すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スファレライト ( 10 ) タグの人気記事

inクォーツ?なPTたちのご紹介と、アレの結果返ってきました!

おはようございますっ!! すぐるちゃんです!!

さて、本日は昨日唐突に予告しておりました、
『inクォーツ』に見えるペンダントトップの特定をしていきますっ!!
それと最後に、鑑別に出していたあのビーズの内包物も特定ができたので
それも紹介できればと思っておりますっ☆

という事で昨日の記事で申しましたように、


d0303974_14174231.jpg
(左)925SV ライモナイトin???? PT(石の大きさ 24*15*8mm) 14,000円+税
(真ん中)シンチュウ スティブナイトin????(中国産) PT(石の大きさ 25*16*10mm) 11,000円+税
(右)925SV レピドクロサイトin???? PT(石の大きさ 13*12*5mm) 15,000円+税

この3つのペンダントの中で、1つ『inクォーツ』と名乗ってはいけない、すなわち水晶に内包されたものでないペンダントトップがあります。

しかしながらみんな透き通っていて、正直見ただけではほとんど判別がつきません。
1人1人、探ってみることにしましょうか。。。!
まずは左側、『ライモナイトin????』から。
d0303974_14303243.jpg
925SV ライモナイトin???? PT(石の大きさ 24*15*8mm) 14,000円+税

クラックの中に鉄分の成分が浸透することで、セロハン状の内包物を示すライモナイト(褐鉄鉱)。実はペンダントという形ではなかなか出回っていないものなので、少し怪しい。。。

またライモナイト自体が比較的産地に恵まれた鉱物なので、他の鉱物に入り込む可能性もありますが、、、

d0303974_14305407.jpg
925SV ライモナイトinクォーツ PT(石の大きさ 24*15*8mm) 14,000円+税

この個体は問題なく水晶に内包された『ライモナイトinクォーツ』。
疑念が晴れました。

ちなみにライモナイトinクォーツはクラックに浸透して内包されたものである為、
写真左側の様に、クラックが虹に見える事も珍しくありません。
燃えるような色合いはまさに太陽のようですね!!

では誰がinクォーツでないのか。
次に白羽の矢が立ったのは、スティブナイトin????。
d0303974_14332575.jpg
シンチュウ スティブナイトin????(中国産) PT(石の大きさ 25*16*10mm) 11,000円+税

内包されて刀剣の様に見える、硬度の低いスティブナイトですが、
もともと採れる箇所がライモナイトに比べると限られてきます。
かつて1mを超す巨大な標本が日本で採れたことでも有名になりましたが
今は、主に中国がその一大産地。

透き通るこの個体は果たして水晶ではないのか。。。。?
d0303974_14320654.jpg
シンチュウ スティブナイトinクォーツ(中国産) PT(石の大きさ 25*16*10mm) 11,000円+税

問題ございません。スティブナイトinクォーツで大丈夫です。
ビーズ自体もかなりレアになりつつある、スティブナイトinクォーツ。
パイライトin同様に市場から少しづつ姿を消しているので、手に入れることができるうちに、お買い求めくださいねっ!!

という事は、残るは、、、右のレピドクロサイトin????!!

d0303974_14355063.jpg
925SV レピドクロサイトin???? PT(石の大きさ 13*12*5mm) 15,000円+税
オンラインショップにて販売中!!

一気に疑念が高まった、この個体。
でもこんなにも透明で他の鉱物を内包する石がはて存在するのでしょうか。
注目すべきは、、、内包されたレピドクロサイトの形。

たっ、たしかにウロコのような、楔形のような、水晶に閉じ込められた時の形のそれではなく、どちらかというと、細かくスパンコールの様に内包されています。

スパンコール。。。スパングル。。。。。スパングルサンストーン!?

d0303974_14342361.jpg
925SV レピドクロサイトinフェルドスパー PT(石の大きさ 13*12*5mm) 15,000円+税
オンラインショップにて販売中!!

