人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

赤水晶!?これはアメジスト?シトリン?はたまた

こんばんは。
サルオです。

本日はレッドクリスタルのブレスレットを紹介させて頂きます。
しかし、「レッドクリスタル」という名称が正しいかどうかも正直悩みどころでした。

d0303974_17464794.jpg
★レッドクリスタル11ミリブレス ブラジル産【限定1本】 74,520円(税込み)★

確かに見た目は赤色に見えます。
それでも、しっくりこないというか、この石を別の名前でどこかで見たことがあるんですよね。
そして、それが思い出せない。。。

この記事を書いていると思い出すかも知れませんので、とりあえず書き出すとします。

産地はブラジルのバイーア州。
数々の鉱物を産出する州でデュモルチェライトインクォーツなどもこのバイーア州で産出されますよ。

まず、この赤みについて、じっくり見ていきましょう。

d0303974_17505778.jpg
★レッドクリスタル11ミリブレス ブラジル産【限定1本】 74,520円(税込み)★

内包物が色々入ってますね。
この内包物によって色がついているんでしょうか。
しかし、透明感も感じられるので、大量に内包しているがついているわけではなさそうですね。

ということで、
水晶に含まれる赤色の鉱物として、ライモナイトやヘマタイトが思い浮かびます。
その他、繊維状の元のなると角閃石系の鉱物ですかね。

この内包物を判明させるために光りに透かした状態で撮影をして見ました。
その写真がこちら。

d0303974_17511663.jpg
★レッドクリスタル11ミリブレス ブラジル産【限定1本】 74,520円(税込み)★

光に透かすと赤ではなく紫色であることが分かりました。

そして黄色く見えるのは部分的にシトリンが入っているためのように感じます。
つまりこの石は一風変わったアメトリンですよ。

このブログの中でもアメトリンといえばボリビア産とお伝えしてましたが、ブラジル産のものを見るのは初めてですよ。

そういう意味でもこのアメトリンは非常に珍しいものであることは間違いないです。
ちなみに内包物としてライモナイトも入っていることが分かりましたよ。

それは下の写真をご覧下さいませ

d0303974_17521840.jpg
★レッドクリスタル11ミリブレス ブラジル産【限定1本】 74,520円(税込み)★

上の2つのビーズの上側に入っている赤い内包物はライモナイト。

ライモナイトは鉄を主成分とする鉱物ですし、アメジストとシトリンの発色原因も鉄です。

その共通点も見つかりました。
つまり過剰に入り込んだ鉄分がライモナイトの結晶として現れているんですね。

そして僕が最初に言った見たことがある鉱物も思い出しました。

それはヘマタイトonアメジストのクラスター。
アメジストの結晶の表面近くにファントム状に積もったヘマタイトによって真っ赤な結晶になったアメジスト。

もしかしたらこのビーズはその原石と同じ物かも知れませんね。

アメトリンがファントム状にもなってますし。。。

あとオーラライトも、もしかしたら同じような原石のような気がしていますのでオーラライトの赤色パターン!かもしれませんよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-30 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ルビーは全て蛍光する?

こんばんは
サルオです。

本日はルビーのブレスレットを紹介させて頂きます。
ルビーといえばタンザニア産のルビーインゾイサイトの原石やインド産のルビーインフックサイトのブレスレットでその蛍光性を紹介してきました。
本日はミャンマー産のルビーブレスレットを紹介させて頂きますが、果たして蛍光性はあるのでしょうか。

d0303974_16185255.jpg
★ルビー7ミリブレスレット 【限定1本】 内径:約16.5cm 20,520円(税込み)★

ルビーの定義は赤色に発色したコランダム。
逆にいうと赤色以外に発色したコランダムはルビーとなります。

この天然石(半貴石)の業界では一般的にルビーと呼ばれておりますので弊社でも「ルビー」で統一させて頂いております。
しかし、厳密にいうとパープルサファイアと呼ばれるような色味になると思われますのでご了承下さいませ。

d0303974_16195458.jpg
★ルビー7ミリブレスレット 【限定1本】 内径:約16.5cm 20,520円(税込み)★

そして、色味の説明を続けさせて頂くと、ルビーの赤色は金属元素であるクロム(Cr)が微量に入ることで色づきます。
しかし、同じ産地でも、母岩の種類が変わることで、微妙に鉄やチタンといった金属元素を含む割合が変わってきます。

この鉄やチタンがクロムに変わって不純物として取り込まれることで色味が紫色~黒いに変化していきます。

つまり、サファイアの青色は鉄やチタンによるものですので、赤(クロム)に青(鉄・チタン)を混ぜると紫色になるのは絵の具と一緒ですね。

d0303974_16354571.jpg
★ルビー7ミリブレスレット 【限定1本】 内径:約16.5cm 20,520円(税込み)★

それではブラックライトを照射してみましょう。
照射しているブラックライトの波長は365nmです。
d0303974_16203112.jpg
★ルビー7ミリブレスレット 【限定1本】 内径:約16.5cm 20,520円(税込み)★

