すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

マイカwithブラックルチルクォーツ

おはようございます。
サルオです。

「本日天気晴朗なれども波高し」
ついに大河ドラマの「坂の上の雲」もあと一話で見終わるのでなんだか寂しくなります。
次は何を見ようかな?
この「坂の上の雲」の時代の礎を作った明治維新の話にしようと思いますので、「花燃ゆ」にしようと思います。

それでは本日はマイカwithブラックルチルクォーツのビーズを紹介させて頂きます。

以前ザンビア産のマイッカinクォーツを紹介させて頂いた時に、「非常に珍しい」と紹介させて頂きましたが、このビーズはさらにブラックトルマリンを内包しているため、もっと珍しいものに、なることは間違いないでしょう。

僕も今まで数多くのブラクルチルクォーツのビーズを見てきましたが、はっきりとマイカ(雲母)の結晶が入っているビーズを見たことがありませんでした。

そして今回紹介させて頂く「マイッカwithブラックルチルクォーツ」はザンビア産の「マイカinクォーツ」と同じくマイカ部分に透明感がございます。

それをよりはっきりと見て頂くために動画を撮影しましたので是非見て頂けると喜びます。




ザンビア産の鮮やかな緑色のマイカに対して、こちらのマイカはモルダバイトのような茶色味を少し帯びたような緑色をしております。

マイカという名称は雲母グループの総称です。
雲母グループの中には50種類以上の鉱物が属しています。
よく耳にするものとして黒雲母(バイオタイト)や白雲母(モスコバイト)、リチア雲母(レピドライト)がありますが、単純に色が黒っぽいからといって黒雲母にはならないところが難しいところです。

特に水晶に内包しているものは鉱物名の特定が非常に難しい。
そのため、雲母グループの鉱物を意味する「マイカ」という名称を使わせて頂いております。

それではお品物を見ていきましょう。
まずは16ミリサイズの1番目です。

d0303974_17245742.jpg
★マイカwithブラックルチルクォーツ HC16ミリ① 17,280円(税込)★

上の写真は非常に雲母らしさを表している結晶が内包しております。
その雲母らしさとは「六角形」の結晶になっているところにあります。

そして最大の雲母らしさといえば千枚剥がしと呼ばれる薄い層が何層も重なって一つの結晶を形成しているところですが、その形状を見る事が出来るビーズもございます。

続きまして16ミリサイズの2番目です。
d0303974_17250473.jpg
★マイカwithブラックルチルクォーツ HC16ミリ② 17,280円(税込)★

申し遅れましたが、ブラックルチルクォーツという名称は通称名です。
内包物はブラックトルマリン、鉱物名はショールになります。

最もよく見るタイプのブラックトルマリンですが、本当にこんなにマイカがしっかり入ったものは初めて見ました。
しかも、こんなにまとまって!
今までと産出地が違うのですかね。

続きまして17ミリサイズの1番目です。
d0303974_17250976.jpg
★マイカwithブラックルチルクォーツ HC17ミリ① 21,600円(税込)★

この角度から見ることで雲母の結晶が層になっていることが分かります。

プチプチのエアーパッキンを見るとついついプチプチと潰したくなることがありますよね。
あの感覚で雲母を見るとこの薄層をペリペリと剥がしたくなってしまいます。

でも、水晶に内包されているため剥がせませんよ。

続きまして17ミリサイズの2番目です。

d0303974_17251325.jpg
★マイカwithブラックルチルクォーツ HC17ミリ② 21,600円(税込)★

こちらは、ガツンと大きい雲母が内包されていますね。
しかも六角形がしっかりしているところがカッコイイです。

今回紹介させて頂いたのは16,17ミリサイズですが、その他のサイズもございますので宜しければご覧になってください。

マイカwithブラックルチルクォーツ15ミリはこちらから
マイカwithブラックルチルクォーツ18ミリはこちらから
マイカwithブラックルチルクォーツ20ミリはこちらから

話は変わりますが、こういったビーズはどこから仕入れているかと言いますと、大抵は中国から仕入れをしております。
中国は世界中の石が集まり、石の加工に関しては世界の中心といっても過言ではありません。
そのため、我々もよく仕入れには行くのですが、初めて中国に行ったのが今から11年くらい前だったのですが、信じられないくらい環境が変わったように感じます。

