すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

黄金の首飾りのスカラベ

おはようございます。
サルオです。

いよいよ明日は、新出雲型勾玉企画第4段発表ですね。
例によってすぐるちゃんがブログの記事を書いてくれていますが、既に完成しております。
内容は、、、すいません、明日をご期待下さい。

さて本日はリビアンガラスのサザレブレスを紹介させて頂きます。
d0303974_03113250.jpg
★リビアンガラス サザレブレスレット エジプト産 内径約17.5cm 20,520円(税込)★

リビアンガラスはエジプトのリビア砂漠で発見された天然ガラスです。
モルダバイトなどのテクタイトと同様に隕石の衝突により地表の成分が溶けて冷え固まり出来たインパクトガラスです。

一説では2800万年前の隕石の衝突によって出来たといわれています。

リビアンガラスは黄色(黄金色)をしているのが特徴です。
あえて(黄金色)とした理由は後ほど述べさせて頂きます。

そして、内包物としてクリソバライトを内包しています。
上の写真では分かりにくいかもしれませんので少し拡大したお写真がこちらです。
d0303974_03113562.jpg
★リビアンガラス サザレブレスレット エジプト産 内径約17.5cm 20,520円(税込)★

この気泡のようにも見える白い内包物が「クリストバライト」です。
少し聞きなれない言葉かも知れませんが、成分は水晶と同じ二酸化珪素(SiO2)です。
しかし、結晶の構造が水晶とはことなるため、別種の鉱物となります。

同じ成分である水晶やメノウ、カルセドニー、オパール、ジャスパーに比べると聞きなれない鉱物ですが、スノーフレークオブシディアンのスノーフレーク部分、つまり白い部分もこのクリストバライトになります。

それでは、このリビアンガラスの色味をあえて「黄金色」と言わせて頂いた理由を説明させて頂きます。
それは、リビアンガラスがツタンカーメンと関連があり、ツタンカーメンといえば「黄金のマスク」が有名ですよね。
どんなものか分からない方でも必ず一度は目にしたことがあると思います。
その画像がこちらです。
d0303974_03422936.jpg
*ウィキペディアに「黄金のマスク」がありましたので画像をお借りしてきました

どうですか!この光の当たり方!
なんだか肝試しの時に懐中電灯を下から当てたような雰囲気があり、なんだか怖いですね。。。
違う、こんなことを言いたかったわけではございません。

このツタンカーメンのお墓から出土した首飾りのスカラベがリビアンガラスなのです。
d0303974_03425994.jpg
*画像は地球のかけらより

ちなみに、この首飾りの中心にあるカナブンのような虫がスカラベです。
この「スカラベ」は日本では「糞ころがし」とも言われる虫ですが、古代エジプトにおいては「再生と復活の象徴」といわれる虫で、太陽神ケプリと同一視されていたそうです。

この黄金の首飾りの一端を担っている「リビアンガラス」の色味はまさに「黄金色」といっても過言ではないのではないでしょうか。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-10-19 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ロイヤルブルーガーデン、デュモルチェライトインクォーツ、デュモルティエライトinクォーツ、デュモルチェライトinクォーツ

おはようございます。
サルオです。

突然ですが「グーグルアナリティクス」をご存知でしょうか。
当然僕はほとんど無知に近いくらい存じ上げていませんでした。

きっと僕のような方もいらっしゃると思うので一言で説明させて頂くと、
『Google Analyticsは、Googleが無料で提供するWebページのアクセス解析サービス』のことです。

なぜ、こんなことを言い出したかと言いますと、
当社で呼んでいる「ロイヤルブルーガーデンクォーツ」や「デュモルティエライトinクォーツ」が一般的なのかどうかということです。

個人的には英語をカタカナに変換した時の書き方にこだわる必要はない、つまり、正解もはずれもないと思っておりました。

しかし、現代のインターネット社会では、そんな簡単な話ではない!ということを恥ずかしながら最近知りました。

つまり、一般的に多く検索がされている名前を付けなければ、グーグル検索での検索上位に上がってこないということです。
例えば当社で呼んでいる「ロイヤルブルーガーデン(デュモルティエライトinクォーツ)」が欲しいと思っておられる方が「デュモルチェライトインクォーツ」で検索された場合、名前が完全に一致しないため検索の上位に上がってきません。
正直グーグルで検索したとき4ページ以降なんてほとんど見ませんよね。
それを考えると名前ってすごく大事!ということです。

ちなみに、グーグルアナリティクスで下記のワードの検索件数を調べたときダントツで多かったのはどれか分かりますでしょうか。
1、ロイヤルブルーガーデンクォーツ
2、デュモルティエライトinクォーツ
3、デュモルティエライトインクォーツ
4、デュモルチェライトインクォーツ
5、デュモルチェライトinクォーツ
6、デュモルチェ石入り水晶
  