どうですか。
こちらのルビーも蛍光していることが分かりますよ。
ただし、他の蛍光鉱物に比べると蛍光性は弱いように感じます。

拡大して撮影した写真がこちら。

d0303974_16395374.jpg
★ルビー7ミリブレスレット 【限定1本】 内径:約16.5cm 20,520円(税込み)★

これくらい赤ければ間違いなく「ルビー」と呼べるんですけどね。
あくまでものこの真っ赤な色味はブラックライトによって蛍光した色味ですよ。


続きまして、カットの6ミリブレスです。



d0303974_16432486.jpg
★ルビー カット6ミリブレスレット ミャンマー【限定1本】 内径:約16.5cm 6,696円(税込み)★

こちらもわずかに紫がかっている色味をしておりますが、蛍光性もそれなりにございますよ。

d0303974_16465706.jpg
★ルビー カット6ミリブレスレット ミャンマー【限定1本】 内径:約16.5cm 6,696円(税込み)★

僕が紹介してきたルビーで蛍光性を試したものは全てその蛍光性をブログ内で紹介しているのですが、もしかして全てのルビーは蛍光するの?なんて思ってしまいますね。

今後もルビーを見かけたらとりあえず蛍光性はチェックしていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-29 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

バングルブレス紹介します(ウォーターメロントルマリン、オニキス、ムーンストーン)

こんばんは
サルオです。

天然石のブレスレットといえばラウンドビーズ(丸ビーズ)が一般的。
しかし、本日紹介させて頂くのは、平べったい石の形に加工されたバングルブレスを紹介させて頂きます。

バングルブレスの魅力は石をそのまま切り出したような輪っかになった形状をしているため、重ね着けをしなくても十分に天然石が存在感を発揮してくれるところにあるのではないでしょうか。

そのため、腕の露出が多くなるこれからの時期にピッタリなブレスレットですよ。

このブログと同じく本日の20時よりオンランショップではバングル特集が始まりますので、宜しければこちら、合わせてご覧頂けると幸いです。

バングルコレクション ~夏のスタイルにぴったりな爽やかアクセサリー~ はこちらから

それでは、本日はそのバングルブレスの中から何点か紹介させて頂きます。

・バングルブレス ウォーターメロントルマリン

d0303974_14235365.jpg
★バングルブレス ウォーターメロントルマリン 【限定1本】内径:約17cm 石サイズ:約9×7mm 59,400円(税込)★

ウォーターメロンつまり、スイカのようなトルマリンのバングルです。
これがスイカならなんとも肉厚なスイカなんでしょう。
そして、透き通るような透明感もとっても魅力的ですよ。
d0303974_14351142.jpg
バングルブレス ウォーターメロントルマリン 【限定1本】内径:約17cm 石サイズ:約9×7mm 59,400円(税込)★

一つ一つのビーズは六角形をしているのは、トルマリン結晶が六角柱になっているため、つまり、このビーズ自体が原石の特性を生かしたビーズになっているんですね。


・バングルブレス オニキス

d0303974_14365440.jpg
★バングルブレス オニキス【限定1本】内径:約19.0cm 約20×30mm 6,156円(税込)★

本来オニキスは白い縞模様を指して言った名前です。
一般的に真っ黒のカルセドニーもオニキスと呼ばれていますが、このような縞模様のあるメノウが本当の意味でのオニキスとなります。

d0303974_14425873.jpg
★バングルブレス オニキス【限定1本】内径:約19.0cm 約20×30mm 6,156円(税込)★

写真では伝わりにくいかもしれませんが、一つのビーズのサイズが20x30ミリもあるので、圧倒的なサイズ感をしていますよ。
そして、メノウ部分にある芸術的な縞模様はとってもかっこいいですよ。

・バングルブレス ブルームーンストーン

d0303974_15042836.jpg
★バングルブレス ブルームーンストーン【限定1本】内径:約17cm 石サイズ:約12×7mm 21,600円(税込)★

とっても高品質なブルームーンストーンです。
実は、この石、、、悩みました。
それは、ペリステライトなのかラブラドライトなのかというところ。

この両者を見分けるポイントとして、ラブラドライトであればブルー以外のラブラドレッセンスを持つところにあります。
なので、イエローやオレンジカラーのラブラドレッセンスがあれば、レインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)だと判別できます。

しかし、ブルーカラーのラブラドライトがあるように、ブルーカラーのラブラドレッセンスだけでブレスレットを作られたホワイトラブラドライトも当然ございます。

そうなるとこれがどちらになるのか見極めるのが難しくなってきます。

なので、今までの経験則になってしまうのですが、ペリステライトが持つシラーはムーンストーンのような優しい柔らかなイメージ、そしてラブラドライトのラブラドレッセンスはギラっとした強い光りのイメージなのでここで判断したいと思いますが、、、
今回紹介しているバングルは優しさの中にも力強さを感じるようなしっかりとしたシラーを持っています。

d0303974_15241535.jpg
★バングルブレス ブルームーンストーン(ペリステライト)【限定1本】内径:約17cm 石サイズ:約12×7mm 69,120円(税込)★

そのため、非常に悩んだのですが、この乳白色の地の部分と光り方から総合的に判断してブルームーンストーン(ペリステライト)だと判断しました。
この力強いシラーは宝石としての価値を上げてくれますが、ラブラドかペリステにか悩ませてくれますね。
(どっちだろ?と考えるところも石の楽しさ・面白さを感じさせてくれるところなんですけどね。。。)


・バングルブレス ムーンストーン

d0303974_15300741.jpg
★バングルブレス ムーンストーン 【限定1本】内径:約17.5cm 石サイズ:約13×10mm 21,600円(税込)★

