人気ブログランキング |

すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

タグ:リビアンガラス ( 2 ) タグの人気記事

サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト

こんばんは。
サルオです。

この数回は連想ゲームのようにキーワード繋がりになっております。
今日は昨日のサザレブレスのムーライトアメジストから派生してサザレタイプのブレスレットを三種紹介させて頂きます。

サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト_d0303974_18502265.jpg

サザレは国歌の「君が代」の中にも出てくる「さざれ石」が語源となってるチップ状の不定形な形に加工された石のことをいいます。
この不定形な形はわざわざそのような形に加工しているわけではなく、ビーズやルース、勾玉などに加工する時に出来てしまう端材を使用しているためで、この端材をバレル研磨機という機械で表面を磨き、艶を出し、再利用するというもったいない精神から出来た商品となっております。

そのため、作ろうと思って出来ているものではないので、定期的に入荷してくるものはございません。

また、端材の再利用という観点から高品質にて低価格な商品として提供出来るという利点を持っております。
個人的には丸ビーズのブレスレットに飽きた方にも、これから石を始められる方にもオススメしたいブレスレットとなっております。

まずは、リビアンガラスから紹介させて頂きます。

サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト_d0303974_14082031.jpg
★【限定1本】リビアンガラスト サザレブレスレット エジプト産 内径:約16.5cm 14,040円(税込)★

リビアンガラスはモルダバイトと同じくテクタイトの一種で地球に飛来した隕石の衝突の影響で溶けて飛び散ったインパクトガラスです。
ばら撒かれたところはエジプト西部のリビア砂漠。
そのためリビアンガラス(グラス)と呼ばれております。

リビアンガラスに多く内包している白い鉱物はクリストバライト。
クリストバライトは水晶と同じ成分の二酸化ケイ素。
その二酸化ケイ素の高温結晶形がクリストバライトです。

そして、そのクリストバライトが少ないため、しっかりとした透明感のあるリビアンガラスですよ。

サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト_d0303974_14221215.jpg
★【限定1本】リビアンガラスト サザレブレスレット エジプト産 内径:約16.5cm 14,040円(税込)★


続きまして、ラリマーのブレスレット


サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト_d0303974_14232872.jpg
★【限定1本】ラリマー サザレブレスレット ドミニカ産 内径:約16.5cm 8,424円(税込)★

一粒一粒のチップビーズを見てもその品質の高さを感じさせてくれるしっかりとした青みのあるラリマーのブレスレットです。

サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト_d0303974_14255623.jpg
★【限定1本】ラリマー サザレブレスレット ドミニカ産 内径:約16.5cm 8,424円(税込)★

チップの形が様々なのでブレスレットにした時に綺麗な輪っかにならないのはその為で、時折下の写真のように、ビーズにするための別の箇所に穴を開けようとしてしまったビーズも存在しております。

そのあたりの緩さもサザレブレスの特徴かもしれません。
穴は貫通しておらず、穴を開けようとしてすぐにやめたことがこのビーズから伺い知れます。
なぜ穴を開け直したのかという疑問もありますが、これこそ「もったいない精神」の表れなのではないでしょうか。

なぜなら、この品質、この色味でこの値段ですからね。
この無駄な穴あけもルールにとらわれないサザレブレスならではの特徴としてご理解頂けますと喜びます。


サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト_d0303974_14262239.jpg
★【限定1本】ラリマー サザレブレスレット ドミニカ産 内径:約16.5cm 8,424円(税込)★


続きましてアイオライトです。
サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト_d0303974_14270305.jpg
★【限定1本】アイオライト サザレブレスレット スリランカ産 内径:約16cm 5,724円(税込)★

全体的に丸っこい小さいタンブルのようなアイオライトを使用したブレスレットです。
そして、アイオライトの特徴でもある二色性をしっかりと持っていて、なおかつ透明感も高いですよ。

サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト_d0303974_14272472.jpg
★【限定1本】アイオライト サザレブレスレット スリランカ産 内径:約16cm 5,724円(税込)★

一粒一粒見ても綺麗なアイオライトですね。


ここからは余談です。
人間やれば出来る!先日それを強く感じる出来事がありました。

本社や山陰観光地店のスタッフが通称「本店」と呼んでいる玉造温泉街にある「めのうや しんぐう」がプチ改装するということで大きなめのうの原石を10m程移動して欲しいという依頼がありました。

その原石の重さは不明で、「150kgくらいじゃないか」とか「400kgはあるでしょ」とか。
実際の重さは結局分かりませんが、その原石がこちらです。

サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト_d0303974_18132788.jpg
写真はグーグルマップより(移動前の写真を撮り忘れていたので)

