人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アンデシン ( 22 ) タグの人気記事

バイカラーアンデシンブレスレット

こんばんは。
サルオです。

本日はアンデシンのブレスレットを紹介させて頂きます。
アンデシンは多色性を示し、過去のブログでも無色透明に近いものや、イエローカラー、グリーンカラー、レッドカラーなど様々なアンデシンを紹介させて頂いておりますが、今回紹介させて頂くアンデシンは1石のビーズの中で多色性を示している非常に珍しいアンデシンですよ。

それでは、商品をご覧下さい。


d0303974_10213987.jpg
★アンデシンHC8ミリブレスレット チベット産 【限定1】 内径16.5cm 58,320円(税込)★

赤色の縞模様のように見えるアンデシンが印象的ですが、拡大してみるとさらにはっきりと分かりますよ。

d0303974_10214748.jpg
★アンデシンHC8ミリブレスレット チベット産 【限定1】 内径16.5cm 58,320円(税込)★

赤、緑、無色が1石のビーズの中に入り混じっています。
このタイプのアンデシンはなかなかお目にかかれません。

そして、アンデシンは幻想的な不思議な雰囲気を持っているの重なって神秘的な印象を与えてくれますよ。
幻想的な感じは成分的にラブラドライトに似ているからですかね。
もしくは、ムーンストーン等と同様に長石系の鉱物だからかもしれませんね。

d0303974_10240203.jpg
★アンデシンHC8ミリブレスレット チベット産 【限定1】 内径16.5cm 58,320円(税込)★

単に縞模様として色が入るだけではなく、上のビーズのようにグリーンカラーが不規則に入っているのも面白いですよ。

やっぱりアンデシンはその色特性を活かしたグラデーションカラーが好き!という声をよく聞きます。
そんな方にオススメなのが6ミリサイズのブレスレット。

d0303974_10292609.jpg
★アンデシンHC6ミリブレスレット チベット産 【限定1】 内径16cm 34,560円(税込)★

透明感がありインパクトの強いレッドカラー~オレンジ~グリーンカラーが対照的変わっていく感じがデザイン性も兼ね備えて綺麗ですね。

実際、1石1石を見てもかなり高品質なアンデシンとなっておりますよ。
中には先に紹介しているバイカラータイプのアンデシンもございます。

d0303974_10293963.jpg
★アンデシンHC6ミリブレスレット チベット産 【限定1】 内径16cm 34,560円(税込)★

多色性という特徴。
そして、彩度がはっきりとした透明感の高く、幻想的な雰囲気を持っているアンデシンは鉱物の世界でも唯一無二の存在だと思いますよ。

個人的にはアンデシンの原石をこの目で見たことがないので、原石好きとしてもこの石の興味は絶えないのでいつか見てみたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-08-10 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

【お待ちかねの告知ありです】幻想的なアンデシンのビーズ

こんばんは。
サルオです。

新作勾玉告知
d0303974_11445401.jpg
ちなみに、ヒマラヤ水晶といっても産地は色々ありますよね。
先に産地をお伝えするとインド北部のマニカラン産の水晶を使用して勾玉を作製しております。

過去にMorikoがインド北部のヒマラヤ山脈について詳しく書いた記事がありますので、こちらもぜひ発売前にご覧頂けますと喜びます。

▼過去の記事

販売開始日

・全国の店舗
2019年6月21日(金)より順次

※一部、実施しない店舗もございます。
詳しくは各店舗へご確認下さい。

・オンラインショップ
2019年6月20日(木)20:00販売開始予定

新作勾玉についてはオンラインショップのお知らせページに詳細が載っておりますので、合わせてご確認頂けますと幸いです。
「出雲型勾玉 ヒマラヤ水晶 マニカラン産 発売いたします! はこちらから