それではこのバングルブレスはどうでしょうか。
ちなみに、ラブラドライトの場合白いラブラドレッセンスはございませんが、ペリステライトの場合白いシラーはございますよ。

d0303974_15325683.jpg
★バングルブレス ムーンストーン 【限定1本】内径:約17.5cm 石サイズ:約13×10mm 21,600円(税込)★

しかし、これはムーンストーンです。
この月の輝きのような柔らかい光型はもちろんですが、全体的な雰囲気がムーンストーンらしいですね。

今日紹介しているバングルはほんの一部ですので、宜しければオンラインショップのバングル特集を是非ご覧頂けますと喜びます。

バングルコレクション ~夏のスタイルにぴったりな爽やかアクセサリー~ はこちらから

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-28 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ホーランダイトinクォーツ タンブルカットビーズ

こんばんは
サルオです。

お詫びです。
オンラインショップのこだわりビーズの商品一覧ページが閲覧出来ない状態になっていましたこと大変失礼致しました。
本日の午前10時頃修正致しましたので現在はご覧頂けると状態になっているはずでございます。
ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。

本日はホーランダイトinクォーツのビーズを紹介させて頂きます。
ホーランダイトは別名「星入り水晶」とも呼ばれているので約10日後の七夕に最適のビーズですね。
(それを、今紹介してしまうという、、、)

それでは商品の写真をご覧下さい。

d0303974_11423063.jpg
★ホーランダイトインクォーツ カット約8~9x幅10ミリ マダガスカル産【限定1石】 972円(税込)★

どこにあるのか分かりにくいですかね。
それでは角度を変えて撮影しました。

下の下の写真の青〇で囲っている箇所にございます。

d0303974_11422351.jpg
★ホーランダイトインクォーツ カット約8~9x幅10ミリ マダガスカル産【限定1石】 972円(税込)★

この放射状に出ている針状の内包物がホーランダイトになります。

どこかで見たことあると思いませんでしたか?
そうです。パイロクシンinクォーツにそっくりです。
⇒パイロクシンinクォーツについてはこちらから

パイロクシンは輝石グループの鉱物ですのでケイ酸を含んでいますが、ホーランダイトはバリウム(Ba)、マンガン(Mn)、酸素(O)から成る鉱物です。
つまり、バリウムとマンガンの酸化物ですので、成分・性質的にはルチルなどに近いのかなと思います。

ちなみに、バリウムは金属元素の名前です。
僕は飲んだことございませんが胃の検査で飲む白い液体バリウムを正確にいうと硫酸バリウムになるそうです。

少し難しい話になってしまいますが、
「硫酸」と聞くとなんだか怖いイメージがしてしまいますが、バリウムはアルカリ土類金属なので、硫酸によって中和され安定なものとなります。
鉱物で言うと硫酸鉱物として有名なのが透石膏(セレナイト)です。
セレナイトを化学的にいうと硫酸カルシウムであり、カルシウムもバリウムと同じアルカリ土類金属なのです。
そして、骨折したときに巻かれるギブスがこの石膏ですよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-27 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

梅雨に入りましたね。紫陽花カラーの天然石(ラベンダークンツァイト・ムーンライトアメジスト)

こんばんは
サルオです。

僕の予想よりも一日早く梅雨入りしてしまいましたね。
梅雨といえば紫陽花!

例年梅雨に入ると紫陽花が咲くイメージがありますが、今年は梅雨に入るよりずっと前から紫陽花が咲いています。
なんといっても、中国地方は観測史上最遅い梅雨入りとなってしまいました。

そして、いきなり明日は台風が来るとか、来ないとか。
梅雨に入るといきなりの大雨になるかも知れないとのことでしたので、皆さん備えをしっかりしておきましょう。

ということで、本日は紫陽花カラーのビーズを紹介させて頂きます。
しかし、紫陽花カラーと言っても紫陽花は、濃い赤紫色・ピンク・薄赤紫色・紫色・青紫色・水色などカラーのバリエーションが豊富です。

そういうと、おそらくルビーやモルガナイト、ロードクロサイトやアクアマリン、ブルートパーズなども入ってきてしまいキリがないので、ラベンダークンツァイトとムーンライトアメジストに絞らせて頂きました。

どちらも紫陽花らしくほんのり紫色がはいったパステルカラーをしているので、紫陽花っぽいかな!?と思います。

それではまずはラベンダークンツァイトから。

d0303974_16210084.jpg
★ラベンダークンツァイト8ミリビーズ①【限定3石】 1,512円(税込)★

ほんのり紫と書きましたが、ほとんどピンクですね。
そして、ラベンダークンツァイトにはキャッツアイ効果が備わっておりますが、今日紹介しているビーズも下記の写真のように全てキャッツアイ効果が出ていますよ。
ちなみに、下の写真は強めの光を上から当てております。

d0303974_16203936.jpg
★ラベンダークンツァイト8ミリビーズ①【限定3石】 1,512円(税込)★

このキャッツアイはクンツァイトの内部のストロー状の管状インクルージョンによるものです。


続きまして、ムーンライトアメジストのビーズを紹介させて頂きます。
d0303974_16313611.jpg
★ムーンライトアメジスト10ミリ ブラジル産 【限定1石】 3,672円(税込)★