そうでございます。この個体。いわゆる『サンストーン』。
すなわち長石(フェルドスパー)にレピドクロサイトが内包されたペンダントトップなのです。

以前サンストーンの記事で、長石部分が異常なまで透明だと、エレスチャルクォーツとの見分けがほとんどつかなくなるよ、と申したことがあったかと思います。
まさにそれを具現化してしまった個体。

また通常サンストーンでは、レピドクロサイトがぎっしりと内包されて長石自体もオレンジ色なのだという脳内補完がされてしまいますが、実はサンストーンにおいて長石自体の色というのはほぼ無色。
レピドクロサイトが多く入り込まず、透き通って見えるこの個体が長石が本来透明なものであることを物語ってくれていますね~!!

長石の種類はオリゴクレース(灰曹長石)であると考えられます。

また、通常のサンストーンの密集度具合を考えると、大きく逸脱しているので
この個体「サンストーン」と名乗れません。
それゆえに『レピドクロサイトinフェルドスパー』。
この名前が冠せられるビーズ・ペンダントはほとんど存在しないのではないでしょう。そうした意味でも非常にレアなペンダントトップです。

長石の本来の透明度を窺い知る標本としても是非持っておきたい個体です。

d0303974_14364997.jpg
(左)925SV ライモナイトinクォーツ PT(石の大きさ 24*15*8mm) 14,000円+税
(真ん中)シンチュウ スティブナイトinクォーツ(中国産) PT(石の大きさ 25*16*10mm) 11,000円+税
(右)925SV レピドクロサイトinフェルドスパー PT(石の大きさ 13*12*5mm) 15,000円+税

いかがでしたでしょうか。昨日の時点でアイツはサンストーンだなと当てることができた方っ、もしいらっしゃったら貴方こそが天然石マスターです(笑)

後ろから見てみると、、、

d0303974_14380633.jpg
(左)925SV ライモナイトinクォーツ PT(石の大きさ 24*15*8mm) 14,000円+税
(真ん中)シンチュウ スティブナイトinクォーツ(中国産) PT(石の大きさ 25*16*10mm) 11,000円+税
(右)925SV レピドクロサイトinフェルドスパー PT(石の大きさ 13*12*5mm) 15,000円+税

全く分かりませんね~!!
それほど似た石が存在するこの天然石業界。だからこそ、正しい知識をつけ、必要とあらば惜しみなく鑑別をかける事も肝要です。

他の疑念をかけられた個体も、販売しております。
とりわけライモナイトinクォーツのペンダントはそう入手できるものでは
ありませんのでお早めに~!!

あと別件でもうひとつ。
d0303974_17572538.jpg
先日紹介したパイロクシンinクォーツのビーズの中に何やら黄色い結晶が入り込んだ個体があるっ!と言っていたのを覚えていますでしょうか。


これの内包物が判明しましたが、先に謝らねばならぬことが。
この度こちらのビーズ、ただ分からないままにするよりも今後発見した時に確かな名前で皆様に紹介したく、破壊検査(割って内包物を確認する事)をさせて頂きました。

ゆえにこの個体は、あなたがこの記事を呼んでいる時には既に粉々になっております。。。。石との出会いは一期一会。ゆえに皆様が持っている個体も大切にしてほしい訳ですが、見る機会、分母が多くなっていけば必ず再び巡り合えると信じています。だからこそ今回は真相を突き止める事に専念したのです。



ただ、破壊してまで突き止めた甲斐はありました!!
内包された黄色い鉱物は『スファレライト』

スファレライトは和名を『閃亜鉛鉱』と呼び、亜鉛と硫黄がその成分の鉱物。
かつて亜鉛を採取するために使用されてきた経緯があります。
通常パイライトの原石にちょこんとくっついている事のあるこの石ですが、それがまさか水晶に内包されてしまうとは、、、

しかもスファレライトは『ガレーナinクォーツ(方鉛鉱入り水晶)』に代表されるように黒っぽい見た目をしていることが非常に多いです、稀に鉄分の量が少ないと褐色から黄色を示します。宝石質のものはクレオフェーンと呼ばれるスファレライトですが、その宝石質に匹敵する個体があのビーズには入っていたのです。。。レア中のレアという訳だったのですね、、、ぐぬぬやはり破壊検査は間違っていたか、、、

しかもそれがパイロクシンと一緒に入っていたとなると、、、。
負け惜しみの様に思いを吐露するしか今はありません。
ただ必ずや皆様に提供できる日が来ると信じています。都度都度探してみますので、
また見つかったらその時は、紹介させてくださいね☆


ざらっ、とした終わり方になりましたが、よ~く観察すると面白いぐらいに違う鉱物が内包されている個体がでてきます。
それを見つけた時は、ぜひ何だろうか、、、と疑問をもってみてください。
では本日ここまで~!!