ここからが本日紹介させて頂くアンデシン6ミリサイズのビーズです。

d0303974_13534482.jpg
★アンデシンHC6ミリビーズ(レッドグリーンカラー)① チベット産【限定3石】 1,620円(税込)★

このアンデシンのビーズはとにかく特殊。
上の写真を見る限りピントが合っていない失敗写真のように見えるかもしませんが、これが実物の写真なのですよ。

赤い部分と青みがかった緑色の色が混ざらずに混在しているような状況に見えますね。

そして、その全体像がとっても幻想的!
このビーズが一つの石で出来ているのは不思議な感じですね。
d0303974_13541133.jpg
★アンデシンHC6ミリビーズ(レッドグリーンカラー)② チベット産【限定3石】 1,620円(税込)★

ちなみに、アンデシンはラブラドライトと同様に一つの鉱物から出来ているわけではなく、アルバイト(曹長石)とアノーサイト(灰長石)という鉱物から出来ております。

この両鉱物の比率によってこの石の名前が変わってきます。

少し難しい話になってしまうのですが、アンデシン中性長石と呼ばれていてこの両鉱物は半々に近い形になっております。
正確にはアルバイトの成分が50~70%を占め、アノーサイトの細分が30%~50%を占めるものがアンデシンとなります。
ちなみに有名な長石でもあるラブラドライトはアルバイトが30%~50%、アノーサイトはアルバイトのうち50~70%を占めています。

ラブラドライトとアンデシンは非常に近しい成分をしておりますが、それゆえにラブラドライトの商品を鑑別に出すと、時々「ラブラドライト/アンデシン」という鑑別結果が出ることがあります。

晴れ時々曇りのようにラブラドライト所々アンデシンというような結果なんでしょうね。

そして、この2番のアンデシンですが、強い光りを当てると長石に時々見られるあの特徴が浮かびあがりますよ。
その写真がこちら
d0303974_13541636.jpg
★アンデシンHC6ミリビーズ(レッドグリーンカラー)② チベット産【限定3石】 1,620円(税込)★

まるでムーンストーンのようなシラーが出ました。
やっぱり、長石にはこのような特徴が備わっているんですね。
(シラーというよりはラブラドレッセンスになるんですかね)

続きまして3番目のビーズです。

d0303974_13542363.jpg
★アンデシンHC6ミリビーズ(レッドグリーンカラー)③ チベット産【限定3石】 1,620円(税込)★


一見赤色と濃い緑色のビーズのように見えますが、見る角度を変えると薄い色味にも見えます。

d0303974_15071445.jpg
★アンデシンHC6ミリビーズ(レッドグリーンカラー)③ チベット産【限定3石】 1,620円(税込)★


カラーチェンジとまではいきませんが、この両者が同じビーズとはなかなか思えませんね。

シラーのような輝きを放っていたり、見る方向によって色味が変わったり、不思議な色の混在の仕方をしていたりとアンデシンは見ていて飽きない幻想的な魅力を持っているところが特徴であり、人気の秘訣ですよ。


続きまして、タンブル型のアンデシンビーズのご紹介です。

d0303974_15310875.jpg
★アンデシン タンブルカットビーズ チベット産【限定4石】 2,376円(税込)★

こちらは透明感があるタイプのアンデシンです。
このアンデシンもムーンストーンのようなシラーが見えるビーズもあるのですが、ところどころアベンチュレッセンスを持ったビーズもございます。

その特徴がよく分かるのが2番のビーズ
d0303974_15373739.jpg
★アンデシン タンブルカットビーズ チベット産② 5x5x幅9mm【限定4石】 2,376円(税込)★

写真からは分かりにくいのですが、オレゴンサンストーンのようなキラキラ感とシラーを持っている面白いアンデシンですよ。

そういえばオレゴンサンストーンは鉱物的にはラブラドライトになるんですよね。
ということはアンデシンの見た目がオレゴンサンストーンのようになるのも納得出来る気がします。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-06-17 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

秋の行楽イチョウ狩り

おはようございます。
サルオです。

銀杏(ぎんなん)と書いてイチョウと読むんですね。
僕は銀杏が大好きです。
塩で炒ったものも好きですし、茶碗蒸しに入っている銀杏も最高です。
むしろ茶碗蒸しに銀杏が入っていないとがっかりしますが、妻や子供たちは銀杏が嫌いで茶碗蒸しに銀杏が入っていることでがっかりしてます。
なので、銀杏を買うと全て僕一人で全て食べないといけないので、それそれで辛いです。