ミルキーっぽくて淡い紫色の色合いが紫陽花っぽいですね。
そして、実際にシラーのような光りは放っていないのですが、どことなく月夜のような優しい光りが出ているような雰囲気を持っているのが特徴です。

ちなみに、このムーンライトアメジストは処理石になります。
処理方法についてははっきりと断言することは出来ませんが、放射線の照射処理後加熱処理が施されているとの噂です。


ここからは余談ですが、
紫陽花色はどのような条件で色が変わるかご存知でしょうか。
個人的には紫陽花といえば水色をよく見かけるような気がしますが、ご近所紫陽花はすっごい濃いパープルサファイアのような色味をしているところもあります。

そして、紫陽花の色はある程度意図的に色を作り出せるらしいですね。
僕も紫陽花は育てたことがないので完全に素人ですが、酸性の土壌では青色、中性からアルカリ性の土壌ではピンク色の花になるそうです。
小学校の時に勉強したリトマス試験紙を思い出しますね。

つまり、赤い花用の肥料と青い花用の肥料があるそうです。
そして、その肥料が混ざり合っているところが紫色になるのではないかと想像します。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-26 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

夏らしく!?夏色コンビ(アクアマリン・ラリマー)

こんばんは。
サルオです。

昨日「梅雨が来ない」と言っていたら今週の金曜日からずっと雨マークが続いてますね。
ということはここで間違いなく梅雨入りでしょう。

そして、今週日曜には雨マーク+雷マーク。。。どうやら荒れそうですが、ほどほどにして頂くことを願います。
でも妻が「出雲は大社さんに護られとるけん、災害はこらんよ」とよく言っているのでその言葉を信じましょう。

梅雨入り前の夏気分を天然石で味わいましょうということで、本日はアクアマリンとラリマーのビーズを紹介させて頂きます。

・アクアマリンHC10ミリビーズ

d0303974_15192042.jpg
★アクアマリンHC10ミリビーズ ①【限定2石】 6,372円(税込)★

ラテン語で「海の水」を意味する名前として「アクアマリン」という宝石名になったそうです。

そして、ギリシャ神話の中に
「大洋の底に住む海の精が持っていた宝物が、嵐により海が大きく荒れたため海岸に打ち上げられて発見されたもの」とあり、その点から「沈まない」・「浮かび上がる」という縁起が生まれ海難防止のお守りとしてヨーロッパでは古くから人気の高い石であったそうです。

そして、この今日紹介しているアクアマリンのビーズもまさに「海の精の宝物」のような綺麗さを誇っていますよ。
多くのベリルに見えられるようなクラックはこの石の性質上しっかりとありますが、透明感を全くなくしてしまうほどのものではなく、色が非常に鮮やかなところが特徴です」。

続きまして、2番目のビーズです。
d0303974_15192507.jpg
★アクアマリンHC10ミリビーズ ②【限定2石】 6,372円(税込)★

こちらも鮮やかな水色がとっても綺麗ですよ。
あまり処理の話をするのもあれなんですが、このような鮮やかなアクアマリンは大抵加熱処理が施されておりますので、例によってこのビーズも加熱処理が施されていると思われます。

話は変わりますが意外なことに!?過去にも紹介しているベトナム産のディープアクアマリンのビーズを鑑別に出したときに、非加熱処理として鑑別結果が出たことに驚きました。
あんなに色がはっきりしているのに!っていうか加熱か非加熱かってこと鑑別で分かることもあるんですね。


・ラリマーHC8ミリビーズ

アクアマリンに続いてこちらも海を連想させてくれる石「ラリマー」
なんといっても、カリブ海の三大宝石の一つですから。

d0303974_17255688.jpg
★ラリマーHC8ミリビーズ ドミニカ産 【限定1石】 5,940円(税込)★

こちらもカリブ海の名に恥じない綺麗な水色の宝石となっております。

そして、よく見ると、、、、良い表現では全くないのですが、最近あちらこちらで見かけるツバメよけの目玉の形をした風船?みたいな物にも模様が似てますよ。
ゲゲゲの鬼太郎の目玉のおやじのような。

鳥よけもこの時期の風物詩ですね。余談になりますが、
よく家の軒先の下に巣を作っている光景を見かけますが、卵や雛のいるツバメの巣を壊してはいけないって知ってましたか?
巣立った後なら大丈夫ですが、卵や雛のいるツバメの巣を壊すと鳥獣保護法にひっかり、罰せられるそうです。(懲役1年もしくは100万円以下の罰金)

実は僕も数年前にこのことを調べなければいけない事態になり調べたことがございました。
もし、軒先にツバメが巣を作ってしまったら、ペットだと思って巣立つまで見守ってあげましょう。

話がそれましたが、ラリマーに戻ります。

d0303974_17260484.jpg
★ラリマーHC8ミリビーズ ドミニカ産 【限定1石】 5,940円(税込)★

ここだけの話、すぐるちゃんの席の後ろにラリマーの原石が置いてあります。
サイズ的には直径15cm、高さ20cmくらいの円柱状の原石なのですが、形としては鍾乳石にそっくりで、原石の外側1cmくらいは灰色っぽい色をしていて、中身が鮮やかな水色になっています。

すぐるちゃんはただ今出張に出ておりますので、勝手に原石の写真をブログにアップすると怒られるかも知れませんので、実物は想像にお任せしますが、完全な原石の状態のラリマーを初めて見た(と思う)ので少々その風貌に驚いております。

気になる方はグーグルで調べてみて下さい。

そして、その原石を何に使うのか気になるところではございますが、純粋に僕も知りませんので、どのような製品になるのか楽しみに待つとしましょう。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-25 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

【再び】inクォーツのミクロの世界にご招待②

雨は降るけど梅雨はこない。

こんばんは
サルオです。

6月も終盤に指しかかろうかとしていますが、本社のある島根県は未だに梅雨入りをしていません。
ここのところ数日間、毎日のように曇ったり、小雨が降ったりしていますが、なかなか入らないものですね。
梅雨が来なかったことってあるのでしょうか?