↓3/6から2人の仲間が新登場!!↓

バイヤー三銃士と、四葉のクローバーズ ブログもよろしくお願い致します!!




⇓今月からまた投票数がリセットされます!!⇓

よろしければ勾玉の投票のご協力、お願いいたします!

「温泉総選挙」
【出雲型まがたま】
応援よろしくお願い致します!

投票はコチラから!

「温泉総選挙」とは
みなさんの投票が温泉地の応援につながる
国民参加型の地域活性化プロジェクト。

投票すると貯まるポイントで、
賞品の抽選にご応募頂けます

詳しくは、温泉総選挙ホームページをご覧ください。


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif




by stonebuyer | 2018-03-11 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

スファレライトwithクォーツ原石(ブルガリア産)

おはようございます!MORiKO★です!

昨日はクレオフェーンというスファレライトの透明なタイプをご紹介いたしました。
どうでしたか?
まさに透明な金属!といった感じですよね~♪♪♪

ところで普通の透明ではないスファレライトはどうなんだという事で今回はスファレライトwithクォーツをご紹介いたしますっ!

スファレライトの化学式はZnS。
亜鉛に硫黄がくっついたものになります。

しかし純粋なスファレライトは稀で(昨日ご紹介したクレオフェーン)、通常は鉄が不純物として混入してきます。
それがこちらのタイプ。
d0303974_17123521.jpg
スファレライトwithクォーツ(ブルガリア産) 3,500円+税

黒光りして、ピカピカです!
しかし透明感がありません。

これが不純物として入っている鉄の影響なんですね~
鉄の入ったものは(Fe,Zn)Sと表されるのですが、クレオフェーンに対してマーマタイトとも呼ばれます。
d0303974_1714624.jpg
スファレライトwithクォーツ(ブルガリア産) 3,500円+税

ブルガリア産のものはテリがとっても強く、美しいものが多いんですよ~!

質のよいスファレライト(クレオフェーンを含む)ならブルガリア!と覚えていても損はないかも♪♪♪
d0303974_17152063.jpg
スファレライトwithクォーツ(ブルガリア産) 3,500円+税

このスファレライト、和名は閃亜鉛鉱といいます。

鉱物ファンの間ではスファレライトというよりも閃亜鉛鉱の方が通じやすいと思います。

ちなみに全く違う話ですが、インターネットで「閃亜鉛鉱」を調べると「FF14 閃亜鉛鉱 11ギル」というページも検索に引っかかってきて、もしかしてFFってファイナルファンタジーの事???
ファイナルファンタジー14にはこんなマニアックな鉱物も登場するんだ~!すごーい!
なんて思っちゃいました。
きっと開発の人が鉱物好きなんでしょうね~♪♪♪
それにしてもチョイスが素敵♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。

イベントのお知らせ「lovely phenomena」ブログもお見逃し無く!


d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2016-02-29 09:00 | 入荷情報 (原石)

クレオフェーン(スファレライト)原石(ブルガリア産)

おはようございますっ♪ MORiKO★です!

今日はMORiKO★が昨年から大プッシュ中の素敵な石をご紹介いたしますっ!
透明な金属、クレオフェーンでございます!