ただ、銀杏の実は臭いですよね。
小学校の通学路にイチョウの木があって、そこを通るのが嫌だったように覚えています。
なのに銀杏が好きっていうのも不思議な気がしますが、、、

ということで紅葉シーズンに入りましたね。
僕は行ってませんが、バイヤー三銃士ブログに書いてあった大山登山いいですね。
個人的には山城に登りたいです。

ということで、今週末のブログは紅葉にちなんで今日は黄色系のビーズ、明日はオレンジ・赤系ビーズを紹介させて頂きます。

まず、11月の誕生石にもなっているこの天然石です。
d0303974_22095022.jpg
★シトリンHC8ミリビーズ(ブラジル産)【限定5石】 496円(税込)★

黄色い石と言えばやっぱりシトリンですね。
このシトリンはアメジストの加熱処理によって出来ております。

そして加熱処理をすることで石の内部にある非常にわずかな水分の膨張によって石が割れたりクラックが入ったりきますが、このシトリンはクラックが非常に少ないので高品質なアメジストから出来ていることが想像出来ますね。
d0303974_22095492.jpg
★シトリンHC8ミリビーズ(ブラジル産)【限定5石】 496円(税込)★

なぜ、紫色のアメジストが加熱されることで黄色になるのか、
それは、アメジストが紫色に発色する要因となっている微量な鉄分の状態が変わるために黄色くなります。

ちなみに、ゲーサイト入りのアメジストを加熱処理するとゲーサイトも酸化してヘマタイトになってしまうそうですが、実物をまだ見たことがございません。
ゲーサイト入りアメジスト自体で宝石として完成しているので、割れるリスクをおかしてまでやる必要はないということでしょうが、一度は見てみたいものです。

続きまして、こちらもシトリンです。
d0303974_22095929.jpg
★シトリン スターカット8ミリビーズ (ブラジル産)【限定10石】183円(税込)★

スターカットのシトリンです。
スターカットはビーズの魅力を最大限引き出してくれるカット方法だといわれています。

シトリンのように透明感のある石ですとキラキラしてとても綺麗に見えますね。
d0303974_22100304.jpg
★シトリン スターカット8ミリビーズ (ブラジル産)【限定10石】183円(税込)★

こちらのシトリンはクラックは割りとしっかり入っています。
しかし、クラックが入っているがために、所々に小さい虹が見えます。
キラキラなカット+レインボーでより映えるお品物になります。

続きまして、アンデシンを紹介させて頂きます。
d0303974_22101670.jpg
★ゴールデンアンデシン7ミリビーズ チベット産 【限定5石】421円(税込)★

赤や緑、黄色など様々なカラーバリエーションをもつアンデシンですが、黄色味がかっているアンデシンは「ゴールデンアンデシン」と呼ばれます。

ムーンストーンほどではございませんが、長石特有の「やさしい」というか「淡い」というか、不思議な光を放っているような気がします。
d0303974_22103604.jpg
★ゴールデンアンデシン7ミリビーズ チベット産 【限定5石】421円(税込)★

アンデシンは長石特有の説明の難しさがあるので、今回詳細は省かせて頂きますので、気になる方は過去の記事を見て頂けると喜びます。

続きまして琥珀です。
d0303974_22104604.jpg
★スパークリングハニーアンバー9ミリビーズ バルト海産 【限定5石】1,512円(税込)★

アンバー(琥珀)はご存知、樹脂の化石といわれています。
アンバーが出来るまでに3000万年以上かかるそうですので、途方もない話ですね。
そう考えると地球の歴史は恐ろしい。
歴史は好きですが、「地球の歴史」というのは現実感がなさ過ぎて入り込むのに勇気がいります。。。