記憶にないので気象庁のHPで調べてみました。(中国地方に限る)
すると!なんと!
データが載っている1951年以降梅雨入りをしなかった年は一度もなく、
そして、1951年以降、もっとも梅雨入りが遅かった日が本日6月24日となっておりました。
(梅雨明けがなかった年は1993年と2009年の2回ありました)

気象庁の皆さん。
中国地方に今日梅雨入り宣言しなければ観測史上最も遅い梅雨入りになりますよ!
そして、幸いなことに島根県では朝9時頃雨が降っていたので出すなら今日しかない!ということでこのブログが公開される20時までに梅雨入りしているかどうか個人的に気になっています。

にしても異常気象と言わざるを得ませんね。水不足が非常に心配です。。。
(ちなみに、唯一1963年に近畿地方のみ梅雨入りしなかった年があったようですが、近畿地方以外梅雨入りしなかった年は1951年以降存在しませんでした。
そして、九州南部・沖縄・奄美以外の西日本は未だに梅雨入りしてません。)

すいません。余談が長くなってしまいましたね。
個人的に雨が降るか降らないかで週末の予定が大きく変わってくるために気になって見てしまいます。

晴れると週末は朝4時半起きで子供の野球の弁当作りが待ってます。。。練習試合か公式戦がある日だけですが、最近ほぼ毎週。
子供が高校生になると給食がなくなるから毎日弁当が必要になるんですよね。。。ゾっとします。

ということで、
本日は先週金曜日に引き続き「inクォーツのミクロの世界」にご招待致します。

①マイカinクォーツHC9ミリビーズ

内包物は「マイカ」つまり雲母です。
そして、マイカグループの中でも、今回紹介しているマイカは「バイオタイト(黒雲母)」にあたります。

d0303974_14553956.jpg
★マイカinクォーツHC9ミリビーズ① ザンビア産 【限定3石】 15,120円(税込)★

拡大しなくても何やら面白そうな雰囲気を持っているのが分かりますね。

それでは、拡大してみましょう。

d0303974_15462559.jpg
★マイカinクォーツHC9ミリビーズ① ザンビア産 【限定3石】 15,120円(税込)★

まず、最大の特徴は薄い層状の結晶が幾重にも重なりあっているところです。
この特徴から雲母は別名「千枚はがし」とも言われていますが、上の結晶はさすがに千枚もないかなと思いましが、100枚は軽くありそうですね。

そして全体的に扇型の結晶をしており、光りを当てることで扇の中心に向かうほど緑色は濃く、そして鮮やかになっているように見えます。
例えるにエメラルドのようなグリーンカラーになってます。

そして、外側に行くほどモルダバイトのような色味に変わっていきますが、わずかに透明感を伴っているところも綺麗に見える要因となっております。

では、別の角度から見るとどのようになっているのか、下の画像をご覧下さい。

d0303974_15463170.jpg
★マイカinクォーツHC9ミリビーズ① ザンビア産 【限定3石】 15,120円(税込)★

やっぱり千枚はがしになってますね。

②マーカサイトinクォーツ10ミリビーズ
内包物は「マーカサイト(白鉄鉱)」です。

d0303974_15202712.jpg
★マーカサイトinクォーツ10ミリビーズ① ブラジル産 【限定2石】1,512円(税込)★

マーカサイトはパイライトは同質異像の関係、つまり、同じ成分で結晶構造が違うために別の鉱物として区別されている石です。

結晶構造の違いは割りとシンプルで、パイライトが立方体など立体的な形を形成するのにたいして、マーカサイトはそれを押しつぶしたような形状の結晶になります。
「押しつぶしたような」というのは下の写真を見てもらうと分かりやすいですよ。

d0303974_15463504.jpg
★マーカサイトinクォーツ10ミリビーズ① ブラジル産 【限定2石】1,512円(税込)★

マーカサイトも雲母のように薄い層が重なりあっているように見えますね。
この薄い膜のような結晶が広がっていることで、金属光沢を持つ金色をはっきりと見ることが出来ますよ。

ちなみに、パイライトとマーカサイトの違いを正確に調べるには肉眼では難しい場合が多いようです。

この2種類以外にも色々商品をアップしておりますので、下記のリンクよりご覧頂けますと喜びます。

オンラインショップのこだわりビーズはこちらから


また、余談です。。。今日はペンが進みます。

ミクロはドイツ語で「とても小さい」という意味で、おそらくここからμ(マイクロ)という単位が出来たのではないかと思いますが、1μm(マイクロメートル)ってどれくらいの大きさかご存知でしょうか。