クレオフェーンとはスファレライトという、亜鉛を主成分とする鉱物の中でも透明なものの事を指します。
スファレライトという鉱物はそれほど珍しい鉱物ではありませんが、透明感のあるクレオフェーンはとっても希少です!
最近その魅力に魅せられてしまい、はまってしまっています ><

写真をご覧ください♪
d0303974_1242816.jpg
クレオフェーン(スファレライト)原石(ブルガリア産) 3,500円+税

光を反射して飛んでいますよね~
この石は反射率が非常に高く、光を当てて撮影するとまるで金属のようです!
亜鉛で出来ているので金属といえば金属なのですが・・・

しかし、後ろから強い光を当てるとなんと光を通します!
d0303974_1245399.jpg
クレオフェーン(スファレライト)原石(ブルガリア産) 3,500円+税

通常スファレライトは真っ黒で、黒光りしていて光を通しません。
不純物の鉄を含まない、純粋なスファレライトはこのように透明になるんですね~♪♪♪

さらに!

この石は分散度が非常に高いのも魅力なのです。
分散度が高いと、石をカットしたときに、虹色に光る具合の事。
ダイアモンドも本当は無色透明ですが、虹色にキラメキますよね~♪♪♪

ダイアモンドの分散度は0.044。クレオフェーンの分散度は0.156。
クレオフェーンの虹色にキラメキ具合はダイアモンドの3.5倍なのです!!!
ちなみに水晶の12倍!!!

そのため、この石をカットするとと~っても美しいんですよ~!
MORiKO★も持っていますが、1時間眺められるくらい美しいですよ~♪♪♪

この石に
d0303974_12513953.jpg
クレオフェーン(スファレライト)原石(ブルガリア産) 3,500円+税

後ろから光を当てると・・・
d0303974_12521527.jpg
クレオフェーン(スファレライト)原石(ブルガリア産) 3,500円+税

この子に
d0303974_12524950.jpg
クレオフェーン(スファレライト)原石(ブルガリア産) 3,500円+税

後ろから光を当てると・・・
d0303974_12531018.jpg
クレオフェーン(スファレライト)原石(ブルガリア産) 3,500円+税

とっても綺麗ですよね~♪♪♪

カットの難しい石なので、カッター(宝石をカットする職人)にルースを作ってもらうと非常に高くなりますが、今回は非常にお手ごろな原石をゲットする事ができました。

希少な石なので、この価格で手に入るのは今後難しいと思います~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。

イベントのお知らせ「lovely phenomena」ブログもお見逃し無く!


d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2016-02-28 09:00 | 入荷情報 (原石)

グリーンスファレライトルース(ブルガリア産)

おはようございますっ!MORiKO★です!

みなさん、クレオフェーンという宝石をご存知ですか???
正式な鉱物名ではないので、まだまだ知名度が低い石ですが、スファレライトの透明なものに対して呼ばれている名称です。

クレオフェーンは赤~褐色であることが多く、日本ではべっこう亜鉛なんて呼ばれるのですが、去年ブルガリア人のおじさまからエメラルドグリーンの原石を仕入れる事が出来ました!
このブログでも紹介する予定だったのですが、記事にする前にお嫁にいってしまい、紹介できずじまいでした・・・

このグリーンクレオフェーン、今年のアメリカ・ツーソンショーでおじさまに会ったときに、
「この間君に売った、グリーンクレオフェーン、あれを買い戻したいんだけど・・・」
と相談がありました。
なぜかと聞くと、
「後にも先にもあれほどよい原石は出なくてさ、最近アメリカ人の優秀なカッターと知り合いになって、その彼にルースを作ってもらいたいから、あの原石が必要なんだ・・・」
との返答。

MORiKO★フェアの目玉商品のひとつだったので「やだ」と断っておきました。笑

そして今年のフランスショー。
緑のクレオフェーンの原石がちょっとだけ出たらしく、ルースを作る事に成功したようです!
そのルースがこちら。
アメリカ人カッターのロバートさんが手がけたものになります。
d0303974_13135454.jpg
★グリーンクレオフェーンルース(ブルガリア産)(2.3ct) 160,000円+税★

昔、スフェーンの記事で光の分散について書いた事がありますが、
スフェーンの記事
これを数値にしたものが分散度といいます。

無色透明なのに虹色にきらきらと輝くダイアモンドの分散度は0.044。そしてこのクレオフェーンの分散度は0.156。なんとダイアモンドの3.5倍もの分散度を持っている石なのです!!!