話がそれましたが、商品名の前に「スパークリング」となっている理由は下のお写真をご覧下さい。
d0303974_22105661.jpg
★スパークリングハニーアンバー9ミリビーズ バルト海産 【限定5石】1,512円(税込)★

拡大してみると良く分かりますが、大小様々な円板状の模様が入っております。
これは、天然アンバーに加熱処理が施されていることを表しています。

アンバーは加熱処理を施すことで透明感を向上させております。
しかし、加熱処理をすることで、内部の空気が弾けてこのような模様が出来上がります。
そのため、その感じが「スパークリング」となります。

なんだかお酒みたいですが、かっこいいネーミングですね。
ちなみに、こちらのアンバーはプレスドアンバーではございません。

また、穴が約0.8ミリと少し小さめになっております。
オペロンゴムや0.8ミリのアクセサリーゴムは通りますが1ミリのアクセサリーゴムは通りませんのでご理解頂けますと喜びます。

続きまして、最後になりますが、こんな紅葉があったら幻想的過ぎる!というビーズをご紹介致します。
d0303974_22121640.jpg
★ゴールデンルチルクォーツ15ミリビーズ ブラジル産 【限定3石】7,236円(税込)★

ゴールデンルチルクォーツです。
この眩しいばかりに輝くルチルカラーが山に茂っていたらなんて幻想的なんでしょうか。
まさに黄金の国ジパング!

d0303974_22122064.jpg
★ゴールデンルチルクォーツ15ミリビーズ ブラジル産 【限定3石】7,236円(税込)★

ということで本日はビーズを使って紅葉を彩ってみました。
明日はさらに色の濃いオレンジから赤系の色味のビーズを紹介させて頂くので是非見て頂けると喜びます。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-11-17 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

グラデーションカラーアンデシン バングル チベット産

おはようございます。
サルオです。

本日はグラデーションカラーアンデシンのバングルブレスを紹介させて頂きます。

アンデシントいえばラブラドライトの親戚のような鉱物ですよね。
アンデシンの説明は以前MORiKOさんがとても分かりやすい図を載せておられましたのでそれを転用させて頂きます。

d0303974_06105874.jpg
アンデシンは斜長石グループでアルバイト(曹長石)とアノーサイト(灰長石)から成る鉱物ですが、その両者の構成比によって名称が変わるややこしい鉱物でしたよね。

上の図を見てもアンデシンとラブラドライトは成分的に非常に似ておりますが、見た目はあまりにも違いすぎますよね。
僕らがよく目にしているラブラドライトが特殊だからです。

ラブラドレッセンスが出る仕組みはアルバイトとアノーサイトの薄層が繰り返している間にマグネタイトやヘマタイトの薄層が繰り返して発達していてその組み合わせで光の干渉が起き他の長石にはない虹色の光が出ています。

一方アンデシンの方ですが、こちらは有名な長石の宝石「ムーンストーン」のようなシラーが出ております。
ただしムーンストーンはオーソクレース(正長石)を主体とする成分でなければいけませんので、アンデシンをムーンストーンと呼ぶことは出来ません。

難しいことを言い過ぎたかもしれませんが、長石は本当に難しいです。

それではバングルブレスを見ていきましょう。

d0303974_23195822.jpg
★グラデーョンカラーアンデシン バングル チベット産 23,000円+税★
内径:約17cm
オンラインショップにて販売中!!

アンデシンの特徴として多色性を示すことがあります。

今回のバングルでは透明感のある薄オレンジ(とピンクを混ぜたような色合い)からオレンジがかった透明感のない赤色までグラデーションカラーになっております。
d0303974_23200288.jpg
★グラデーョンカラーアンデシン バングル チベット産 23,000円+税★
内径:約17cm
オンラインショップにて販売中!!

透明感がよくわかります。
d0303974_23200604.jpg
★グラデーョンカラーアンデシン バングル チベット産 23,000円+税★
内径:約17cm
オンラインショップにて販売中!!