青○で囲んでいるものが、移動するめのう原石です。
すぐるちゃんも含めた力自慢の男5人で運ぶことに。。。
現地についていざ持ってみると。。。ピクリとも持ち上がらない。

噂の400kgは伊達じゃない。
いっせーのーっオゥーと声ばかりで浮きすらしない。
正直皆で「これは絶望的に無理だ。」

ということで考えました。
テコ原理など色々駆使しまして何とか滑らせるように台車に乗せました。

一番大変だったのが台に乗せるとき。
ここでは最低限少しでも持ち上げることが必要。
そして、1人だけ倒れないように支える者を残して全員で片方だけ持ち、力強く持ち上げることで片側だけ浮かて台に引っ掛けることが出来ました。
引っ掛けたところからずらすように少し押して、テコの原理で持ち上げて片側も台に乗せて全員で押して何とか完成。

誰も怪我人を出すことなく移動できたのは奇跡としか言いようがない。
そして、同じことを「もう一回して」と言われても出来る気がしない感動の瞬間でした。

なので、思い出のために移動が完了しためのう原石の写真を撮りましたのでご覧下さいませ。
サザレブレスレット三種ご紹介 リビアンガラス・ラリマー・アイオライト_d0303974_18164468.jpg
実物はめのうやしんぐうにございますので、宜しければ見てやって下さい。
これを傷つけることなく5人で運んだ奇跡を実感して頂けると思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2019-09-15 20:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

黄金の首飾りのスカラベ

おはようございます。
サルオです。

いよいよ明日は、新出雲型勾玉企画第4段発表ですね。
例によってすぐるちゃんがブログの記事を書いてくれていますが、既に完成しております。
内容は、、、すいません、明日をご期待下さい。

さて本日はリビアンガラスのサザレブレスを紹介させて頂きます。
黄金の首飾りのスカラベ_d0303974_03113250.jpg
★リビアンガラス サザレブレスレット エジプト産 内径約17.5cm 20,520円(税込)★

リビアンガラスはエジプトのリビア砂漠で発見された天然ガラスです。
モルダバイトなどのテクタイトと同様に隕石の衝突により地表の成分が溶けて冷え固まり出来たインパクトガラスです。

一説では2800万年前の隕石の衝突によって出来たといわれています。

リビアンガラスは黄色(黄金色)をしているのが特徴です。
あえて(黄金色)とした理由は後ほど述べさせて頂きます。

そして、内包物としてクリソバライトを内包しています。
上の写真では分かりにくいかもしれませんので少し拡大したお写真がこちらです。
黄金の首飾りのスカラベ_d0303974_03113562.jpg
★リビアンガラス サザレブレスレット エジプト産 内径約17.5cm 20,520円(税込)★

この気泡のようにも見える白い内包物が「クリストバライト」です。
少し聞きなれない言葉かも知れませんが、成分は水晶と同じ二酸化珪素(SiO2)です。
しかし、結晶の構造が水晶とはことなるため、別種の鉱物となります。

同じ成分である水晶やメノウ、カルセドニー、オパール、ジャスパーに比べると聞きなれない鉱物ですが、スノーフレークオブシディアンのスノーフレーク部分、つまり白い部分もこのクリストバライトになります。

それでは、このリビアンガラスの色味をあえて「黄金色」と言わせて頂いた理由を説明させて頂きます。
それは、リビアンガラスがツタンカーメンと関連があり、ツタンカーメンといえば「黄金のマスク」が有名ですよね。
どんなものか分からない方でも必ず一度は目にしたことがあると思います。
その画像がこちらです。
黄金の首飾りのスカラベ_d0303974_03422936.jpg
*ウィキペディアに「黄金のマスク」がありましたので画像をお借りしてきました

どうですか!この光の当たり方!
なんだか肝試しの時に懐中電灯を下から当てたような雰囲気があり、なんだか怖いですね。。。
違う、こんなことを言いたかったわけではございません。

このツタンカーメンのお墓から出土した首飾りのスカラベがリビアンガラスなのです。
黄金の首飾りのスカラベ_d0303974_03425994.jpg
*画像は地球のかけらより

ちなみに、この首飾りの中心にあるカナブンのような虫がスカラベです。
この「スカラベ」は日本では「糞ころがし」とも言われる虫ですが、古代エジプトにおいては「再生と復活の象徴」といわれる虫で、太陽神ケプリと同一視されていたそうです。

この黄金の首飾りの一端を担っている「リビアンガラス」の色味はまさに「黄金色」といっても過言ではないのではないでしょうか。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-10-19 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)