これ以上書くと十分長い前置きがさらに長くなってしまいますので、正解はこのブログの最後に書かせて頂きます。

それでは、とっても綺麗なロイヤルブルーガーデンクォーツのルースを紹介させて頂きます。

d0303974_02270616.jpg
★ロイヤルブルーガーデン(デュモルチェライトインクォーツ)ルース
サイズ:約17x11x厚さ8mm 重さ:約1.8g 37,800円(税込)★

重さをg(グラム)で書いていますが、宝石品質のルースですのでそれらしくct(カラット)で書いた方がいいのかもしれませんね。
宝石業界でよく使われるカラットは重さを表す単位です。
1ct(カラット)=0.2g(グラム)ですので、このルースは9ct(カラット)になります。

このルースは個人的に横から見るのも好みです。
d0303974_02271324.jpg
拡大したものがこちら。
d0303974_02271723.jpg
★ロイヤルブルーガーデン(デュモルチェライトインクォーツ)ルース
サイズ:約17x11x厚さ8mm 重さ:約1.8g 37,800円(税込)★

この黄土色の核となっているところから、針(毛?)状の結晶が放射状に伸びているデュモルチェライトななんとも面白いです。

続きまして2つめです。
d0303974_02395975.jpg
★ロイヤルブルーガーデン(デュモルチェライトインクォーツ)ルース
サイズ:約13x11x厚さ9mm 重さ:約2.1g 46,440円(税込)★

このルースの特徴は不規則的に針状の結晶が内包しているところにあります。
拡大して見ましょう。
d0303974_02400671.jpg
d0303974_02401139.jpg
★ロイヤルブルーガーデン(デュモルチェライトインクォーツ)ルース
サイズ:約13x11x厚さ9mm 重さ:約2.1g 46,440円(税込)★

とにかく、すがすがしい青色~水色をしているので、とっても綺麗ですよ。

続きまして3つめです。
d0303974_02464351.jpg
★ロイヤルブルーガーデン(デュモルチェライトインクォーツ)ルース
サイズ:約16x12x厚さ9mm 重さ:約2.8g 58,320円(税込)★

上から見るとそんな風に見えないかも知れませんが、このルースはほとんど絨毯(じゅうたん)です。
しかも、かなり柔らなそうな、この上で寝たら気持ち良さそう。。。
そんなお写真がこちらです。
d0303974_02471704.jpg
d0303974_02471317.jpg
★ロイヤルブルーガーデン(デュモルチェライトインクォーツ)ルース
サイズ:約16x12x厚さ9mm 重さ:約2.8g 58,320円(税込)★

これは、横から写した写真です。
実際に内包しているのは、底面ですが、ぎっしり、規則正しく上向きに結晶が伸びているのが分かりますね。


ここからはクイズの回答です。
正解は4番のデュモルチェライトインクォーツでした。
そのため、今日から当ブログではロイヤルブルーガーデンクォーツ(デュモルチェライトインクォーツ)に統一したいと思います。
なぜなら、たくさんの方にこのブログを見てもらいたいから。
デュモルティエライトinクォーツやデュモルチェライトinクォーツだと検索上位に出てこないからです。

そして本日のタイトルは、誰が検索しても大抵の人はヒットするようにと思ってタイトルをつけてみましたよ。
しかし、これはやり過ぎなので、こんなタイトルはもう最後です。

また、デュモルティエライトinクォーツが名前として間違っているわけではないことを知って頂けると喜びます。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-10-18 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

たっぷり緑泥石の水晶って出雲石と何が違うの?

おはようございます。
サルオです。

先週の記事で出雲石について説明をさせて頂いております。
出雲石は鉱物的に碧玉(ジャスパー)であることはその記事にてお伝えさせて頂いております。
そして、緑泥石に石英成分が入り込んできて固まったものであることも書きました。

では、緑泥石を内包した水晶と出雲石とは何が違うのでしょうか。
ちなみに、水晶の成分も石英と同じ二酸化珪素です。
それでは、緑泥石をがっつり内包したガーデンクォーツを見ていきましょう。
d0303974_00513015.jpg
★リッチガーデンクォーツ 8ミリ ブレスレット 内径約16.5cm 5,184円 (税込)★

遠めで見るとぎっしり入りすぎてガーデンクォーツ感があまりないですね。
もう少し拡大してみて見ましょう。
d0303974_00514125.jpg
★リッチガーデンクォーツ 8ミリ ブレスレット 内径約16.5cm 5,184円 (税込)★