特に石の加工工場が集まるところは割と田舎のほうにあり、最寄の空港から高速道路で数時間、高速から降りて1時間くらいかけて行くところになりますが、10年前は高速道路から降りたら、かろうじてアスファルトで舗装されているかどうか、といった道で、路肩は完全な砂でした。
そして、その片側一斜線の道で追い抜きが多発していて皆一様に砂の路肩から抜いていくという日本から見たら考えられないくらい危険なことがまかり通っていました。
それが、3~4年くらい前からアスファルトでしっかり舗装され、中央分離帯までしっかり出来た片側二車線の道に変りました。

その道の両サイドは一面の荒野だったところに20階以上あるようなマンションがゴロゴロ建つという光景に変わってきています。

中国の経済成長の話はテレビなどのメディアでよく目にしますが、こんな田舎の方までこの変わりようです。
しかし、あいかわらず、信号は少ないんですけどね。
片側二車線(計四車線)同士の交差点すら信号がないところがあります。
おそらく、僕はこの道を運転することが出来ないでしょう。。。
そんな交差点を我々はカオス交差点と呼ばせて頂いております。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-12-16 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

(ネット限定勾玉!)ユーパーライト 勾玉

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!

さてさて、昨日散々語りつくした(といってもまだ不確定要素の多い石なのですが、、、)
ユーパーライトを贅沢にも勾玉にしたのでご紹介を致します。

実は勾玉は加工を進めようと思うと数ヶ月近くかかります。
先月展開を開始しました「アクアマリン」や「モルガナイト」なんかも
実は6月あたりから加工の準備を進めていたのですね。

でもユーパーライトが話題を呈しているのはつい最近だったはず。
なぜ早く準備ができたかというと、、、

決してすぐるに先見の明があったわけではなく。
少しでも作りたいと思って、ほんのちょこっとの個数を
最速で作ってもらいました(笑)
仕掛けはとってもシンプルでしたね~

というのもあって個数も少なく、今回ネットだけ限定でのご紹介とさせていただきます。
もしすごく反響があったらまた加工を考えますね☆



ただ正直不安が残る部分はありました。
なんといっても光らせていない時の姿は
シブめな石ですから、どのような見た目になるのかと不安で仕方が無かったのです。

が、深成岩の一種である閃長岩は、やっぱり石自体の粘りっ気が凄い。
出雲鏡石同様にしっかりと艶のある勾玉になりましたよ~!!

という事で例によってブログでは30ミリのみを紹介します。
今回30ミリは7個しかご用意がありません。
確実に手に入れたい方はお早めに!!

一番から~




d0303974_14445199.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉①表 28,000円+税★
オンラインショップにて販売中!!
今回光っているとき、通常時。
そしてそれを裏も~なので、4枚ずつ写真を撮っています。
(紫に見えるのは、ブラックライトが反射して映っている部分ですので蛍光ではありません)

通常時の見た目は、グラニット(花崗岩)と非常によく似ているのですが、
艶感がしっかり出ているので、肌触りも花崗岩に比べて高級感があります。

続いて裏側です。

d0303974_14450070.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉①裏 28,000円+税★

こうして見比べてみるとびっくり。
光っているのは本当になんの変哲も無いところなんです。
黒い部分が最初光るのかなと思っていたのですが、
見た目ではなぜここが光るの!?というところが光っていて
とっても不思議ですね~

続いて2番

d0303974_14450318.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉②表 28,000円+税★

細かく散りばめられたように光っています。
でもたしかにアフガナイトに比べて、より鮮明により濃く光っているように
見えるので、やっぱり新タイプのソーダライトのなのかな、、、とも思います。


d0303974_14450567.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉②裏 28,000円+税★


また懸念される方もおられるかもですが、
今回勾玉に加工したときに、まったく光らない勾玉もでてきてしまいました。
それは販売をしませんし、きっちりと光る個体のみを紹介しますので
ご安心いただければ幸いでございます。

続いて3番~

d0303974_14450866.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉③表 28,000円+税★

今回この石を勾玉にしたのは、
やっぱり話題の石を出雲型勾玉という弊社だけの形で手に入れてほしいなあ、、、という願いからなんです。
丸いビーズや原石は他でも購入できますが、このカタチはやはり、「めのや」「アナヒータ」からしか
手に入れれません。

そんなこんなで今まで勾玉化できなかった石たちも加工に挑戦しています★

裏側~

d0303974_14453437.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉③裏 28,000円+税★

裏に綺麗な模様があることもあるので要チェックです!!
続いて4番~

d0303974_14453778.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉④表 28,000円+税★