安定感もばっちり!

d0303974_23201402.jpg
★グラデーョンカラーアンデシン バングル チベット産 23,000円+税★
内径:約17cm
オンラインショップにて販売中!!

d0303974_23202032.jpg
★グラデーョンカラーアンデシン バングル チベット産 23,000円+税★
内径:約17cm
オンラインショップにて販売中!!

長石を鑑別するには成分分析が必要となることが多いです。
なので成分を調べることが出来ない我々がこの鉱物を特定するためには「鑑別に出すしか分からない」というお金のかかる鉱物の一つですね。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_20093204.jpg
d0303974_09220450.jpg



by stonebuyer | 2018-07-30 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンタンブルカットビーズ(チベット産)

おはようございますっ!!!MORiKO★ですっ!!!

今日はアンデシンのビーズをご紹介いたしますっ!!!
実はアンデシンのビーズ3種類が今回入荷しまして、一度に3種類ご紹介するのがいいのか、それとも3日に分けてお届けすればいいのか迷っておりました。

やっぱり1つずつしっかりと紹介したいっ!との思いで1日1種類にすることにしましたぁ~♪(記事数稼ぎではありません!けっして・・・)
(*この記事は2016年11月28日の再掲示ですのでご了承下さい)

という訳で、今日、明日、水曜はおしもりのコーナーをお届けして、最終は木曜というスケジュールでアンデシンビーズをお届けしますっ!
どれも素晴らしいビーズなので、3種類全部みてからどれがいいか決めてくださいね~!
後になるほどレアなビーズが登場しますよ~♪♪♪

それでは今日のビーズですっ!

d0303974_19100443.jpg
★アンデシンタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


光を綺麗に反射して、赤なのか緑なのかよく分からない色あい。
すごく素敵じゃないですかぁ~???

d0303974_19334612.jpg
★アンデシンタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップで取扱い中!!


いいですよね~アンデシン。

3日もあるので、今日はアンデシンとは何ぞや?
を説明させていただきますね~♪♪♪

アンデシンは和名を中性長石といいます。斜長石というグループの中の1つです。
斜長石はアルバイト(曹長石 Na[AlSi3O8])とアノーサイト(灰長石 Ca[Al2Si2O8])の2種類から成ります。
この2つの比率で6種類に分けられていました。
「分けられていた」とありますが、今ではアルバイトが多いかアノーサイトが多いかどちらかが多いというだけで、この2種類だけの分け方になっています。
アンデシンは最新のリストからなくなっているんですね~。
未だに業界ではラブラドライトもアンデシンという名前も使うので、どういったものかちゃんと理解しておくと後々役に立つかもしれませんね~♪

それでは図をご覧ください。これは前の記事の使いまわしです♪

d0303974_19115227.jpg
この図でアンデシンはどこにあるでしょうか?
上の行の左から三番目にありますね!
これはアルバイトとアノーサイトが1:1の比率になったものよりもアルバイト多めのところにありますね。
逆に1:1よりもアノーサイト多めはラブラドライトに。
アルバイトとラブラドライトはほとんど同じなんですね~。

ここまでは前に説明したことがありますが、じゃあそれってどうやって見分けるの?
という事を説明いたしますっ!
アルバイトが何%でアノーサイトが何%なのか、そんなの目視で見分けられる訳がありませんね!

じゃあどうやって見分けるんだろうというと、前回の「おしもり」で登場した蛍光X線分析で成分を調べる方法がありましたね~!!!

d0303974_14043552.jpg
これで成分を調べたら分かりそう!!!

もう一度両者の化学式を書きます。

アルバイト
Na[AlSi3O8]

アノーサイト
Ca[Al2Si2O8]

ふたつがどう違うのかみてみましょう♪
[]の外に注目!
アルバイトはNaで、アノーサイトはCaですね~♪

もし別の鉱物が混ざっていない状態だったら、単純にNaとCaの割合だけをみたらいいんですね~!
分析だけできたら出来そうですね~!