1mm(ミリメートル)は1m(メートル)の1000分の1です。
そして、1μm(マイクロメートル)も1mm(ミリメートル)の1000分の1となります。
あの小さい1ミリを1000等分した大きさってとんでもなく小さいですね。

そんなとっても小さい1μmの大きさのものってどんなものがあるのでしょうか。
身近なものですとヨーグルトや発酵食品に入っている乳酸菌の大きさが1μmだといわれています。

ここに乳酸菌がいるよ!と言われてもこの大きさなら見えるわけないですね。
ちなみに、花粉の大きさは約30μm(乳酸菌の約30倍)
そして、インフルエンザウイルスの大きさはなんと乳酸菌の10分の1である0.1μmといわれています。

こんなに小さいインフルエンザウイルスをカット出来るマスクの性能ってとんでもなく凄いことですよね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2019-06-24 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

様々なルチルクォーツ② キャッツアイルチル

こんばんは
サルオです。

本日もルチルクォーツのビーズを紹介させて頂きます。
オンラインショップの7日間連続ビーズの方はルチルクォーツだけではございませんので宜しければご覧頂けますと喜びます。

それでは今日はキャッツアイルチルクォーツを四連発で紹介させて頂きます。

①キャッツアイブロンズルチルクォーツ11ミリビーズ
(内包物はルチル)

写真の右側のものは強い光りを当てて撮影したものです。
d0303974_11115885.jpg
★キャッツアイブロンズルチルクォーツ11ミリビーズ【限定1石】 10,800円(税込)★

キャッツアイ効果は光りを当てることで現れる効果になります。
そして通常の蛍光との光りでも十分に見ることが出来ますよ。

こちらのキャッツアイブロンズルチルはオレンジカラーに近いようなタイプですが、次に紹介させて頂くキャッツアイブロンズルチルは色も内包物も濃い目になっておりますよ。

②キャッツアイリッチブロンズルチルクォーツ13ミリビーズ
(内包物はルチル)

d0303974_11212036.jpg
★キャッツアイリッチブロンズルチルクォーツ13ミリビーズ 【限定2石】7,344円(税込)★

ルチルクォーツのキャッツアイの光りの反射が強い理由はルチルが持つ高い光りの反射率のため。
そのため、ルチルクォーツのキャッツアイは存在感が強いんですね。

このビーズはびっしりルチルが内包しておりますのでリッチ(豊富)とつけております。

③キャッツアイモスグリーンルチルクォーツ12ミリビーズ

d0303974_11394463.jpg
★キャッツアイモスグリーンルチルクォーツ12ミリビーズ【限定5石】 5,184円(税込)★

細かい針がわずかに湾曲をともなって内包しているのが特徴です。
また、このビーズは写真で撮影するとそんなこと無いのですが、肉眼で見ると不思議なことに若干グリーンカラーを帯びているようにも見えます。
これもルチルが持つ高い光りの屈折率が影響しているんですかね!?

④キャッツアイグリーンルチルクォーツ11ミリビーズ
(内包物はアクチノライト)

d0303974_11553334.jpg
★キャッツアイグリーンルチルクォーツ11ミリビーズ【限定1石】5,184(税込)★

内包物はルチルではなくアクチノライトですが、ルチルではこのはっきりとしたグリーンカラーになることは無いので、グリーンカラーのinクォーツ系キャッツアイは貴重ですよ。

これら以外にもフェザーオレンジルチルやピーターサイトなどのビーズも本日からオンラインショップのこだわりビーズに掲載しておりますので是非見ていただけると喜びます。

こだわりビーズはこちらから

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-23 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

様々なルチルクォーツ①(と呼ばれているものも含め)

こんばんは
サルオです。

本日はルチルクォーツのビーズを紹介させて頂きます。
ひとえに「ルチルクォーツ」と言っても、水晶に針状の内包物が入っているものが「〇〇ルチルクォーツ」」と一般的に呼ばれる傾向があり、中には内包物がルチル以外のものございますので、そのあたりも含めて説明をさせて頂きたいと考えております。

そして、今日紹介しているビーズの中では1つだけ内包物はルチルではございません。
どれか分かりますでしょうか。

ちなに、タイトルに①と書かれているということは、、、②もあります。
明日もルチルでございますよ。

それでは1つずつ見ていきましょう。

ジオメトリータイガールチルクォーツ10ミリビーズ
こちらの内包物は「ルチル」です。

d0303974_16065622.jpg
★ジオメトリータイガールチルクォーツ10ミリビーズ ブラジル産 【限定1石】 5,184円(税込)★

通常〇〇ルチルクォーツの場合「〇〇」に当たるところは色を表していますが、ジオメトリーは色ではなく、ルチルの入り方を表しています。
つまり「ジオメトリー」とは「幾何学模様の」という意味です。

ルチルは60°で交差する双晶を作りやすい特徴があるようで、こちらのビーズに内包しているルチルもそのようになっているものが多いと思われます。
ちなみに、このルチルが60°で交わることにより、ローズクォーツやコランダムにスター効果が現


・オレンジルチルクォーツHC16ミリビーズ
こちらの内包物は「ルチル」です。


d0303974_16152676.jpg
★オレンジルチルクォーツHC16ミリビーズ ブラジル産 【限定1石】 14,040円(税込)★

ルチルクォーツといえばやはり金色のイメージがありますが、ルチルに不純物として含まれている鉄分が10%の場合は金色になり、それ以上の鉄分を含むとルチルの色味はドンドン茶色味を帯びてくるようになります。

