すぐる石放題

stonebuyer.exblog.jp
ブログトップ

タグ:誕生石 ( 3 ) タグの人気記事

水晶に極太の内包物、、、これは何だと思いますか?(byすぐる)

昔の大河ドラマにはまっているサルオです。

縁結びの地“出雲”で新たに発見された「出雲鏡石」の勾玉・ブレスレットが10月9日から発売開始!


昨日の18:00より弊社オンラインショップで「出雲鏡石」の勾玉とブレスレットの販売を開始致しましたので、そのご報告をさせて頂きます。
この石は「とある機関」において監修して頂いた石ですので、その内容も含めて僕が語るよりも、下記のリンクをご覧頂いた方が良いと思いましたので、こちらをご覧下さい。
「とある機関」もここを見ると書いておりますよ。
★出雲鏡石についての特集ページはこちらから★

透明感のあるトルマリンを内包するとっても珍しい水晶


さてここからが、本日紹介させて頂く本題です。
先日すぐるちゃんがニヤニヤしながら近づいてきて、そして見せてきたのがこのルースです。
「サルオさん、これなんだと思いますか?」といきなり試してきました。

答えはタグに書いてしまっていますが、仕入先さんからは「インクルージョン水晶」としか明細に書いてなかったようで、すぐるちゃんの考えていることと答え合わせをしたかったのだと思います。
d0303974_20414518.jpg
★トルマリンinクォーツTOPグレード ルース 129,600円(税込み)★
サイズ:幅約33mm X 23mm X 高さ15mm 重さ:約23g

とりあえず、色々見てみた結果僕が出した答えはトルマリングループのエルバイトです。
ちなみに、このルースはまだ鑑別に出しておりません。
もしかしたら、同じトルマリングループのショールであるかも知れませんし、わずかながらリディコタイトの可能性もあることを承知して頂けると喜びます。

このルースはとっても考察しがいのあるお品物だったので先に紹介したい!と思い、先走って紹介してしまいました。
しかし、今となっては少し怖気づいてしまったので、ご購入を考えられておられる方がいらっしゃいましたらオンラインショップの方に「鑑別書希望」とご要望頂けますと喜びます。

まずは、トルマリンだと思った理由から説明させて頂きます。
それは、なんといってもこの結晶の形です。
d0303974_20423063.jpg
★トルマリンinクォーツTOPグレード ルース 129,600円(税込み)★
サイズ:幅約33mm X 23mm X 高さ15mm 重さ:約23g

内包物を正面から見ると六角形をしております。
トルマリンの特徴として、結晶の形が三角形や六角形になるので、トルマリンの条件に当てはまります。

ただ、この内包物の面白いのは中身が水晶になっていること!
下の写真を見て頂くと分かるのですが、この内包物は筒状をしております。
d0303974_20421730.jpg
★トルマリンinクォーツTOPグレード ルース 129,600円(税込み)★
サイズ:幅約33mm X 23mm X 高さ15mm 重さ:約23g

外側は完全に端から端までトルマリン、にもかかわらず、中身は全て水晶というのは初めて見ました。
これは、どうしてこんなことになったのか、、、謎過ぎるので、「鉱物の神秘」とさせて下さい。
、、、逃げたな。と思われても仕方ありません。私の知識では理論上での説明は出来かねますのでご容赦を。

また、「エルバイト」だと思った理由については下記の写真をご覧下さい。
d0303974_20423639.jpg
★トルマリンinクォーツTOPグレード ルース 129,600円(税込み)★
サイズ:幅約33mm X 23mm X 高さ15mm 重さ:約23g

この写真は下から強い光を当てた写真です。
外側のトルマリン部分が赤色で僅かに透明感があるのが、分かります。
通称「ブラックルチルクォーツ」としているものも、内包物は全てトルマリンですが、このような色味と透明感は全くありません。
ブラックルチルのトルマリンインクォーツは完全にショールですので、光を当てても真っ黒です。

つまり、透明感のあるトルマリンでこのような色味を持つものは「エルバイト」が一番可能性が高いためです。
また、過去にエルバイトトルマリンが水晶と共生している原石を見かけたことがあるので、その形状とそっくりだと感じたためです。
しかし、水晶に透明感のあるトルマリンが内包しているのはとっても珍しいことなのです。
また、筒状のトルマリンの中に1本細くて赤いトルマリンが内包しているのも面白いですね。