もし別の鉱物が混ざっていたら色々な組み合わせを考えて引き算・足し算をしないといけないから大変でしょうけど・・・

あと[]の中も実は微妙に違うんですよ~。
AlとSiの数がそれぞれ違ってる!
アノーサイトは3つあるSiのうち1つがAlになっているんですね~。まだまだMORiKO★は修行不足で訳が分かりませんが、達人になるとこの科学式を見ただけでフムフムってなるんですよ!すごいですね~!

今日はアンデシンとは何ぞやをお届けしました。

ちょ~っと難しかったですね~><

明日もお楽しみに~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2018-06-03 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシン ハートシェイプルース(チベット産)(過去掲載品再販!)

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!

本日の再販品は「アンデシン ハートシェイプルース」。
1月に紹介したものと同等のものを3つ、紹介いたします。

アンデシンは、非常に中性的な性質をもった石で、アノーサイトとアルバイトがほぼ同じくらいの量占めているものになります。
その色合いは意外にもマルチカラーのブレスができてしまうほど豊富であり、とりあわけ燃え滾るような『濃いオレンジ~赤』を示すものが高値で取引されます。

が、それは均質なビーズに言える事。
例えばこのルースのように模様がある場合は、、、



d0303974_17185784.jpg
★アンデシン ハートシェイプルース(チベット産)各種★
左からL10,000円 M8,000円 S5,000円

話が変わってきます。それぞれ全く違う印象を与えてくれます。
まずは左側から。


d0303974_17193888.jpg
★アンデシン ハートシェイプルースL(チベット産) 10,000円+税★
18*18*6mm

大きめのぷっくりハート。淡い朱色の中に真逆の緑がストライプを描きます。
赤と緑というのは補色。すなわち全く正反対の性質を持つ色合いであり、それが一緒になっている鉱物は特別です。ウォーターメロントルマリンもそうですね!!
d0303974_17200888.jpg
★アンデシン ハートシェイプルースL(チベット産) 10,000円+税★
18*18*6mm

どちらかというと表面に近いところに
このストライプが見えています。赤の発色は『銅』による金属的な成分によるもの。
一方で緑の部分は、、、そう、基本的には同じ『銅』が原因であると考えられます。

銅は含まれるその大きさ、片鱗の大きさによって我々の眼に異なった色合いを反射させて魅せてくれるのですね!
d0303974_17195061.jpg
★アンデシン ハートシェイプルースM(チベット産) 8,000円+税★
16*15*5mm

続いて2番。これ結構好きなんです。
個人的な主観が入ってしまいましたが、何というか、残像を見ているようなボォーッとした感じがありますよね~!!

d0303974_17204279.jpg
★アンデシン ハートシェイプルースM(チベット産) 8,000円+税★
16*15*5mm

この何とも言えない淡い感じ、、、本当に魅せられます。
d0303974_17195834.jpg
★アンデシン ハートシェイプルースS(チベット産) 5,000円+税★
13*13*5mm

最後は、かなり濃い色合いのルース。
Lによく似て、ストライプが入っています。
d0303974_17202904.jpg
★アンデシン ハートシェイプルースS(チベット産) 5,000円+税★
13*13*5mm

こうした特徴を示すビーズはないのかな、、、とふと思ってしまいました。
ストライプ柄入ったアンデシンのビーズ。探してみようと思いますが、かなり難しいのではないかと考えられます。あまり期待はしないでくださいね☆


d0303974_17192409.jpg
★アンデシン ハートシェイプルース(チベット産)各種★
左からL10,000円 M8,000円 S5,000円

横からの撮影です。

いかがでしたでしょうか。
1つ1つ表情が違って、すごく面白いです。
飾っておくだけでも十分すぎるくらいのルース。
なかなか手に入るものでもないので、お求めの場合はお早めに~!!

では本日ここまで~!!

「温泉総選挙」
【出雲型まがたま】
応援よろしくお願い致します!

投票はコチラから!