写真でその虹色の輝きを撮影する事ができなかったのですが、実物を見るとその煌きのとりこになってしまいますよ~♪
d0303974_13202734.jpg
★グリーンクレオフェーンルース(ブルガリア産)(2.3ct) 160,000円+税★

d0303974_1321797.jpg
★グリーンクレオフェーンルース(ブルガリア産)(2.3ct) 160,000円+税★

フランスでこれを見せてもらっているときに、フランス人女性のお客さんが来店しました。
どうやら高校で地学の先生をしているしているらしいです。
彼女も、「緑色のスファレライト(クレオフェーンの鉱物名)なんて初めてみたわ!!!素晴らしい!」
と大絶賛でした。

小さいものも入荷しています。

d0303974_13265420.jpg
★グリーンクレオフェーンルース(ブルガリア産)(0.3ct) 55,000円+税★

綺麗ですね~♪♪♪

ダイアモンドの3.5倍もの分散度を持つ、クレオフェーン。
ファンがひとりでも増えてくださるととっても嬉しいです♪♪♪ (MORiKO★はとりこです♪)


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。

イベントのお知らせ「lovely phenomena」ブログもお見逃し無く!


d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2015-11-17 09:00 | 入荷情報 (原石)

クレオフェーン(スファレライト)原石

おはようございます!MORiKO★です!

今日はとっても親切なブルガリア人のおじさんから仕入れたクレオフェーンの原石をご紹介いたしますっ!
このおじさんと知り合ったのはドイツのミュンヘンミネラルショーで、色々な国で彼とばったり再会するうちに仲良くなりました。

石を掘るのが大好きで、彼のフェイスブックも石を掘る旅の写真がアップされるので見るのがとっても楽しいです♪♪♪
石にめちゃくちゃ詳しいので彼と話すといつも勉強になるんですよ~♪

そんなおじさんが一番押している石がスファレライト。
これは和名を閃亜鉛鉱といって、亜鉛の硫化物。
鉄も混ざるので成分は(Zn,Fe)S。
鉄が混ざるほど色が黒くなり、鉄が少ないものは透明感があります。

透明感のあるものはクレオフェーンという宝石名で呼ばれます。
日本だとべっこう亜鉛と呼ばれます。

光を強く反射するため、一見金属です。しかし透明感がある。そんな不思議な鉱物。
後ろから強い光を当てて撮影しているために透けて見えています。
d0303974_2221489.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石 7,200円+税★

透明な金属。

まさにそんな表現がぴったり。
これは写真ではなかなか伝えづらいので是非とも実物を見てくださいっ!

こちらの原石も
d0303974_22253249.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石 4,800円+税★

ひとつ角度を間違えるとギラっと光ってしまい、真っ白に飛んでしまいました。
d0303974_22264051.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石 4,800円+税★

色もいいですよね~!
深くて!

閃亜鉛鉱の中でも透明な標本は非常に希少です。
ほとんどは鉄が多くて真っ黒です。
それはそれで美しいのですが、この透明なクレオフェーンは一度はまってしまうと抜けられない魅力を持っています。
d0303974_22283916.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石 4,800円+税★

何を隠そうMORiKO★もその魅力にはまった人間の一人でございます。

この石のルースがまた素晴らしいのです!
光をギラギラに反射するため、いつまでも見ていられます。
加工が難しいためとっても高価ですがひとつ持っていますっ!

たまににやにやして眺めております。

なかなかマイナーな石で、とっつきにくい石ではあるのですが、この石の魅力を知ってしまうと本当虜になりますよ~!!!
ひとりでも多くの方にこの石の魅力を知っていただけると嬉しいですっ!

ちなみに日本でこの石を愛でる人たちの間ではシンプルに「亜鉛」で通るみたいです♪♪♪
亜鉛専門で集めている人もいらっしゃるらしいですよ~♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。

d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2015-08-25 09:00 | 入荷情報 (原石)

スファレライト原石(ブルガリア産)

おはようございますっ!MORiKO★です!

