すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

奇跡のラブラドライトです

来週人生で初めて胃カメラを体験するサルオです。

ラブラドレッセンス+キャッツアイ効果の奇跡のラブラドライト

それでは本日紹介させて頂く宝石は「キャッツアイブラックラブラドライト」です。

もちろん過去にラブラドライトはたくさん見たことります。
しかし、キャッツアイ+ラブラドレッセンスの組み合わせは見たことがありません。

むしろ、このような組み合わせが存在していたことに驚いています。
それでは画像を見ていきましょう。
d0303974_19394860.jpg
★キャッツアイブラックラブラドライト10ミリ 1,620円(税込み)★

ラブラドライトの地の色味が濃いのでラブラドレッセンスの青色がとても綺麗に出ているのが分かります。
不思議なもので、ラブラドレッセンスやムーンストーンのシラーは背景を黒くするととても綺麗に見えますよね。

ラブラドレッセンスが出る仕組みは、ラブラドライトの成分でもあるアルバイトとアノーサイトの薄い層が交互に繰り返している間にマグネタイトやヘマタイトの金属鉱物の薄層が繰り返して発達していて、その組み合わせで光の干渉により見える現象です。

そして、このビーズに上から光を当てるとキャッツアイ効果が出ます。
d0303974_19363525.jpg
★キャッツアイブラックラブラドライト10ミリ 1,620円(税込み)★

青いラブラドレッセンスの端付近に1本白い光の線が見えているのが分かりますでしょうか。
どのビーズもキャッツアイ効果が綺麗に見えていますよ。

このキャッツアイ効果はラブラドレッセンスとは仕組みが異なります。
キャッツアイ効果が見られる鉱物は他にもありますが、例に漏れず、このラブラドライトも原因は同じ理由のためです。

それは、微細な針状内包物による影響です。
肉眼で見ることは難しいのですが、細かい針状の鉱物が規則正しく同じ方向に並んで入っていることで、キャッツアイ効果として現れてきます。

この二つの現象が同時に現れる非常に奇跡的な一品です。
今回は個体差が少ないので、1点ごとには紹介しておりませんが、ご理解頂けると幸いです。

プライベートな話なのですが、誰かに聞いてもらいたくて、、、
ここ数日間、慢性的な胸焼けが酷いです。
Dr.グーグル先生で検索すると逆流性食道炎の症状と完全に一致していたので、とりあえず痛みが酷いので処方箋が欲しくて病院に行ってきました。

診察中に・・・
お医者様「嫌がられる人も多いんだけど、こればっかりはね、、、」
サルオ「え~と、なんのことでしょうか?」

お医者様「いや~、胃カメラしないと確定診断出来ないんですよね。」
サルオ「やったことが無いのでお願いします」

基本的に僕は怖いもの知らずで何でも体験してみたい人なのでOKと即答しました。
しかし、お医者様があんなに申し訳なさそうに胃カメラを進めてくるという事は、おそらく相当辛いんですかね。
隣の席の人も「過去に一度したけど二度としたくない。この先も絶対にしない」と言ってました。

それにしても薬の力ってすごいですね。
薬を飲んだだけでここ数日では考えられないくらいスッキリしています。

薬があればもう来週の胃カメラいらないんじゃないかと、今さら怖気づいております。。。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-13 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ボルダーオパールTOPグレード 12mm (オーストラリア クイーンズランド)

おはようございます。
サルオです。

ボルダーオパールのTOPグレードビーズが入荷してきましたので紹介させて頂きます。
d0303974_01005793.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★

オパールは赤、青、緑など様々な色に光り、見る角度を変えるとこの虹色が変化して動くように見えます。
これが、プレシャスオパールの最大の特徴であり、最大の魅力です。

オパールの主成分は水晶と同じSiO2です。
しかし、水晶はクラック(割れ目)から虹色に見えることがありますが、クラックのない表面からこのような光は出ませんよね。
そのため、オパールのこの光は特別に「遊色効果」と呼ばれています。

同じ成分でこんなにも見た目の変わるその違いはどこからきているのでしょうか。

それは、出来方が違うためです。

オパールはごく地表に近い浅いところで作られます。
オパールの材料となる珪酸(SiO2)を含んだ地下水は熱水の場合には水晶を作りますが、50℃ほどの低温では結晶が作られず、ミクロの小さな球として少しずつ岩石の隙間に沈殿していきます。
そして、その小さな球が規則正しく並び、その球のわずかな隙間を水が埋めるような状態になりオパールになります。

今日紹介させて頂いているボルダーオパールの場合、岩石が褐鉄鉱物(ライモナイト)で固められた砂岩であり、ビーズの茶色い部分になります。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

d0303974_01243603.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm① オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★

今回入荷したボールダーオパールのTOPグレードはおそらく弊社が過去に入荷したものの中でトップクラスに綺麗なものです。そのため、「TOPグレード」と付けさせて頂いております。

本当にその名に恥じない綺麗さだと自負しております。

ビーズによって色味の特徴がそれぞれ異なります。
そのため、個別に紹介をさせて頂きます。

(*8mmサイズ以下について、今は個別になっておりませんが今日の夕方以降徐々に変更させて頂きます。)

続きまして2番目です。
d0303974_01244412.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm② オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★


この写真からも砂岩の隙間にオパールが入っていることが分かりますよね。
そして、遊色効果がとても綺麗に出ております。

続いて3番目です。

d0303974_01245537.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm③ オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★

この③番のように赤系の色が入っているオパールのほうが数的には少ないように思います。
そして個人的には赤色がはっきりと出ているオパールが好きです。


4番目です。
d0303974_01250110.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm④ オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★