蛍光のコントラストが魅力的ですね~
この個体も裏が凄い!

d0303974_14454037.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉④裏 28,000円+税★

比較的蛍光箇所が多く入っています。
昨日いろいろと紹介しすぎたので、口数が減っていきます(笑)

5番~


d0303974_14454444.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉⑤表 28,000円+税★

d0303974_14454605.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉⑤裏 28,000円+税★

6番~

d0303974_14455050.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉⑥表 28,000円+税★

d0303974_14455257.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉⑥裏 28,000円+税★

ラスト7番~

d0303974_14455523.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉⑦表 28,000円+税★

d0303974_14455797.jpg
★ユーパーライト 30ミリ 勾玉⑦裏 28,000円+税★

最後の個体は穴周りに蛍光箇所がありますね~
たった7個なので、もしコレクトしている方はお早めに~
他のサイズはもう少し潤沢にあります。

そしてちゃんと小さいサイズも
蛍光する箇所が認められる個体のみだしておりますよ~
小さいサイズは下記のリンクから。
お値段も比較的お安いので
ぜひ見に行ってくださいね。





では本日ここまで~!!

# by stonebuyer | 2018-12-15 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

(明日勾玉発売!)ユーパーライトの真相に迫るっ!(コラム)

おはようございますっ!!
すぐるちゃんですっ!!

ここ最近、テレビや雑誌で紹介されて話題になっている「ユーパーライト」。
ネットショップ「アナヒータスタイル」でも こちらのページで原石を取り扱っていますが、
見つかったばかりで鉱物的な部分まで明らかにできていない部分がございました。

石屋さんとして、きちんと鉱物的なところまで明らかにしていきたい。。。
そんなこんなでまたまたサルオさんから貴重な金、土曜日をお譲りしてもらいました☆

土曜日も、、、という事は。
そうですっ!明日、土曜日にユーパーライト勾玉をネット限定で紹介しますので
もし興味がありましたら、
試しがてら作ってみたくらいので少ししか紹介できませんが
気になる方はどうぞ明日も見ていってくださいませ。

そして、動画を撮影しましたので先行して配信させて頂きます。




まずはコチラ。

ユーパーライトは鉱物的にはなんという石に分類されるのでしょうか。

一番知りたかったのはコレです。「えっユーパーライトはユーパーライトという新しい鉱物でしょ?」
というのは大きな間違い。名前だけが先行してしまっているので誤解を生んでも仕方がないのですが、
きちんと今まで先人たちが発見した鉱物たちによって構成されています。

ユーパーライトは実は「閃長岩」と呼ばれる岩石の一種です。

d0303974_17473299.jpg
ユーパーライト 原石各種 通常撮影
オンラインショップにて販売中!!

岩石という言葉を聞くとただの石ころのようなイメージを抱きがちですが、
この石に関してはブラックライトに当てなければ、そのイメージもあながち間違っちゃいないのかもですね(笑)

ただ、あの「ヒスイ」も岩石の中にヒスイという成分、鉱物が含まれているものですから
岩石は決して価値の低いものではなく、複数の鉱物が集まってできた宝箱だと思ってほしいのですね。

「しらたき」や「大根」が1つ1つの鉱物だとすると、ひっくるめた全体の「おでん」が岩石。
「出汁(石基)」に、「いろんな食材(鉱物)」がひしめきあって、はじめてうまみの凝縮した「おでん(岩石)」が形成されます。
寒い季節だからこんなたとえしかできませんが、岩石は複数の鉱物が集合した、天然石の宝庫なのです~


では閃長岩とは!?

そんな岩石「閃長岩(英名ではサイエナイトといいます)」は、
構成される鉱物である角閃石(アンフィボール)とカリ長石から名前がとられています。
ほかにもアルバイト(曹長石)や黒雲母、輝石なども含まれているようですね。

閃長岩は深成岩の一種。火山のマグマが地下深くでゆっくりと固まったものです。
同じ深成岩である出雲鏡石に、ごろごろといろんな結晶が花開いていたのを覚えていますか?