こうすると多少の透明感も分かりましょう。

つまり、成分が同じ二酸化珪素でも水晶と碧玉の違いはここにあります。
これは、先日すぐるちゃんから教えてもらったことの受け売りではございますが、水晶は顕晶質(けんしょうしつ)であり、碧玉は潜晶質(せんしょうしつ)です。

顕晶質とは結晶が肉眼で識別出来る物。
つまり、結晶がクラスター上になっているものや、透明感のある水晶はこれにあたります。

対して潜晶質とは、結晶の大きさが非常に小さく、肉眼はもちろんのこと、顕微鏡を使っても結晶の状態を区別することが出来ないものを言います。
その非常に小さな結晶が外部からの圧力により押し固まったものが出雲石(碧玉)です。

同じ石英を主成分とし緑泥石をがっつり内包したものでもこの構造の違いが、ガーデンクォーツと出雲石を分けております。

ただし、今回のブログの主役はあくまでも「ガーデンクォーツ」ですので、その結晶らしさを写真にて紹介させて頂きます。
d0303974_00514801.jpg
★リッチガーデンクォーツ 8ミリ ブレスレット 内径約16.5cm 5,184円 (税込)★

この艶(つや)やかさが水晶のもつ結晶らしさですね。
碧玉の持つ原始的な美しさも好きですが、インクルージョン水晶も魅力的です。

それにしても、本当に「リッチ」という名に恥じないくらい緑泥石を内包してますね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-10-17 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

「フェルメール・ブルー」と呼ばれる美しい青の顔料となる鉱物

おはようございます。
サルです。

早速ですが「フェルメール」さんをご存知でしょうか。
僕のように芸術に疎い者でも名前くらいは聞いたことがあります。
そして、有名な画家であることも。
調べてみると、西暦1650年前後に活躍したオランダの画家です。

なぜ「フェルメール」が出てきたかと言いますと、某所の待合室で偶然手に取った本を読んでいたらフェルメール特集をしておりまして、中を読み進むとフェルメール・ブルーとしてラピスラズリが紹介されているではないですか。

これは、ブログのネタチャンス!ということで、ラピスを紹介する時に書こうと必死に暗記しました。
d0303974_18114616.jpg
★ラピスラズリ 18金ペンダントトップ 石部分:約18x13x厚み4ミリ【限定1】 37,800円(税込み)★

青いですね。かなり色が濃いラピスラズリです。

それではフェルメール・ブルーといわれるものと比べてみましょう!!
と思いましたが、著作権が分からないので、絵を載せるのは控えさせて頂きますが、「真珠の耳飾の少女」が有名みたいですね。

個人的にこの感じの絵は入り込みやすくて好きです。
そして、この絵の青色はすごく印象に残る綺麗な青色をしてますね。

それこそが、このラピスラズリを使った青色なのです。
少しもったいない気はしますが、当時はこの鉱物を砕き、油を加えて絵の具を作ったようです。
また、当時は金属製のチューブ(絵の具を入れるもの)は無かったため、絵の具の保存に豚の○○を使っていたとか、いないとか。。。
○○は僕の口からは言えません。。。

気になる方は「絵の具 保存 豚」で検索してみて下さい。
サクラクレパスさんが「絵の具チューブの歴史」として説明してくれていますよ。

それではラピスラズリのペンダントを見ていきましょう。
d0303974_18121590.jpg
★ラピスラズリ 18金ペンダントトップ 石部分:約18x13x厚み4ミリ【限定1】 37,800円(税込み)★

油を加えて絵の具を作ったに、ラピスラズリは乾くと表面が白っぽくなります。
そのため、現代でも宝石として扱われる、ラピスラズリには全てワックス処理をして、表面のつやを出しております。
d0303974_18124596.jpg
★ラピスラズリ 18金ペンダントトップ 【限定1】 37,800円(税込み)★

一部白っぽいところもありますが、裏側もしっかりと色が濃くて綺麗ですよ。
ラピスラズリは、鉱物ではなく、正確には岩石になります。
ラズライトを主体としてソーダイトやアウィン、パイライトなどの集合から構成されています。

そして、このラピスラズリも小さいパイライトが少量ですが内包されてますよ。
個人的には、このパイライトのアクセントがステキです。
d0303974_18131545.jpg
★ラピスラズリ 18金ペンダントトップ 【限定1】 37,800円(税込み)★
*チェーンは別売りです。
チェーンは別売りとなりますので、チェーンをお求めの方はオンラインショップの関連商品をご確認下さい。

ラピスラズリの和名は青金石です。
その他にも和名として「瑠璃(るり)」といわれることもあります。
なぜかは分かりませんが、個人的にこの「瑠璃(るり)」という言葉に心が惹かれます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-10-16 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)