すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

突然ですがクイズです

おはようございます。
サルオです。

早速ですが、クイズをさせて頂きます。


下の4つの天然石の中で一つだけ全く別の鉱物があります。
どれか分かりますでしょうか。
d0303974_08051911.jpg
d0303974_08053030.jpg
d0303974_08054229.jpg
d0303974_08054970.jpg
ちなみに、この両者がビーズなど加工されると全く見分けが付かないよくあります。
しかし、今回は原石なので分かりやすいかな?と思います。

・ヒント1
1番上の写真の紫色をしている天然石は結晶の形が特徴的ですね。
この事から鉱物名を一つ特定する事が出来ると思います。

・ヒント2
もう一つの鉱物は透明感のある紫色の天然石といえば「これ!」って言うくらい有名な石で誕生石にもなっています。

・ヒント3
上から2つ目の天然石は少し青色がかっていますね。
いろいろな色を持っているのがこの天然石の特徴ですが、色が変わっても宝石名は変わりません。
名前の頭に色の名前が付いてパープル○○○○○○、ブルー○○○○○○になります。

一方仲間はずれの天然石は、色が変わると名前も全く別のものに変わります。

正解は
一番下のものが仲間はずれの鉱物です。
お写真の上3つはフローライト、一番下のものはアメジストです。

このアメジストですが、なんとも不思議な形をしております。
形状は、インドのヒマラヤ山脈で産出される「アイスクリスタル」にそっくりです。

確かに水晶やアメジストは色々な形状で産出されます。
そしてそれが魅力でもあるのですが、アメジストがこの形状で産出されるのを初めてみました。

仕入先さんの話では、ブラジルのセアラ州で発見された新しいアメジストとのことで、今年のツーソンミネラルショーでも出回っていなかったので、ブラジルに直接買い付けに行っている業者しか持っていないそうです。

少なくとも日本に入っている物量はまだまだ少なく、かなり珍しいものであることには間違いと思います。
そして今後、流通量が増えるのか、それとも見かけなくなっていくのか、今のところ予想は出来ません。

アメジスト原石 ブラジル・セアラ州産

それではこのアメジストについて考えていきましょう。
実際のところはまだ解明されていませんのであくまでも推測なのでご了承下さい。
d0303974_08320836.jpg
★アメジスト原石 ブラジル・セアラ産 27,000円(税込み)★
約11cm×5cm×2.8cm 約220g

まずこの全体像ですが、両端に結晶の先端があるように見えます。
つまりよく見かけるアメジストのクラスターとはそもそも出来方が異なり、両剣水晶のような形で結晶ができたと思われます。

しかし、フラワーアメジストなど放射状に結晶が成長しているアメジスト以外で、両剣になっているアメジスト自体を僕は見たことがないので、そういう意味でも興味深いです。

両剣水晶は粘土状の鉱物に埋もれて成長したか、柱面の一部が岩石に接触して成長した場合に出来ますので、おそらくこのアメジストも同じような状況にあったものと推測します。

次に面白いのはまるで腐食したかのような形状です。
d0303974_08452900.jpg
★アメジスト原石 ブラジル・セアラ産 27,000円(税込み)★
約11cm×5cm×2.8cm 約220g

上の写真のように表面はごつごつしていますが、結晶の表面に穴がたくさん空いているのが分かります。
おそらく、強い酸などの影響でアメジストと共生していたカルサイトが溶けてしまったものではないかと思います。
その証拠にアメジストに空いた穴の形状がカルサイトの結晶によく見られるの錐(きり)状の「犬牙状」をしているのが分かります。

おそらくですがトライドーニック水晶(錐面に逆三角形のマークが出る水晶)の場合、水晶の表面が滑らかになるイメージがあるので、トライゴーニックが出来るほどの強い酸とは異なるのではないかと推測します。
しかし、アメジスト部分も少し滑らかになっているので、やはり同じ原因ですかね。
すいません。ここは非常に悩んでいるので、不確かです。

以上がこの非常に珍しいアメジストの考察でした。
考えているときが一番楽しいですね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-17 09:00 | 入荷情報 (原石)

天然石の本の1ページ目にくる宝石

二色生を持つこの石の魅力

胸焼けの緩和と引き換えに便秘に悩むサルオです。
薬を飲むと何故か便秘になりがちですよね。。。
僕だけですかね。。。

すいません。朝から汚い話をしてしまいました。
気を取り直して石の話をさせて頂きます。

二色性といえばやっぱりこの石「アイオライト」ですよね。
弊社の9月の誕生石サブストーンとして扱われています。

二色性については下の写真をご確認下さい。
d0303974_08022002.jpg
★アイオライト8㎜ブレスレット 35,640円(税込み)★

上の写真の3粒のビーズは下の写真の3粒のビーズと同じビーズです。
それを分かりやすくするために3粒の一番右のビーズはゴムの結び目の隣のビーズにしました。

上の写真は少し黒味がかった黄色をしておりますよね。
対して下のお写真は少し紫がかった濃い紺色をしております。

これは、石の内部を通った光が、方向によって異なった吸収のされ方をするためです。
この特殊な性質を作っている原因は鉄分(Fe)で、その鉄はアイオライトは青色に発色させる要因となっています。

