人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

タグ:クレオフェーン ( 4 ) タグの人気記事

鋭い輝きを放つ鉱物

おはようございます。
サルオです。

昨日のすぐるちゃんのブログにもありましたが、今週末から出雲型勾玉として初登場の糸魚川産ひすいの販売が開始されますね。
すぐるちゃんから非常に熱い思いを長文に載せて書いてくれてましたが皆様最後まで読んで頂けましたでしょうか。
大変でしたけど、僕は3度ほど読み返しましたよ。

ということで、翡翠とは関係ないのですが、せっかくなので今週は緑色の石を紹介させて頂こうと思います。

光の分散度がダイヤモンドの4倍もあるスファレライト

光の分散度の説明をすると、とても難しいので簡単にいうと輝きを表す数値のようなものです。
それがダイヤモンドの4倍もあるということを考えるとダイヤ以上の価値があるように思えてしまいます。
しかし、スファレライトは硬度が低いことに加え、へき開性が6方向にあるために、非常に脆くアクセサリーには向きません。

鉱物としてのポテンシャルが高いだけに残念ですね。

そのため、今回は原石として紹介させて頂きます。

透明感のある非常に珍しいスファレライト


d0303974_02053250.jpg
★グリーンクレオフェーン母岩付き ブルガリア産 15,660円 (税込み)★
サイズ:約幅50x奥行51x高さ20ミリ

まず、クレオフェーンとは、スファレライトの中でも透明感のあるものに対して特別に付けられた名前です。

スファレライトはパイライトの原石についていたり、割と色々な原石に共生しているので目にする機会は多いのですが、大抵は透明感のない黒光りする鉱物の印象が強いと思います。

しかし、透明感のあるクレオフェーンになりますと、一気にレア感が増して珍しいものになります。

クレオフェーンの成分としてはZnSですので、硫黄に亜鉛がくっついた成分をしております。
このパターンの鉱物は、金属元素が変わるだけで色々あります。
例えば、
亜鉛のところが鉄に変わると「パイライト」
亜鉛のところが鉄と銅に変わると「チャルコパイライト」
亜鉛のところが鉛に変わると「ガレーナ」などなど

共通して言えることは全て透明感を持っているものが存在しないこと。
それを考えるとやはりクレオフェーンは希少なものと言えると思います。
d0303974_02063700.jpg
★グリーンクレオフェーン母岩付き ブルガリア産 15,660円 (税込み)★
サイズ:約幅50x奥行51x高さ20ミリ

ちなみにヘマタイトのような金属光沢を持った上の写真の鉱物もスファレライトですので、一つの原石で二つのパターンのスファレライトを楽しむことが出来ますよ

究極の輝きを放つカット石


このクレオフェーンは先ほども述べましたが非常に脆いためカットなどの加工にも向きませんが、仮にルースとしてカットが出来たものは非常に綺麗な輝きを放ち、そして非常に高価になります。
それだけ、加工することが難しいですね。

そして、カットされたルースはアクセサリーに加工しないことをオススメします。
もちろん理由は脆過ぎるためです。。。
ルース用のケースに入れて、その美しさを鑑賞するのが一番です。

そしてカットされたクレオフェーンのルースがこちらです。
d0303974_08485564.jpg
★クレオフェーンルース(ブルガリア産) 73,440円 (税込み)★
サイズ:約7x7ミリ 1ct

本当はもっとギラっとしているのですが、動画でないと表現が難しかったです。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-09-27 09:00 | 入荷情報 (原石)

グリーンスファレライトルース(ブルガリア産)

おはようございますっ!MORiKO★です!