「温泉総選挙」とは
みなさんの投票が温泉地の応援につながる
国民参加型の地域活性化プロジェクト。

投票すると貯まるポイントで、
賞品の抽選にご応募頂けます

詳しくは、温泉総選挙ホームページをご覧ください。



原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif



↓三銃士ブログに4人の仲間が加わってリニューアル!!↓

バイヤー三銃士と、四葉のクローバーズ ブログもよろしくお願い致します!!


by stonebuyer | 2018-02-26 09:00 | 入荷情報 (原石)

アンデシンビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日はとっても綺麗なアンデシンのビーズです!

アンデシンと言えば忘れられないのが、かつて入荷したTOPグレードですよね~!
高級感ある赤みがたまりませんでした!

今回の入荷はTOPまではいかないものの、同じく高級感あふれる赤みのハイグレードの一品っ!!!

d0303974_19442711.jpg
★アンデシンHC6ミリビーズ(チベット産) 2,500円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!

d0303974_19450984.jpg
★アンデシンHC7ミリビーズ(チベット産) 3,800円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!


綺麗な色ですよね~♪♪♪

この赤さは銅によるもの。確かに新品の10円玉は赤いですものね~!
一方で錆びると緑色にもなりますね。脱線しますが、銅の緑色の錆は緑青(ろくしょう)と呼ばれます。実はこれ、マラカイトなんですね~!!!

銅による着色なので、赤から緑(この緑はマラカイト由来ではないと思います)、になっているのだと思います。
光をキラキラと反射する効果(アベンチュリン効果)がありますが、それは中にできた自然銅で、オレゴンのサンストーンと同じ原理ではないかなと予想しています。(あくまでMORiKO★の予想です!)

チベット産アンデシンは、これが本当に1つの種類なのかと思うほど、色々な色のバリエーションがあります。
実物をみかけられたら是非色々とみてみてくださいっ!とても楽しいですよ~!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-07-31 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日も引き続きアンデシンをご紹介しますね~♪♪♪
この石ととっても相性のいい、タンブルカットのビーズです♪

d0303974_19430510.jpg
★アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!

綺麗ですよね~♪♪♪

向こうから入ってくる光は緑色に見え、右上の光は赤く反射している、そんなアンデシンらしい写真が撮れました♪♪♪
写真だけみると赤なのか、緑なのかよく分からない色ですよねっ!

d0303974_19430548.jpg
★アンデシンHCタンブルカットビーズ(チベット産) 2,200円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!

このビーズ、ファセット面(平らな面)がたくさんありますが、なんと一面ずつ磨いているんですね~。
ひとつのビーズを作るのに何磨きしなければいけないのでしょうかっ!!!

どのビーズも全く姿かたちの異なる1点もののビーズになりますっ!
毎回このビーズはすぐに売切れてしまうので、早いもの勝ちですよ~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-04-23 21:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日も引き続きアンデシンのビーズをご紹介しますよ~♪♪♪

昨日も書きましたが、アンデシンは真っ赤なものが最もグレードが高く、続いて赤と緑のもの、そして色が薄いものと続きます。

このビーズはアンデシンの基準でグレード分けすると高いものではないのですが、透明感があって、ほんのり緑色を感じるオレンジ色という他に例えようのない色。
とても綺麗なんです!

透明感が素晴らしいですよね~っ!

d0303974_17312779.jpg
★アンデシン8ミリビーズ(チベット産) 2,400円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!

このビーズの魅力はその透明感だけではありません。
さらにもうひとつ素晴らしい特徴があるんですっ!

それはシラーのような光を放つこと!
なんですよ~

この色の成り立ちを考えてみると、恐らく取り込まれた自然銅の結晶が光っているのだと思います。

ということは、これはシラーではなく、アベンチュレッセンスになりますね。
ビーズの内部から光っているのでちょっとシラーと勘違いしそうです。

d0303974_17372880.jpg
★アンデシン8ミリビーズ(チベット産) 2,400円+税★
オンラインショップにて販売中!!

ここでMORiKO★、すごいことに気づきました!

