人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

タグ:マーカサイトインクォーツ ( 2 ) タグの人気記事

金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ

こんばんは。
サルオです。

本日はマーカサイトinクォーツのビーズは紹介させて頂きます。

金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ_d0303974_11344992.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 10ミリビーズ 972円(税込)★

この水晶に内包している金色の膜状の鉱物はパイライトと同質異像の関係にあります。
つまり、同じ成分で結晶構造が異なるため、別の鉱物として扱われています。

一般的にパイライトは立方晶系(等軸晶系ともいいます)であり、スペイン産のキュービックパイライトのように立方体になったり、六面体や十二面体となります。
そして、マーカサイトの結晶は直方晶系(斜方晶系ともいいます)であるため、三方向の長さが異なる結晶となります。

言葉で説明すると難しいですね。
図にすると下記のようになります。
金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ_d0303974_13555495.jpg
立方晶系と直方晶系について

少しオーバーに書いたかもしれませんが、つまりマーカサイトの方は結晶の辺の長さが三方向で異なるため平べったい結晶になります。
要因は結晶が出来る環境の違いによるものです。

パイライト、マーカサイトともに硫黄と鉄分が結びつくことによって出来ますが、高温の酸性条件でパイライトが出来るのに対して、低温のアルカリ性条件の下でマーカサイトは形成されます。
(低温といっても450℃以下ですので、人間からしたら絶えられないくらい熱いです)

以上のことを踏まえてマーカサイトの結晶を拡大して見てみましょう。


金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ_d0303974_11545188.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 10ミリビーズ 972円(税込)★

薄く平べったい結晶になっていますよ。
パイライト、マーカサイト共に金色の結晶をしており、マーカサイトの方はとりわけ金箔が入っているようで面白いですね。

ただ、パイライトとマーカサイトに違いについて、これは分かりやすいように書きましたが、実際には肉眼で区別がつかないこともよくあることのようです。
また、結晶が出来る環境も変化しますし、パイライトとマーカサイトが共生することもしばしば見られることのようです。

金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ_d0303974_11345113.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 10ミリビーズ① 972円(税込)★

10ミリサイズの入荷は限定2石です。
共に水晶部分にしっかり透明感があり、金箔のようなマーカサイトも主張しすぎない程度にしっかり入っていますよ。

金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ_d0303974_11345599.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 10ミリビーズ② 972円(税込)★

10ミリサイズは2石の入荷ですが、11ミリと12ミリサイズもそれぞれ2石ずつ入荷しておりますよ。

せっかくなので、全て写真にて紹介させて頂きます。
ここからは11ミリサイズのビーズです。

金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ_d0303974_14080959.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 11ミリビーズ① 1,512円(税込)★
金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ_d0303974_14081393.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 11ミリビーズ② 1,512円(税込)★


続きまして12ミリサイズのビーズです。
金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ_d0303974_14161900.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 12ミリビーズ① 1,944円(税込)★

金箔のようなマーカサイトinクォーツのビーズ_d0303974_14162594.jpg
★【限定2石】マーカサイトinクォーツ 12ミリビーズ① 1,944円(税込)★

全てのビーズにおいて特徴に大きな違いはございませんが、中にはクラックから虹が出ている、アイリスタイプのマーカサイトinクォーツもございますので、宜しければ探してみて下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-08-23 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

この感じとこかで見たことがあるような

おはようございます。
サルオです。

本日はマーカサイトインクォーツのペンダントトップを紹介させて頂きます。
なぜ今日マーカサイトインクォーツなのか。。。

それには理由がございます。
まずお品物を見て頂きましょう。
この感じとこかで見たことがあるような_d0303974_19595325.jpg
★925SVPT マーカサイトインクォーツ 石のサイズ:37x21ミリ 11,880円(税込)★

このお品物から連想される毎年恒例のこの時期に見覚えのあるものといえば?


正解は、
開運浄化セット!の中に入っている干支の置物にそっくりです。
といっても干支の動物の形ではございません。
2019年バージョンの干支の置物がどのようなものかと言いますと。

こちらです!
この感じとこかで見たことがあるような_d0303974_20415874.jpg
とってもかわいい「うり坊」です。
そして、このガラスの置物の中に金箔がはいっております。
それがマーカサイトインクォーツにそっくりですよ。

そして、告知
2019年ラッキーカラーの天然石入り「開運浄化セット2019」は本日店舗着で発送しておりますので、早い店舗では今日の午後くらいから販売開始されますよ!
ご期待下さいませ。

いやしかし、マーカサイトイオンクォーツだってそれには負けてませんよ!
まるで、天然の金箔が入っているようにも見えませんか!?
この感じとこかで見たことがあるような_d0303974_20001483.jpg
★925SVPT マーカサイトインクォーツ 石のサイズ:37x21ミリ 11,880円(税込)★

これは、人の手で入れたものではございませんよ。
ただし、もちろん金でもございません。

マーカサイトはパイライトと同質異像の鉱物です。
成分はFeS2で和名は白鉄鉱(はくてっこう)です。
ちなみに、よく見るパイライトは同じ成分で和名は黄鉄鉱(おうてっこう)です。

白がマーカサイト、黄がパイライト、確かにマーカサイトはパイライトに比べると淡い色味をしているように見えますね。

色以外で、パイライトとの違いは結晶構造の違いがあります。
多くの場合肉眼で判断することは難しいようですが、今まで見たものでは立方体や直方体になっているものはパイライトで、それを押し潰したような形になってるものが、マーカサイトであるものが多いように感じます。

例えば、マーカサイトの代表として、「パイライトサン」と呼ばれるものがあります。
「パイライト」さんではなく、太陽のサン(Sun)です。
過去のブログに紹介していた写真がありましたので添付させて頂きます。
この感じとこかで見たことがあるような_d0303974_08030720.jpg
名前は「パイライト」と付いていますが、実はマーカサイトになります。

せっかくなので、もう一つ紹介させて頂きたいと思いますので見て頂けると喜びます。
この感じとこかで見たことがあるような_d0303974_20553680.jpg
★925SVPT マーカサイトインクォーツ 石のサイズ:30x17ミリ 11,880円(税込)★

こちらは先に紹介させて頂いたお品物と比べると一回り小さくなりますが、その代わりに透明感が高くなっております。

水晶に内包されている金属鉱物のキラっとした金属光沢は本当に魅力的ですよね。
また、中心付近から少し上にある褐色のものはライモナイトです。
この感じとこかで見たことがあるような_d0303974_21011533.jpg
★925SVPT マーカサイトインクォーツ 石のサイズ:30x17ミリ 11,880円(税込)★

パイライトに比べると色が淡いため、パイライトに比べると「金」感は少ないかも知れません。
しかし、色が淡いからこそ金とは違う独特の雰囲気が楽しめるのではないかと思います。


話はかわりますが、
猪の子供のことを「ウリボー」と言いますが、どういうことなんですかね。
気になったので調べてみました。
うり坊の「うり」は「瓜」のことでした。
生まれてすぐの猪の子供の背中には「瓜」のような模様が出来ることからそのように呼ばれているようです。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-11-14 09:00 | 入荷情報 (ペンダント)