また、上の写真で見える内包物はレピドクロサイトだと思われます。
d0303974_08022735.jpg
★アイオライト8㎜ブレスレット 35,640円(税込み)★

アイオライトはスミレ色?

アイオライトの和名は菫青石(きんせいせき)です。
「菫」は「すみれ」と読み,、春に見かける紫色の花をした植物で、育てているわけでもないのに我が家の庭にもたくさん生えてくるような花です。
(植物は詳しくないので、もしかしたら似てるけど違う花かもしれません)

何が言いたいかと言いますと、日本の鉱物の名称は見た目や色を使う事が多く、このアイオライトも例外ではございません。
ただ、紫色のイメージはあまりないかも知れませんが、光に透かして見てみると、少しだけ紫色になっているのが分かります。
この光に透かしてこの石を回していくと二色性(正確には紫紺、淡い青、黄色の三色)を楽しむ事が出来ますので、お持ちの方は是非試してみて下さい。

最後にブレスレットの全体像を紹介させて頂きます。

d0303974_08435343.jpg
★アイオライト8㎜ブレスレット 35,640円(税込み)★
d0303974_08430340.jpg
★アイオライト8㎜ブレスレット 35,640円(税込み)★

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-16 09:00

ヒビがあるからこそ魅力が出る宝石って何?

虹色に輝くアイリスクォーツ

風邪をひいてしまって何も匂いを感じないサルオです。

虹入り水晶の事を指して「アイリスクォーツ」と呼ばれています。
「アイリス」ってどこかの言葉で「虹」っていう意味なんですかね?
英語だと虹はレインボーですよね。。。

ということで気になったので「アイリス」について、物知りのグーグル先生に聞いてみました。
なになに、、あやめ科の植物。アヤメ、ハナショウブなど。
   ・
   ・
これじゃないな。

こんな時こそウィキペディア先生に聞いてみましょう。
アイリスは、ギリシア語で虹を指すイリスに由来する言葉。
   ・
   ・
これこれ!探してたんはこれですね。
ギリシャ神話の虹の女神「イーリス」からきてるんですね。
イーリスがアイリスになったのは、推測ですが差し詰めギリシャ語を英語読みしたからでしょうか。

でも虹の女神は魅力的ですね。
そんな女神にの名前が入った水晶を紹介させて頂きます。
たくさん入荷しておりますので特にオススメのものを一部紹介させて頂きます。
全て見たい方はこちらまで⇒https://anahita-style.com/item/item8/

【虹入り水晶(アイリスクォーツ)丸玉 45mm ブラジル産】

d0303974_02512754.jpg
★虹入り水晶丸玉 45mm ブラジル産 7,884円(税込み)★

この虹は水晶の中に出来たクラック(ひび・割れ目)に光が当たり、光の干渉が起きて虹色が見えます。
全てのクラックから虹が出るわけではないので、クラックの溝の薄さなの色々条件があるのでしょう。

通常の水晶はクラックが少なければ少ないほど高品質ですが、虹が出れば話は別ですね。
クラックがあるからこそ新たな魅力が出てくるのです。

【虹入り水晶(アイリスクォーツ)丸玉 49mm ブラジル産】

d0303974_03100324.jpg
★虹入り水晶丸玉 49mm ブラジル産 9,720円(税込み)★

割と表面付近から虹が出ているので、目立っていてとっても綺麗です。

クラックは多ければ多いほど加工をしている途中で割れてしまう可能性が高くなります。
そのため、虹入り水晶の丸玉はある意味貴重な存在です、

【虹入り水晶(アイリスクォーツ)丸玉 52mm ブラジル産】

d0303974_03173035.jpg
★虹入り水晶丸玉 52mm ブラジル産 11,880円(税込み)★

気になっておられる方もおられると思いますので説明させていただきますと、今回紹介している虹入り水晶丸玉は全て天然の虹入り水晶です。

虹入り水晶は人工的に熱や圧力を加えてクラックをつくり、虹を出しているものもありますが、当社では「クラッククォーツ」という名称で主に丸ビーズで取り扱っております。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-15 09:00

まるでブドウのような宝石たち~シャインマスカットのような葡萄石もありますよ~

【グレープカラーが特徴的なロードライトガーネット】

ぶどう狩りに行ってきたサルオです。

私事ですが、先週末あいにくの雨で「水木しげるロード」には行けなかったので、近所のぶどう狩りに行ってまいりました。
実はぶどうは出雲市の特産品なんですよ。
しかも、かなり力が入っています!