不純物の鉄分が30%くらいになると黒っぽくなるようですので、差し詰め上のオレンジルチルは15%くらい、下のシルバーブロンズルチルは20%くらいといったところでしょうか。(推測です)

このように不純物として含む鉄分によって色味が変わってくることが分かりましたが、赤みを帯びたルチルの場合に不純物としてマンガンも含むそうですよ。


・ブロンズルチルクォーツHC21ミリビーズ
こちらの内包物は「ルチル」です。

d0303974_16230790.jpg
★ブロンズルチルクォーツHC21ミリビーズ ブラジル産 【限定1石】 30,240円(税込)★

こちらのブロンズルチルはとっても大玉となっております。
写真からではそのサイズ感が伝わらないと思いますので、ブログの最後に今日紹介するビーズを並べて撮影した写真を載せさせていただきます。

また、片方の穴の大きさは0.8mmのアクセサリーゴムが1本通る程度の大きさです。
当店では複数のゴムの取り扱いをしております。
オペロンゴムであれば4本通すことができますので、仕上げはやわらかくなりますが、問題なくご利用いただけます。


・シルバーブロンズルチルクォーツ18ミリビーズ
こちらの内包物は「ルチル」です。
d0303974_16325030.jpg
★シルバーブロンズルチルクォーツ18ミリビーズ ブラジル産 【限定2石】 17,280円(税込)★

本来シルバー色のルチルは存在しません。
では、なぜシルバー色に見えるルチルがあるのでしょうか。

それは、ルチルが持つ高い光りの反射率によりルチルが光り輝いてシルバー色に見えてしまうことが要因です。

そして、このビーズの場合本来のルチルの色はブロンズカラーですよ。
とっても透明感が高いのがこのシルバーブロンズルチルクォーツの特徴でございます。


・パープルルチルクォーツHC15ミリビーズ
こちらの内包物が「ルチル」ではございません。

d0303974_16402245.jpg
★パープルルチルクォーツHC15ミリビーズ ロシア産 【限定1石】 70,200円(税込)★

昨日紹介させて頂きました「エレスチャルクォーツ」と同じ内包物です。
ということはレピドクロサイトもしくはゲーサイトです。

そして赤い針なのにパープルと呼ぶ理由は「レッドルチルクォーツ」と区別するためだと思います。
現在弊社で販売しているレッドルチルは全て角閃石系の鉱物を内包しているものです。
(レッドブロンズルチルの内包物は本当のルチル)

その角閃石系のレッドルチルと比べるとパープルルチルの針はどことなくワインレッドカラーに見えるため「パープルルチルクォーツ」と呼ぶようになりました。

このビーズも内包物がしっかり入り、そしてしっかりとした透明感もあるパープルルチルの中でも最高品質となっておりますよ。


・ゴールデンルチルクォーツHC11ミリビーズ
もちろん内包物はルチルです。
d0303974_16472867.jpg
★ゴールデンルチルクォーツHC11ミリビーズ ブラジル産 【限定2石】 32,400円(税込)★


最もスタンダードにして最も人気の高い金色カラーのルチルクォーツ。

そして、「タイチンルチル」とも呼ばれる品質のルチルで、太い針並行に並んだ針としっかりとした透明感が特徴のルチルクォーツですよ。


最後に今日紹介したビーズを左から順に並べてみました。
そして並べることで大玉ビーズの存在感を感じて頂ける事は間違いないでしょう。

d0303974_15525165.jpg

一番左のジオメトリールチルも10ミリサイズですので、決して小さいビーズではございません。
むしろ大きい方ではないでしょうか。

そのサイズを圧倒するサイズ感は半端ないですよ。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-22 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

inクォーツのミクロの世界にご招待(エレスチャルクォーツ・ロイヤルブルーガーデン)

こんばんは
サルオです。

本日から7日間連続で新入荷ビーズをオンラインショップ上で10種類ずつ上げさせていただきます。

まず、1日目は「inクォーツ特集」と題しましてinクォーツの魅力を商品と共にお伝え出来ればと思いますので最後までご覧頂けますと喜びます。


d0303974_14245381.jpg
★エレスチャルクォーツHC8ミリビーズ 【限定1石】 3,024円(税込)★

まずはエレスチャルクォーツ。
黒い部分はおそらくヘマタイト、そしてオレンジ~赤色をしている部分はレピドクロサイトですね。
外見のタイプ違いの両者が共生している点でも面白いですね。

そして、今日はタイトルにもある通り「ミクロの世界にご招待」ということで肉眼では見ることが難しいところに注目したいと思います。
注目したいところは下の写真の赤〇で囲んでいる部分。

d0303974_14243335.jpg
★エレスチャルクォーツHC8ミリビーズ 【限定1石】 3,024円(税込)★

ヘマタイトの薄い結晶が重なりあっているのが分かります。

このヘマタイトの結晶の重なり合い。。。どこかで見たことがありますよ。
そうだ!アイアンローズっぽいですよ。

d0303974_14243804.jpg
★エレスチャルクォーツHC8ミリビーズ 【限定1石】 3,024円(税込)★

「っぽい」いう表現をしたのは、アイアンローズと呼ぶ場合、もっとヘマタイトの重なりが欲しいところですね。
しかし、インクォーツ状態でこのようなヘマタイトの結晶になっているのを見るのは珍しいですね。