そういえば、この色味どこかで見たことがあると思いましたが、コンゴ産のルチル原石にも色味が似てますよね。
コンゴ産のルチルはこちらまで

しかし、やっぱり光沢が違います。
上記のリンクから見たルチルは強い光沢を持っていますが、このトルマリンはガラスのような光沢ですので、やはりトルマリンだと思います。

それでも、このトルマリンと水晶の間にとてもギラついた虹がしっかり出ているので、ある意味光沢もルチルに負けていませんよ!
肉眼とルーペとスポットライトだけでその鉱物が何かを考えることも、鉱物の楽しみ方の一つですよ。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-10-10 09:00 | 入荷情報 (原石)

10月の誕生石トルマリン

おはようございます。
サルオです。

本日は10月の誕生石でもあるトルマリンを紹介させて頂きます。
今回紹介させて頂くトルマリンは綺麗さの割りにかなりお買い求め安い価格ではないかと感じております。

確か7~8年くらい前だったと思うのですが、中国でトルマリンのブームが起きて信じられないくらい価格が上がっていったのですが、いよいよ中国のブームが落ち着いてきたお陰で、トルマリンの価格もいい感じになってきたのではないかと思います。
といっても最上級品質のものは一向に価格は落ち着いてくれませんが、、、まぼろしぃ~!いや、一向(IKKO)だけに

それでは早速お品物を紹介していきましょう。
d0303974_07285249.jpg
★マルチカラートルマリン 7ミリ ブレスレット 内径約15.5cm 25,920円(税込み)★

みんな大好きキャンディカラーのトルマリンです。
パステルカラーのトルマリンを中心に作られたブレスレットです。
とっても鮮やかな色味が綺麗ですよ。
d0303974_07285553.jpg
★マルチカラートルマリン 7ミリ ブレスレット 内径約15.5cm 25,920円(税込み)★

トルマリンの特徴である多色性には戸惑ってしまいますね。
マルチカラーで並べておりますが、ブレスレットの並び順はグラデーョンカラーにしても面白そうですね。

続きまして2本目のブレスレットです。
d0303974_07293755.jpg
★マルチカラートルマリン 9ミリ ブレスレット  内径約16.5cm 20,520円(税込み)★

こういった多色性を示すトルマリンの大抵はエルバイト(リチア電気石)もしくはリディコタイト(リディコート電気石)です。
どちらも共通していることは成分にLi(リチウム)を持つということです。
例えばリチウムを成分に含まないショール(鉄電気石)やドラバイト(苦土電気石)は多色性を持っていません。
特に、ブラックトルマリンの名称でビーズなどに加工されているもののほとんどがショールですので、これは真っ黒で透明感のないものしかないイメージがあります。

エルバイト(リチア電気石)と共生される鉱物としてレピドライト(リチア雲母)がありますが、こちらもLi(リチウム)を成分に含む鉱物です。そして、レピドライトもピンク~赤色をしておりますので、リチウムを含むとピンク~赤色に発色するのかな?と想像させてくれます。

d0303974_07294132.jpg
★マルチカラートルマリン 9ミリ ブレスレット 内径約16.5cm  20,520円(税込み)★

バイカラーになっているビーズもあります。
よく見るとウォーターメロントルマリンですよ。
ブレスレットになっているマルチカラートルマリンはこういったお宝も混ざっていますよ。

続きまして3本目です。

d0303974_07295148.jpg
★マルチカラートルマリン 12ミリ ブレスレット 内径約17cm 39,960円(税込み)★

こちらは少し大玉の12ミリサイズのブレスレットです。
大玉サイズのトルマリンブレスレットは少ないので、存在感があってかっこいいですよ。

トルマリンの和名:電気石の由来は、この石に外部から圧力や熱を加えることで電気を帯びて海外でも「エレクトリック・ストーン」という別名で呼ばれることあります。
電気は静電気程度のもので、その昔オランダの宝石商人達は、この不思議な性質を使ってパイプの中に残ったタバコの灰を吸い取って掃除するのに使ったそうです。
なんだか、せっかくの石がもったいない!と思ってしまいますので、今ではコンプライアンスが許してくれなさそうです。
現代であれば「*このトルマリンはその後汚れた部分を研磨除去し、宝石として有効に活用されました」と注釈のテロップが流れそうですね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。


by stonebuyer | 2018-10-08 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)