なので今日はぶどうのような石たちを紹介させて頂きます。

ロードライトガーネットHC7mmビーズ


d0303974_01192771.jpg
★ロードライトガーネットHC7mm 2,376円(税込み)★

ロードライトガーネットはアルマンディンガーネットとパイロープガーネットが混ざり合ったものです。
アルマンディンガーネットはよく見る赤色が濃いガーネットです。
パイロープガーネットは、理論的には無色の鉱物ですが、実際に無色のパイロープは存在せず、赤っぽい色をしております。
それは、常にアルマンディンガーネットと混ざり合っているためです。

だからこそ、ロードライトガーネットになると、赤ではなく紫色になるんですね。
d0303974_01255055.jpg
★ロードライトガーネットHC7mm 2,376円(税込み)★

ロードライトガーネット7mmブレスレット

d0303974_16590907.jpg
★ロードライトガーネット7mmブレスレット 17,280円(税込み)★
ブレスの内径:約16cm

ロードライトガーネットは本来両者(アルマンディンとパイロープ)の成分の中間的なものですが、
どうしても多少の偏りがあるのではないかと思います。
例えば、このブレスレットを前のビーズと比較すると、このブレスレットの方が少し赤い色味強く、紫色が弱くなっております。

それは、ブレスのほうがアルマンディンが少し多いためではないかと推測出来ます。

僕は極端にお酒が弱いので普段は全くお酒を飲みません。
そのため、ワインレッドがどんな色が正直イメージが湧きませんが、ワインはビーズのタイプ?ブレスのタイプ?どっちが近いんですかね。
d0303974_16593978.jpg
★ロードライトガーネット7mmブレスレット 17,280円(税込み)★
ブレスの内径:約16cm

ぶどうは赤紫ばかりではないですよね。

そうです。緑色のぶどうもございます。
代表的なところではマスカットでしょうか。
そんな色味の石がこちら・・・

【名前に「ぶどう」を持つ宝石 プリナイト】

プリナイトの和名は「葡萄石(ぶどうせき)」そのまま「ぶどう」を冠した名前になっております。

この名前が付けられた頃のぶどうは緑色ものが主流だったのでしょうか。。。

いいえ、そうではございません。
葡萄石の由来はその構造からきております。
プリナイトの原石は葡萄の房のような形状で産出されるため、昔の鉱物学者が「ぶどう石」と名付けました。

プリナイトスターカット8ミリブレスレット オーストラリア産


d0303974_17331199.jpg
★プリナイトスターカット8ミリブレスレット オーストラリア産 4,968円(税込み)★
ブレスの内径:約15.5cm

弊社では「プリナイト」という名称を使っておりますが、プレナイトやプレーナイトと呼ばれるものと同じものです。
プレナイトの方が一般的かも知れませんが、ご理解頂けると幸いです。

スターカットは、石の魅力を最大限に引き出してくれるカットの方法です。
そのため、プリナイトもキラキラ感が出て綺麗ですね。
d0303974_17334175.jpg
★プリナイトスターカット8ミリブレスレット オーストラリア産 4,968円(税込み)★
ブレスの内径:約15.5cm

単純にマスカットの色味近いものでしたらグリーンフローライトの方が近いかも知れませんね。
そのグリーンフローライトがこちらです。
d0303974_01462576.jpg
★グリーンフローライト10ミリブレスレット(アメリカ産) 6,588円(税込み)★
ブレスの内径:約16cm

ちなみこのグリーンフローライトはブラックライトで蛍光します。
宜しければ商品ページのリンクを貼っておりますので、覗いてみて頂けると喜びます。


本当の葡萄のお話

ここからは余談ですが、この葡萄の品種は何か分かりますでしょうか。
d0303974_01570255.jpg
僕は緑色のものは全てマスカット(シャインも含めて)だと思っていたのですが、この葡萄の名前は「カッタクルガン」という品種らしいです。

とっても甘くて今まで食べた葡萄の中では一番おいしかったのでオススメですよ。
しかも、種なしで皮ごと食べても気にならない!個人的には最強の葡萄です。
d0303974_01571119.jpg
これは「ゴルビー」でしたかね。
葡萄は無知ですが、全く聞いたことのない葡萄の品種がたくさんあり、食べ比べも出来て楽しかったですよ。

この季節しかしておりませんが、出雲に参られたときは是非いかがでしょうか。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-14 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)