人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

タグ:バイカラータンザナイト ( 2 ) タグの人気記事

はっきりとしたグリーンカラーが特徴のバイカラータンザナイト13ミリビーズ

こんばんは。
サルオです。

本日はバイカラータンザナイトのTOPグレードのビーズを紹介させて頂きます。

はっきりとしたグリーンカラーが特徴のバイカラータンザナイト13ミリビーズ_d0303974_09355937.jpg
★【限定1石】バイカラータンザナイト TOP 13ミリ ビーズ 110,000円+税★

11月を飾るにふさわしい、この11万円のバイカラータンザナイトのビーズを紹介出来ることを嬉しく思います。

それというのも、ここまではっきりとしたグリーンカラーを見ることが出来るバイカラータンザナイトはほとんどお目にかかりません。
しかも、それが丸ビーズになったことがとっても驚きです。

それではそれぞれの色の面を見ていきましょう。
はっきりとしたグリーンカラーが特徴のバイカラータンザナイト13ミリビーズ_d0303974_09422965.jpg
★【限定1石】バイカラータンザナイト TOP 13ミリ ビーズ 110,000円+税★

タンザナイトの特徴でもあるバイオレットカラーがとっても綺麗ですね。
13ミリというタンザナイトにしては大玉のサイズにも関わらず、しっかりとした透明感があるのも嬉しいです。

それでは、グリーンカラーの箇所です。

はっきりとしたグリーンカラーが特徴のバイカラータンザナイト13ミリビーズ_d0303974_09435713.jpg
★【限定1石】バイカラータンザナイト TOP 13ミリ ビーズ 110,000円+税★

タンザナイトはV(バナジウム)によって紺~青紫色に発色していますが、グリーンカラーに発色するためCr(クロム)という金属元素を含む必要があります。
このクロムという金属元素はエメラルドの発色原因になっていたり、クロムダイオプサイトの緑色の発色原因にもなっています。
主に鉱物を緑色に発色させる代表的な金属元素といっても過言ではありません。
(コランダムに含まれると赤色に発色する金属元素でもありますが)

そして、クロム発色のグリーンカラーはどこか繊細にして力強さを感じさせてくれますね。

そのようにして発色したバイカラーになっているところは奇跡的な一品であるように感じます。
それくらい、グリーンカラーが混ざったバイカラーのタンザナイトはめったに見ることが出来ませんよ。

ただ一つ、欠点を上げるとすれば穴のサイズが約0.8mmと小さめです。
1.0mmのアクセサリーゴムは通りませんので注意が必要かと思います。

はっきりとしたグリーンカラーが特徴のバイカラータンザナイト13ミリビーズ_d0303974_16374421.jpg
★【限定1石】バイカラータンザナイト TOP 13ミリ ビーズ 110,000円+税★

ビーズの穴あけの時に石が割れてしまうことはメーカーさんからよく聞かされます。

きっとこのビーズに穴をあける人もすごく緊張したのではないでしょうか。
そして、「これ以上穴を広げるのは怖い!」と思った限界がこのサイズではないかと想像出来ます。

そう考えるとむしろ穴があいてビーズになっていること自体が奇跡のように感じますね。

それにしても、この綺麗なタンザナイトは見ているだけでも癒されます。

お買い上げ頂く方がいらっしゃることが僕達の喜びではありますが、ただ、この綺麗な石の写真を見てもらい、安らぎを感じて頂くだけでも、僕達にとっては嬉しいことですので、このような希少でTOPグレードのビーズを紹介出来るということが喜びでもあります。

このビーズの写真を見た方が安らぎを感じてくれますように。。。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-11-27 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

20世紀最大の発見!といわれた宝石

非常に珍しいバイカラータンザナイト


出雲の歴史に興味があるサルオです。
本日はバイカラーのタンザナイトビーズを紹介させて頂きます。
まずは2枚のお写真を見て頂きましょう。
20世紀最大の発見!といわれた宝石_d0303974_08033958.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