今日は先日に引き続き、スファレライトの原石をご紹介いたしますっ!
最近やたらスファレライト押しのMORiKO★ですが、今までご紹介してきたものは全て宝石質のスファレライト、「クレオフェーン」でした。

本日ご紹介するのは宝石質ではない、黒色のスファレライト、通称「マーマタイト」のご紹介です。
その姿がこちら。
d0303974_13522750.jpg
★スファレライト原石(ブルガリア産) 3,500円+税★

本当に真っ黒ですね~!!!
透明感がまったくありません!
しかし、この黒光りが逆にたまらない~!!!
最近本当にスファレライト好きです!笑
d0303974_13545426.jpg
★スファレライト原石(ブルガリア産) 3,500円+税★

スファレライトの組成式はZnSというとってもシンプルなもの。
記号が出てくるとチンプンカンプンのMORiKO★でも、これなら分かりますっ!

Znは亜鉛、Sは硫黄。

亜鉛に硫黄がくっついたものなんですね~♪

ところでこのスファレライトですが、亜鉛が鉄に置き換わることもあります。
純粋なスファレライトはZnSですが、自然界ではほとんどみられず、大体は鉄が混じり、(Zn,Fe)Sということになります。

クレオフェーンは鉄が少ないため透明感があり、マーマタイトは鉄を多く含むために不透明で黒いのです。
写真だけ見ると、先日ご紹介したイタリア産のヘマタイトにも似ていますが、実物は真っ黒で黒光りしているので全然感じが違いますっ!

とっても素敵な石ですよ~♪♪♪
d0303974_1356502.jpg
★スファレライト原石(ブルガリア産) 3,500円+税★

この石は一部水晶がくっついていますっ!
とっても綺麗っ♪♪♪
d0303974_13582228.jpg
★スファレライト原石(ブルガリア産) 3,500円+税★

ブルガリア人のおじさんと仲良くなるにつれ、スファレライトの魅力にどっぷりのMORiKO★でした~♪♪♪

みなさんもこのスファレライトワールドに踏み込んでみられてはいかがでしょうかぁ~♪♪♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。

d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2015-02-28 09:00 | 入荷情報 (原石)

クレオフェーン(スファレライト)原石(秋田県)

おはようございますっ!MORiKO★です!!!

以前、秋田県産のクレオフェーンのルースをご紹介したのを覚えてらっしゃいますかぁ~???
今日はその原石をご紹介いたしますっ!!!

この間、力を入れて書いたクレオフェーンの説明をコピペしたものをさらにコピペいたします!
本当にみなさまにこのクレオフェーンの魅力を知っていただきたいんです~!!!
d0303974_21403210.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石(秋田県産) 12,000円+税★

クレオフェーンとは閃亜鉛鉱の事です。
石に詳しい方なら、スファレライトという名前が頭をよぎったと思います。

そうです。
閃亜鉛鉱の英名はスファレライト。
この石は亜鉛の硫化鉱物で、不純物として鉄を含む事が多いので組成式はこのようになります。
(Zn,Fe)S
Sというのは硫黄。Znが亜鉛、Feが鉄です。
亜鉛と鉄が硫黄とくっついたものなのですね~。
この鉄の量が多いほど黒くなり、産出するスファレライトのほとんどは黒いタイプになります。

スファレライトの中でもこういった鉄が多くて黒いものは「マーマタイト」と呼びます。

逆に鉄が少ないと透明になり、透明なスファレライトは「クレオフェーンもしくはクレイオフェーン」という特別な名前で呼ばれるのです!!!

このクレオフェーンは非常にレアで、Wikipediaでも「透明なものは非常に稀である。」と書いてあります。

今までクレオフェーンはブルガリアのものなんだと思っていましたが、なんと日本でも良質のクレオフェーンを産出していたんですね~!
驚きです。

上の写真は向かって左側から光を当てたもの。
反射率が高い石なので金属光沢が見られます。

しかし後ろから強い光を当てると・・・
d0303974_2153452.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)原石(秋田県産) 12,000円+税★

透明感があるんですっ!!!