マグマに含まれる不純物、成分によって花開く結晶は異なってきますが、複数の鉱物が散在している様は
やはり共通してきますね~

そんな閃長岩の中に偶然にも光る個体が結晶している。
それがあの、「ソーダライト」だというのです。
一体どういうことなのでしょうか。


d0303974_09254426.jpg
ユーパーライト発光時

第3のソーダライトと、1つの疑問

ソーダライトが光る原因ということは、、、
お店で定番的に置いてあるソーダライトも光るの?と思ってしまいますが
それは違います。ソーダライトには現行2つのタイプがあります。

①ブラックライトを当てても蛍光しないタイプ…通常のソーダライト
もしこのタイプが光るなら、ソーダライトを含んでいるラピスラズリも蛍光することに
なりますから、通常の個体が光らないのは明瞭です。でも我々はもう1つ光るソーダライトの亜種を知っていますね。

②ブラックライトで蛍光してさらに変色するタイプ…ハックマナイト
そうです。ハックマナイト。なかなかお値段の張る石ですから、ピンとこない方もおられるかもしれませんが
この石もブラックライトで発色します。じゃあハックマナイトが入った閃長岩?がユーパーライトなのかと思いがちですが、
それも答えはNo。ハックマナイトはブラックライトを当て終わった後も、鮮やかな色に変色し続けるんです。照射後も影響を受けます。

でもでも、ユーパーライトはブラックライトを当てている時のみ、オレンジ味を帯びた発色をします
すなわちユーパーライトは、②のグループに鞘を収めることができないのです。
という事は、、、、


③ブラックライトで照射している間のみ蛍光するタイプ
これが今回だというのです。

ソーダライトで新しい特性(ブラックライトを当てている時のみ発色する)をもったものが閃長岩の中にひしめいているという事です。
ですがどうも合点がいきません。。。
ここまで学術的にも発達するくらい研究されてきた鉱物の世界で、
突然また全く新しいタイプというのは簡単には起こらないことと思っています。

実はテレビでそれっぽい研究者の人がこんな事を言っていたのですね。
「この発色はカルシウムが原因ですね」
この言葉を仮に信じてカルシウムが原因で蛍光しているとしましょう。

でもソーダライトの成分を見ると、、、、
Na 8(Al 6Si 6O 24)Cl 2

そうカルシウム(Ca)が入っていないのです。
ということは、ソーダライトが発色原因というのがそもそもの間違いなのでは?とすら思えてきます。




以下はあくまでも推測ですが、、、

実は光る正体はこれに近いんじゃないか。と
思っている石があるんです。
ブラックライトを当てている間だけピンク~オレンジに発色する、ソーダライトを含んだりもする石。
実は過去に1つ紹介したことがあるんですね~

皆様アフガナイトという鉱物を覚えていますか?

d0303974_11391537.jpg
かつて、MORiKOさんが仕入れてきてくれた蛍光が確認できるレア石です。

実はこの石がユーパーライトの光る正体に近しいのではないかとすぐるは考えています。
アフガナイトの発色って、オレンジに近しい色で発色します。実際にユーパーライトと見比べてみると
双方を照射してみると、結構近しい色合い☆

d0303974_11384517.jpg
アフガナイト ビーズ(発光時)

そして面白いのは、アフガナイトがソーダライトやラズライトなどの青みを持つ石と共に産出され、
また非常にその組成が「ソーダライト」に非常に似ているというところにあります。
そして、、、
d0303974_11372606.jpg
見てください。青い部分はソーダライトと考えられますが、その部分だけ光っておらず周りだけがこうして発色していますよね、
ユーパーライトも青い部分がそもそもない石ですが、同様にオレンジに発色します。

更に、、、、アフガナイトの成分。
(Na,Ca,K)8(Si,Al)12O24 (So4,Cl,Co3)3・H2O

なんとカルシウムが入っているのですね~
このアフガナイト、すっごく怪しい(笑)
ただ、といいましても今の段階では鑑別機関が検査を進めている段階ですから
上記の内容は素人の推測にすぎないと思っていてください。

また進捗したらご報告にあがらせてもらいますね。

いかがでしたでしょうか。
ユーパーライトはユーパーライトという鉱物にあらず。
閃長岩に、蛍光する特性をもったソーダライト(あるいはソーダライトに近しい鉱物)が内包されたもの
という事でした。新しい鉱物が出てくるとどうしても名前ばかりが先行してしまいがちですが、
一度冷静になって何か似ている鉱物がないだろうか。。。と考えてみてください。
そうすると、より一層視野を広げて楽しめるのではないかと思います☆



という事で。明日!!!
d0303974_14453778.jpg
初の光る勾玉、ユーパーライト勾玉をご紹介させていただきます!!
鑑賞用にも、もちろん着用しても。
ブラックライトが常に当たるインテリアを作ってみるのも面白いかもしれません。

では明日をお楽しみに~
本日ここまで~!!