過去にアイアンローズを紹介したものがございましたので、こちらも宜しければご覧頂けますと喜びます。

アイアンローズ原石(チャイナ産)
アイアンローズ原石(イタリア産)

また、このような内包物はルーペがあれば確認出来ますので、お持ちの方はinクォーツを色々見てみて下さい。
絶対に面白いですよ。
しつこいようですが、ルーペはx10以上のものがオススメです。


続きまして2つ目のレッドエレスチャルクォーツです

こちらもレピドクロサイトを内包した水晶です。
d0303974_14484179.jpg
★レッドエレスチャルクォーツHC8ミリビーズ マダガスカル産【限定1石】 3,240円(税込)★

薄いセロハン状の結晶と針状の結晶が混在しているように見えますね。

そして、拡大してみます。
肉眼では針状に見えるものも実はギザギザな針状になっていて、針の一部はセロハン状になっている箇所もあります。

針状の部分はゲーサイト、セロハン状の部分はレピドクロサイトと結晶構造によって鉱物名が変わるややこしい石だけに肉眼では判断出来ない鉱物の代表的な存在ですよ。
そして、この両者はinクォーツの場合共生していることが多いので、「どっちも入ってる」と思うのが無難です。
(正確にはこの両者の区別はルーペでも判断出来ず、顕微鏡レベルで拡大検査をする必要があるようです。)

d0303974_14492237.jpg
★レッドエレスチャルクォーツHC8ミリビーズ マダガスカル産【限定1石】 3,240円(税込)★


続きまして、アメジストにレピドクロサイトorゲーサイトが内包しているタイプです。
先ほども申し上げましたが、「両方入っている」とさせて下さい。

d0303974_12004746.jpg
★エレスチャルアメジストHC14ミリビーズ マダガスカル産【限定1石】 9,504円(税込)★

正直に申しますと、光りを当てる角度を変えていくとこのように針状の内包物をしっかりと見ることが出来る箇所もあるのですが、ルーぺで見ないとしっかりと肉眼で見ることは難しいです。

肉眼ですと、「なんか光りを反射してキラキラしてるけどなんだろ?」という感じですよ。

そして、このビーズで注目したいところは上の写真の赤〇部分。
オレンジ色の針が他の針とは別方向に入っています。
通常、水晶やアメジストが成長する方向に向かって内包物も成長をしてくので、針の向きは平行になることが多いのですが、このオレンジ色の針だけどうしちゃったんですかね。

ついつい長いものに巻かれてしまう僕にとっては、そんな反骨精神が羨ましく思います。

d0303974_14560454.jpg
★エレスチャルアメジストHC14ミリビーズ マダガスカル産【限定1石】 9,504円(税込)★

こういった細かいところも拡大してみないと見えないところですよ。


続きまして、ロイヤルブーガーデンクォーツ。
つまりデュモルチェライト(デュモルティエライト)インクォーツのビーズです。

個人的にはこの石を拡大してみるのが一番面白いと思っております。
なので、ロイヤルブルーガーデンクォーツは2種類のタイプを紹介させて頂きます。

まずは、こちらのタイプから。

d0303974_15461894.jpg
★ロイヤルブルーガーデンクォーツHC8ミリビーズ ブラジル産 【限定4石】① 16,200円(税込)★

お花のような、いや、花火のような入り方をしているのが特徴的ですね。
お花も好きなのですが、これからの季節のことを考えると花火と表現したほうが合いそうでしたので訂正させて頂きました。

この花火、拡大してみると透明感があるのです。
透明感を持ったinクォーツ系の鉱物は少ないので、人気が高いのも納得できますね。

d0303974_15500177.jpg
★ロイヤルブルーガーデンクォーツHC8ミリビーズ ブラジル産 【限定4石】① 16,200円(税込)★


続いてのタイプは「ぱっつん」タイプ。
この石には良く見られる光景ですが、表現するに手入れの整った「芝」ですかね。
風情にかけますか?他に良い例えが浮かびませんでした。

d0303974_15505270.jpg
★ロイヤルブルーガーデンクォーツHC8ミリビーズ ブラジル産 【限定4石】② 16,200円(税込)★

拡大したときに注目したいのは内包物の先端。
よくルチルなどは「針」状の内包物と表現しますが、デュモルチェライトには当てはまりませんね。
どちらかというと「棒状の内包物」と言うべきでしょうか。。。

全体的に見ると先端に攻撃性が無い、透明感がある、色が青いというところから、何やらフカフカのカーペットのような印象を与えてくれますね。

d0303974_15522358.jpg
★ロイヤルブルーガーデンクォーツHC8ミリビーズ ブラジル産 【限定4石】② 16,200円(税込)★

7日間連続新入荷ビーズの掲載企画の1日目。
このブログ内で紹介させて頂くビーズは以上になりますが、これ以外にも登場しておりますので、是非とも下記のURLからご覧頂けますと喜びます。

オンラインショップ ビーズ一覧はこちらから

ブログ内でも7日間新しくアップされるビーズを中心に書かせて頂こうと思いますので明日以降も是非ともご覧下さいませ。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-21 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)