20世紀最大の発見!といわれた宝石_d0303974_08034439.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

写真ですと違いが分かりにくいかも知れませんので、後ろから光を当てて見やすくしたいと思います。

20世紀最大の発見!といわれた宝石_d0303974_08034886.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

20世紀最大の発見!といわれた宝石_d0303974_08123910.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

どうでしょうか!
上の写真が少し紫がかった青色をしているのに対して、下の写真は完全に青です。
そして、どうしても境界線が気になったので、そこも撮影しましたよ。

そのお写真がこちらです。
20世紀最大の発見!といわれた宝石_d0303974_08124704.jpg
★バイカラータンザナイトHC14ミリビーズ タンザニア産 【限定1石】194,400円 (税込み)★

線を引いたように完全に色味が変わっている、非常に珍しいタンザナイトです。

バイカラータンザナイトは2つのタイプがございます。
元々タンザナイトはV(バナジウム)を含んで青色に発色したゾイサイトの変種です。
つまり、微量元素がバナジウムが多いと青色になります。

一つ目のパターンはTi(チタン)を含む場合です。
チタンの含有量が増えるに従ってタンザナイトは黄色に変化していきます。
これが、青と黄のバイカラーになるタイプです。

もう一つのタイプがCr(クロム)を含むタイプです。
クロムはルビーを赤く発色させている要因にもなっているので赤色のイメージがありますよね。
クロムを含むとタンザナイトの色味は紫色に変わっていきます。
絵の具の青に赤を混ぜると紫色に変わるので、そのイメージと同じですね。
(*先日紹介したエメラルドはCrで緑に発色しているので、正確にはどのような分子と結合するかで金属元素の色味は変わってきます。)

皆様のご想像通り、今回紹介させて頂いているタンザナイトのタイプは後者のクロムを含んだタイプです。
要因はタンザナイトが成長する過程で環境の変化が起きて成分が変わったことが推測されます。

また、このビーズに鑑別書は付いておりませんが、高額なものですので、ご注文時に「鑑別書希望」とご希望頂きましたら無料で鑑別書を付けさせていただきます。
その際は鑑別書作成に2週間程お時間を頂けると幸いです。

きっとタンザニアで産出されるのでタンザナイトなんですね


タンザナイトの名称はティファニー社が付けた宝石名であることは有名な話ですが、タンザニアで発見されたから「タンザナイト」って「そのままやん!」っと、つっ込みたくなるような名前ですね。
実際のところこの宝石名にした由来は分かりませんが、きっとそういうことなんでしょうね。(推測です)

タンザナイトといえばもう一つ是非紹介したいビーズがありましたので、こちらも紹介させて頂きたいと考えておりますので、是非見て頂けると喜びます。

タンザナイトHC5ミリビーズ


こちらは透明感が非常に高く色も濃いのでかなりオススメのビーズです。
20世紀最大の発見!といわれた宝石_d0303974_08370088.jpg
★タンザナイトHC5ミリビーズ タンザニア産 【限定5石】2,484円 (税込み)★

小さいビーズなので、綺麗な丸になっていないところはご容赦頂けると喜びます。
個体差はあまりございません。
限定5石入荷しておりますので、全ビーズ写った写真を紹介させて頂きます。

20世紀最大の発見!といわれた宝石_d0303974_08370714.jpg
★タンザナイトHC5ミリビーズ タンザニア産 【限定5石】2,484円 (税込み)★

タンザナイトは本当に美しい宝石ですね。

全く話は変わるんですが、昨日松江市の八雲にある熊野大社に行ってきました。
そこに国歌「君が代」の歌詞にもある「さざれ石」が置いてあったのですが、この「さざれ石」は出雲大社にも置いてあります。
出雲地方と繋がりのあることなんですかね。
気になったので、調べて近々報告させて頂こうと思います。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

by stonebuyer | 2018-09-24 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)