みなさん、クレオフェーンという宝石をご存知ですか???
正式な鉱物名ではないので、まだまだ知名度が低い石ですが、スファレライトの透明なものに対して呼ばれている名称です。

クレオフェーンは赤~褐色であることが多く、日本ではべっこう亜鉛なんて呼ばれるのですが、去年ブルガリア人のおじさまからエメラルドグリーンの原石を仕入れる事が出来ました!
このブログでも紹介する予定だったのですが、記事にする前にお嫁にいってしまい、紹介できずじまいでした・・・

このグリーンクレオフェーン、今年のアメリカ・ツーソンショーでおじさまに会ったときに、
「この間君に売った、グリーンクレオフェーン、あれを買い戻したいんだけど・・・」
と相談がありました。
なぜかと聞くと、
「後にも先にもあれほどよい原石は出なくてさ、最近アメリカ人の優秀なカッターと知り合いになって、その彼にルースを作ってもらいたいから、あの原石が必要なんだ・・・」
との返答。

MORiKO★フェアの目玉商品のひとつだったので「やだ」と断っておきました。笑

そして今年のフランスショー。
緑のクレオフェーンの原石がちょっとだけ出たらしく、ルースを作る事に成功したようです!
そのルースがこちら。
アメリカ人カッターのロバートさんが手がけたものになります。
d0303974_13135454.jpg
★グリーンクレオフェーンルース(ブルガリア産)(2.3ct) 160,000円+税★

昔、スフェーンの記事で光の分散について書いた事がありますが、
スフェーンの記事
これを数値にしたものが分散度といいます。

無色透明なのに虹色にきらきらと輝くダイアモンドの分散度は0.044。そしてこのクレオフェーンの分散度は0.156。なんとダイアモンドの3.5倍もの分散度を持っている石なのです!!!

写真でその虹色の輝きを撮影する事ができなかったのですが、実物を見るとその煌きのとりこになってしまいますよ~♪
d0303974_13202734.jpg
★グリーンクレオフェーンルース(ブルガリア産)(2.3ct) 160,000円+税★

d0303974_1321797.jpg
★グリーンクレオフェーンルース(ブルガリア産)(2.3ct) 160,000円+税★

フランスでこれを見せてもらっているときに、フランス人女性のお客さんが来店しました。
どうやら高校で地学の先生をしているしているらしいです。
彼女も、「緑色のスファレライト(クレオフェーンの鉱物名)なんて初めてみたわ!!!素晴らしい!」
と大絶賛でした。

小さいものも入荷しています。

d0303974_13265420.jpg
★グリーンクレオフェーンルース(ブルガリア産)(0.3ct) 55,000円+税★

綺麗ですね~♪♪♪

ダイアモンドの3.5倍もの分散度を持つ、クレオフェーン。
ファンがひとりでも増えてくださるととっても嬉しいです♪♪♪ (MORiKO★はとりこです♪)


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。

イベントのお知らせ「lovely phenomena」ブログもお見逃し無く!


d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2015-11-17 09:00 | 入荷情報 (原石)

クレオフェーン(スファレライト)原石

おはようございます!MORiKO★です!

今日はとっても親切なブルガリア人のおじさんから仕入れたクレオフェーンの原石をご紹介いたしますっ!
このおじさんと知り合ったのはドイツのミュンヘンミネラルショーで、色々な国で彼とばったり再会するうちに仲良くなりました。

石を掘るのが大好きで、彼のフェイスブックも石を掘る旅の写真がアップされるので見るのがとっても楽しいです♪♪♪
石にめちゃくちゃ詳しいので彼と話すといつも勉強になるんですよ~♪

そんなおじさんが一番押している石がスファレライト。
これは和名を閃亜鉛鉱といって、亜鉛の硫化物。
鉄も混ざるので成分は(Zn,Fe)S。
鉄が混ざるほど色が黒くなり、鉄が少ないものは透明感があります。

透明感のあるものはクレオフェーンという宝石名で呼ばれます。
日本だとべっこう亜鉛と呼ばれます。

光を強く反射するため、一見金属です。しかし透明感がある。そんな不思議な鉱物。
後ろから強い光を当てて撮影しているために透けて見えています。
d0303974_2221489.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石 7,200円+税★

透明な金属。

まさにそんな表現がぴったり。
これは写真ではなかなか伝えづらいので是非とも実物を見てくださいっ!

こちらの原石も
d0303974_22253249.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石 4,800円+税★

ひとつ角度を間違えるとギラっと光ってしまい、真っ白に飛んでしまいました。
d0303974_22264051.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石 4,800円+税★

色もいいですよね~!
深くて!