# by stonebuyer | 2018-12-14 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

スイスブルートパーズとアクアマリン

おはようございます。
サルオです。

本日紹介させて頂くのはスイスブルートパーズの一連ブレスレットです。
しかも、9ミリサイズという割と大き目のもの。
ビーズでも1粒あたり良いお値段がするので一連ブレスになると、、、どうなるんですかね。

答えは下をご確認下さい。
d0303974_18465911.jpg
★スイスブルートパーズHC9ミリブレスレット ブラジル産 処理:ドイツ 【限定1】内径約17cm 604,800円(税込)★

実はこれ、すぐるちゃんからの僕に対する挑戦状だったんです。

数日前、、、
すぐるちゃんが僕のところに来て、
す「サルオさん、このブレスレットをブログで紹介して売ってもらえませんかね?」
サ「なになに!?すごく綺麗やん!このトパーズ!」
サ「この値段は僕が今まで紹介した中ではダントツで高額じゃないですか。。。頑張ります」

ということですぐるちゃんも一押しのスイスブルートパーズを紹介する訳ですが、ここで告知です。
明日とあさってはすぐるちゃんがブログを書いてくれます。

ということは、もちろん内容は勾玉になっています。
この勾玉は正直驚きました。
まさか、この石が勾玉になるのか!早すぎるでしょ!と言わざるを得ない驚きの石です。

入荷数が非常に少ないため、オンランショップ限定販売になりますが、すぐるちゃんが気合を入れた文章を書いているのを一部覗かせて頂くと、、、内容が厚い!
一日のブログ量では入りきらない大ボリュームの内容になっているため、金曜日にこの石の説明、
土曜日にこの石の現物の勾玉を紹介させて頂く内容になっておりますので、是非ご覧頂けますと喜びます。

それでは、内容をスイスブルートパーズに戻しましょう。
d0303974_18470697.jpg
★スイスブルートパーズHC9ミリブレスレット ブラジル産 処理:ドイツ 【限定1】内径約17cm 604,800円(税込)★

このブログ内でも何度か説明しておりますが、このスイスブルートパーズはドイツにて照射処理を行われています。
その期間は驚くことに2年間もガンマ線の照射処理に時間をかけているとのことです。
通常よく見るブルートパーズが3ヶ月ですので、圧倒的に時間をかけていることが分かります。

そのため、このような信じられないくらい濃く、そして鮮やかな色のトパーズが完成されます。

そして、その色味がスイスの空を連想されるため、「スイスブルートパーズ」と呼ばれるそうです。

また、せっかくのこの綺麗な色味も品質の悪いトパーズだと台無しになってしまいますので、メーカーも最高品質のトパーズをスイスブルーにしておりますので、クラックやインクルージョンがほとんど無いのもそのためですね。


また、今日はスイスブルー並みに綺麗なアクアマリンのブレスレットも一緒に紹介させて頂ければと思います。

実は、海外での買い付け、特に中国での買い付けで難しいことの一つにトパーズとアクアマリンの見極めにあります。
昔、アクアマリンと言われて仕入れて、日本に戻って調べてみるとトパーズだった、、、なんてこともありました。

アクアマリンは特徴的にクラックや内包物が入りやすく、不透明なものも多く産出されます。
一方でトパーズはわりと透明感の高いものが一般的に出回っております。

そのため、透明感の高いアクアマリンは同程の見た目の品質のトパーズに比べて希少価値が高くなるため、高価なります。

そんな中、非常に透明感の高い、そしてしっかりと色が濃いアクアマリンが入荷致しましたよ。
d0303974_19010917.jpg
★アクアマリン7ミリブレスレット ブラジル産 【限定1】内径約16.5cm 29,160円(税込)★

どうですか。
まるで照射処理を施したブルートパーズのようですが、これはアクアマリンです。
d0303974_19012247.jpg
★アクアマリン7ミリブレスレット ブラジル産 【限定1】内径約16.5cm 29,160円(税込)★

アクアマリンには時折白い「もや」のようなインクルージョンが入ります。
ある意味それがアクアマリンであることの見極めになるのですが、高品質のアクアマリンほどその見極めが難しくなるのです。
なので、これは経験則になってしまいますが、アクアマリンの持つ雰囲気を感じるしかないのかなと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-12-13 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)