日本ではクレオフェーンのことをべっこう亜鉛と呼ぶそうです。
確かにベッコウ色ですね~♪♪♪

こちらは秋田県の尾去沢鉱山のもの。
もちろん今は閉山し、新しい標本は二度と出てくることはありません!!!
まさに希少な標本ですよ~♪♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

バイヤー三銃士ブログもよろしくお願いします。

d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2015-02-27 09:00 | 入荷情報 (原石)

クレオフェーン(スファレライト)ルース(秋田県産)

おはようございますっ!MORiKO★です!

昨日に引き続き、MORiKO★が個人的に愛してやまない石をご紹介いたしますっ!
先日ブルガリア産のルースをご紹介いたしましたが、
今回は秋田県産のクレオフェーンのルースです!!! 祝
d0303974_2030289.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)ルース(秋田県産)4.96ct 80,000円+税★

この間、力を入れて書いたクレオフェーンの説明をコピペいたします!

クレオフェーンとは閃亜鉛鉱の事です。
石に詳しい方なら、スファレライトという名前が頭をよぎったと思います。

そうです。
閃亜鉛鉱の英名はスファレライト。
この石は亜鉛の硫化鉱物で、不純物として鉄を含む事が多いので組成式はこのようになります。
(Zn,Fe)S
Sというのは硫黄。Znが亜鉛、Feが鉄です。
亜鉛と鉄が硫黄とくっついたものなのですね~。
この鉄の量が多いほど黒くなり、産出するスファレライトのほとんどは黒いタイプになります。

スファレライトの中でもこういった鉄が多くて黒いものは「マーマタイト」と呼びます。

逆に鉄が少ないと透明になり、透明なスファレライトは「クレオフェーンもしくはクレイオフェーン」という特別な名前で呼ばれるのです!!!

このクレオフェーンは非常にレアで、Wikipediaでも「透明なものは非常に稀である。」と書いてあります。
毎年ミュンヘンミネラルショーであっている陽気なブルガリア人のおじさん。
何度も会ううちに次第に仲良くなって、特別なものも見せてくれるようになったんですよ~♪♪♪

それがこのルース。

クレオフェーンは硬度が3.5~4と低く、また劈開(へきかい)といういわゆる割れやすい性質のおかげで、カットルースを作るのが非常に困難なんです。
熟練したカッターでないとなかなか作れません。

そんなレア石を美しくカットしたレアなルースがこちらなんです!

しかも、驚きの国産でございます!!!
秋田県でも透明なスファレライトが採れたんですね~!!!
全然知りませんでした。

それにしても美しい・・・
d0303974_2034292.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)ルース(秋田県産)4.96ct 80,000円+税★

嬉しい日本産ですが、先日のブルガリア産のルースよりも安いのはお気づきになられましたかぁ???

実はこれ角が少し欠けているんです・・・涙
その為安くなっているんです。
それでも立派なお値段ですね!!!

元々軟らかい石であるために、指輪やペンダントなどにはできず、もっぱらルースを鑑賞するのがこの石の用途になると思います。
角は気にしないよという方にはとってもよいと思いますっ!
d0303974_2037767.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)ルース(秋田県産)4.96ct 80,000円+税★

クレオフェーンは光の分散度がダイアモンドよりも高く、うまくカットされたものでは虹色にギラギラっとします。
角度によって美しく光るのでずっと眺めていられる素敵な石ですよ~♪♪♪


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2015-01-30 09:00 | 入荷情報 (原石)

クレオフェーン(スファレライト)ルース(ブルガリア産)

おはようございます!MORiKO★です!

今日も昨日に引き続き、スペシャルなルースをご紹介いたしますっ!!!

クレオフェーンです!!!