閃亜鉛鉱の中でも透明な標本は非常に希少です。
ほとんどは鉄が多くて真っ黒です。
それはそれで美しいのですが、この透明なクレオフェーンは一度はまってしまうと抜けられない魅力を持っています。
d0303974_22283916.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石 4,800円+税★

何を隠そうMORiKO★もその魅力にはまった人間の一人でございます。

この石のルースがまた素晴らしいのです!
光をギラギラに反射するため、いつまでも見ていられます。
加工が難しいためとっても高価ですがひとつ持っていますっ!

たまににやにやして眺めております。

なかなかマイナーな石で、とっつきにくい石ではあるのですが、この石の魅力を知ってしまうと本当虜になりますよ~!!!
ひとりでも多くの方にこの石の魅力を知っていただけると嬉しいですっ!

ちなみに日本でこの石を愛でる人たちの間ではシンプルに「亜鉛」で通るみたいです♪♪♪
亜鉛専門で集めている人もいらっしゃるらしいですよ~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。

d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2015-08-25 09:00 | 入荷情報 (原石)

クレオフェーン(スファレライト)ルース(ブルガリア産)

おはようございます!MORiKO★です!

今日も昨日に引き続き、スペシャルなルースをご紹介いたしますっ!!!

クレオフェーンです!!!

名前を聞いたことのある方、いらっしゃいますかぁ~???
恐らくないのではないでしょうか。

文字が最初にずらっと並ぶと読む気がなくなりそうなので、まずは写真をお見せいたします!!!
こちらがクレオフェーンのルースです!!!
d0303974_17293915.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)ルース(ブルガリア産)(9.4ct) 120,000円+税★

昨日に引き続き、高価なルースですね~!!!
高級感漂います。

クレオフェーンとは閃亜鉛鉱の事です。
石に詳しい方なら、スファレライトという名前が頭をよぎったと思います。

そうです。
閃亜鉛鉱の英名はスファレライト。
この石は亜鉛の硫化鉱物で、不純物として鉄を含む事が多いので組成式はこのようになります。
(Zn,Fe)S
Sというのは硫黄。Znが亜鉛、Feが鉄です。
亜鉛と鉄が硫黄とくっついたものなのですね~。
この鉄の量が多いほど黒くなり、産出するスファレライトのほとんどは黒いタイプになります。

スファレライトの中でもこういった鉄が多くて黒いものは「マーマタイト」と呼びます。

逆に鉄が少ないと透明になり、透明なスファレライトは「クレオフェーンもしくはクレイオフェーン」という特別な名前で呼ばれるのです!!!

このクレオフェーンは非常にレアで、Wikipediaでも「透明なものは非常に稀である。」と書いてあります。
毎年ミュンヘンミネラルショーであっている陽気なブルガリア人のおじさん。
何度も会ううちに次第に仲良くなって、特別なものも見せてくれるようになったんですよ~♪♪♪

それがこのルース。

クレオフェーンは硬度が3.5~4と低く、また劈開(へきかい)といういわゆる割れやすい性質のおかげで、カットルースを作るのが非常に困難なんです。
熟練したカッターでないとなかなか作れません。

そんなレア石を美しくカットしたレアなルースがこちらなんです!
d0303974_17431250.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)ルース(ブルガリア産)(9.4ct) 120,000円+税★

亜鉛、鉄を含むからなのか、原石はパッと見た目では反射が強くて我々が「金属」と認識するくらいの輝きをしています。それを光に当てると透明だという、MORiKO★に言わせれば「透明な金属」です!

これは実物を是非とも見ていただきたいですね~♪♪♪

鉱物マニアの方々にとって、スファレライトは「亜鉛」と通称で呼ばれ、熱烈なファンがいるようです。
MORiKO★もいままでスファレライトに惹かれたことはなかったのですが、透明なクレオフェーンの存在を知ってから大ファンになってしまいました~!!!
業界用語で亜鉛ファンですね!笑

また、よくこの宝石で比較されるのがダイアモンド。
ダイアモンドは透明な石が光を反射して虹色に煌きますが、クレオフェーンは光の分散度がダイアモンドよりも高く、うまくカットされたものでは虹色にギラギラっとします。
それがこの宝石のファンをとりこにする秘密のようです。

ここ最近MORiKO★が一番はまっている石です!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2015-01-22 09:00 | 入荷情報 (原石)