すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

シャッタカイト10ミリビーズ

おはようございます。
サルオです。

本日は「地球は青かった」と、言わんばかりのシャッタカイトのビーズを紹介させて頂きます。

僕がこの石について知識を得たのは約2年くらい前なので、割と最近の話です。
しかし、この石自体はずっと以前から見たことがあったかもしれません。

何が言いたいかと言いますと、10年くらい前に見た「ブルークリソコーラ」のビーズは今にして思えばシャッタカイトだった可能性があるということです。

もう既に証明する方法はございませんが、基本的にクリソコーラはシャッタカイトに比べると色味がグリーンがかっていて、明るい色味をしております。
しかし、色の濃いブルーのクリソコーラも存在します。
そのため、この両者は肉眼で区別することが非常に難しい。
しかも、この両者は共生して産出されます。

なので、結局鑑別に出してみないと判断はつきませんが、共生しているため、どちらの鉱物が多く入っているかということで名前が決まってくるようです。

つまり、鉱物の比率が
シャッタカイト >クリソコーラ ⇒シャッタカイト
シャッタカイト< クリソコーラ ⇒クリシコーラ

では実際にお品物を見てみましょう。

d0303974_19074953.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

成分としてシャッタカイトとクリソコーラを比較してみましょう。

シャッタカイト:Cu5[(OH)Si2O62
クリソコーラ:Cu2H2Si2O5(OH)4・nH2O

どちらも銅を含む水酸基を伴う珪酸鉱物ですね。
大きな違いはクリソコーラはいくらかの水分を含んでいるというところでしょうか。

ということで、成分から見てもこの両者はよく似た鉱物です。
d0303974_19085126.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

具体的にはこの中で緑色がかった水色をしている部分がクリソコーラ、濃い青色部分がシャッタカイトになります。

d0303974_19085843.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

拡大してみてみると茶色っぽいところもありますね。
ここはキュープライト(和名:赤銅鉱)という鉱物。
和名からも分かるとおりキュープライトも銅を主成分とした鉱物です。

つまりこのシャッタカイトは銅鉱山で産出される鉱物になりますが、クリソコーラと比べると産出量は少ないようです。

僕も過去に一度だけアメリカ・アリゾナ州にある銅鉱山に行ったことがあるのですが、これらの鉱物がゴロゴロと落ちていました。
緑色の原石が多かったのでおそらく大抵はクリソコーラ、もしくはマラカイトだったと思います。

もちろん品質的には鉱物の標本に出来るようなものではなく、当然ビーズやアクセサリーになるような綺麗なものではございませんでしたが、そういった鉱物を精錬して銅だけを抽出している工場も鉱山に併設されておりました。

申し訳ございません。この時の写真が行方不明になってしまったので、写真が見つかったときにいずれ詳しくお話出来ればと思います。
d0303974_19090372.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

今回紹介させて頂いているビーズは2石限定ですので、オンラインショップ上での販売は1点ずつ分かるように番号をつけさせて頂きました。

そのため、ここからは2番目のお写真となります。




d0303974_19090974.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

1番のものと比べてもあまり大きな違いはございません。

d0303974_19091325.jpg
★シャッタカイト10ミリビーズ(ナミビア産)【限定2石】 1,296円(税込み)★

シャッタカイトやクリソコーラは基本的に原石以外全てスタビライズド加工がされているといっても過言ではございません。

両者とも硬度は高くても4程度しかないため非常に脆くなっております。
また、多孔質(小さい結晶の粒の間にわずかな空間がたくさんあること)なため樹脂が浸透しやすいということもあり、この石をカット・研磨する前に樹脂を含浸させて強度上げております。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
d0303974_06223631.jpg

# by stonebuyer | 2019-01-16 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

とっても大玉のアクアマリンビーズ

おはようございます。
サルオです。

本日紹介させて頂きますのは、存在感抜群のアクアマリンです。
どこが存在感があるのか、、、それはビーズのサイズです。
d0303974_06201095.jpg
★アクアマリンHC16ミリビーズ ブラジル産【限定6石】 8,424円(税込み)★

その大きさはなんと16ミリ!