長石でアベンチュレッセンスを持つ
という事はサンストーンとも呼べるのではないだろうかっ!
(前回ご紹介しているアベンチュリンムーンストーンも長石でアベンチュレッセンスを持っていますが、それはムーンストーンという名前になっているので、そちらが勝っています。もしシラーがみられずアベンチュレッセンスのみであれば、それはサンストーンということになります。)

アメリカのオレゴン州で採れるサンストーンがあります。
それは長石が自然銅を取り込んでアベンチュレッセンスを持っている石で、オレゴンサンストーンと呼ばれています。
ここの長石の種類はアノーサイト。旧分類でいうとラブラドライトになります。
そしてこのアンデシンは長石の種類でいうとアルバイト。旧分類でいうとアンデシンになります。

d0303974_17425764.jpg
そう考えるとオレゴンサンストーンに限りなく近い石になりますね~!!!

それは綺麗なはず!

しかし、アンデシンの世界ではまだその価値が高く評価されていない。
これはチャンスでございますよ~っ!!!笑

グレードがどうというよりも、やはり、自分の目で判断して綺麗か綺麗じゃないかで石を選ぶようになると、とっても楽しくなってくると思いますっ!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-04-22 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

アンデシンHCビーズ(チベット産)

おはようございますっ!MORiKO★ですっ!

今日はみんな大好きアンデシンのビーズをご紹介いたしますっ!!!

アンデシンといえば、緑と赤の石というイメージしかありませんでしたが、ここ最近アンデシンのTOPをご紹介したりして、緑と赤だけではないという事が広まってきたと思います。
本日ご紹介するアンデシンは、緑と赤がひとつのビーズの中でみられる、典型的なチベットアンデシンです。

d0303974_16510648.jpg
★アンデシンHC6ミリビーズ(チベット産) 1,500円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!

赤い部分と、緑色の部分があるの、お分かりになりますかぁ~?
本来アンデシンは色を持たない鉱物なのですが、銅を取り込んでいるためにこのような色になっています。

赤は銅そのもの色ですが、緑も恐らくそうなんでしょうね。勉強不足であまり詳しくは把握しておりません・・・

このビーズでとっても不思議なのは、順光(背中に光源がある場合)だと赤く見えるのに、逆光(見るものの奥に光源がある場合)だと緑色が確認できることです。
写真では奥にもたっぷりと光を当てているので逆光の状態で撮影していることになります。
確かに緑色が確認できますよねっ!

続いて8ミリサイズ。
赤と緑のまだら模様がとても芸術的です!!!

d0303974_17032790.jpg
★アンデシンHC8ミリビーズ(チベット産) 4,200円+税/粒★
オンラインショップにて販売中!!


一体なんでこんな綺麗な模様になるんでしょうね~!

d0303974_17061963.jpg
★アンデシンHC8ミリビーズ(チベット産) 4,200円+税★


模様を見ていると、なんだか動きを感じませんか?

d0303974_17064594.jpg
★アンデシンHC8ミリビーズ(チベット産) 4,200円+税★



d0303974_17081388.jpg
★アンデシンHC8ミリビーズ(チベット産) 4,200円+税★


d0303974_17081652.jpg
★アンデシンHC8ミリビーズ(チベット産) 4,200円+税★


アンデシンはテリもいいですよね~!
きっと磨くのに適した石なんでしょうね!

チベットアンデシンは色々な色がありますが、グレードは大まかに下のように分けられています。

高 ← 真っ赤で透明なもの ← 赤と緑が一緒になっていて色が鮮やかなもの ← 赤と緑が一緒になっていて色が鮮やかでないもの ← オレンジっぽい色で緑味はみられないもの ← 低

もちろんグレードが高いほど金額も高くなります。
しかし、選んで評価するのは自分なので、自分が綺麗だと思ったグレードを手にしていただきたいと思います。
実は明日ご紹介しようと思っているのですが、オレンジっぽい色で緑味はみられないもの。これは綺麗な割りにお安めなのです!

ここ最近アンデシンに注目が集まってきているような気がします。
チベットで採れているというのにも惹かれますよね!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif


バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。
d0303974_1755977.gif

by stonebuyer | 2017-04-21 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)