやりとした光りのシラーというよりはアベンチュレッセンスのような少しキラキラとした印象を持ちますので、ムーンストーンとは呼べないでしょね。

そのため、グリーンオーソクレースとして紹介させて頂いておりました。

グリーンオーソクレース_d0303974_18040668.jpg
★グリーンオーソクレース8ミリ 594円(税込み)★

この翡翠のような鮮やかな緑色はどのようにして発色しているのでしょうか。

オーソクレースの仲間でマイクロライン(微斜長石)という鉱物があります。
この両者はへき開面の角度が0.5度違うという肉眼では判断出来ない細かい違いから分けられている鉱物ですが、このマイクロラインの亜種にアマゾナイトがあります。

アマゾナイトは微量な鉛を含み緑色に発色しているマイクロラインですが、このオーソクレースの色味がアマゾナイトのように青みがかっていないのでおそらく鉛は含んでいないでしょう。

ということは、やはり緑色発色の金属元素、鉄、バナジウムあたりだと推測されます。

グリーンオーソクレース_d0303974_18041381.jpg
★グリーンオーソクレース8ミリ 594円(税込み)★

長石は地球上の約50%を形成している鉱物だといわれていますが、このグリーンに発色するタイプはあまり見かけませんのでかなり珍しいものであると思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

グリーンオーソクレース_d0303974_08530788.jpg


by stonebuyer | 2019-01-13 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アズライトinバライト勾玉の変種たち

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!

本日は「アズライトinバライト」のご紹介☆
先月から展開を開始した「アズライトinバライト」の勾玉。
この勾玉に含まれる成分を特定し、また名前を確定するにあたって国内の鑑別機関に
分析を依頼をしてこの名前となりましたが、

実はこの「アズライトinバライト」の名前に認定されなかった個体が
4分の1くらいあったわけです。
当然といえば当然。相手は自然ですから、バライトの成分で液浸することは共通しても
アズライト以外の銅鉱床で発達する鉱物(クリソコーラやマラカイト)がほとんどの個体も
ありました。

そこで少し値を下げてそうした個体もだしていこうと思うんですね☆
ともあれまずはモノを見ていきましょう!
(今回のデンドリティックバライトには30ミリの展開はございません。予めご了承くださいませ)

※デンドリティックバライトの勾玉は本日1/12から、
店舗でも取り扱いを開始します。個数は少ないので全店ではございませんが、
展開店舗はお店のブログで掲載をしますので取り扱いの有無をご確認ください。

アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11341598.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC①表 12,000円+税★

この個体をアズライトinバライトと呼べない理由がよく分かりますね。
アズライトの濃い青の部分がほぼ見当たりません。

アズライトが目視で一定量確認ができない個体は今回この「デンドリティックバライト」と呼ぶ
事にさせていただきました。
なぜ突然にデンドリティックなのかというと、
黒い模様がありますよね、これらは針鉄鉱(ゲーサイト)によって発達したものですが、
これが樹状(デンドリティック)に見えたりするので、このネーミングという訳です。

裏をみると、、、





アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11341596.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC①裏 12,000円+税★

模様がはっきりでているのが分かります。
どちらかというと、ターコイズのネット模様に原理は近しいでしょうか。
そして実は、ターコイズのネット模様も、ゲーサイトが原因です。
もともとの原石のクラックにあたる部分にこうした鉄系成分が
後天的に浸透していきます。それによってこんな風に模様が発生するわけです。

もちろんこの模様は「アズライトinバライト」勾玉にも確認できる個体がありました。
色鮮やかなコントラストを楽しみたい場合は、まだ展開している店舗がありますので
そちらからお買い求めください。

次は2番



アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11341570.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC②表 12,000円+税★

この個体はアズライトが少し確認できるのですが、
本当に少しなので、今回こちらでの紹介となりました。
そしてこの個体はアズライト自体がしっぽの部分で線状に入っていて
模様になっています。

ただそれよりもマラカイトの表出が大きいですね。
ここまで緑が出ている個体は実は凄く少ないんです。
また水色の部分はもちろんクリソコーラの成分を含んでいます。
つまりはアズライトinバライトという名前でないだけで、
実はとっても面白い個体。






アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11341622.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC②裏 12,000円+税★

そして、値を下げて紹介をしていますから、
もし気に入った個体がございましたら、
とってもオススメなのです。

本当はもう手に入らない原石なので、この価格にするのはもったいないですが
少し攻めております=33

次は3番。







アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11341670.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC③表 12,000円+税★

この個体はかなりデンドリらしい!!
今回のこの勾玉ってラリマー色を彷彿とさせる部分があったのですが、
この黒い模様はこの勾玉にしかほとんど見られない特徴です。

よく見るとわずかながらにアズライトも入っています☆



アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11341631.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC③裏 12,000円+税★

裏を見るとこの個体は水色も樹状になっていますね。
クリソコーラの成分も後天的に入りこんだという事でしょうか。
とっても面白いですね☆

続いて4番。





アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11341616.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC④表 12,000円+税★

よくアニメとかで空に異世界からの扉が開いてしまって、
悪役じみた奴が侵入してくるときこんな黒いバチバチが出ていますが
(何とも分かりにくい表現ですね笑)

そんな印象すら抱いてしまいます。
面白い展開になりそうな勾玉です。




アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11341679.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC④裏 12,000円+税★

全体を通じてほんのりとクリソコーラの成分が見えていて
優しい色合いです。

続いて5番。

アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11341673.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC⑤表 12,000円+税★

後ろの空青色と黒のコントラストは絶妙。
ちなみに真っ白な部分はバライト本来の色合いです。
バライトが不純物無く、ミルキーな色合いで見えるのは、
また面白い部分でもあります。





アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11341777.jpg
★デンドリティックバライト勾玉 20ミリHC⑤裏 12,000円+税★


前に「アズライトinバライト」勾玉の紹介をしたときに、「絵の具を散らしたような」という事をいったと
思いますが、まさにこの勾玉って本当に芸術肌なのです。

センスを問われるアクセサリー。
さてアナタはどんなデザインを作りますか!?


アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11353458.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC⑥表 12,000円+税★

最後は注目の6番。
どこが注目かというと、、、

裏側!!




アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_11353501.jpg
★デンドリティックバライト 勾玉 20ミリHC⑥裏 12,000円+税★

デンドリが強くでていますね~
こんな風にコントラストを愉しめるのはこの
勾玉が最初で最後かもしれません。
是非手に入れてみてくださいませ~


という事でこちらのページでは20ミリのデンドリティックバライトを紹介しました。
16ミリ、10ミリも展開がございます。
下記リンクに飛んでみてください。

・デンドリティックバライト16ミリ勾玉(¥7000)はこちらから

・デンドリティックバライト10ミリ勾玉(¥2300)はこちらから



また、、、

今日紹介したようなデンドリティックも確認できない個体「バライト」勾玉も個数少ないですが
アナヒータスタイルで紹介を致します。具体的にはこんな感じ。

アズライトinバライト勾玉の変種たち_d0303974_10225738.jpg
★バライト 勾玉 各種★


こちらも20ミリ以下のリンクを下記に設けておきます。

・バライト20ミリ勾玉(¥5500)はこちらから

・バライト16ミリ勾玉(¥3200)はこちらから

・バライト10ミリ勾玉(¥1500)はこちらから


バライト本来の色合いを楽しめるのと、こちらの勾玉は、価格をさらにググッと落としていますので
是非ご覧くださいませ~!!
では本日ここまで~!!

by stonebuyer | 2019-01-12 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)