このサイズのアクアマリンは弊社でも中々仕入れたことがないサイズではないでしょうか。
どうでしょう。
大きいですね。って写真からではその大きさが伝わりませんね。

これならどうでしょうか。
d0303974_06340876.jpg
★アクアマリンHC16ミリビーズ ブラジル産【限定6石】 8,424円(税込み)★

画面いっぱいのアクアマリンビーズです。
これだけ大きければ品質に嘘はつけませんね。

そうです。
このサイズでも透明感を見ることが出来る高品質なアクアマリンとなっております。
ブレスレットに1石入れるだけでも驚くほどの存在感を発揮してくれることは間違いないでしょう。

そして、一部のビーズで光りを当てるとシラーのような淡い光りを放つビーズがございます。
d0303974_06203351.jpg
★アクアマリンHC16ミリビーズ ブラジル産【限定6石】 8,424円(税込み)★

それもこのアクアマリンビーズの特徴となりますので、是非おすすめしたいポイントとなっております。

こちらのアクアマリンビーズは全て現物の画像を載せておりますので是非オンラインショップをご覧頂けますと喜びます。

話は変わりますが、最近仕事終わりにウォーキング(時々ランニング)を始めました。
会社の近くには宍道湖があり、その宍道湖の周りには歩道が整備されていますので、約4kmの間信号も交差点もないというランニングには適した場所があります。

そこを仕事終わりに歩くようにしました。
そして、歩くことで松江の新たな発見をしたように思います。
このお写真は宍道湖大橋から宍道湖温泉に向かって撮影した写真です。

d0303974_08480262.jpg

普段じっくり見ることがないので気づきませんでしたが、このホテルや旅館が並んで建っている風景は中々圧巻ですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ただ今開催中!
まがたまアートコンテスト
なんと最優秀賞の方には賞金50万円です♪
詳細は下記をご覧頂けますと喜びます。
d0303974_06223631.jpg

# by stonebuyer | 2019-01-15 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

インクルージョンローズクォーツ~こんなにたくさんは珍しいでしょ~

おはようございます。
サルオです。

今日は賛否両論あるかも知れません。
やはりローズクォーツは透明感のある濃いピンク色のものが高品質だと。
それは間違いなくその通りです。

しかし、インクルージョン好きの僕としては是非おすすめしたいお品物となっております。
なんといっても色々な内包物(インクルージョン)が大量に入っていますよ。

水晶にはインクルージョンが入った綺麗なものが多いのですが、不思議とローズクォーツではあまり見かけませんね。

大玉の丸玉になると赤色のライモナイトもしくはヘマタイトのようなインクルージョンがクラックの隙間に入っているものを見かけますが、それがあることで魅力が出るというものでもないと思います。

では、こちらはどうでしょうか。

d0303974_18153882.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

ぱっと見は黒い内包物が多いですね。
それでは細かく見ていきましょう。

d0303974_18155925.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

これで分かりますかね?

ちなみに鑑別は出しておりません。
あまりにも内包物の種類が多いので、破壊検査+内包物がブレスごとに異なることを考慮して鑑別には出せませんでした。

なので、個人的な意見と仕入先さんの意見を考慮して内容を書かせて頂いております。

正直上の写真ではまだ分からないと思いますので、さらに接写で見ていきましょう。

d0303974_18164137.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

まず、仕入先さんの見解ではレピドクロサイトは入っているとのこと。
この黒い内包物を見ると確かに水晶にも内包しているレピドクロサイトに見えますし、左下の黄褐色の固まりも色味だけ見るとライモナイトのように見えます。

しかし、左下の黄褐色の固まりは形が変わっているので、カルサイトやドロマイトのような鉱物の表面にライモナイトが付いているように感じますね。

そして、問題は黒い部分です。
同じブレスレットの中に下のようなビーズもありました。

おそらくこれが一番のヒントになっているのではないかと思います。

d0303974_18165107.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

内包物の結晶の形がしっかり分かりますね。
しかも若干の透明感を伴っている。

これは間違いなくレピドクロサイトとは異なります。

結晶の形と色を見るにダイオプサイト(透輝石)のようにも見えます。
また、写真ではうまく写りませんでしたが、二つ上の写真(左下に黄褐色の内包物があるもの)の中で光りを当てると、クロムダイオプサイトのような色味の反射を示すものがありました。