ルビーHCブレスレット(含浸処理)インド産

おはようございます。
サルオです。

そういえば「サルオ」という名前の由来をお伝えしていませんでしたね。
それは申年生まれだからです。
少し安易過ぎますかね。。。

話は変わりますが、7月の誕生石を紹介するのを忘れておりました。
本来であれば誕生石はやはり最初に紹介しなくてはいけない石ですよね。

そして本日紹介させて頂くルビーのブレスレットのタイトルに書いてある「(含浸処理)」についてお話しなければいけません。

以前MORiKO★さんも書いておられましたが、透明感のある綺麗なルビーは、決してビーズになる事はございません。
それは、丸にするためには立方体の状態から丸に削っていくためロスが多くなります。
さらに穴まであけるので今度は石が割れるリスクも高くなります。
宝石品質の天然ルビーは非常に高価な値段で取引されているため、そんなもったいない事は誰もしたがりません。

しかし、半貴石業界といわれる僕たちも「透明感のあるルビーが欲しい!」という思いがあります。
そして、その願いを叶えてくれるのがこの含浸処理になるのかも知れません。

含浸処理といっても一般的にターコイズなどに施されている強度を上げるための樹脂の含浸処理とは異なります。
ルビーの含浸処理は透明感を出すことを目的として鉛ガラスを含浸しております。

つまり、ルビーの中にある細かいクラックや傷や隙間に鉛ガラスが入り込むことによって透明感が出るという仕組みです。
このような処理を「トリートメント処理」といいます。

トリートメントといえば髪の毛のイメージで考えるとルビーの処理に近いように感じますが、宝石の「トリートメント」はもっと幅が広く、例えばアメジストを加熱処理してシトリンにすることも「トリートメント処理」になります。

この処理により宝石品質の石が天然のものと比べると安価に手に入れることが出来るようになります。


それでは商品を紹介させて頂きます。
d0303974_18501007.jpg
★ルビーHC6ミリブレス 115,000円+税  インド産★
内径:16cm
オンラインショップにて販売中!!


含浸処理だから出るこの透明感!
とても美しい赤色をしております。
そしてよく見かける含浸ルビーと比べても明るい色味をしております。
d0303974_18515747.jpg
★ルビーHC6ミリブレス 115,000円+税  インド産★
内径:16cm
オンラインショップにて販売中!!

アップで見るとさらに綺麗です。

d0303974_18524201.jpg
★ルビーHC6ミリブレス 115,000円+税  インド産★
内径:16cm
オンラインショップにて販売中!!

鉛ガラス含浸処理は良いことばかりではございません。
この処理の特徴としてガラス部分の強度が弱いために表面がもろく傷つきやすいところがございます。
そのため取り扱いには多少の注意が必要になります。

d0303974_18540030.jpg
★ルビーHC6ミリブレス 115,000円+税  インド産★
内径:16cm
オンラインショップにて販売中!!


次は7ミリブレスレットのご紹介
こちらは6ミリのものと比べると赤色が濃いめのタイプです。
明るいのも良いですが、濃いタイプも燃えるような色味でかっこいいです。

d0303974_19163538.jpg
★ルビーHC7ミリブレス 150,000円+税  インド産★
内径:17cm
オンラインショップにて販売中!!

まさに、真っ赤!!という色味です。
意外とこの真っ赤な色味になる鉱物って少ないですよね。
d0303974_19163909.jpg
★ルビーHC7ミリブレス 150,000円+税  インド産★
内径:17cm
オンラインショップにて販売中!!

ここのタイプの含浸処理ビーズは綺麗な丸になっていないものがあります。
そして、やはり多少表面に傷はございます。
d0303974_19164207.jpg
★ルビーHC7ミリブレス 150,000円+税  インド産★
内径:17cm
オンラインショップにて販売中!!

d0303974_19164676.jpg
★ルビーHC7ミリブレス 150,000円+税  インド産★
内径:17cm
オンラインショップにて販売中!!


実は僕の誕生石もこの「ルビー」です。
この含浸処理タイプのルビーはまだ持っておりませんが、いつか手にしたいと思っている一品です。

本日もご覧頂きありがとうございました。
d0303974_20093204.jpg
d0303974_20100247.jpg
d0303974_20103801.jpg
d0303974_20110808.jpg


by stonebuyer | 2018-07-11 09:00 | 入荷情報 (ビーズ・ブレス)