名前を聞いたことのある方、いらっしゃいますかぁ~???
恐らくないのではないでしょうか。

文字が最初にずらっと並ぶと読む気がなくなりそうなので、まずは写真をお見せいたします!!!
こちらがクレオフェーンのルースです!!!
d0303974_17293915.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)ルース(ブルガリア産)(9.4ct) 120,000円+税★

昨日に引き続き、高価なルースですね~!!!
高級感漂います。

クレオフェーンとは閃亜鉛鉱の事です。
石に詳しい方なら、スファレライトという名前が頭をよぎったと思います。

そうです。
閃亜鉛鉱の英名はスファレライト。
この石は亜鉛の硫化鉱物で、不純物として鉄を含む事が多いので組成式はこのようになります。
(Zn,Fe)S
Sというのは硫黄。Znが亜鉛、Feが鉄です。
亜鉛と鉄が硫黄とくっついたものなのですね~。
この鉄の量が多いほど黒くなり、産出するスファレライトのほとんどは黒いタイプになります。

スファレライトの中でもこういった鉄が多くて黒いものは「マーマタイト」と呼びます。

逆に鉄が少ないと透明になり、透明なスファレライトは「クレオフェーンもしくはクレイオフェーン」という特別な名前で呼ばれるのです!!!

このクレオフェーンは非常にレアで、Wikipediaでも「透明なものは非常に稀である。」と書いてあります。
毎年ミュンヘンミネラルショーであっている陽気なブルガリア人のおじさん。
何度も会ううちに次第に仲良くなって、特別なものも見せてくれるようになったんですよ~♪♪♪

それがこのルース。

クレオフェーンは硬度が3.5~4と低く、また劈開(へきかい)といういわゆる割れやすい性質のおかげで、カットルースを作るのが非常に困難なんです。
熟練したカッターでないとなかなか作れません。

そんなレア石を美しくカットしたレアなルースがこちらなんです!
d0303974_17431250.jpg
★クレオフェーン(スファレライト)ルース(ブルガリア産)(9.4ct) 120,000円+税★

亜鉛、鉄を含むからなのか、原石はパッと見た目では反射が強くて我々が「金属」と認識するくらいの輝きをしています。それを光に当てると透明だという、MORiKO★に言わせれば「透明な金属」です!

これは実物を是非とも見ていただきたいですね~♪♪♪

鉱物マニアの方々にとって、スファレライトは「亜鉛」と通称で呼ばれ、熱烈なファンがいるようです。
MORiKO★もいままでスファレライトに惹かれたことはなかったのですが、透明なクレオフェーンの存在を知ってから大ファンになってしまいました~!!!
業界用語で亜鉛ファンですね!笑

また、よくこの宝石で比較されるのがダイアモンド。
ダイアモンドは透明な石が光を反射して虹色に煌きますが、クレオフェーンは光の分散度がダイアモンドよりも高く、うまくカットされたものでは虹色にギラギラっとします。
それがこの宝石のファンをとりこにする秘密のようです。

ここ最近MORiKO★が一番はまっている石です!!!


原石などを販売しておりますオンラインショップはこちらd0303974_1558273.gif

d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2015-01-22 09:00 | 入荷情報 (原石)

スファレライトinクォーツビーズ(ペルー産)

おはようございます!MORiKO★です!

今日はスファレライトinクォーツをご紹介いたしますっ!
スファレライトは亜鉛を主成分とする石。

亜鉛は英語でZinc(ジンク)です。
「Z」から始まるので、発音は「ジンク」というよりも「ズィンク」が近いかな。この響きがたまらなく好きなんです!MORiKO★ちょっと変わってるでしょっ♪

そのZincと硫黄(S)との化合物がスファレライト。
化学式はZnSです。(昨日のガレーナはPbS。)

ガレーナとスファレライトは一緒に産出することが多く、実はガレーナの原石の中にもスファレライトがついているものを見かけました。
もしガレーナの原石をお持ちであれば、みてみてくださいね♪ スファレライトは色々な色があるのですが、恐らくブルガリア産のガレーナについているものは黒っぽい銀色~赤黒になっているはず・・・

前置きが長くなりましたが、こちらがスファレライトを内包した水晶のビーズ。
d0303974_12443759.jpg
★スファレライトinクォーツ9ミリビーズ(ペルー産) 3,480円+税/粒★

綺麗です♪

ガレーナinクォーツ、スファレライトinクォーツ共に、今回初めての入荷かつ、数が数個しかない激レアビーズになりますっ♪♪♪


オンラインショップ【アナヒータスタイル】はこちら

d0303974_1755977.gif
by stonebuyer | 2014-05-05 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)