これは、強い光りを当てなければ緑色に見えないものでしたが、逆に言うとレピドクロサイトではいくら強い光りを当てても緑色にはなりません。

ということはますますダイオプサイトの可能性が高くなりました。
上の写真はおそらく微量な鉄分を含んで茶色っぽい緑色のダイオプサイトになり、一部クロムを含んで色の濃いダイオプサイトになっていると推測されます。

では、レピドクロサイト可能性は完全に否定されたのか言いますとそうではございません。

下の写真を見る限り、これはレピドクロサイトのように思われます。
d0303974_18172661.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

ちなみにローズクォーツといえばスター効果ですよね。

実はあります。
このブレスレットの中にはっきり見えるものは1点だけでしたが、そのお写真はこちらです。
d0303974_18160846.jpg
★インクルージョンローズクォーツ8ミリブレス③ 内径約:16.5cm 5,508円(税込み)★

スターが出るビーズは少し乳白色になっていたので出るかなと思ったらやっぱり出ましたね。
スターが出るということは、ルチルも含んでいるということになりますので、本当に多種の鉱物が内包してますね。

ちなみに今回8ミリサイズのブレスレットが3本、10ミリ1本、11ミリ1本入荷しておりますが、しっかりとスターが出るものは1本のブレスの中で1~2石となっております。

線が見えるだけのものだと結構あるのですが、他鉱物が内包している影響があって綺麗にスターが出ないのかもしれませんね。

インクルージョンローズクォーツはこちらから

インクルージョンの特定は難しい。
だからこそ、これはなんだろうと考える楽しさを味わえます。
それこそが水晶系鉱物の魅力の一つですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2019-01-14 09:06 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

グリーンオーソクレース

おはようございます。
サルオです。

本日はオーソクレースのビーズを紹介させて頂きます。
あまり聞きなれない鉱物名かもしれません。

しかし、このブログ内でもよく紹介している宝石の主成分がこの「オーソクレース(和名:正長石)」なんです。

その宝石とは「ムーンストーン」です。
では、本日紹介させて頂いているお品物はグリ-ンムーンストーンなのか。。。

答えはお品物を見ながら順に説明をさせて頂きますので、こちらのお写真をご覧下さい。
d0303974_18033345.jpg
★グリーンオーソクレース8ミリ 594円(税込み)★

まず、ムーンストーンについて
ムーンストーンとは、オーソクレースを主体とする成分で、そこにアルバイト(曹長石)種の長石を薄く胚胎することでシラーと呼ばれる淡い光りを発する物のことを呼ぶため、ムーンストーンは鉱物名ではなく、宝石名になります。

ということは、見た目で判断するにはシラーを確認出来るかが重要ということですね。
では、シラーが出るのか試してみました。

通常の蛍光灯の下でもぼんやりとシラーらしきものが見えるような気がします。。。
分かりやすくするために光を当てて撮影してみました。

d0303974_08401023.jpg
★グリーンオーソクレース8ミリ 594円(税込み)★

ぼんやりですがシラーのような光りが見えますでしょうか。

ならば、このオーソクレースはムーンストーンと呼べるのか。。。呼べないと思います。
光り方がぼんやりとした光りのシラーというよりはアベンチュレッセンスのような少しキラキラとした印象を持ちますので、ムーンストーンとは呼べないでしょね。

そのため、グリーンオーソクレースとして紹介させて頂いておりました。

d0303974_18040668.jpg
★グリーンオーソクレース8ミリ 594円(税込み)★

この翡翠のような鮮やかな緑色はどのようにして発色しているのでしょうか。

オーソクレースの仲間でマイクロライン(微斜長石)という鉱物があります。
この両者はへき開面の角度が0.5度違うという肉眼では判断出来ない細かい違いから分けられている鉱物ですが、このマイクロラインの亜種にアマゾナイトがあります。

アマゾナイトは微量な鉛を含み緑色に発色しているマイクロラインですが、このオーソクレースの色味がアマゾナイトのように青みがかっていないのでおそらく鉛は含んでいないでしょう。

ということは、やはり緑色発色の金属元素、鉄、バナジウムあたりだと推測されます。

d0303974_18041381.jpg
★グリーンオーソクレース8ミリ 594円(税込み)★

長石は地球上の約50%を形成している鉱物だといわれていますが、このグリーンに発色するタイプはあまり見かけませんのでかなり珍しいものであると思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

d0303974_08530788.jpg


# by stonebuyer | 2019-01-13 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)