こちらは緑と青のコントラストがとても綺麗ですね。
入り込める隙間を見つけて、頑張って入り込んでる感のあるオパールです。

最後の5番目です。
d0303974_01250614.jpg
★ボルダーオパールTOPグレード12mm⑤ オーストラリア クイーンズランド産 14,040円(税込み)★

おそらく人によってオパールの光り方の好みは違ってくるのではないでしょうか。
弊社のスタッフの中でも意見が割れるところですが、多い意見は青が濃く光るものが好き人が多いように思いますが人それぞれですよね。

しかし、ムーンストーンにしてもラブラドライトにしても皆青くて濃いものに惹かれていますね。
やはり、地球が青いからでしょうか。。。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-12 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

グリーンファントムクォーツ10ミリブレスレット 

おはようございます。
サルオです。

本日紹介させて頂くグリーンファントムクォーツのブレスレットです。
1週間くらい前からオンラインショップで販売されておりましたので、見たことがある方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、なぜそれを今さらブログに書くのか!?と思っている方もいらっしゃると思いますが、面白いものを見つけてしまいましたので、書かずにはいられなくなってしまいました。

まズはブレスレットの全体像を見て頂きましょう。
d0303974_20442727.jpg
★グリーンファントムクォーツ10ミリブレスレット 内径:約17cm 39,960円(税込み)★

緑の内包物は昨日に続いて緑泥色(クローライト)だと思われます。
クローライトのタイプで綺麗な山を使っているタイプは希少ですよ!
そしてほとんどのビーズが綺麗な山にファントムが入っていますね。

確かにこれも面白いのですが、今回ブログを書く決め手になったのが下の写真です。
d0303974_21320812.jpg
★グリーンファントムクォーツ10ミリブレスレット 内径:約17cm 39,960円(税込み)★

なにやら白い鉱物が綺麗な結晶になってくっついてますね。

もう一枚の写真をご覧下さい。
d0303974_21323921.jpg
★グリーンファントムクォーツ10ミリブレスレット 内径:約17cm 39,960円(税込み)★

こちらも3つの結晶が重なるように内包しています。
そして、四角形の結晶構造をしています。

ということは思い浮かぶのは「カルサイト」と「ドロマイト」です。
さてどっちでしょうか。
色・形状・成分など、この両者はそっくりで見た目では見分ける事が難しいように思います。

そして、ここで活躍するのが以前も紹介したことのあるトイレ用洗剤「サンポール」です。
カルサイトの成分:CaCO3
ドロマイトの成分:CaMg(CO3)2

質問ばかりですいません、どちらがサンポールで溶けやすいでしょうか。
ヒントは高校生の時に化学の授業で勉強したイオン化傾向です。

という事はカルサイトが溶けやすいですよね。
溶けやすいどころではなく、物凄い勢いで二酸化炭素が噴出します。

一方ドロマイトはカルサイトに比べると溶けにくいため、ゆっくり発泡します。
ここが両者を見極めるところですね。

ただし!!
今回の場合水晶に内包しているため、この方法はもちろん成立しません。

そのため、僕が読んだ本にこのケースは「ドロマイト」として紹介されていたので解決出来ました。
まさに本に載っていた標本と同じような形状です。
ひし形で押しつぶされたような結晶は正にドロマイトなのです。

本に載っていたケースとほとんど同じだったので感動して今日のブログに書かせて頂きました。

d0303974_21383665.jpg
★グリーンファントムクォーツ10ミリブレスレット 内径:約17cm 39,960円(税込み)★


ドロマイトを内包しているものは一連ブレスの中で3粒だけですので、本来はグリーンファントムがメインなんですけどね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

# by stonebuyer | 2018-09-11 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

スモーキーガーデンクォーツ13ミリブレスレット ブラジル産

おはようございます。
サルオです。

本日はスモーキーガーデンクォーツのブレスレットを紹介させて頂きます。
ガーデンがスモーキーなのではなく、スモーキークォーツにガーデンが内包したタイプになります。

そのお写真がこちらです。
d0303974_06403875.jpg
★スモーキーガーデンクォーツ13ミリブレスレット ブラジル産 内径:約17.5cm 17,280円(税込み)★

薄っすらスモーキーがかっている水晶に黒っぽい緑泥石(りょくでいせき)(クローライト)が内包しております。
同じ黒い内包物のタイプにチベッタンクォーツがありますが、これは石墨を内包しているため、ガーデンクォーツとは区別できます。

もう少し拡大して見ていきましょう。
d0303974_06404638.jpg
★スモーキーガーデンクォーツ13ミリブレスレット ブラジル産 内径:約17.5cm 17,280円(税込み)★

緑泥石(クローライト)はグループ名の総称です。
成分によって名称が異なりますが、水晶に内包しているものの多くは成分分析をするために割って中身を取りだななければいけません。

1点ものなどほとんどの場合ここまでは出来ませんので、緑泥石とさせて頂きます。

和名で書くと「緑」と付いていますが、この鉱物は緑はもちろん、白・赤・オレンジ・黒など色々な色を持っています。

今回紹介させて頂いてるお品ものは黒っぽいのですが、これは鉄分を多く含んでいるためです。


d0303974_06405223.jpg
★スモーキーガーデンクォーツ13ミリブレスレット ブラジル産 内径:約17.5cm 17,280円(税込み)★


黒っぽいからこそ、スモーキークォーツの中に入ると重みが出るというか、重厚感が出てカッコイイですね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


# by stonebuyer | 2018-09-10 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)